はあちゅう 嫌い。 伊藤春香 (編集者)

伊藤春香 (編集者)

はあちゅう 嫌い

15日に、有名ブロガーのがAV男優のしみけんと結婚したことをで発表した。 結婚というおめでたいイベントに対して祝福のコメントばかりかと思ったら、「」や「」では、祝福と批判が半々くらいの割合であったので驚いた。 がネット民(特に民)から嫌われている存在であり、炎上していることは知っていたが、結婚発表時に批判されるというのは相当なものである。 夫のAV男優という職業やというスタイルに対するもあったが、ただ単にに対する批判や恨みも多く見受けられた。 批判コメントをの中身を見てみると、批判や揶揄をしている人は「が嫌いでたまらない人」、「みんなが叩いてるから、よく知らんけど批判する人」の二種類に分かれているように思える。 この「が嫌いでたまらない人」(以下コア層と呼ぶ。 )が、を嫌いになった原因は何なのだろうか。 過去の炎上事件からコア層はどんな人なのか考えてみた。 1.童貞勢 は、2014年頃から童貞をネタにしてブログ記事や対談をしていた。 炎上して謝罪し、一転して撤回したこともあるようだ。 童貞ネタとは具体的には、 こんな感じ。 高齢童貞にとって「童貞」であることは大きなコンプレックスであり、男性からならともかく、女性から面白半分いじられれば怒りや痛みを感じるだろう。 特には在職時にセクハラを受けたことを公表し、性的ハラスメントの問題について問題提起をしていたので、被害者でありながら童貞いじりという面で加害者になっているという矛盾を批判された。 「童貞」は努力で捨てられるものとはいえ、「ハゲ」や「チビ」と同じように、親しい間柄ならば本人からネタにできるかもしれないが、 他者それも異性にからかわれるというのは(ネット上とはいえ)恨みを買っただろう。 童貞原因でを嫌っている人は、に多いイメージ。 2.偏差値40以下の人達 は下記のツイートをしたことにより炎上した。 の先輩が、 「CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。 この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。 世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。 そしてそれが日本の『普通の人』だ」 って言ってたの、一に立ってる教えの一つだ。 だが、偏差値という学歴ワードと会社(=)という就活競争を思い起こさせる火薬を散りばめたことにより盛大に炎上した。 自分はこのツイートの言ってることは正しいと思うし同意する、の7時のニュースも高卒の人にわかるように意識して作っていると聞いたことがある。 言い方うんぬん言われるが、ストレートで良いと思う。 だが、世間的にはこのツイートは刺激的だったらしい。 そんな人の無意識の発言、多くの人間が反感をいだいたと推察される。 はこのように無意識に社会的な上下を意識させる言動が多い。 コア層の中では、これが原因でを嫌っている人がかなり多いのではないか。 3.動物愛護の人達 余談だけど、手っ取り早くで有名になりたかったら猫か犬を飼うとよいらしい。 動物コンテンツは必ずPVが取れ、炎上しづらく、個性も出やすく、自分がネタを作らなくても動物が勝手にネタを作ってくれる。 さすがにこの件で炎上したのは言いがかりに近いと思う。 まあ、このツイートの時期にはは炎上する人とネット界隈では有名であったので、で何言っても総会屋に吊るし上げられる社長状態であったので、ちょっと可哀想であった。 数としては少ないが、動物愛護の人達はかなり狂信的なアンチだろう。 4.のお金儲けの姿勢が嫌いな人達 私はお金を使ってくれない人はファンとは呼ばないと思う。 クリエイターが活動を続けるためにはお金が絶対に必要なので、お金を使って才能を伸ばすことに貢献してくれる人がファンだと思う。 本を「くれるなら読みます!」イベントを「タダなら行きます!」とか言われるの腹立つ。 それはファンじゃない。 よって、上記のツイートは正論中の正論である。 「コンテンツ売ってんだから、楽しんだ分銭出せよ。 」ということを言いたいのだろう。 だが、コア層の中では、はとかインスタで信者作ってそれで食ってるイメージが強く、クリエイターとしては見られていない。 その点、ゲバ感を出して叩かれているのだろう。 昔ながらのネットの文化に馴染んだ人にとって、取り巻きを作ってお金を取ることは嫌われがちである。 結婚おめでとう。 Kouboku.

次の

はあちゅうのブサイク画像がヤバイ!?恋愛で炎上した驚きの理由とは!?

