家庭教師 学研。 「学研の家庭教師」幼児コースの内容や幼児教室との比較

学研の家庭教師の料金や評判は? 企業ブランドはトップクラスだけど...

家庭教師 学研

月4コマ 各60分 14,400円 といった具合です。 このように学研の家庭教師の料金はホームページ上に詳しく記載されているように見えるのですが、その表記には 注意が必要です。 具体的に言うと、ホームページ料金一覧の下部に記載されている以下のような表現に気をつけなくてはなりません。 「1日2コマ以上の受講をお願いしております。 」 これはどういう意味かと言うと、1日の授業は1コマ60分ではなく必ず2コマ120分で受けてほしいといっているんですね。 1日2コマを使うということは、月4コマで受講できるのは2回ということになります。 つまり、上記金額は 1ヶ月に2回の授業を受けた場合の金額ということになるのです。 家庭教師の派遣センターの料金体系をいろいろと見てきましたが、月2回の料金を全面に押し出してくるところというのは 比較的珍しい気がします。 これまでも何度か他の記事に書いたように、家庭教師をつける場合のもっとも一般的なパターンは 1回2時間の授業を週1回受けるといったものでした。 したがって1ヶ月あたりの受講回数はだいたい4回程度となるのが普通です。 これはどちらかというとアルバイトをする学生側の都合が大きく、例えば仮に月2回の授業を希望したとしても、その条件で家庭教師をしてくれる学生を探すのはかなり大変だということです。 ですからホームページ上に記載されている月2回の料金がそのまま適用される可能性は低く、実質月8コマ以上のコースを提案されることになるのではないでしょうか。 通常ではありえないような条件を提示して安い金額を見せるというのは比較的中小の家庭教師センターなどで良く見られる手法ですが、学研のような大手の企業がこのような表示を堂々としているのは正直驚きました。 実際の月額料金はいくらになるのか? これまでの記事でも書いたように()家庭教師にかかる月額費用として、個人契約では 2万円代、家庭教師派遣センターを通した場合は 3万円代で契約できればリーズナブルと判断して良いと思います。 学研の家庭教師の場合、上述のように月2回という中途半端な料金が提示されていますので、この金額の2倍が予想される指導料金となります。 月額の支払いがこれだけならば非常にリーズナブルといえるのですが、この他に 諸経費がかかることに注意が必要です。 代表的な諸経費としては、入会時に支払う入会金と、毎月支払う月会費が考えられます。 残念なことに学研の家庭教師ではどちらの金額もホームページ上に記載されていません。 それどころか、入会金や月会費の存在があることすら述べられていません。 したがってこれらの金額がいくらくらいになるのか、ホームページの情報だけでは全く分かりません。 口コミの情報などを総合すると、どうやら入会金は 2万5千円程度、月会費は 1500円程度かかるようです。 そうすると、1年間の指導を受けると仮定すれば入会金の月割りは約2000円程度、これに月会費と先生の交通費を合わせれば、実質的な月額料金は 3万円代半ばとなりそうです。 見積もりの結果としてこのくらいの料金を提示されたならば、比較的良心的な価格と判断してよいかと思います。 学研の家庭教師の口コミ、評判は? ここまで学研の家庭教師の料金について見てきましたが、指導料金の表示の仕方や入会金などの情報の出し方など、率直にいって消費者にとって分かりやすいとはいえない内容となっています。 学研という大手の名前に安心してしまいがちですが、情報公開という点では中小の家庭教師センターとあまり代わり映えがしません。 ネット上の口コミなどをみても、学研の家庭教師で契約をしようとしたら 思っていたよりもかなり高額な料金を提示された、などといった評判を見ることもあります。 なにぶんホームページ上で確認することができる情報が少ないため、先述した以外にもいろいろと費用がかかるのかもしれません。 