素直 漢字。 こだわらない、とらわれない~松下幸之助 心を強くするヒント

女の子の名前で「さな」漢字と由来のセット78!

素直 漢字

素直とは何か 「素直」の意味は「性格や態度がひねくれておらず、真っ直ぐなこと」 「素直」は「すなお」と読みます。 意味は「性格や態度がひねくれておらず、他人の言動などを逆らわずに受け入れるさま」「癖がなく、形などがまっすぐであること」です。 主に人の性格や言動などに使われる言葉ですが、物の形や性質などに使うこともあります。 「素直」と「正直」の違い 「素直」・・・「性格や態度がひねくれておらず、他人の言動などを逆らわずに受け入れるさま」 「正直」・・・「嘘や偽りがないこと」 「正直」の意味は、とにかく嘘偽りがないことを指して使います。 そのため、性格がひねくれている場合もありますし他人などの言動に逆らうこともあります。 しかし、嘘はなくどんな自分もありのまま表現する人のことを指します。 「素直」にも嘘偽りがないといったニュアンスは含まれますが、嘘がないということよりも「ひねくれていなくて何でも受け入れる」といった意味合いが強くなります。 「意思が強いのはいいことだけど、頑固な人は本当にめんどくさいよね」 「素直」の英語は「honest」 「素直」の英語は「honest」です。 「honest」の類語には「genuine」「sincere」などがあります。 その他にも「従順な、逆らわない」という意味合いの「obedient」という英語もあります。 「穏やかな」というニュアンスの「gentle」「mild」、「おとなしい」という意味の「meek」なども存在します。 素直な人の特徴 育ちがよい 素直な人って、育ちがよい人が多いです。 子供の頃から裕福であったり、周りにいる大人が人として必要なことをしっかりと教えることで、素直な子に育ちます。 裕福な家庭は、人に嫉妬をしたりすることがないため素直な子に育つことが多くなっています。 ただいくら裕福でも、子供の言うことを聞きすぎて何でも買い与えている家庭では、素直じゃなくワガママな子に育ちます。 やっぱり卑屈な大人に育てられた子は卑屈になりますし、意地悪な大人のいる環境で育てば意地悪に育ちます。 甘やかされれば傲慢な子に育ちますし、厳しくしすぎると心を閉ざしてしまうことがあります。 幼少期の家庭環境は、人格形成において影響があります。 聞き上手 感受性豊かな分、相手の話に親身になって聞いてくれます。 素直なので相手の話を真っ直ぐに受け止め、真剣に聞いてくれます。 質問をしたり、同調してくれたりと、話す方もついつい気分が良くなってたくさん話してしまいます。 また、自分自身に話してくれたことも素直に喜んでくれるので「話してくれてありがとう」と言ってくれるので、話した方はとても気分が良いです。 「こちらこそ聞いてくれてありがとう」と伝えればよりよい関係が気付いていけますよね。 素直じゃない人は、相手の話にもいちいち突っかかったり冷めたようなことを言ってきます。 話す方も気分が悪く話す気もなくなりますよね。 自分の話をする時は、素直な性格の相手と話すのが一番です。 相手を疑わない 相手の言動に敏感な人は勘ぐってしまったり、相手のことを信じきれていない人からすると疑うべき点があったとしても、素直な人はなかなか相手を疑いません。 相手の言動をそのまま信じ受け入れるので「実は浮気してるんじゃないか…」「本当は違うんじゃないか…」などといった感情がそもそも生まれません。 そのため相手に対して疑心暗鬼になることがなく、恋愛をしていて疲れることはほぼありません。 相手も何もないのにいちいち疑われるとしんどくなったりイライラがしたりするので、疑われないことはとても嬉しいですよね。 ただ、疑えないことから恋人の浮気を発覚出来ないなんてこともあるかもしれません。 知らぬが仏とは言いますが、ずっと騙され続けるのは悔しいですよね。 一途 素直な人は、とても純粋な気持ちの持ち主です。 一度、相手を愛し続けると決めたらよっぽどのことが無い限り、他の人に目移りしたりしません。 