アンデス メロン 食べ頃。 アンデスメロン|とろける果肉とジューシーな甘さで大人気!庄内砂丘特産メロン【通信販売

果実の知識【ハネジューメロン】<丸果石川中央青果>

アンデス メロン 食べ頃

メロンは下の方が甘い! 実はメロンは切り方だけでかなり美味しさが変わるってご存知でしたか? メロンは下半分が甘い果物なので、下半分を食べれば絶対においしい甘いメロンを食べることが出来るんです。 どうして下の方が甘いの? どうして下の方が甘いかというと、一般的には弦で上から吊られた状態で育ちますよね。 また収穫した後も弦を上にして保管される場合がほとんどです。 そのため甘み成分が下に降りていくんだとか。 他にも上には弦があり、そこから栄養が他の部分にもとられていくので甘いおいしい部分が下に残るという説もあります。 そのため上と下では糖度が異なってしまうんですね。 ということは、 縦に切る 甘さが均等になる 横に切る 下側が特に甘くなる ということになりますよね。 今回はこの特に甘みをぜいたくに味わえる『 横に切る』という方法を取り上げてみたいと思います。 美味しいメロンの切り方 真横に切る切り方なのでNHKの番組、ためしてガッテンでは『 赤道切り』と紹介されました。 切り方は簡単で、メロンを横にして半分に切るだけです。 家族で分ける場合は下半分の取り合いになりそうですね笑 また、これはおもてなしの時に特におすすめです。 お客様によりおいしいものを食べてもらいたいときは、まず横方向に切った後下の部分をもてなせば間違いなくおいしいと思ってもらえますからね。 ちなみに、食べ頃の見分け方がよくわからない!という方は是非こちらの記事をご覧ください。 誰でも簡単に見分けられるポイントを画像付きで詳しく解説しています。 我が家はこの方法でいつも100発100中です。 種の取り除き方はハサミで。 スプーンはNG さらに最高においしい状態を楽しむには、『 種の取り方』もポイントです。 なぜかというと、種が付いている部分が一番甘いので、種の取り方ひとつでおいしい部分を残すことが出来るからです。 ここで注意したのが『 スプーンで取るのは絶対にNG』ということです。 スプーンですくって取ろうとすると、せっかくのおいしい部分も一緒に流れ出てしまいます。 そこでおすすめは『 ハサミでカットする方法』です。 横切りをしたら、メロンの種の付近を3か所キッチンバサミでカットします。 どこかというと、上の画像の黒い線を引いたところをキッチンばさみでカットしてください。 ここが果肉と種をつなぐ部分になります。 結構奥のほうまでくっついていることがあるので、ぐっと差し込んでしっかり切り離します。 次にメロンの底の芯とくっついている部分をはがすイメージでスプーンで中心を取り除きます。 スプーンを使うのはここだけです! そうすればおいしい部分を残したまま食べることが出来ます。 ただ、どうしても細かい種が残りますし、スプーンですくったワタの部分にも果汁が残っていますよね。 