繰り返しになりますが、1回2時間の指導を週1回受けるペースで支払って良い月額料金の上限は3万円代後半までです。 これ以上の金額は家庭教師に支払う額としては高すぎるため、他の家庭教師センターを選ぶか、個人契約を検討した方がいいかもしれません。 特に個人契約の場合、月額で1万円以上安くすることも可能ですので、チャレンジしてみる価値は充分にあると思います。 学研の家庭教師のCMについて 余談ですが、かつて学研のホームページ上にCM動画があったのですが、「イケメン篇」と名付けられたその内容は以下の通りです。 どのような先生が良いかという面談の中で、母親は同性の先生を希望しているのに対し、小学生くらいの女の子は「イケメン!」と強く主張します。 そして最後に、「できる限り、ご要望にお応えします」というキャッチコピーが出てくるのですね。 宣伝上の微笑ましい演出といえばそれまでなのですが、家庭教師業界においてはこれは完全にアウトです。 というのも、生徒と別性の家庭教師をつけるというのは色々と問題があり、よほどのことがない限りは同性の先生をつけることが家庭教師を選ぶ上での基本となっているからなのです。 そのような常識を知ってかしらぬか、いずれにせよこうしたCMをホームページ上に呑気に載せているところあたり、大企業としての自覚があまりないようです。 まとめ 今回は学研の家庭教師について、その料金、とくに月額費用という観点から色々とみてきました。 学研という誰にも知れた企業名からのイメージがあるにも関わらず、その内容は中小規模の家庭教師センターとほとんど変わりません。 大手だからというプレミア感や知名度に対する安心感を期待していると、肩透かしをくらうかもしれません。 とはいいつつ、月額3万円代での契約が可能な料金体系は魅力ではあります。 結局のところ家庭教師で一番大事なのはどのような先生に教えてもらうかということですから、とりあえず契約してみて、良い先生がみつかるまで交代を繰り返してみるという使い方をしてみるのも一つかとは思います。 子どもにぴったりの家庭教師は体験授業で見つけよう 家庭教師を選ぶ際に重要なのは、結局のところ どんな先生の授業を受けられるのかに尽きます。 そのためには、家庭教師センターがおこなっている 体験授業を受けてみるのがもっとも効果的でしょう。 例えば、では地域ごとの家庭教師センターや個別指導塾に対して一括して体験授業の予約をすることができるため、お子さんに合った方法を納得いくまで探すことができます。 「自分の地域にどんな家庭教師センターがあるのか、一括で知りたい」 「家庭教師に興味があるけれど、どこに頼むのがいいのか良く分からない」 「料金体系を比較して、納得のいく家庭教師センターを選びたい」 そんな方には、の体験授業一括予約サイトが便利です。 しかも今なら 1,000分のクオカードプレゼント実施中です。 ご興味のある方は、是非公式サイトをのぞいてみてください。

次の

学研の家庭教師バイトの評判口コミ

家庭教師 学研

月4コマ 各60分 14,400円 といった具合です。 このように学研の家庭教師の料金はホームページ上に詳しく記載されているように見えるのですが、その表記には 注意が必要です。 具体的に言うと、ホームページ料金一覧の下部に記載されている以下のような表現に気をつけなくてはなりません。 「1日2コマ以上の受講をお願いしております。 」 これはどういう意味かと言うと、1日の授業は1コマ60分ではなく必ず2コマ120分で受けてほしいといっているんですね。 1日2コマを使うということは、月4コマで受講できるのは2回ということになります。 つまり、上記金額は 1ヶ月に2回の授業を受けた場合の金額ということになるのです。 家庭教師の派遣センターの料金体系をいろいろと見てきましたが、月2回の料金を全面に押し出してくるところというのは 比較的珍しい気がします。 これまでも何度か他の記事に書いたように、家庭教師をつける場合のもっとも一般的なパターンは 1回2時間の授業を週1回受けるといったものでした。 したがって1ヶ月あたりの受講回数はだいたい4回程度となるのが普通です。 