相手の言動や性格なども好きなので、多少のことでは冷めることもありません。 ただ素直すぎて一途に思い続けてしまうことから、片想いを長引かせてしまうことも…。 誰かと付き合いたいという気持ちよりも「この人が好き!」という気持ちが強くなってしまいます。 恋人になってからは、ずっと大事にしてくれるのでとてもいいでしょう。 ただ素直な愛情表現が疲れている時には少し重く感じてしまうことがあるかもしれません。 ただ、それが素直な性格だからと思えば鬱陶しく思うようにはならないと思います。 素直さが人生にプラスな理由 何でも思いっきり楽しめる 素直な人は、何事に対しても裏を読んだり邪な目で見ることはありません。 そのためストレートに受け取ったまま楽しむことができます。 ひねくれている人や、頑固な人はなかなか素直に思いっきり楽しむことができません。 思いっきり楽しむのが恥ずかしかったり、誰かにおどらされてるのでは?と思ったりしてしまいます。 そういう人って人生損してるな、と思いますよね。 とにかく何でも思いっきり楽しんでみちゃうと、後のことってどうでもよくなったりします。 その瞬間は最高にボルテージも上がりますし、誰かと一緒ならその楽しさを共有できる喜びもあります。 また、思いっきり楽しむっていう行為はストレス解消にもなるので、人にとってとても大切なことです。 様々な面において、「何でも思いっきり楽しめる」というのは人生においてプラスになります。 感情を我慢するストレスがない 素直な人は、楽しい感情だけでなく悲しみや寂しさ、嫌な気持ちなどマイナスな感情も相手に伝えることが出来ます。 それは感情の起伏が激しいとかではなく「私はこう思ったよ」と言うことが出来ます。 そのため、自分の気持を抑え込むことがないので感情を我慢するストレスがありません。 例えば人って誰かから理不尽なことを言われた時、もちろん言われた内容にもイラッとするのですが、一番ストレスになるのがその時に言い返せなかったときです。 その時点で言い返したり自分の意見を言えていれば、その人に対する負の感情は消えなくても過度のストレスになることって実はそんなにないんです。 イライラが長引いてストレスになるのは、自分の感情や思ったことを外に表すことが出来ない時なんです。 なので、素直な人は基本的に感情が外にあふれているため、他の人よりもストレスが溜まりにくくなっています。 偏見を持たない 偏見とは、相手の見た目や人種、学歴や経験などそういったもので人を判断することです。 社会に出ると多くの人が、知らず知らずに偏った見方や考えを持ってしまい無自覚で偏見を持ってしまいます。 しかし素直な人は、誰に対しても偏見を持つことがありません。 相手がどんな人か、どんな気持ちを抱えているのかをちゃんと見ることができるからです。 どこの国の出身だろうと性別や年齢は何であろうと、東大卒だろうと中卒だろうと、フラットに相手と接してくれます。 どんな場所でもやっていける 素直な人は頑固な考えがないので、どんな状況や場所にも臨機応変に対応することが出来ます。 「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、状況や場所におけるルールに従うのが一番です。 素直な人はすぐ従うことができるので、周りからも信頼されやすく自分自身も過ごしやすくなります。 またどんな相手に対しても真っ直ぐに向き合うことができるので、よっぽど相手の性格がひねくれていない限りは人と争うことがありません。 そういった意味でも、どんな場所でも人間関係も良好に過ごしていくことが出来るでしょう。 人から好かれる 素直な人は嘘も嫌味もないので、人からとても好かれやすいです。 まず一緒にいて、なかなか嫌な気持ちにならないので嫌いになりません。 そしてどんなことを考えているかが分かるので、不安になることも疑う必要もありません。 自分自身のことをありのまま受け止めてくれるので、安心感があります。 無邪気な表情や強い好奇心はとても可愛らしく、同い年でもちょっと幼く見えて守ってあげたくなってしまいます。 人が助けてくれる 素直な人はみんなから愛されるので、周りもつい構ってしまいます。 