これも捨ててしまうともったいないので、我が家ではこのようにグラスに茶こしを重ねて、スプーンですくったワタと種を入れ果汁を下に落とします。 さらに残った種も丁寧に取り除き、茶こしに入れておくと無駄なく果汁だけを取り出すことができます。 この果汁はいわば果汁100%のメロンジュースなので、そのまま飲むととってもおいしいですよ。 子供たちも大好きです。 もしくはゼリーにしたり、メロンソーダ作りに使ったりしてもいいと思います。 ちなみに種を除いた後は細かくカットせずにぜいたくにそのまま食べるのがおすすめですよ。 マスクメロンなどの大玉メロンだと少しもったいない食べ方かもしれませんが、スーパーでも手に入るお手頃価格の小さめのアンデスメロンなどはこの方法がおすすめです。 残った上半分はどうするの? 下半分を贅沢に味わったら、上半分は切って盛り付けて食べるのがおすすめです。 見た目も華やかだとよりおいしく見えますよね。 次の項目で、基本的な簡単にできる切り方をいくつかご紹介したいと思います。 6等分のメロンボートの切り方 贅沢に半分自分だけで楽しむことが出来れば最高ですが、家族みんなで分け合って食べる場合も多いですよね。 ここでは簡単な切り方として、基本の6等分のボート型、ブロック型をご紹介します。 まず初めに、きれいに6等分のメロンボート型にする方法からご説明しますね。 1、まず1玉を半分に切ります。 6等分はこの後が問題ですよね。 半分になったメロンの皮側の、丸みを帯びている方に端から端まで添わせることができる長さの紐などを用意します。 上の画像のようにクッキングシートを折りたたんでテープ状にしたものも便利ですよ。 2、メロンの半周に作ったテープを添わせて長さを図りカットします。 これくらいの長さのものが用意できました。 3、カットした紐をたたんで3等分にし、印をつけるかまたカットします。 4、それを先ほど紐を添わせた半周の部分に置くと3等分の位置がわかるのでそこにつまようじや切り込みを入れて印をつけます。 分かりやすく線を引いてみましたが、だいたいこれくらいの位置になりますね。 5、印をつけたらその印を目印にしてメロンの縁からボート型になるように斜めに包丁を入れます。 1個出来上がりました。 これを残り半分も同様に切れば、メロンボートが6つ出来上がります。 6人で分けたいときにとても便利な方法ですよ。 一口サイズのブロック型に切る場合 もう1つ、一口サイズのブロック型に切る方法は長くなるのでこちらの記事で詳しくご紹介しています。 丸くてかわいい一口サイズのメロンボールの作り方も載せています。 お弁当用にもおすすめですよ。 まとめ メロンを最高においしく食べるには カットは縦より横方向に 種はキッチンばさみでカットして取り除く この2つがポイントです。 高級なフルーツですから、是非無駄なく美味しく食べてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもメロンのレシピなどをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

