転職 生命保険。 転職サイトのイーキャリア

住友生命保険相互会社(104291)の転職・求人情報|【エンジャパン】のエン転職

転職 生命保険

生命保険業の営業ではそれほど稼げない? 生命保険業と聞くと、規模が大きく、安定性に満ちている企業と思われるかもしれません。 ただし、それはそう見えるだけであって、実際は、新サービスの必要の為に、業務改革や改善の随時・毎日の更新が必要な、厳しい産業のひとつです。 そして、その作業に従事する営業マン・営業ウーマンと言えども、それほど高い給与の仕組みではないのです。 いわゆる、契約数で事業を成り立たせている生命保険業界ですが、やはり、契約数の多さで成り立っている側面は否めません。 そして、その契約数と言う形で、強豪との兼ね合いから、競争の激しい世界です。 なので、営業担当であっても、企画を成り立たせる担当であっても、有能な人材を急務としている業界です。 現場では、やはり数の事を言われますが、数を求めてもだめな業界です。 こころをすべてのお客様に費やせば、それは立派な労働です。 関連相談• 生命保険業への志望動機 志望動機を書く際は結論から書くのがポイントです。 なぜその業界に入りたいのか。 これを明確にしましょう。 生命保険業への志望動機は、やはり、困っている人たち、そしてこれから困るかもしれない人たちへのサービス事業ですから、お客様の困っている状況を想像できるか否かにかかっています。 その際、就職面接の時に既に、困っていたことから救われた経験のある方なり、そういった、困ったときに助けられた親戚の実話なり、生命保険業の事業の意味と、お客様への提供するサービスの間の担当になるかなれるか、の志望動機が必要です。 生命保険業は自分の事はさておき、お客様の安心と安全の為にと言った動機を含めて、こまかな、事業サービスを頭脳でも理解し、説明しなくてはなりません。 心を尽くし、事業説明に頭脳を費やせるか、そのことを自分なりの動機としてどう捉えているかを見られます。 関連相談• 【例文】生命保険の志望動機の書き方 生命保険は、「あんしん」を購入していただくサービスです。 そのことを念頭におきながら結論を先に書いて志望動機を作成していくと良いでしょう。 志望動機の例文 生命保険というサービスを様々なお客様のニーズに合わせて、人の生活の「あんしん」を支えていきたいと考え貴社を志望致しました。 私が小学生の頃、母が交通事故にあいました。 この時、保険という商品の必要性をとても実感しました。 また大学生のころインターンシップでも保険業界を経験致しました。 この時の会社の理念が「ご契約者第一主義」でした。 その理念に感銘を受けました。 また誰がいつ被害者になるか分からない周囲にはたくさんのリスクがあり、万が一被害者になってしまったとしてもご契約者様をいち早く「あんしん」させることにやりがいを感じました。 生命保険会社の中でも貴社は、「あんしん」をご契約者様第一にて提供するというサービスに尽力を尽くされています。 これからも多様化するニーズに合わせると共に益々の発展が可能だと思われます。 貴社で働くことで、お客様に「あんしん」していただけるサービスを提供できると感じ貴社を志望しております。 志望動機がうまくいかず悩んでいる方も多いと思います。 数ある保険会社の中でも、一つ一つに企業理念があります。 その企業理念と自分の志望動機がマッチするように作成するとよいでしょう。 このような転職活動を通して志望動機の準備をすることは大変です。 転職エージェントを利用することで、志望動機の指導をしてもらえるというメリットがある等様々な利点ありますので、ご利用を検討してみてはいかがでしょうか。 注意したい生命保険と損害保険の違い 生命保険会社を志望している際に注意したいのが損害保険と混合してしまう事です。 この両者はハッキリ別れます。 生命保険は「人の命」に関わるものを保障してくれるサービスを取り扱う会社です。 損害保険は「モノ」に関わる補償をしてくれるサービスを取り扱う会社です。 志望動機の際に生命保険と損害保険を混合してしまうと、この方は会社のことを理解していないなと判断されてしまいます。 先ほどの例文などを見ても、モノを壊してしまったとか、家が損失してしまったとか、そういった過去の事例を作成するのはNGです。 それは損害保険の志望動機を作成する際に、そのような事例があったら作成するとよいでしょう。 関連相談• 生命保険会社は転職エージェントを利用しよう 生命保険会社への転職を成功させるためには、転職エージェントの利用がおすすめです。 転職エージェントには企業ページにない非公開求人があったり、職種や年代によって得意・不得意があったりします。 専門職の方におすすめな転職エージェント• リクルートエージェントは、業界最大の取り扱い求人数で幅広い職種・業種の紹介先を保有しています。 大手企業や東証一部上場企業からの求人数が多いため、転職者の8割が登録している転職エージェントになります。 リクナビNEXTは、どんな職種にも対応できるオールマイティーな転職エージェントです。 専門職の求人も多数保有しており、生命保険会社の専門職へ転職を考えている方には非常におすすめな転職エージェントとなります。 総合職の方におすすめな転職エージェント• マイナビエージェントは、手厚い担当エージェントシステムと求人のマッチング・紹介システムがある転職エージェントです。 書類通過率が、他の転職エージェントでは2割程度のところマイナビエージェントは5割と非常に高いのも特徴のひとつです。 ビズリーチは、ハイクラス人材の転職特化している転職エージェントですので、生命保険会社のような大企業は高い技術が求められ、ビズリーチなどのハイクラスの求人を取り扱っている転職エージェントがおすすめになります。 関連相談• 生命保険会社転職の総括 いかがでしたでしょうか?今回は生命保険会社の志望動機について作成しました。 生命保険業はお金を扱う産業でもあります。 そして、生命という名前が付いている通り、命に関連した産業であります。 その意味について、真剣に考えられるという事が適材として採用枠の見るはなしです。 お客様のためを願ってという事で、お客様のためのサービスを提供していくというのは、お客様に寄り添える心があるかどうかで、ずいぶん変わったものになります。 そこで、自分の利益を取りたいという下手な考えはタブーですし、そうなっていては、事業は続いていきません。 お客様にとって、実際大事なのは困ったときのお金、という、お金と言う価値についてもある程度知っていることが必要です。 ある程度の人生経験があって、お客様の人生にも共感できる部分があるからです。