そして素直な人が困っていればみんなで助けたりフォローしたりしてくれます。 素直な人はただただ相手を受け入れるだけではなく、いたずらな一面や一生懸命な一面もあり、また自分の感情が相手に伝わりやすいので、子供を愛おしく思うような感情に周りはなりやすいです。 また「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるので、助けた後も気持ちがいい!ここで、「ありがとう」と「ごめんなさい」がないと、人はすぐに助けてくれなくなります。 素直な人は自分の非をすぐに認め相手に感謝を出来る人なので、たくさんの人が集まってきて何かあればフォローしてくれる環境にいます。 嘘はつかない これは人としてもしてはいけないことですが、素直な人は嘘をつきません。 むしろつこうと思っても、なかなか上手に嘘がつけません。 性格がまっすぐなのですぐに周りからバレてしまいます。 そのため素直な人になりたい人は、まず誤魔化したり嘘をついたりすることをやめましょう。 正直にも言えないような場面であれば、ひたすら沈黙です。 とにかく嘘は絶対につかないように注意しましょう。 一度でも嘘をつくと「嘘つき」として周りからも思われてしまいます。 嘘つきとして関わられてしまうと、自分自身でも自分のことを嘘つきだと思い嘘を重ねはじめてしまいます。 そのため、すぐに素直になれなくても嘘だけは言わないことが大切です。 自分の気持ちと向き合う 素直になるためには、まず自分自身に対して素直になることが大事です。 自分自身に対して素直になるためには、自分の本当の気持ちとしっかり向き合って理解することです。 自分が本当にやりたいことは何か、どういった人間になっていきたいのか、などを知ることからはじめましょう。 小さな目標でもいいです。 海外旅行に1週間行きたい!など漠然としものでも、まずはノートなどに書き出してみましょう。 そういった自分のやりたいことを把握して、それに向けた目標を立てて日々がんばっていると心はとてもハッピーになります。 そういう時って素直になりやすく、相手のことも誠実に受け入れることができます。 自分のことを信じる 自分の気持ちと向き合うことができたら、自分自身を信じてあげましょう。 そういった小さな目標をひとつひとつ叶えていくことで、自信がついてきます。 だんだんと目標設定を高くして、長期で計画を立てられるようになったら自分のことを信じられるようになっている証拠です。 ただ、ちゃんと目標に向かって努力をしたり行動をしないと自分に対して自信がなくなっていってしまいます。 叶えられなかったことよりも、目標に向かって頑張れないことの方が自分に対して幻滅してしまうので気をつけましょう。 自分で自分を信じてあげられていると、自分の気持ちを偽る必要もないですし相手を疑う必要もありません。 そのため素直でいられるようになります。 相手のことも信じる 自分のことを信じれるようになったら、相手のことも信じてみましょう。 基本的に、他人を疑う人は自分が嘘をついていたり、自分自身に満足できていない人がほとんどです。 そのため、自分を信じれるようになったら自ずと他人を疑うことが減ってきます。 相手を信じられるようになると、ひねくれた感情を持つこともなく素直に受け入れることができます。 ちょっと「あれ?おかしいな?」「嘘ついてるかな?」って思うようなことがあったら、ちゃんと向き合って話をすることも出来るようになりますし、そういったすぐに嘘をつくような相手に固執をしなくなります。 信じられる人とした関わりを持たなくなるので、より一層素直でいられるようになります。 素直じゃない性格を相手に伝えておく どうしても素直になれない部分がこべりついていて素直になるのが困難な場合は、素直じゃない性格を予め相手に伝えておきましょう。 相手に素直じゃない部分を理解してもらっておくと、相手も「それって本心?」「本当は?」などと確認してくれるようになります。 しかしこれは本当に親しい仲ではないと相手にも負担になりますので、誰にでもそれを求めないようにしましょう。 