アンデスメロンの旬 出回り時期

アンデス メロン 食べ頃

メロンは下の方が甘い! 実はメロンは切り方だけでかなり美味しさが変わるってご存知でしたか? メロンは下半分が甘い果物なので、下半分を食べれば絶対においしい甘いメロンを食べることが出来るんです。 どうして下の方が甘いの? どうして下の方が甘いかというと、一般的には弦で上から吊られた状態で育ちますよね。 また収穫した後も弦を上にして保管される場合がほとんどです。 そのため甘み成分が下に降りていくんだとか。 他にも上には弦があり、そこから栄養が他の部分にもとられていくので甘いおいしい部分が下に残るという説もあります。 そのため上と下では糖度が異なってしまうんですね。 ということは、 縦に切る 甘さが均等になる 横に切る 下側が特に甘くなる ということになりますよね。 今回はこの特に甘みをぜいたくに味わえる『 横に切る』という方法を取り上げてみたいと思います。 美味しいメロンの切り方 真横に切る切り方なのでNHKの番組、ためしてガッテンでは『 赤道切り』と紹介されました。 切り方は簡単で、メロンを横にして半分に切るだけです。 家族で分ける場合は下半分の取り合いになりそうですね笑 また、これはおもてなしの時に特におすすめです。 お客様によりおいしいものを食べてもらいたいときは、まず横方向に切った後下の部分をもてなせば間違いなくおいしいと思ってもらえますからね。 ちなみに、食べ頃の見分け方がよくわからない!という方は是非こちらの記事をご覧ください。 誰でも簡単に見分けられるポイントを画像付きで詳しく解説しています。 我が家はこの方法でいつも100発100中です。 種の取り除き方はハサミで。 スプーンはNG さらに最高においしい状態を楽しむには、『 種の取り方』もポイントです。 なぜかというと、種が付いている部分が一番甘いので、種の取り方ひとつでおいしい部分を残すことが出来るからです。 ここで注意したのが『 スプーンで取るのは絶対にNG』ということです。 スプーンですくって取ろうとすると、せっかくのおいしい部分も一緒に流れ出てしまいます。 そこでおすすめは『 ハサミでカットする方法』です。 横切りをしたら、メロンの種の付近を3か所キッチンバサミでカットします。 どこかというと、上の画像の黒い線を引いたところをキッチンばさみでカットしてください。 ここが果肉と種をつなぐ部分になります。 結構奥のほうまでくっついていることがあるので、ぐっと差し込んでしっかり切り離します。 次にメロンの底の芯とくっついている部分をはがすイメージでスプーンで中心を取り除きます。 スプーンを使うのはここだけです! そうすればおいしい部分を残したまま食べることが出来ます。 ただ、どうしても細かい種が残りますし、スプーンですくったワタの部分にも果汁が残っていますよね。 これも捨ててしまうともったいないので、我が家ではこのようにグラスに茶こしを重ねて、スプーンですくったワタと種を入れ果汁を下に落とします。 さらに残った種も丁寧に取り除き、茶こしに入れておくと無駄なく果汁だけを取り出すことができます。 この果汁はいわば果汁100%のメロンジュースなので、そのまま飲むととってもおいしいですよ。 子供たちも大好きです。 もしくはゼリーにしたり、メロンソーダ作りに使ったりしてもいいと思います。 ちなみに種を除いた後は細かくカットせずにぜいたくにそのまま食べるのがおすすめですよ。 マスクメロンなどの大玉メロンだと少しもったいない食べ方かもしれませんが、スーパーでも手に入るお手頃価格の小さめのアンデスメロンなどはこの方法がおすすめです。 残った上半分はどうするの? 下半分を贅沢に味わったら、上半分は切って盛り付けて食べるのがおすすめです。 見た目も華やかだとよりおいしく見えますよね。 次の項目で、基本的な簡単にできる切り方をいくつかご紹介したいと思います。 6等分のメロンボートの切り方 贅沢に半分自分だけで楽しむことが出来れば最高ですが、家族みんなで分け合って食べる場合も多いですよね。 ここでは簡単な切り方として、基本の6等分のボート型、ブロック型をご紹介します。 まず初めに、きれいに6等分のメロンボート型にする方法からご説明しますね。 1、まず1玉を半分に切ります。 6等分はこの後が問題ですよね。 半分になったメロンの皮側の、丸みを帯びている方に端から端まで添わせることができる長さの紐などを用意します。 上の画像のようにクッキングシートを折りたたんでテープ状にしたものも便利ですよ。 2、メロンの半周に作ったテープを添わせて長さを図りカットします。 これくらいの長さのものが用意できました。 3、カットした紐をたたんで3等分にし、印をつけるかまたカットします。 4、それを先ほど紐を添わせた半周の部分に置くと3等分の位置がわかるのでそこにつまようじや切り込みを入れて印をつけます。 分かりやすく線を引いてみましたが、だいたいこれくらいの位置になりますね。 5、印をつけたらその印を目印にしてメロンの縁からボート型になるように斜めに包丁を入れます。 1個出来上がりました。 これを残り半分も同様に切れば、メロンボートが6つ出来上がります。 6人で分けたいときにとても便利な方法ですよ。 一口サイズのブロック型に切る場合 もう1つ、一口サイズのブロック型に切る方法は長くなるのでこちらの記事で詳しくご紹介しています。 丸くてかわいい一口サイズのメロンボールの作り方も載せています。 お弁当用にもおすすめですよ。 まとめ メロンを最高においしく食べるには カットは縦より横方向に 種はキッチンばさみでカットして取り除く この2つがポイントです。 高級なフルーツですから、是非無駄なく美味しく食べてくださいね。 おすすめ関連記事 当サイト『』では、その他にもメロンのレシピなどをご紹介しています。 是非併せてご覧ください。 こちらもおすすめです。