はあちゅう 嫌い

もくじ• はあちゅうとは何者?一体どんな人? はあちゅうさんの本名は 伊藤 春香(いとう はるか) 神奈川県川崎市ご出身。 1986年1月22日生まれで 現在32歳。 肩書としては ブロガーであり作家。 出世術や仕事術、恋愛術などの数々の自己啓発本をご出版されています。 慶應義塾大学法学部の政治学科を専攻されていたはあちゅうさん。 卒業旅行の際には企業からスポンサーを募り、 タダで世界一周を実現し、そのことも本にしてしまったとい ツワモノです! その後、2009年に電通に入社し、 コピーライターとして勤務したのち、2011年にトレンダーズに転職。 2011年より同社にてドクターエステ・コスメ専門サイト 「キレナビ」の編集長をされていました。 2013年12月のサイブリッジ社へのキレナビ事業の売却にて その後動画プロモーションサービス「Tubers Channel」担当 「ウーメディアチャンネル」パートナー・マネージャーを務められます。 2014年9月に退職後はフリーとして、執筆活動や講演活動を行っています。 ライフスタイルプロデューサーの村上萌と 有料オンラインサロン 『ちゅうもえサロン』を立ち上げたほか、 トレンダーズファウンダーの経沢香保子ともうひとつ有料サロン 『ちゅうつねカレッジ』を運営されています。 2015年より翌年3月まで 日本テレビ系列情報番組 「スッキリ!! 」の ゲストコメンテーターで出演されていましたね! はあちゅうさんはいうなれば、様々な世界で経験値を 積まれた 起業家さんのようなかんじなのですね〜。 学生時代のブログのノウハウを活かし、一流企業就職後、退社後も 新しい情報をどんどん発信していっておられるようですね! はあちゅうに胡散臭いやブサイクの声も… そんなはあちゅうさんですが、 残念ながらネットや世間からは マイナスなイメージも多いようです。 また 「美人ブロガー」というハードルの高いワードが設定されると 「それほどでもないのでは?」と言われてしまうのも悲しい事実… はあちゅう氏、ブサイクだなぁ — 様 式美 yoshikibi 普通に街にいられたら美人って言われるんでしょうけどね… はあちゅうのセクハラや謝罪撤回事件まとめ! はあちゅうさんのマイナスなイメージがついてまわる 理由として 「セクハラ事件」や「謝罪撤回事件」があります。 ここではそれらを分かりやすくまとめてみたいと思います! まず、2017年12月に はあちゅうさんは 電通時代元上司である 岸勇希から 長年のセクハラ・パワハラ被害を受けていたと告発されます。 この岸氏の発言はなかなかに劣悪で、 自宅にいくと、黙って正座をさせられて、彼が作業をしているのを延々と横で見させられるか、彼の仕事の功績を聞いて、それを褒め続けたり、岸氏の嫌っている人を一緒にけなすなどさせられたりしました。 そして、当時、岸氏は私の友人と付き合っていたのですが、『こうやってこの時間にお前が俺の家にいることを言ったらどう思うかな。 お前が誘ってきたことにもできるからな』などと言われました 『俺に気に入られる絶好のチャンスなのに体も使えないわけ? その程度の覚悟でうちの会社入ったの? お前にそれだけの特技あるの? お前の特技が何か言ってみろ』と性的な関係を要求されました。 『お前みたいな顔も体もタイプじゃない。 胸がない、色気がない。 俺のつきあってきた女に比べると、お前の顔面は著しく劣っているが、俺に気に入れられているだけで幸運だと思え など、ひどい言葉を長期に渡って浴びせられていたようです。 この告発を受け、岸氏は辞任と退社をしました。 はあちゅうさんは 「 metoo」キャンペーン (誰にもいえずにセクハラ被害に悩む人々のカミングアウトの)に 便乗した形となり 「世の中の同じような思いをしている人の助けになれば」と 発言されていました。 この件だけみると はあちゅうさんは被害者であるのですが、 その一方で、 はあちゅうさんは過去に性経験のない男性を 侮蔑するようにとれる発言をしており、 これが セクハラ行為にあたるとして、 御本人が セクハラ加害者であるとしてツイッターが炎上したのです! はあちゅうさんのこの童貞いじりは 「童貞が『html…エッチtmlってなんかエロいです』と言った時、私は、童貞というのは救う方法のない病気なのだと悟った。 すごいね…ほんとにすごいね」 『ねえねえ童貞ってなんで童貞なの?』 といったような内容。 これに対し、 はあちゅうさんは一時、謝罪。 「『オトナ童貞』をコンセプトに掲げたメディアを運営している友人や童貞をブランディングに利用している友人と『童貞は誇ってよいブランドである』『童貞のおかげで今がある』『今の時代童貞がかっこいい』という話題をよくしており、その単語に愛着と親近感がある環境の中にいたために差別意識なく使っていましたが、ツイッターでご指摘を受けたように童貞=社会的弱者という言葉のニュアンスがあること、また、そのように受け止めてしまう人が多いことに対しての意識がありませんでした しかしながら、 翌日に謝罪の撤回と該当記事を削除し、 「やっぱ気持ちが弱くなってる時になんかやったらダメだわ…。 あまりにもわーーっと大量に誹謗中傷がきたから、納得いかないけど、とりあえず謝って済まそうみたいな心境だった。 私らしくなかった。 どう考えても表現とセクハラは違う。 堂々としていなくては」 と、ツイート。 これについてもまたまた 避難を浴び炎上してしまったそうです。 うーん。 こういった自分の考えを情報として発信するお商売の方は このような話題も切り口にしていく気持ちはわかるのですが、 どうも、 「表現」という枠には感じられないのが 個人的な意見ですね。 童貞=社会的弱者という言葉のニュアンスがあること、また、そのように受け止めてしまう人が多いことに対しての意識がありませんでした という謝罪対しても「社会的弱者のようないじり方」を していたように見受けられます。 もし、 「性というパワー」や「 斬新なブランディング」について 意見を発信したいのであればこのような発言にならないと 思いますが。 友達との居酒屋の悪ふざけレベルにも感じられても無理はありません。 そもそもそのレベルで発信したかったのでしょうか? はあちゅうさんのことは、型破りで現代を邁進する女性として 尊敬しておりましたがこの件に関してはちょっと がっかりしてしまいましたね。 しかし、この発言の伏線回収としてセクシー男優のしみけんさんと 事実婚だなんて… さすがといえば、やはりさすがです(汗) はあちゅうの童貞いじりの裏にしみけんがいたと考えると面白すぎるだろ — ダイナマイト息子 dynamitemusuko6.