また、伝えておくだけではなく素直になるよう努力は必要です。 相手が確認してくれるからいいや、と甘えていると相手は「いい加減自分で話してくれないかな」と思ってきます。 めんどくさがられる前に、ちゃんと自分から変わっていきましょう。 素直じゃないのは、実際そんなに可愛くない 素直じゃないところが可愛い、って思う人もたまにいます。 でもそれはたまに恥ずかしがったりちょっと不貞腐れていたりするから可愛いのであって、常に素直じゃないのはただただ相手は疲れます。 相手も最初のうちは「なんでそんなこと言うの〜」「本当は嬉しいくせに〜」なんて言ってくれるかもしれませんが、段々と「そう言うのめんどくさい」「いちいちこっちが聞かなきゃいけないの?」となってしまいます。 可愛さは微塵もありません。 「ごめん、素直になれなくて…」と言ったところで「いい年こいて何言ってるの」と思われてしまいます。 10代の学生ならまだ分かりますが、社会人にもなって恋人や友人相手に素直になれないのは結構めんどくさいですよね。 素直じゃない性格が得することはそんなにありませんので、たまにならいいですが基本的には素直でいられるようにしましょう。 無意識に相手を傷付けてしまう 素直に思ったことを言ってしまい、悪意はなくても相手を傷付けてしまうことがあります。 無神経な人ほどではありませんが、時に自分の気持ちを伝えずに相手を気遣うことが大事なときもあります。 例えば、友達から新しい恋人の話をされるとします。 一通り話を聞いてみて、前の恋人の方が良かったんじゃないか?と思ったとします。 ですが、新しい恋人とはまだ始まったばっかりなのでこれから良くなっていくかもしれません。 ですが「前の人の方が良かったんじゃない?」などと言ってしまうと相手は傷付いてしまうかもしれません。 前の人にはこっぴどくフラれているかもしれませんし、今の恋人のことが大好きかもしれません。 冗談が通じない時がある 素直な人は、相手のことを信じてしまうので冗談で言ったことも本気で捉えてしまうことがあります。 そのため、周りからは「冗談が通じない」と思われてしまいます。 冗談か本音かを判断するのって、普段から冗談を言っている人じゃなければ分からないことってあります。 しかも、なぜか冗談だって分からなかった側の人の方が立場が悪くなったりします。 素直な人は、あまり冗談ばっかり言っている人と一緒にいない方がいいでしょう。 ただ、大勢で集まって盛り上がっている時に冗談が通じないとやっぱり「空気読めない」と思われてしまうので周りの反応などにも注意してみましょう。 従順すぎる とにかく従順すぎてしまいます。 素直なのはいいことですが、もっと自分の意志や意見を言ってほしいと思う人もいます。 上司や先輩に指示されたのだから、それをこなすのが私の仕事だ!と思って一生懸命にやるのはいいことなのですが、少しは自分の意見や新しいアイディアが欲しいなと思う人もいます。 従順な部下だけを可愛がる性格の悪い上司もいますが、自分自身の成長のためにも従順すぎるよりは自分の意見や考えを伝えられる方がいいでしょう。 また、恋人や友人との関係でも「それでいいよ」となんでも相手の意見を受け入れてしまうと、相手からしてみたら「自分の意見はないの?」「ただくっついて来てるだけみたい」と関係性に疑問を持ってしまうことも。 素直が故に、言わなくていいことも言ってしまうこともありますが、相手の言う通りにしてしまいすぎる一面もあります。

次の

第8回 今、あなたに贈りたい漢字コンテスト

素直 漢字