これはどちらかというとアルバイトをする学生側の都合が大きく、例えば仮に月2回の授業を希望したとしても、その条件で家庭教師をしてくれる学生を探すのはかなり大変だということです。 ですからホームページ上に記載されている月2回の料金がそのまま適用される可能性は低く、実質月8コマ以上のコースを提案されることになるのではないでしょうか。 通常ではありえないような条件を提示して安い金額を見せるというのは比較的中小の家庭教師センターなどで良く見られる手法ですが、学研のような大手の企業がこのような表示を堂々としているのは正直驚きました。 実際の月額料金はいくらになるのか? これまでの記事でも書いたように()家庭教師にかかる月額費用として、個人契約では 2万円代、家庭教師派遣センターを通した場合は 3万円代で契約できればリーズナブルと判断して良いと思います。 学研の家庭教師の場合、上述のように月2回という中途半端な料金が提示されていますので、この金額の2倍が予想される指導料金となります。 月額の支払いがこれだけならば非常にリーズナブルといえるのですが、この他に 諸経費がかかることに注意が必要です。 代表的な諸経費としては、入会時に支払う入会金と、毎月支払う月会費が考えられます。 残念なことに学研の家庭教師ではどちらの金額もホームページ上に記載されていません。 それどころか、入会金や月会費の存在があることすら述べられていません。 したがってこれらの金額がいくらくらいになるのか、ホームページの情報だけでは全く分かりません。 口コミの情報などを総合すると、どうやら入会金は 2万5千円程度、月会費は 1500円程度かかるようです。 そうすると、1年間の指導を受けると仮定すれば入会金の月割りは約2000円程度、これに月会費と先生の交通費を合わせれば、実質的な月額料金は 3万円代半ばとなりそうです。 見積もりの結果としてこのくらいの料金を提示されたならば、比較的良心的な価格と判断してよいかと思います。 学研の家庭教師の口コミ、評判は? ここまで学研の家庭教師の料金について見てきましたが、指導料金の表示の仕方や入会金などの情報の出し方など、率直にいって消費者にとって分かりやすいとはいえない内容となっています。 学研という大手の名前に安心してしまいがちですが、情報公開という点では中小の家庭教師センターとあまり代わり映えがしません。 ネット上の口コミなどをみても、学研の家庭教師で契約をしようとしたら 思っていたよりもかなり高額な料金を提示された、などといった評判を見ることもあります。 なにぶんホームページ上で確認することができる情報が少ないため、先述した以外にもいろいろと費用がかかるのかもしれません。 繰り返しになりますが、1回2時間の指導を週1回受けるペースで支払って良い月額料金の上限は3万円代後半までです。 これ以上の金額は家庭教師に支払う額としては高すぎるため、他の家庭教師センターを選ぶか、個人契約を検討した方がいいかもしれません。 特に個人契約の場合、月額で1万円以上安くすることも可能ですので、チャレンジしてみる価値は充分にあると思います。 学研の家庭教師のCMについて 余談ですが、かつて学研のホームページ上にCM動画があったのですが、「イケメン篇」と名付けられたその内容は以下の通りです。 どのような先生が良いかという面談の中で、母親は同性の先生を希望しているのに対し、小学生くらいの女の子は「イケメン!」と強く主張します。 そして最後に、「できる限り、ご要望にお応えします」というキャッチコピーが出てくるのですね。 宣伝上の微笑ましい演出といえばそれまでなのですが、家庭教師業界においてはこれは完全にアウトです。 というのも、生徒と別性の家庭教師をつけるというのは色々と問題があり、よほどのことがない限りは同性の先生をつけることが家庭教師を選ぶ上での基本となっているからなのです。 そのような常識を知ってかしらぬか、いずれにせよこうしたCMをホームページ上に呑気に載せているところあたり、大企業としての自覚があまりないようです。 