東京駅 ホテル 今日。 ホテル 東京, 日本

丸ノ内ホテル【公式】(東京駅 丸の内 大手町)

東京駅 ホテル 今日

北海道• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 北関東• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 首都圏• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 甲信越• 新潟県• 山梨県• 長野県• 富山県• 石川県• 福井県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 山陽・山陰• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• 北海道全域• 青森県全域• 岩手県全域• 宮城県全域• 秋田県全域• 山形県全域• 福島県全域• 茨城県全域• 栃木県全域• 群馬県全域• 埼玉県全域• 千葉県全域• 123東京都全域• 神奈川県全域• 新潟県全域• 山梨県全域• 長野県全域• 富山県全域• 石川県全域• 福井県全域• 岐阜県全域• 静岡県全域• 愛知県全域• 三重県全域• 滋賀県全域• 京都府全域• 大阪府全域• 兵庫県全域• 奈良県全域• 和歌山県全域• 鳥取県全域• 島根県全域• 岡山県全域• 広島県全域• 山口県全域• 徳島県全域• 香川県全域• 愛媛県全域• 高知県全域• 福岡県全域• 佐賀県全域• 長崎県全域• 熊本県全域• 大分県全域• 宮崎県全域• 鹿児島県全域• 沖縄県全域 都道府県・エリアを選択してください。

次の

ホテル 東京, 日本

東京駅 ホテル 今日

北海道• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県• 北関東• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 首都圏• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県• 甲信越• 新潟県• 山梨県• 長野県• 富山県• 石川県• 福井県• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県• 山陽・山陰• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県• 北海道全域• 青森県全域• 岩手県全域• 宮城県全域• 秋田県全域• 山形県全域• 福島県全域• 茨城県全域• 栃木県全域• 群馬県全域• 埼玉県全域• 千葉県全域• 123東京都全域• 神奈川県全域• 新潟県全域• 山梨県全域• 長野県全域• 富山県全域• 石川県全域• 福井県全域• 岐阜県全域• 静岡県全域• 愛知県全域• 三重県全域• 滋賀県全域• 京都府全域• 大阪府全域• 兵庫県全域• 奈良県全域• 和歌山県全域• 鳥取県全域• 島根県全域• 岡山県全域• 広島県全域• 山口県全域• 徳島県全域• 香川県全域• 愛媛県全域• 高知県全域• 福岡県全域• 佐賀県全域• 長崎県全域• 熊本県全域• 大分県全域• 宮崎県全域• 鹿児島県全域• 沖縄県全域 都道府県・エリアを選択してください。

次の

丸ノ内ホテル【公式】(東京駅 丸の内 大手町)

東京駅 ホテル 今日

今日で3日目の東京です。 明日の朝、大阪に戻るので、昨日までの吉祥寺から東京駅前に移動してきました。 仕事の終了時間がわからなかったので東京駅前宿泊にしまにしたが、無理すれば帰れる時間でした。 今日のホテルは『スーパーホテルPremier東京駅八重洲中央口』です。 東京駅の八重洲中央口から徒歩5分くらいにある便利なホテルです。 以前から、一度泊まってみたかったホテルですが、場所もよくてスーパーホテルと言ってもPremierなので、会社規定の宿泊費では泊まれませんでした。 新コロナ問題の影響で少しリーズナブルになっていたので、この機会に宿泊してみました。 Premierというだけあって、スーパーホテルチェーンの中でも趣きが違います。 ホテル玄関を入るとすぐにフロントになっています。 1階にはフロントの他に小さなロビーとレストラン(朝食会場)があり、うまくスペースを使っている感がありました。 フロントのお姉さんがとても親切で、本来なら自分で扱うことになる精算機も、お姉さんが代わりにやってくれたり、色々、話しかけてくれたり、メッセージカードをくれたりと、普通のビジネスホテルとは一味違ったサービスを味わいました。 今日の部屋は13階です(ちなみに最上階は14階です)。 エレべーターで13階まで上がり、部屋は回廊のような廊下をぐるりと回りエレベーターの裏側だったので少し探してしまいました。 廊下は少し狭い感じがしましたが、東京駅前の立地で部屋を取ると、共用部分が少し狭くなるのは仕方がないのかな。 ちなみにエレベータは3基ありこのフロア構成ではかなり行き届いていると思います。 スーパーホテルは部屋の鍵がなくて、暗証番号で開けるタイプです。 この番号がなかなか覚えられないので、外出する時には領収書を持ち歩くことになります。 部屋に入ると靴を脱ぐスペースがあるのもスーパーホテルの特徴です。 ダブルのルームなので大きなベッドがど~んと置いてあります。 ベッドマットレスの上にマットレスがもう一枚弾いてあり、快眠をPRするチェーンならではの設定になっています。 確かに気持ち良さそうなので、ゆっくり休もうと思います。 机は写真の様に横に広くなっているタイプで、PCでの作業をするのに不満はありません。 十分な広さが取られています。 コンセントは机の上に3ヶ所あるのと、ベッドサイドにはコンセント1か所とUCB口が1つあります。 さらに机の上には携帯(スマホ)充電コードがコンセントとは別にあり、PC、スマホ2台、ipad、ポット等、十分に対応できました。 部屋が一般的な造りのホテルとは違い、バスルームが部屋の奥側(窓側)に設置してあります。 バスルームとしては一般的な大きさでした。 バスタブの広さは十分ありますが、昨日までのホテルと比べるとバスタブの長さが短くて、足は延ばせないです。 ただ、決して狭いということはありません。 それに、このホテルには大浴場がついています。 この大浴場(温泉)はホテルの売りの一つになっています。 疲れて寝てしまったので入る機会を逸してしまいました。 24時間は入れるので便利です。 朝食を終えてからのぞいてみましたが、その時間からでも入浴する人が結構いました。 朝食付きのプランなので、朝、会場に行ってみると、いわゆるバイキング、ビュッフェスタイルの朝食でした。 新コロナ問題でプレートに替えているホテルの多かったのですが、元の形に復帰したのでしょうね。 メニューの種類も内容も十分で、楽しく味逢うことができました。 特に、お茶漬け用の出汁が用意してあり、朝からご飯を2膳も食べてしまいました。 通常のスーパーホテルの一つ上の質感を出しているイメージです、部屋もきれいだし、フロントの方々の応対も行き届いています。 普通のビジネスホテル慣れしている私にとってはビックリするくらいでした。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の