ご自分や身内などを「漢字1文字だけ」で表してください。 ・それはどんな文字? ・その読みは?(ご自分で決めたご自由な読み方で結構です) ・その意味は? について是非教えてください。 身内や、夫・妻・恋人・兄弟・姉妹 など 先生・上司・部下 など も思いついたら併せておしえてください。 強制ではないですが URLは適当にお願いします。 回答がある程度集まりましたら、勝手に締め切る可能性があります。 では、よろしくお願いいたします。 Your Super Search Engine - dammy. com 自分「樹」…中心に人がいてくれるのを好む。 ただし、周りで嵐が起こると他人事でも巻き込まれ倒れる。 現在、職場・家庭が乱れ、休職中です… 弟「我」…自分勝手。 でも、職場などでは個性を発揮して評価を受けているらしいので。 母「受」…弱々しい長男、勝手な次男、自分勝手な父、身に降りかかるいろいろな病など全て受け止めています。 父「嵐」…良かれと思ってやることがほとんど裏目に出て、友達もほとんど居ない、個人で立ち上げた会社に入れ込んでいる。 周りの人はみんな飛ばされてしまう。 離婚調停前の妻「猫」…ズル賢い。 計算尽くのことが多い。 その家庭「師」…教職に携わる家庭で全て教師然としている。 裏があるのは納得いかない。 人ではないですが日本「流」…何も芯がなく、流されているだけ。

次の

ご自分や身内などを「漢字1文字だけ」で表してください。 ・…

素直 漢字

素直とは何か 「素直」の意味は「性格や態度がひねくれておらず、真っ直ぐなこと」 「素直」は「すなお」と読みます。 意味は「性格や態度がひねくれておらず、他人の言動などを逆らわずに受け入れるさま」「癖がなく、形などがまっすぐであること」です。 主に人の性格や言動などに使われる言葉ですが、物の形や性質などに使うこともあります。 「素直」と「正直」の違い 「素直」・・・「性格や態度がひねくれておらず、他人の言動などを逆らわずに受け入れるさま」 「正直」・・・「嘘や偽りがないこと」 「正直」の意味は、とにかく嘘偽りがないことを指して使います。 そのため、性格がひねくれている場合もありますし他人などの言動に逆らうこともあります。 しかし、嘘はなくどんな自分もありのまま表現する人のことを指します。 「素直」にも嘘偽りがないといったニュアンスは含まれますが、嘘がないということよりも「ひねくれていなくて何でも受け入れる」といった意味合いが強くなります。 「意思が強いのはいいことだけど、頑固な人は本当にめんどくさいよね」 「素直」の英語は「honest」 「素直」の英語は「honest」です。 「honest」の類語には「genuine」「sincere」などがあります。 その他にも「従順な、逆らわない」という意味合いの「obedient」という英語もあります。 「穏やかな」というニュアンスの「gentle」「mild」、「おとなしい」という意味の「meek」なども存在します。 素直な人の特徴 育ちがよい 素直な人って、育ちがよい人が多いです。 子供の頃から裕福であったり、周りにいる大人が人として必要なことをしっかりと教えることで、素直な子に育ちます。 裕福な家庭は、人に嫉妬をしたりすることがないため素直な子に育つことが多くなっています。 ただいくら裕福でも、子供の言うことを聞きすぎて何でも買い与えている家庭では、素直じゃなくワガママな子に育ちます。 やっぱり卑屈な大人に育てられた子は卑屈になりますし、意地悪な大人のいる環境で育てば意地悪に育ちます。 甘やかされれば傲慢な子に育ちますし、厳しくしすぎると心を閉ざしてしまうことがあります。 幼少期の家庭環境は、人格形成において影響があります。 聞き上手 感受性豊かな分、相手の話に親身になって聞いてくれます。 素直なので相手の話を真っ直ぐに受け止め、真剣に聞いてくれます。 質問をしたり、同調してくれたりと、話す方もついつい気分が良くなってたくさん話してしまいます。 また、自分自身に話してくれたことも素直に喜んでくれるので「話してくれてありがとう」と言ってくれるので、話した方はとても気分が良いです。 「こちらこそ聞いてくれてありがとう」と伝えればよりよい関係が気付いていけますよね。 素直じゃない人は、相手の話にもいちいち突っかかったり冷めたようなことを言ってきます。 話す方も気分が悪く話す気もなくなりますよね。 自分の話をする時は、素直な性格の相手と話すのが一番です。 相手を疑わない 相手の言動に敏感な人は勘ぐってしまったり、相手のことを信じきれていない人からすると疑うべき点があったとしても、素直な人はなかなか相手を疑いません。 