まとめ 今回は学研の家庭教師について、その料金、とくに月額費用という観点から色々とみてきました。 学研という誰にも知れた企業名からのイメージがあるにも関わらず、その内容は中小規模の家庭教師センターとほとんど変わりません。 大手だからというプレミア感や知名度に対する安心感を期待していると、肩透かしをくらうかもしれません。 とはいいつつ、月額3万円代での契約が可能な料金体系は魅力ではあります。 結局のところ家庭教師で一番大事なのはどのような先生に教えてもらうかということですから、とりあえず契約してみて、良い先生がみつかるまで交代を繰り返してみるという使い方をしてみるのも一つかとは思います。 子どもにぴったりの家庭教師は体験授業で見つけよう 家庭教師を選ぶ際に重要なのは、結局のところ どんな先生の授業を受けられるのかに尽きます。 そのためには、家庭教師センターがおこなっている 体験授業を受けてみるのがもっとも効果的でしょう。 例えば、では地域ごとの家庭教師センターや個別指導塾に対して一括して体験授業の予約をすることができるため、お子さんに合った方法を納得いくまで探すことができます。 「自分の地域にどんな家庭教師センターがあるのか、一括で知りたい」 「家庭教師に興味があるけれど、どこに頼むのがいいのか良く分からない」 「料金体系を比較して、納得のいく家庭教師センターを選びたい」 そんな方には、の体験授業一括予約サイトが便利です。 しかも今なら 1,000分のクオカードプレゼント実施中です。 ご興味のある方は、是非公式サイトをのぞいてみてください。

次の

家庭教師はどこが安い?大手5社の料金を比較しました

家庭教師 学研

しかし、人柄も良く立派な学歴だとしても優秀な講師だとは限りません。 生徒の一人一人の学歴を理解したうえで教えなければならないからです。 生徒の学力レベルや考え方、学習環境に合わせて指導する力が必要になります。 学研の家庭教師では、まず目標を生徒に立ててもらうことでやる気アップに繋がることができています。 長期的な高校合格などだけでなく、今日この勉強をわかるようになるなどの小さい目標も立てて、達成感を味わうことができるようにします。 イメージさせたうえで、今これをすることでイメージしていることに近づくといった方法でやる気を引き起こすことができます。 報酬や興味に合わせた学習方法 生徒にとって一番の報酬となるのは褒められることです。 以前まで理解できなかった問題を解くことができたり良い成績を取ることができたときは思いっきり褒めてあげます。 最終的に生徒を褒めることができるように講師は質問されてもヒントを出すだけで結局は生徒が自分自身で解くことができるように助けます。 そして自分の力で解くことができたら褒めます。 答えを導き出すことができなくても努力したことを褒めるということを忘れないように講師は教えています。 また、生徒本人が興味を持っている事柄に話を転換して指導・解説することで生徒の聞く姿勢を変えることができます。 生徒の興味が何なのか察知し、講師自身も興味をしてしてあげることで生徒と身近な存在になれます。 集中力が続く時間を考慮に入れる 集中力は15〜30分くらいしか続きません。 なので学研の家庭教師では集中力を長くさせるのではなく、 時間割に工夫を入れています。 1時間の中でも内容をコロコロ変えることで学ぶ内容が変わるのでその分野に対する集中力を新たに入れ替えることができます。 例えば同じ国語の中でも前回の問題のチェックや問題演習、まとめや今日のポイントなど様々な分野に分けます。 そうして1つの分野に取る時間をできるだけ短くすることで集中力を1時間ずっと長持ちさせることができます。 生徒の集中力に合わせ、演習や解説のタイミングを変えることもあります。 生徒が興味がなくなってきたなと感じたら違う内容に変えたり、少しの間休憩を入れることで工夫しています。 徹底的な成績管理と指導状況確認 講師に生徒の成績報告をしてもらうことで、生徒の学力や学習意欲に役立てています。 成績が上がっていても下がっていても目標に最短距離で導くことができるように計画を練って学習を進めます。 