今福 ヤオコー。 ヤオコー/「川越今福店」ネットスーパーで空白商圏補完

埼玉県 川越今福店

今福 ヤオコー

株 ヤオコー(埼玉県川越市、川野澄人社長)は6月18日(火)、埼玉県川越市に「ヤオコー川越今福店」を新規オープンする。 店舗面積550坪で初年度売上げは17億円を予定する。 東武東上線「川越駅」から南に約2. 1kmほどの郊外に立地する。 店舗周辺は田園が多く住宅密集度は低いが、幹線道路が通るため自動車の交通量は多い。 1km圏内は1万7500人・7400世帯、3km圏内は15万8500人・7万2300世帯、5km圏内は37万0200人・16万6700世帯と、潤沢なマーケットだ。 1km圏内は、10歳代の子どもを持つ3~4人世帯のファミリー層が多く、持ち家の一戸建て比率が高い。 全体では40代と60代がボリュームゾーンだが、人口、世帯数ともに増加している。 青果は平台を活用して単品量販し、今日のおすすめ品が一目でわかるダイナミックな売場展開を行う。 また、今福近郊のトマトなどの地元野菜や果物を揃える。 精肉は、輸入牛のアンガス牛バラ肉を強化する。 ミート惣菜コーナーは、平日から国産ローストビーフのっけ盛りや盛合せを新規導入して、日常から主力商品としてコーナー展開する。 鮮魚は、キハダマグロを常時備えて旬の生マグロの販売を強化する。 切身は活〆ブリなど旬・生商材を中心に、単品量販や試食販売を通して、魚のある食卓を提案する。 惣菜は、米飯商品の品数を揃えてランチニーズに対応する。 また、喜菖蒲店から始めた新規MD「幸唐」も導入する。 「幸唐」は、自社製調味料で漬け込み、店内加工した鶏から揚げのブランドで同社の名物商品だ。 寿司は、丼などランチニーズに対応した値ごろ感のある商品を揃え、握りコーナーは、夕方以降は子育て世代に向けた大人数盛りの商品を展開する。 インストアベーカリー「ピノ」は、ライブ感のある売場づくりを展開。 ピザは出来たて焼きたてを提供。 ピノの看板商品「ロイヤルブレッド」やフランス産発酵バタークロワッサンなどは焼きあがり時間を告知して販売する。 日配品はキムチを強化し、デザート売場は「わたしのスイーツ」シリーズを展開する。 菓子コーナーは、昔懐かしい駄菓子や人気のグミを提供し、酒コーナーは主にワインを強化する。 さらに8月下旬から「YAOKO ネットスーパー川越今福店」を開業する。 店舗で販売する生鮮食品や日配品、加工食品、惣菜商品などを、パソコンやスマートフォン・タブレットから注文すると、最短4時間で自宅に届けるサービスだ。 配送対象は店舗半径約2. 5km。 約4000人が対象となる。 ネットスーパーは「三芳藤久保店」「志木宗岡店」「上福岡駒林店」「川越南古谷店」に続いて5店舗目で、新店への導入は初のケースとなる。 また、8月上旬からは、顧客参加型料理講座「Enjoy ヤオコーキッチン」をスタートする。 川越西口店に次いで2店舗目の開催である。 ヤオコーカフェを活用するのは初めてで、旬や催事などのテーマに沿って、商品知識や簡単調理、健康、盛付など共に学び、食卓づくりのサポートをする。 日程は月に2回程度、定員は午前・午後の部最大8名ずつ。 参加料は1回500円程度だ。 ヤオコー川越今福店の出店で、店舗数は埼玉県87店舗、千葉県30店舗、群馬県15店舗、東京都10店舗、神奈川県8店舗、茨城県7店舗、栃木県5店舗の計162店舗となる。