次の

転職・退職したとき

転職 生命保険

すべて選択する• ITコンサルタント• IT戦略・IT企画コンサルタント• ERPコンサルタント• システム監査• その他(ITコンサルタント)• 営業支援• プリセールス• ポストセールス• アプリケーションエンジニア• プロジェクトマネージャ・プロジェクトリーダ オープン/WEB• プロジェクトマネージャ・プロジェクトリーダ 汎用• プロジェクトマネージャ・プロジェクトリーダ 制御/組み込み• プログラマ・システムエンジニア オープン・WEB• プログラマ・システムエンジニア 汎用• プログラマ・システムエンジニア 制御・組み込み• インフラエンジニア• プロジェクト・マネジメント インフラ• サーバーエンジニア• ネットワークエンジニア• データベースエンジニア• セキュリティエンジニア• システム運用/保守/サポート• プロジェクト・マネージャ ITサービスマネージャ• 運用保守システムエンジニア・障害対応• ヘルプデスク• テクニカルサポート• 社内SE(社内情報システム)• 社内システム企画• 社内システムエンジニア アプリケーション開発• 社内システムエンジニア インフラ• 製品開発 上流 /研究開発• 要素技術研究・製品研究開発• プロダクトマネージャ• 製品開発システムエンジニア• 品質管理/QA/QC• 品質管理/QA/QC• その他(システムエンジニア)• その他(システムエンジニア) すべて選択する• 機械系エンジニア• 機械系 基礎研究• 機構設計• 構造設計• 内装・外装設計• 樹脂設計• 板金設計• 筐体設計• 配管設計/配線設計• 部品設計• 機械系 実験・評価• 機械系 解析• その他(機械系エンジニア)• 電気系エンジニア• 電気系 基礎研究• 回路設計(デジタル)• 回路設計(アナログ)• 基板設計・実装設計• 半導体• シーケンス制御• 電気系 実験・評価・解析• その他(電気系エンジニア)• 光学系エンジニア• 光学系エンジニア• 化学系エンジニア• 化学系エンジニア• 組込・制御系エンジニア• 制御設計• 組み込み設計• 生産技術• 工程設計• 設備設計(機械)• 設備設計(電気)• 金型設計• 設備レイアウト• プロセス開発• その他(生産技術)• 生産管理• 生産管理• 品質管理・品質保証• 品質管理• 品質保証• 技術営業・セールスエンジニア• 技術営業・セールスエンジニア• 製造・オペレーター• メンテナンス・設備保守• フィールドエンジニア• 整備士• サポートエンジニア(保守・保全)• 工場長・施設運営・管理職• 工場長・施設運営・管理職• プロダクトデザイナー• プロダクトデザイナー• その他(機械/電気・電子/素材等)• その他(機械/電気・電子/素材等) すべて選択する• 医薬/バイオ• 臨床開発モニター(CRA)• 治験コーディネーター(CRC• データマネジメント(DM)• 学術・管理薬剤師• 医薬系 研究・開発・分析• 医薬系 生産技術・生産管理• 医薬系 品質保証・品質管理 QC• その他(医薬/バイオ)• 医療系/医師/看護師/薬剤師/保育士• ケアマネージャー・ホームヘルパー• 理学療法士(PT ・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)• 栄養士・管理栄養士• 助産師• 保健師• 登録販売者• 看護師• 准看護師• 薬剤師• 保育士• その他(医療系専門職)• その他(医療系専門職) すべて選択する• 戦略・業務・会計コンサルタント• 経営・戦略コンサルタント• 財務・会計・税務コンサルタント• 人事・組織コンサルタント• データサイエンティスト・アナリスト• その他(コンサルタント)• 監査法人• 監査法人• 会計事務所・税理士法人• 会計事務所・税理士法人• 法律事務所・弁護士法人• 法律事務所・弁護士法人• 特許事務所• 特許事務所• 社会保険労務士事務所• 社会保険労務士事務所• 士業系専門職種• 会計士• 会計士試験合格者• USCPA• 税理士・5科目合格者• 税理士科目合格者• 弁理士• 弁護士• その他(士業系専門職種) すべて選択する• 経営企画/事業企画/事業統括• 経営企画• 事業企画/事業統括 事業管理、事業推進含む• 新規事業開発• マーケティング/企画/広告宣伝• リサーチ/市場調査• 商品企画/サービス企画• 商品開発/サービス開発• 広告宣伝• 販売促進・プロモーション• Webマーケティング• その他(マーケティング・企画・広告宣伝)• 経理/財務/税務• 財務/税務/会計• 総務/人事• 採用人事• 組織人事・労務• 法務/知財/内部監査• 特許・知的財産• 内部統制・内部監査・コンプライアンス• IR/広報• 購買/物流• 購買/資材調達• 物流管理/倉庫管理/在庫管理• 物流企画• マネジメント/エグゼクティブ系• マネジメント/エグゼクティブ系• 事務/秘書• 管理部門アシスタント• 秘書/受付• 事務/アシスタント• 貿易事務・国際事務・英文事務• 通訳・翻訳• その他(経営/企画/管理/事務)• その他(経営/企画/管理/事務) すべて選択する• 建築 技術開発・調査・エクステリア• 建築 技術開発・調査・エクステリア• 建築 設計・デザイン・設備• 建築 基本設計・実施設計• 建築 構造設計・設備設計• 内装設計・インテリア・意匠• 測量・積算・その他• 施工管理(建築・設備)• 施工管理(建築・設備)• プラントエンジニア• プラントエンジニアリング(計画・設計)• 施工管理・エンジニアリング・試運転• 保守保全・ユーティリティ• 設備保守・設備メンテナンス• 設備保守・設備メンテナンス• その他技術職(建築設計/土木/プラント/設備等)• その他技術職(建築設計/土木/プラント/設備等) 全国 北海道・東北エリア• 北海道• 青森県• 岩手県• 宮城県• 秋田県• 山形県• 福島県 関東エリア• 茨城県• 栃木県• 群馬県• 埼玉県• 千葉県• 東京都• 神奈川県 甲信越エリア• 新潟県• 山梨県• 長野県 北陸エリア• 富山県• 石川県• 福井県 東海エリア• 岐阜県• 静岡県• 愛知県• 三重県 関西エリア• 滋賀県• 京都府• 大阪府• 兵庫県• 奈良県• 和歌山県 中国・四国エリア• 鳥取県• 島根県• 岡山県• 広島県• 山口県• 徳島県• 香川県• 愛媛県• 高知県 九州・沖縄エリア• 福岡県• 佐賀県• 長崎県• 熊本県• 大分県• 宮崎県• 鹿児島県• 沖縄県 海外.