次の

【17】メロン収穫の見極め方・判断・判定方法:寺坂農園 北海道 富良野

アンデス メロン 食べ頃

失敗しない美味しいメロンの見分け方 一般的に、メロンの食べ頃は収穫から3~7日目といわれます。 特に「マスクメロン」の場合は、収穫したては本当の美味しさを感じることが出来ません。 基本はメロンのお尻、下部のところを、親指で押してみて、少し弾力を感じた頃が食べ頃です。 あまり知られていないことですが、メロンは、追熟することで糖度自体には変化はありません。 ただ、追熟すことにより芳醇さが加わるため、驚きの濃厚な味わいをご堪能いただけます。 極論すれば、この方法で追熟すると、たとえ2000円のメロンでも2万円のマスクメロンより美味しくいただくことが可能になるといえます。 それほどメロンの追熟は美味しくいただく大事な要素とお考えください。 追熟した完熟メロンの見極めサインを見きわめ、しっかり追熟して美味しくしてから食べるようにして下さい。 メロンは追熟することで美味しさが倍増します。 追熟を見分ける方法があります。 メロンはしっかり追熟して美味しくして食べる 収穫したばかりのメロンはまだ美味しい香りもなく、青臭さが残って食べられません。 収穫後時間がたつにつれ、青臭みから追熟して、だんだんメロン本来の甘い香りが立ってきます。 常温で日のあたらない日頃見えやすい場所に置きます。 毎日、メロンと顔を合わせるために台所やリビングの日のあたらない所がベストでしょう。 そうすることで、完熟を見落として熟れ過ぎることがないようにします。 一般的には収穫から1週間という追熟期間ですが、メロンは個体ごとに追熟は違います。 しっかりポイントをおさえて1個ずつ追熟状態を確かめて召上って下さい。 経験を重ねることで、あなたも完熟を見極める達人になれることでしょう。 よく見えるところ 3 、目安は収穫から1 週間ほど(メロンにより個体差がある) メロンは追熟することで高級マスクメロンのような美味しさを引き出すことが出来ます 追熟した完熟メロンの見極めポイントとは まず、1 、色 2 、匂い 3 、やわらかさ からチェックしていきます。 リビングや台所においておくと、香りで気付きます。 甘い香りが立ってきます。 甘い香りがしてきたら色とお尻のやわらかさをチェックして確認できれば追熟がされていると判断できます。 難しく考えないで自分の五感を信頼して下さい。 美味しさは香りからやってきます。 後の2つのポイントは確認のためのチェックです。 簡単に出来てしまいます。 追熟を見分ける3 つのポイント 1 、色 黄色っぽくなってくる 2 、匂い 甘い香りが漂ってくる 3 、やわらかさ メロンの下の方、お尻の部分が軟らかくなってくる 通常収穫から7日間、追熟すると食べ頃といわれますが、メロンにより個体差があります。 1個1個ご自分の五感で確かめて、美味しい完熟したメロンを見分けて完熟で召し上がってください。 追熟した証しとしてメロン下部、お尻が弾力を感じるようになります 完熟メロンは食べる2 時間前に冷蔵庫で冷やす 食べる時を想定して召上る2時間前に冷蔵庫に入れます。 冷やすのはいいのですが、冷やし過ぎに注意。 冷やし過ぎると甘さなどの本来の味が感じずらくなってしまいます。 メロンは同じ糖度や熟度であっても美味しさを感じる温度帯があって冷やし過ぎると美味しさを感じ取ることが出来なくなるのです。 また、追熟して美味しくなったメロンは一気に全部食べなくても美味しい状態のまま冷凍保存が可能です。 ジップロックや冷凍用プラスチック容器に入れて冷凍保存すると便利です。 美味しい状態のメロンをそのまま冷凍保存することで、色んな料理やデザートなどに使いやすくなりますのでお試しください。 メロンは食べ頃を見つけ完熟で食べると食味は最高になる メロン 追熟 完熟の見分け方 まとめ メロンを美味しく召し上がるには追熟が欠かせません。 収穫したての追熟なしで食べるのとはメロンの食味に雲泥の差があります。 追熟の目安は収穫から7日位が目途ですが、ご自分の目と手を使って1個1個丹念に感触を手で確認して、追熟を確かめて見極めて下さい。 最後に召し上がる2時間前に冷蔵庫に入れ冷やして召上るようにして下さい。 最高のメロンの味を楽しむことが出来ます。 召し上がる2時間前に冷蔵庫で冷やして食べて下さい。 決して冷やし過ぎないでください。 冷やし過ぎると美味しさが失われてしまいます。 お気を付け下さいね。 砂の土壌は「肥料が効きやすく、無くなり易い」というメロンの栽培に良くマッチしています。 また、水はけの良い砂丘地はデリケートなメロン栽培には好都合です。 水分が多いと、メロンが吸収して糖度が下がってしまうからです。

次の