相手の言動をそのまま信じ受け入れるので「実は浮気してるんじゃないか…」「本当は違うんじゃないか…」などといった感情がそもそも生まれません。 そのため相手に対して疑心暗鬼になることがなく、恋愛をしていて疲れることはほぼありません。 相手も何もないのにいちいち疑われるとしんどくなったりイライラがしたりするので、疑われないことはとても嬉しいですよね。 ただ、疑えないことから恋人の浮気を発覚出来ないなんてこともあるかもしれません。 知らぬが仏とは言いますが、ずっと騙され続けるのは悔しいですよね。 一途 素直な人は、とても純粋な気持ちの持ち主です。 一度、相手を愛し続けると決めたらよっぽどのことが無い限り、他の人に目移りしたりしません。 相手の言動や性格なども好きなので、多少のことでは冷めることもありません。 ただ素直すぎて一途に思い続けてしまうことから、片想いを長引かせてしまうことも…。 誰かと付き合いたいという気持ちよりも「この人が好き!」という気持ちが強くなってしまいます。 恋人になってからは、ずっと大事にしてくれるのでとてもいいでしょう。 ただ素直な愛情表現が疲れている時には少し重く感じてしまうことがあるかもしれません。 ただ、それが素直な性格だからと思えば鬱陶しく思うようにはならないと思います。 素直さが人生にプラスな理由 何でも思いっきり楽しめる 素直な人は、何事に対しても裏を読んだり邪な目で見ることはありません。 そのためストレートに受け取ったまま楽しむことができます。 ひねくれている人や、頑固な人はなかなか素直に思いっきり楽しむことができません。 思いっきり楽しむのが恥ずかしかったり、誰かにおどらされてるのでは?と思ったりしてしまいます。 そういう人って人生損してるな、と思いますよね。 とにかく何でも思いっきり楽しんでみちゃうと、後のことってどうでもよくなったりします。 その瞬間は最高にボルテージも上がりますし、誰かと一緒ならその楽しさを共有できる喜びもあります。 また、思いっきり楽しむっていう行為はストレス解消にもなるので、人にとってとても大切なことです。 様々な面において、「何でも思いっきり楽しめる」というのは人生においてプラスになります。 感情を我慢するストレスがない 素直な人は、楽しい感情だけでなく悲しみや寂しさ、嫌な気持ちなどマイナスな感情も相手に伝えることが出来ます。 それは感情の起伏が激しいとかではなく「私はこう思ったよ」と言うことが出来ます。 そのため、自分の気持を抑え込むことがないので感情を我慢するストレスがありません。 例えば人って誰かから理不尽なことを言われた時、もちろん言われた内容にもイラッとするのですが、一番ストレスになるのがその時に言い返せなかったときです。 その時点で言い返したり自分の意見を言えていれば、その人に対する負の感情は消えなくても過度のストレスになることって実はそんなにないんです。 イライラが長引いてストレスになるのは、自分の感情や思ったことを外に表すことが出来ない時なんです。 なので、素直な人は基本的に感情が外にあふれているため、他の人よりもストレスが溜まりにくくなっています。 偏見を持たない 偏見とは、相手の見た目や人種、学歴や経験などそういったもので人を判断することです。 社会に出ると多くの人が、知らず知らずに偏った見方や考えを持ってしまい無自覚で偏見を持ってしまいます。 しかし素直な人は、誰に対しても偏見を持つことがありません。 相手がどんな人か、どんな気持ちを抱えているのかをちゃんと見ることができるからです。 どこの国の出身だろうと性別や年齢は何であろうと、東大卒だろうと中卒だろうと、フラットに相手と接してくれます。 どんな場所でもやっていける 素直な人は頑固な考えがないので、どんな状況や場所にも臨機応変に対応することが出来ます。 「郷に入れば郷に従え」という言葉があるように、状況や場所におけるルールに従うのが一番です。 素直な人はすぐ従うことができるので、周りからも信頼されやすく自分自身も過ごしやすくなります。 またどんな相手に対しても真っ直ぐに向き合うことができるので、よっぽど相手の性格がひねくれていない限りは人と争うことがありません。 