新型 コロナ ウイルス 春日井 市。 新型コロナウイルスに関連した患者の発生/春日部市公式ホームページ

新型コロナコロナウイルスの感染症対策について|愛知県春日井市の大泉寺温泉・福の湯|温泉&岩盤浴&フィットネスジム

新型 コロナ ウイルス 春日井 市

当所では、中小・小規模事業者の方々へ経営面・資金面への影響が懸念される事から「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」設置し、様々な経営相談に対応しています。 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ各種支援施策等の情報を公開しています。 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を一層強力に進めるため、愛知県より休業等の協力要請の業種が出されました。 こちらより、対象業種等を確認頂けます。 予算に達しました。 但し、既存申込者が変更・辞退変更があった場合、繰り上げとなる可能性がございますので、引き続きキャンセル待ちでの申請は受付ます。 日本政策金融公庫名古屋中支店担当者による金融相談と、社会保険労務士による雇用調整助成金相談の相談窓口を設置しています。 イベント中止、休校、来店客数の減少によって生じた企業が抱える過剰在庫の解消・販売促進の支援や、資材調達に苦慮する企業を支援するためビジネスモール内にて緊急販路支援開拓ページを開設しています。 新型コロナウイルス感染症における緊急事態宣言などにより、不要不急の外出自粛ムードが漂う中、テイクアウト強化、或いは新たにサービスを始めた市内飲食店などを応援するため、テイクアウトのできる店舗一覧サイトを開設しました。 雇用促進・人材育成委員会では、新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴い、先行きが見えない中、明るいニュースと企業が発展し、雇用維持や人材育成等に取り組む企業を発信しています。 資金繰り悪化による緊急的な運転資金のニーズ高まっているために対応する金融つなぎ資金制度。 新型コロナウイルス感染症で影響を受ける中小企業への設備投資や販促費等補助金申請の際、加点となる項目があります。 小学校等の臨時休業に伴う保護者の休暇取得支援のための助成金 従業員の有給取得やテレワークの導入、就業規則の変更等対応するための助成金制度の紹介。 事業に係る収入に相当の減少があるなど一定の要件に該当するときは、特例猶予申請することにより労働保険料等の納付猶予が認められる場合があります。 新型コロナウイルス感染拡大予防啓発ポスターをご利用ください 感染拡大予防を呼び掛けるため、春日井サボテンキャラクターを活用した啓発ポスターを制作しましたので、事業所やご家庭などで自由にご利用ください。

次の

名古屋市:新型コロナウイルス感染症関連情報(暮らしの情報)

新型 コロナ ウイルス 春日井 市

ページID 1019700 更新日 令和2年6月3日 公共施設等の対応について 6月1日以降、段階的に利用を再開します 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、5月31日 日曜日 まで利用を休止しております公共施設については、6月1日 月曜日 以降、感染防止対策を徹底することで段階的に利用を再開いたします。 なお、通常利用再開であっても、3密 密閉、密集、密接 を避けるため、施設利用の定員の制限を行ったり、感染防止対策の徹底ができていない場合や混雑が予想される日時においては、利用を一部制限します。 また、換気等の感染防止対策が徹底できない施設については、期間を問わず利用の休止を継続します。 再開日等の原則は次のとおりとします。 ただし、施設によっては異なる場合がありますので、詳しくは各施設へお問い合わせください。 【屋内施設 会議室、展示スペース、ホール等 】 6月1日 月曜日 または6月2日 火曜日 から、制限付き利用 注1 開始 6月20日 土曜日 から、通常利用再開 注1 発声を伴う活動 合唱、詩吟、民謡、歌劇等 、吹奏楽器や管楽器を使用した活動、運動、調理、囲碁、将棋等の利用を制限 【屋内施設 体育館、温水プール等の体育施設 】 6月19日 金曜日 まで、休館を継続 6月20日 土曜日 から、通常利用再開 【屋外施設 都市緑化植物園 注2 、少年自然の家 注2 、グラウンド、テニスコート等 】 6月1日 月曜日 または6月2日 火曜日 から、通常利用再開 注2 宿泊施設は2分の1利用、屋外遊具は定員を設けた利用とするなど一部制限付き利用• 子育て支援施設等の対応について• 春日井市民病院の対応について• スポーツ施設・公園等の対応について• 文化施設の対応について• 福祉施設の対応について•

次の

新型コロナウイルス感染症患者の発生について

新型 コロナ ウイルス 春日井 市

新型コロナウイルス感染症の疑いがあり、受診が必要と判断された方については、「帰国者・接触者外来」に案内します。 【相談対象者】 次のいずれかに該当する方は、すぐに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。 (これらに該当しない場合の相談も可能です。 ) なお、この相談の目安は、県民の皆様が相談する目安です。 これまで通り、検査については医師が個別に判断します。 病状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。 ) <妊婦の方へ> 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。 <お子様をお持ちの方へ> 小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。 マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。 《設置数》 県内46か所(3月15日時点)に設置。 (を通じて受診手順を理解した状態で疑い患者が受診することで十分な感染防止を行うという「帰国者・接触者外来」の趣旨から、医療機関名は非公表とします) 生活への影響、経済対策などの相談についての相談はをご覧ください。 受付開始日時 令和2年4月16日(木曜日)午後2時から設置開始 受付時間午前9時から午後5時まで(平日、土日も受け付けします。 ) ただし、4月16日(木曜日)、17日(金曜日)は午後8時まで コールセンターへのお問合せの前に 新型コロナウイルス感染症に関する「県民総合窓口(コールセンター)」に問合せる前に、次のリンク先をご覧ください。 電話番号 052-954-7453 メール sodan-corona pref. aichi. jp 小・中・高等学校等の学校に関連する窓口はをご覧ください。 医療従事者とそのご家族のための窓口はをご覧ください。 ・ その他の新型コロナウイルスに関連する窓口はをご覧ください。

次の