河本 結。 河本結プロフィール

河本結のスカートめくれがヤバイ!厚化粧でも可愛い!熱愛彼氏はいる?

河本 結

【解説】河本結 2018ステップアップツアー賞金女王で、今季からツアー参戦。 早くも1勝を挙げ、その後も好調をキープ お尻を意識して動かすと全部が連動して動く 河本 お尻は体の真ん中にあると思うので、ここが動くと、上半身も含めて全部が自然に回転してくれます。 それに、お尻に意識を持っていくと、手の意識がなくなって、腕を柔らかく使えるようになるんです。 ならば単純にお尻を回せばいいのかというと、そうではない。 河本 切り返しで、まず左のお尻をかかと側に引いて、回転をスタートさせます。 そこから、右側の腰骨を下向きに押し込みつつ(骨盤の前傾を強めて)ダウンスウィング。 インパクトでは、お尻の穴をキュッとする感じで、左右のお尻をくっつけて、左のお尻を高くします。 これができると、体が左に流れずにスムーズに回転できるから、飛距離も出るんです。 トップでも右の尻を後ろに引くことで、右股関節が深く入っているのがわかる。 そこから尻が一切、前に出ていない 河本 (ダスティンを見てわかるとおり)手の通り道が確保されるから、腰の回転スピードに負けずに、スムーズに速く振れるんです。 逆に、ほとんどのアマチュアは、インパクトに向かって、お尻がどんどん前に出ていくから、腕の通り道がなくなって、どうしようもなくて伸び上がっちゃうんです。 お手本はトミー・フリートウッド「切り返しで左のお尻を引く」 トップでは右のお尻を後ろに引いて腰を回す。 切り返しでは、すでに引いてある右腰の位置を変えずに、左尻を引くことで、腰を前にずらさずに回転できる。 左右の尻をそれぞれ分離して動かす感覚が必要。

次の

【スウィングづくり】河本結「お尻が前に出たらダメ。お尻が後ろにあればヘッド軌道が安定します」お尻着目レッスン②

河本 結

開幕してからツアーに同行していなかったのもあってスウィングを崩していました。 スピン量が多くカットボールのように右へのミスが出ていたんです。 そこで、それまで使っていた『ローグ』に変えて『エピックフラッシュ』を投入したんです。 その結果ボールがつかまるようになり、スピン量も減ったことでショットが安定したんです。 それとそれまで使っていたエースパターと新しいパターの2本で練習ラウンドしていたのですが、どちらにするか決めきれていなかったところ、キャディを務めた弟の力君がエースパターをロッカーに置いて、新しいパターに絞ってくれたのです。 「開幕でシャフトを換えたのが逆効果になり、ドライバーの調子を崩すことになってしまったんです。 アイアンは調子が悪くなかったので、ドライバーとパターを変えたことで一気に解消できたんです。 最終日に見に行ったときにはフェアウェイに打てていましたし、要所でパットも決まっていたので。 それでも優勝するとは驚きでした」(目澤) クラブを変えたり調整することでトップ選手でも調子を崩したり、取り戻したりする。 そのことがよくわかるエピソードだが、群雄割拠の女子ツアーで勝ち切る力は、ステップアップツアーで培ってきたものだと目澤は続ける。 また、(2018にスポット参戦で)レギュラーに出たときに、ステップでやってきたことをそのままやったらトップテンに入れたんです。 自分の実力通りにやれればある程度通用すると(いう自信が)本人の中に残っていました」(目澤) 初優勝のあとは予選落ちもなかった代わりに目立った活躍もなかったが、目澤自身がキャディを務めた「サロンパスカップ」以降は試合中に行った調整も功を奏して復調。 2位のあと3週連続3位タイに入るなど、一気にトッププレーヤーへと駆け上がっていった。 負けん気の強さを結果に結びつけられるところが河本の強さだと目澤は話す。 「しっかりと自分で考えて対処できるところが彼女の強さになっていると思います。 米ツアーのQTでもそうですが慣れない環境でも誰かに頼ることはできません。 そういう中でも自分で考え実力を発揮できるところがすごいところですね」(目澤) 米女子ツアーは今のところ6月に再開するとアナウンスされている。 新たなステージ河本結がどんなゴルフを見せてくれるのか? そこで活躍できれば、来年に延期されたオリンピックの出場権争いにも絡んでくる。 ツアーが再開されたそのときは、エネルギーをため込んだ河本結の爆発に期待したい。

次の

河本結のスカートめくれはワザと!? 進学した意外な理由も暴露!!w

河本 結

ティーショットを放つ河本結(Getty Images/JLPGA提供) 国内女子プロゴルフツアー今季初戦のアース・モンダミンカップは25日から4日間、千葉・カメリアヒルズCCで開催される。 米ツアーを主戦場とする河本は2月のオーストラリアの2戦以来の実戦を迎える。 「幸せというか、試合だなという雰囲気に感動している」とオンライン画面越しに笑顔を見せた。 「(自粛期間は)家でできる準備をして、気持ちも技術もここに向けてきた。 元気と感動を届けたい」と意気込んだ。 会場では同学年の畑岡と再会し「奈紗とは米ツアーの、これから先の話をした」という。 河本は7月中旬に渡米し、31日の再開初戦となる新規大会に出場する意向を示した。 世界ランクは日本勢5番手の62位。 今大会は「準備してきた自分を信じてやる」と目標を掲げた。 「1年延びて、みんなにチャンスがある」と語る東京五輪に向けて好スタートを切る。

次の