そういった意味でも、どんな場所でも人間関係も良好に過ごしていくことが出来るでしょう。 人から好かれる 素直な人は嘘も嫌味もないので、人からとても好かれやすいです。 まず一緒にいて、なかなか嫌な気持ちにならないので嫌いになりません。 そしてどんなことを考えているかが分かるので、不安になることも疑う必要もありません。 自分自身のことをありのまま受け止めてくれるので、安心感があります。 無邪気な表情や強い好奇心はとても可愛らしく、同い年でもちょっと幼く見えて守ってあげたくなってしまいます。 人が助けてくれる 素直な人はみんなから愛されるので、周りもつい構ってしまいます。 そして素直な人が困っていればみんなで助けたりフォローしたりしてくれます。 素直な人はただただ相手を受け入れるだけではなく、いたずらな一面や一生懸命な一面もあり、また自分の感情が相手に伝わりやすいので、子供を愛おしく思うような感情に周りはなりやすいです。 また「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えるので、助けた後も気持ちがいい!ここで、「ありがとう」と「ごめんなさい」がないと、人はすぐに助けてくれなくなります。 素直な人は自分の非をすぐに認め相手に感謝を出来る人なので、たくさんの人が集まってきて何かあればフォローしてくれる環境にいます。 嘘はつかない これは人としてもしてはいけないことですが、素直な人は嘘をつきません。 むしろつこうと思っても、なかなか上手に嘘がつけません。 性格がまっすぐなのですぐに周りからバレてしまいます。 そのため素直な人になりたい人は、まず誤魔化したり嘘をついたりすることをやめましょう。 正直にも言えないような場面であれば、ひたすら沈黙です。 とにかく嘘は絶対につかないように注意しましょう。 一度でも嘘をつくと「嘘つき」として周りからも思われてしまいます。 嘘つきとして関わられてしまうと、自分自身でも自分のことを嘘つきだと思い嘘を重ねはじめてしまいます。 そのため、すぐに素直になれなくても嘘だけは言わないことが大切です。 自分の気持ちと向き合う 素直になるためには、まず自分自身に対して素直になることが大事です。 自分自身に対して素直になるためには、自分の本当の気持ちとしっかり向き合って理解することです。 自分が本当にやりたいことは何か、どういった人間になっていきたいのか、などを知ることからはじめましょう。 小さな目標でもいいです。 海外旅行に1週間行きたい!など漠然としものでも、まずはノートなどに書き出してみましょう。 そういった自分のやりたいことを把握して、それに向けた目標を立てて日々がんばっていると心はとてもハッピーになります。 そういう時って素直になりやすく、相手のことも誠実に受け入れることができます。 自分のことを信じる 自分の気持ちと向き合うことができたら、自分自身を信じてあげましょう。 そういった小さな目標をひとつひとつ叶えていくことで、自信がついてきます。 だんだんと目標設定を高くして、長期で計画を立てられるようになったら自分のことを信じられるようになっている証拠です。 ただ、ちゃんと目標に向かって努力をしたり行動をしないと自分に対して自信がなくなっていってしまいます。 叶えられなかったことよりも、目標に向かって頑張れないことの方が自分に対して幻滅してしまうので気をつけましょう。 自分で自分を信じてあげられていると、自分の気持ちを偽る必要もないですし相手を疑う必要もありません。 そのため素直でいられるようになります。 相手のことも信じる 自分のことを信じれるようになったら、相手のことも信じてみましょう。 基本的に、他人を疑う人は自分が嘘をついていたり、自分自身に満足できていない人がほとんどです。 そのため、自分を信じれるようになったら自ずと他人を疑うことが減ってきます。 相手を信じられるようになると、ひねくれた感情を持つこともなく素直に受け入れることができます。 ちょっと「あれ?おかしいな?」「嘘ついてるかな?」