次の

はあちゅうとは何者?胡散臭いやブサイクの声も…セクハラや謝罪事件まとめ

はあちゅう 嫌い

スポンサーリンク こんにちは、にょけんです。 僕、ブログを書いていますが、 プロブロガーって嫌いなんですよね。 以前までは好きでも嫌いでもなかったけど、 はあちゅうさんのこのツイートがきっかけで、嫌いになりました。 余談だけど、手っ取り早くSNSで有名になりたかったら猫か犬を飼うとよいらしい。 動物コンテンツは必ずPVが取れ、炎上しづらく、個性も出やすく、自分がネタを作らなくても動物が勝手にネタを作ってくれる。 この時点で嫌いなのは、はあちゅうさんだけです。 が、 ツイートに同調、あるいは擁護していたのがプロブロガーたちだったんですよ。 僕は、プロブロガーが嫌いになりました。 「SNSで有名になりたければ動物を飼えばいい」という言い回しは、どうしても許せない このツイート、見るたびイライラしますが、何より言い回しに問題がありますね。 「SNSで有名になりたかったら動物飼うと良い」って論法のとこ。 これが、「動物を飼っている方は、載せてみると拡散されるかもよ?」みたいなトーンなら、いいんですよ。 ただ、はあちゅうさんは 「SNSで有名になりたかったら動物を飼うと良い」と言っています。 この思考は、ホントによくない。 ペットはお金で買うとはいえ、 飼いたくて飼わないと意味がありません。 「チヤホヤされるぞ!」と意気込んで動物を飼ったら、クソみたいな飼い主しか生み出しませんよ。 動物を飼うのが、命を育むのが、いかに大変なのか知っているんでしょうか? だいたい、それでPVを稼げなかったら動物はどうなるんですか? 愛もない飼い主に飼われて、一生そんなヤツの元で暮らすんですか? 会社員をバカにするのも、不必要に誰かを煽るのも勝手にすればいいと思います。 ただ、この 「SNSで有名になるために動物を飼う」 という思考・発言だけはクソすぎる。 スポンサーリンク はあちゅうさんのこのツイートに対して、プロブロガーたちが同調・擁護していた 上記のツイートに対して、プロブロガーの方々は、 「批判してる人は論点がズレてる」みたいなコメントしてやがったんですよ。 論点ズレてんのはどっちだよ、と。 繰り返しになりますが、問題なのは、はあちゅうさんの 「PV稼ぎたかったら動物を飼うと良い」という思考です。 仮に、発言の真意が「動物をSNS上に乗せると、PV稼ぎやすいよ?」だとしましょう。 なら、そう書けよ。 文章を生業とする人が、こんだけ多くの人に誤解を与える文章を書く方がアウトでしょ。 (とかこんなこと書くと、「文章書いてるだけじゃなくて、サロンも運営してるし」とか言い出すんでしょう?論点ズレてますよ。 ) 「批判している人は発言の真意を読み取ってほしい」とかグダグダ抜かしていましたが、真意を読み取らないと理解できない文章書くなよ。 プロブロガーの実力はすごいけど、倫理観だけは捨てないでほしい プロブロガー、実際すごいと思います。 僕もブログを書いているので、 ブログで生計を立てるのがいかに難しいか分かる。 だから、「適当なこと書いてお金稼いでいいご身分ですね〜」とか、クソみたいなことは言いません。 相当な努力の元、ブログ飯を体現している姿は尊敬します。 ただ、そのために倫理観を失うのはヤバい。 はあちゅうさんのあのツイートが、「人としておかしい」と感じられなくなっているとしたら、ちょっとヤバいと思います。 実際、プロブロガーの中には、「なんでこのツイートがそんなに炎上してんのwww」とか言ってる人もいましたね。 本当になんで炎上してるか分からないのだとしたら、マジで心配になる。 どんなに稼げるようになっても、僕はそこだけは見失わないようにしたいです。

次の