社員でどんな授業を行えば良いのかとかこの子にはどんな学習内容が興味を持てるのかなど話し合って共有することで進めていきます。 また、講師の報告だけでなく保護者による報告も行なっています。 講師からの視点とは違った角度で子供の状況を聞くことで授業に生かしています。 学習意欲が高まっているのかとか宿題をきちんとするようになったなど細かい点の変化も知ることができるので 少しずつ生徒にあった勉強方法を見つけることが出来ます。 合格実績は生徒の努力によるもの 学研の家庭教師では、たくさんの 合格実績があります。 しかし、合格実績が高いことを目立たせて広告を出したりすることはありません。 志望校に合格できたのは講師の教え方も影響があるかもしれませんが、実際に努力したのは子供たちだからです。 この努力を自分のものにするのではなくたくさん褒めてあげることにしています。 達成の喜びや生徒自身が頑張って出した結果を分かち合います。 講師は会社が繁栄することを目標としているのではなく、一人一人の生徒が目標としている学校を合格できたり成績をあげられることができることを喜びとしています。 なので、安心して子供の家庭教師を申し込むことができます。 様々なシステムが用意されている 不登校対応のコース 現在、学校のいじめや家庭環境などにより 不登校になってしまう生徒が増えています。 自由な時間で選んで学ぶことができ、指導を受ける場所を選ぶことができます。 講師への気遣いも無用で友達感覚で学んだり教えてもらうことで安心して勉強します。 学校や友達に恐れを抱いている子も先生とだけなら楽しく話せるという子は少なくありません。 生徒の気持ちをよく理解したうえで話したり教えたりするので親も安心して任せることができるというコースです。 幼児コースもある 受験校やお通いの幼児教室の特徴に合わせて指導するので子供は慣れた環境で学習することができます。 受験情報も豊富で、合格できるよう最善を尽くしてサポートします。 保護者への報告も欠かさずしているので安心できます。 そのほか、 高校受験や補習目的でも学研の家庭教師を申し込むことができます。 様々なコースがあるので目的に合わせて選べます。 小学校受験から大学・大検までカバーしていて、受講生の年齢や学習内容の難易度ごとに料金が細かく分かれています。 別途教材費が必要な場合がありますが、基本的に学研の家庭教師では高価な教材は使用されません。 基本的に1コマ60分ですが、一部のコースは45分です。 1日に2コマ以上を受講することも可能です。 月謝 通常料金 は税抜価格なので、別途消費税が必要です。 幼児向けのコース 幼児向けには 基礎補習・能力開発・小学校受験、の3種類のコースが用意されています。 「基礎補習」の料金は10,000円で、1コマ45分です。 ひらがなや数字の読み書きや時間・お金の数え方、物語の読み聞かせ、記憶力などを養います。 「能力開発」は1コマ60分で、月謝は15,600円です。 このコースでは教材を利用して図形や空間を把握する能力を養うことで、子どものIQアップをめざします。 小学校受験コースの月謝は36,000円で、受験指導専門のベテラン講師が志望校に応じた指導を行います。 これは小学校受験を予定している幼稚園児向けです。 小学生向けのコース 中学受験をせずに公立の中学校に進学する小学生向けのコースとして、 小学1、2年・小学3~6年・国私立小学校補習 3~6年向け の3種類があります。 「小学1、2年」は1コマ45分で月謝は10,000円で、「小学3~6年」 1コマ60分 の月謝は12,000円です。 これらのコースでは基礎学力を身につけて苦手分野を作らないようにすることで、中学校進学に備えるための学習をします。 「国私立小学校補習」の方は付属小学校の内部進学に備えるためのコースで、通っている小学校のカリキュラムに合わせた指導が行われます。 中学受験コース 中学受験をする小学生向けには 中学校受験・国私立中学校受験のコースが用意されていて、料金は両方とも15,600円です。 