次の

ヤオコーnews|63期4605億円5.8%・経常利益12.2%の31期連続増収増益

今福 ヤオコー

株 ヤオコー(埼玉県川越市、川野澄人社長)は6月18日(火)、埼玉県川越市に「ヤオコー川越今福店」を新規オープンする。 店舗面積550坪で初年度売上げは17億円を予定する。 東武東上線「川越駅」から南に約2. 1kmほどの郊外に立地する。 店舗周辺は田園が多く住宅密集度は低いが、幹線道路が通るため自動車の交通量は多い。 1km圏内は1万7500人・7400世帯、3km圏内は15万8500人・7万2300世帯、5km圏内は37万0200人・16万6700世帯と、潤沢なマーケットだ。 1km圏内は、10歳代の子どもを持つ3~4人世帯のファミリー層が多く、持ち家の一戸建て比率が高い。 全体では40代と60代がボリュームゾーンだが、人口、世帯数ともに増加している。 青果は平台を活用して単品量販し、今日のおすすめ品が一目でわかるダイナミックな売場展開を行う。 また、今福近郊のトマトなどの地元野菜や果物を揃える。 精肉は、輸入牛のアンガス牛バラ肉を強化する。 ミート惣菜コーナーは、平日から国産ローストビーフのっけ盛りや盛合せを新規導入して、日常から主力商品としてコーナー展開する。 鮮魚は、キハダマグロを常時備えて旬の生マグロの販売を強化する。 切身は活〆ブリなど旬・生商材を中心に、単品量販や試食販売を通して、魚のある食卓を提案する。 惣菜は、米飯商品の品数を揃えてランチニーズに対応する。 また、喜菖蒲店から始めた新規MD「幸唐」も導入する。 「幸唐」は、自社製調味料で漬け込み、店内加工した鶏から揚げのブランドで同社の名物商品だ。 寿司は、丼などランチニーズに対応した値ごろ感のある商品を揃え、握りコーナーは、夕方以降は子育て世代に向けた大人数盛りの商品を展開する。 インストアベーカリー「ピノ」は、ライブ感のある売場づくりを展開。 ピザは出来たて焼きたてを提供。 ピノの看板商品「ロイヤルブレッド」やフランス産発酵バタークロワッサンなどは焼きあがり時間を告知して販売する。 日配品はキムチを強化し、デザート売場は「わたしのスイーツ」シリーズを展開する。 菓子コーナーは、昔懐かしい駄菓子や人気のグミを提供し、酒コーナーは主にワインを強化する。 さらに8月下旬から「YAOKO ネットスーパー川越今福店」を開業する。 店舗で販売する生鮮食品や日配品、加工食品、惣菜商品などを、パソコンやスマートフォン・タブレットから注文すると、最短4時間で自宅に届けるサービスだ。 配送対象は店舗半径約2. 5km。 約4000人が対象となる。 ネットスーパーは「三芳藤久保店」「志木宗岡店」「上福岡駒林店」「川越南古谷店」に続いて5店舗目で、新店への導入は初のケースとなる。 また、8月上旬からは、顧客参加型料理講座「Enjoy ヤオコーキッチン」をスタートする。 川越西口店に次いで2店舗目の開催である。 ヤオコーカフェを活用するのは初めてで、旬や催事などのテーマに沿って、商品知識や簡単調理、健康、盛付など共に学び、食卓づくりのサポートをする。 日程は月に2回程度、定員は午前・午後の部最大8名ずつ。 参加料は1回500円程度だ。 ヤオコー川越今福店の出店で、店舗数は埼玉県87店舗、千葉県30店舗、群馬県15店舗、東京都10店舗、神奈川県8店舗、茨城県7店舗、栃木県5店舗の計162店舗となる。

次の

ヤオコーnews|6/18川越今福店(埼玉県550坪)開店・ネットスーパー8月開業

今福 ヤオコー

株 ヤオコー(埼玉県川越市、川野澄人社長)は6月18日(火)、埼玉県川越市に「ヤオコー川越今福店」を新規オープンする。 店舗面積550坪で初年度売上げは17億円を予定する。 東武東上線「川越駅」から南に約2. 1kmほどの郊外に立地する。 店舗周辺は田園が多く住宅密集度は低いが、幹線道路が通るため自動車の交通量は多い。 1km圏内は1万7500人・7400世帯、3km圏内は15万8500人・7万2300世帯、5km圏内は37万0200人・16万6700世帯と、潤沢なマーケットだ。 1km圏内は、10歳代の子どもを持つ3~4人世帯のファミリー層が多く、持ち家の一戸建て比率が高い。 全体では40代と60代がボリュームゾーンだが、人口、世帯数ともに増加している。 青果は平台を活用して単品量販し、今日のおすすめ品が一目でわかるダイナミックな売場展開を行う。 また、今福近郊のトマトなどの地元野菜や果物を揃える。 精肉は、輸入牛のアンガス牛バラ肉を強化する。 ミート惣菜コーナーは、平日から国産ローストビーフのっけ盛りや盛合せを新規導入して、日常から主力商品としてコーナー展開する。 鮮魚は、キハダマグロを常時備えて旬の生マグロの販売を強化する。 切身は活〆ブリなど旬・生商材を中心に、単品量販や試食販売を通して、魚のある食卓を提案する。 惣菜は、米飯商品の品数を揃えてランチニーズに対応する。 また、喜菖蒲店から始めた新規MD「幸唐」も導入する。 「幸唐」は、自社製調味料で漬け込み、店内加工した鶏から揚げのブランドで同社の名物商品だ。 寿司は、丼などランチニーズに対応した値ごろ感のある商品を揃え、握りコーナーは、夕方以降は子育て世代に向けた大人数盛りの商品を展開する。 インストアベーカリー「ピノ」は、ライブ感のある売場づくりを展開。 ピザは出来たて焼きたてを提供。 ピノの看板商品「ロイヤルブレッド」やフランス産発酵バタークロワッサンなどは焼きあがり時間を告知して販売する。 日配品はキムチを強化し、デザート売場は「わたしのスイーツ」シリーズを展開する。 菓子コーナーは、昔懐かしい駄菓子や人気のグミを提供し、酒コーナーは主にワインを強化する。 さらに8月下旬から「YAOKO ネットスーパー川越今福店」を開業する。 店舗で販売する生鮮食品や日配品、加工食品、惣菜商品などを、パソコンやスマートフォン・タブレットから注文すると、最短4時間で自宅に届けるサービスだ。 配送対象は店舗半径約2. 5km。 約4000人が対象となる。 ネットスーパーは「三芳藤久保店」「志木宗岡店」「上福岡駒林店」「川越南古谷店」に続いて5店舗目で、新店への導入は初のケースとなる。 また、8月上旬からは、顧客参加型料理講座「Enjoy ヤオコーキッチン」をスタートする。 川越西口店に次いで2店舗目の開催である。 ヤオコーカフェを活用するのは初めてで、旬や催事などのテーマに沿って、商品知識や簡単調理、健康、盛付など共に学び、食卓づくりのサポートをする。 日程は月に2回程度、定員は午前・午後の部最大8名ずつ。 参加料は1回500円程度だ。 ヤオコー川越今福店の出店で、店舗数は埼玉県87店舗、千葉県30店舗、群馬県15店舗、東京都10店舗、神奈川県8店舗、茨城県7店舗、栃木県5店舗の計162店舗となる。

次の