って思うようなことがあったら、ちゃんと向き合って話をすることも出来るようになりますし、そういったすぐに嘘をつくような相手に固執をしなくなります。 信じられる人とした関わりを持たなくなるので、より一層素直でいられるようになります。 素直じゃない性格を相手に伝えておく どうしても素直になれない部分がこべりついていて素直になるのが困難な場合は、素直じゃない性格を予め相手に伝えておきましょう。 相手に素直じゃない部分を理解してもらっておくと、相手も「それって本心?」「本当は?」などと確認してくれるようになります。 しかしこれは本当に親しい仲ではないと相手にも負担になりますので、誰にでもそれを求めないようにしましょう。 また、伝えておくだけではなく素直になるよう努力は必要です。 相手が確認してくれるからいいや、と甘えていると相手は「いい加減自分で話してくれないかな」と思ってきます。 めんどくさがられる前に、ちゃんと自分から変わっていきましょう。 素直じゃないのは、実際そんなに可愛くない 素直じゃないところが可愛い、って思う人もたまにいます。 でもそれはたまに恥ずかしがったりちょっと不貞腐れていたりするから可愛いのであって、常に素直じゃないのはただただ相手は疲れます。 相手も最初のうちは「なんでそんなこと言うの〜」「本当は嬉しいくせに〜」なんて言ってくれるかもしれませんが、段々と「そう言うのめんどくさい」「いちいちこっちが聞かなきゃいけないの?」となってしまいます。 可愛さは微塵もありません。 「ごめん、素直になれなくて…」と言ったところで「いい年こいて何言ってるの」と思われてしまいます。 10代の学生ならまだ分かりますが、社会人にもなって恋人や友人相手に素直になれないのは結構めんどくさいですよね。 素直じゃない性格が得することはそんなにありませんので、たまにならいいですが基本的には素直でいられるようにしましょう。 無意識に相手を傷付けてしまう 素直に思ったことを言ってしまい、悪意はなくても相手を傷付けてしまうことがあります。 無神経な人ほどではありませんが、時に自分の気持ちを伝えずに相手を気遣うことが大事なときもあります。 例えば、友達から新しい恋人の話をされるとします。 一通り話を聞いてみて、前の恋人の方が良かったんじゃないか?と思ったとします。 ですが、新しい恋人とはまだ始まったばっかりなのでこれから良くなっていくかもしれません。 ですが「前の人の方が良かったんじゃない?」などと言ってしまうと相手は傷付いてしまうかもしれません。 前の人にはこっぴどくフラれているかもしれませんし、今の恋人のことが大好きかもしれません。 冗談が通じない時がある 素直な人は、相手のことを信じてしまうので冗談で言ったことも本気で捉えてしまうことがあります。 そのため、周りからは「冗談が通じない」と思われてしまいます。 冗談か本音かを判断するのって、普段から冗談を言っている人じゃなければ分からないことってあります。 しかも、なぜか冗談だって分からなかった側の人の方が立場が悪くなったりします。 素直な人は、あまり冗談ばっかり言っている人と一緒にいない方がいいでしょう。 ただ、大勢で集まって盛り上がっている時に冗談が通じないとやっぱり「空気読めない」と思われてしまうので周りの反応などにも注意してみましょう。 従順すぎる とにかく従順すぎてしまいます。 素直なのはいいことですが、もっと自分の意志や意見を言ってほしいと思う人もいます。 上司や先輩に指示されたのだから、それをこなすのが私の仕事だ!と思って一生懸命にやるのはいいことなのですが、少しは自分の意見や新しいアイディアが欲しいなと思う人もいます。 従順な部下だけを可愛がる性格の悪い上司もいますが、自分自身の成長のためにも従順すぎるよりは自分の意見や考えを伝えられる方がいいでしょう。 また、恋人や友人との関係でも「それでいいよ」となんでも相手の意見を受け入れてしまうと、相手からしてみたら「自分の意見はないの?」「ただくっついて来てるだけみたい」と関係性に疑問を持ってしまうことも。 素直が故に、言わなくていいことも言ってしまうこともありますが、相手の言う通りにしてしまいすぎる一面もあります。

次の