いずれも中学受験対策の指導が実施されますが、「中学校受験」は公立の中高一貫校向けです。 これに対して「国私立中学校受験」は教育大付属中学などの難関中学向けで、志望校に合わせた指導が行われます。 中学生コース 中学生向けのコースには公立中学に通う生徒向けの各学年ごとにコース 中学1年生~3年生 と、教育大学付属中学などのハイレベルな中学校に通う生徒向けの 「国私立中高一貫」があります。 これらの他に、成績が伸び悩んでいる子供向けの 「マイルストーンコース」が用意されています。 各学年向けのコースの月謝は中学1年生12,800円・中学2年生13,200円・中学3年生14,400円で、いずれも1コマ60分です。 3年生になると、志望校向けの受験対策が実施されます。 「国私立中高一貫」は学年に関係なく16,400円で、「マイルストーン」の方は14,000円です。 高校生コース 高校生向けには各学年ごとに分かれていて、高校1年生は17,200円で高校2年生は17,600円です。 これらのコースは 学校で学習する内容をサポートします。 高校3年生向けのコースは19,200円で、志望校に応じた指導が実施されます。 ちなみに高校を卒業して大学進学を目指す浪人生についても、高校3年生コースとなります。 その他のコース 学研の家庭教師では各学年に応じたコースの他に、高卒認定試験の合格を目指す 「高卒認定」や不登校の小中学生向けの 「不登校」コースが設置されています。 高卒認定の料金は17,200円で、不登校は学年に関係なく一律18,800円です。 ちなみに高卒認定試験は18歳未満でも受験することが可能で、試験に合格すれば18歳に達した翌日から正式に合格者として認定されます。 中には18歳未満で高卒認定試験に合格して、医学部などの難関学部を目指す学生もいます。 不登校コースは不登校の児童・生徒向けで、最終目標として高校合格を目指します。 お得な割引制度 学研の家庭教師では 兄弟・姉妹で同じ日に同じ先生から指導を受けるような場合には、お得な割引制度が適用されます。 割引制度が適用されるためには、1日2コマ以上を受講する必要があります。 ほかにも期間限定の割引キャンペーンが実施されることがあります。 例えば2018年夏に実施される 「夏のスタート割引」では各コースの料金が3,000円引きとなります。 先生を指名する場合 学研の家庭教師は、受験指導の実績や出身大学などのように特定の条件を満たすような先生を指名する「セレクトコース」を選択することもできます。 セレクトコースの料金は15,600円 1コマ60分 です。 難関校の合格を目指す受験生向けに実績豊富なプロの先生が指導する 「プロ講師コース」も用意されていて、料金は32,000円となります。 学生のバイトの教師を中心に採用している家庭教師会社では、最大規模だといえます。 全国各地に登録者がおり、利用者もたくさんいます。 学研の家庭教師の指導までの流れはどのようなものか 指導開始までの流れを知っておく まず、電話またはホームページで予約をすると、学研の家庭教師の講師や専属スタッフによる 体験授業、カウンセリングで学習相談を受けることになります。 申し込みはこの後です。 カウンセリングでは、豊富な経験や指導実績を元に、生徒が現在かかえている問題点とその原因分析を行います。 性格や学校のこと、家庭環境などについて確認し、ベストな講師と指導内容を提案する、という流れです。 無料体験指導や無料カウンセリングを行った結果、学研の家庭教師が生徒に合っていると判断されたら、各種コースやシステムの説明を受けることになります。 要望や条件に合わせた講師を選ぶことが出来る 生徒の学力状況や目標に応じ、最適な講師を選びます。 1対1の授業になるので性格的な相性も重要です。 学研では、その点もじっくりと考慮したうえで選択しているということです。 学研の家庭教師では、優秀な家庭教師を生み出す登録選別という制度を行っています。 向いていると判断され、さらに 個別の適性検査や綿密な打ち合わせを経てから、生徒に紹介する流れです。 講師が決定すると、生徒を担当する講師と誓約書を交わすことになります。 これは、講師にも生徒をしっかりと受け持つ責任感を持たせることが出来、妥協のない指導につながると考えているからです。 講師の研修を行うことで接し方などを改めて考える 生徒のカウンセリングの結果や状況、学習目標を講師に伝えたうえで、生徒に対する接し方や指導ペースの確認、指導の注意点といった 細かなミーティングを行います。 事前に必要な知識や情報を知っておくことで、講師が自信を持って指導にあたることが出来ます。 講師の研修が終了したら、教務部から講師の紹介のための電話がかかってきます。 このとき、講師のプロフィールやタイプを詳しく説明し、了解してもらうことが出来れば、顔合わせの日程を決定するのです。 保護者の方も同席したところで、講師の自己紹介と今後の学習の進め方などの話をすることになります。 学研の家庭教師は月額制になっている 学研の家庭教師はローンなどの心配がない、 安心の月謝制になっています。 高額な教材のセット販売なども行っていません。 幼児コースから高校生コースまではもちろん、高卒認定コースや不登校の生徒をサポートする専門のコースなどもあります。 兄弟姉妹を一人の講師が指導することが出来るコースや指導経験、合格実績、学歴などを指定して講師を選択出来るセレクトコースがおすすめです。 受験をひかえた生徒におすすめなのが、プロ講師コースです。 実績のあるプロの講師が、豊富な指導経験を活かして確実にレベルアップ出来るように指導してくれるので安心することが出来ます。 特長を知っておくことで利用しやすくなる 学研の家庭教師の特長はなにか 学研の家庭教師は、登録選別によって優秀な講師の輩出はもちろん、生徒の一人ひとりに合わせた オーダーメイドスタイルの指導を行っています。 生徒や保護者様が抱えていたさまざまな悩みや要望を、講師と教務部が一緒になって支えて解決していきます。 生徒や保護者の方が気軽に教務センターに相談することが出来、目標達成の手伝いを出来るよう、信頼関係の構築を目指しているので、学研だからこそ学習出来るスタイルになっているといことです。 また、講師が指導に関する悩みを抱えたときなども、すぐに相談出来るように、より身近な教務センターとして活動しています。 指導後の流れも知っておこう 指導後にもサポートをしている 学研の家庭教師は派遣をして終わりではありません。 指導がスタートしてからも、生徒と保護者の方たちや講師、教務部の関係を大切にしています。 徹底した講師の管理と育成、家庭への アフターフォローなど、様々な形で関わりを持つことで目標達成をバックアップしていくということです。 学研では、講師から教務部へ毎月の指導報告を義務付けています。 報告されるたびに、学習状況のチェックやプランニングを繰り返します。 もちろん、講師から保護者の方たちへの報告も行っているので安心です。 直接講師に言いづらいことや講師個人では対応しきれない問題などもありますが、そんなときは何でも教務部へ相談することが出来るといいます。 自宅からの電話も常時受け付けているということで、不安なことなどもしっかりと解消していきましょう。 指導後も個別ミーティングや定期報告などを行っている 指導を開始した後も、講師に対しては定期的にミーティングや情報提供を行っています。 家庭教師を単なるアルバイトと考えずに責任を持って指導をすることを常に考えているので、 生徒も保護者も安心出来ます。 最近できた会社ではなく、昔から有名な会社になるため信頼できるでしょう。 では、体験学習はどのようなことをするのが知っておきましょう。 学研の体験学習行う理由とは何か わざわざ学研の体験学習を行う理由はほかでもありませんが、 先生との相性を見ることが一つになります。 先生との相性は、非常に重要になりますので少なくとも体験学習の段階で少なくとも確かめておかなければなりません。 具体的には、説明の仕方や雰囲気そして間の取り方などを見ていきましょう。 これにより、少なくともその先生の教え方がわかるだけでなく生徒との相性がわかりやすくなります。 それと同時に、取引きを感じ取ることも重要になります。 確かに、腕の良い先生の方がよいにきまってますが、それだけで決めることはできません。 なぜなら、先生といっても人間で相性は必ずあるです。 学研の体験学習で学ぶこととは何か 体験学習をするにあたり、家庭教師の先生との相性を見ることが大事ですが、最終的に保護者ではなく 生徒が納得した先生を選ぶことが大事になります。 なぜなら、結局は勉強するのは生徒だからです。 このように考えると、家庭教師の選び方が少しずつわかるはずですので、以上の点を考えながら先生を選ぶことが必要になるでしょう。 体験学習は、可能な限り一回だけでなく何度か行った方がよいでしょう。 なぜかといえば、一度だけではその雰囲気を味わうことが出来ないです。 最初のうちは、緊張してしまい雰囲気を感じ取ることができませんのでよくわからない間に授業が終わっていたといった例も少なくないです。 特に、人見知りをする子供はそのように考えるべきです。 学研で無料体験ができる理由は何か 学研は、無料体験をすることができるのが特徴になりますがそもそもなぜ無料で行っているのか気になるところです。 なぜ無料で行うかといえば、様々な会社ができますがそもそもお金を出す価値がないと感じる人もいるでしょう。 ですが、お金を出す価値がないから無料にしているわけではなく、しっかりとした勉強を教えていますので安心です。 お金をとらない理由は勉強を教えることそのものに価値がないわけではなく、 敷居を下げるためにおこなわれています。 例えば、毎回お金を取ってしまうと体験学習でお金がかかるのでほかの家庭教師に任せようと考える保護者もいます。 このように考えれば、なぜ無料になるかがわかるでしょう。 どのような点に気をつけなければならないか 体験学習をする場合には、雰囲気を味わうことや先生との相性を感じることが大事になります。 ですが大事なのそれだけではなく、それ以外にも大事なことが存在しているわけです。 体験学習で気をつけるべきことは、いくつかありますがそれを具体的に説明してきます。 無料体験は勧誘をしてくることがある 学習塾では、「YES取り」といった専門用語がありますが、これは生徒に対してこのまま家庭教師をつけて勉強していくのかを遠回しに聞くことをいます。 最初の授業でそれができれば、ある程度優秀な授業ができたと判断しているわけです。 ところが、最初にぼやかした答えを生徒が出せるならば少し怪しいと考えたほうがよいわけです。 例えば、教え方を少し変えたりも少しはきはきしゃべるなど雰囲気を変えることが大事になるでしょう。 ですが、たいてい最初の1回目でよい返事がもらえない時はそのまま失敗する可能性が高いです。 ちなみに、体験学習から入会をした生徒はおよそ7割から8割ほどになっていますので多くの場合そのまま入会することになるでしょう。 無理な勧誘があった場合には避けるべき 家庭教師としても、体験学習をして生徒が加入してくれれば自分の成果になりますが逆の場合には落ち込む可能性が高いです。 もしかしたら、家庭教師センターの方から何か問題があるとみなされる可能性もあるでしょう。 例えば、5回連続で体験に失敗しているような先生の場合は再研修をするなどが考えられます。 そのようにならないために、先生としても絶対に生徒を入会させるように持っていく必要があるわけです。 どのようにしたら入会してくれるかを考えるべきですが、中には 無理に勧誘をして入会させようとする先生もいるぐらいです。 絶対に契約しなければならないわけではない 学研の家庭教師お願いした場合でも、体験学習をするとそこから入会する可能性が高まります。 ですが、体験学習を行ったからといって必ずしも入会する必要ありません。 中にはしつこく勧誘をしてくる先生ならねえわけでもありませんが、そうでなくても特に気に入らなければ入会する必要がないでしょう。 無料で行ってもらったからと気を使って入会してしまうと、短い期間でやめてしまうこともありますので、自分に合わないと感じた場合には断るべきです。

次の