次の

【リクナビNEXT】生命保険の積極採用中求人・転職情報50選

転職 生命保険

まるでイベント企画会社や旅行会社のような仕事をしなければならない。 当然、若手社員はこうした仕事では率先して動き回らなければならず、目が回るような忙しさになる。 支社での雑用に耐えられないエリートが辞めていく そう考えずに我慢しながら続けられた人は、次第に支社の業務が、会社に莫大な収益をもたらしてくれている生保レディが、気持ち良くするイベントを企画していくしかない。 私はどうしても「生命保険」という商品が気に入らなかった 私が大学を卒業する時に就職先として選んだのは「生命保険会社」。 私が就職先として生命保険会社を選んだ理由は、次の2点。 「生命保険」は世の中に必要な商品であり、自信をもって販売することができる。 「生命保険」に関わることによって、世の中に貢献することができる。 仕事を通じて世の中に貢献したいと思っていた私にとって、「生命保険」という商品は自分の夢を叶えてくれる商品のように思えていた。 しかし、生命保険会社に入社後、地方の支社(支店)に配属された私を待っていたのは、自分が考えていた「生命保険」は、ただの幻想だったという現実だった。 特に、毎日の会社生活の中でも、 次の 3 つの点は私を悩ませ続けた。 自分にとって、「生保レディ」と呼ばれる人達との仕事は苦痛以外の何物でもなかった。 「生命保険」契約の獲得は困難を極め、計画達成のためには手段を選ばず、時として不正も行われた。 深夜までの残業や休日返上での仕事は当たり前でお盆と正月以外は休みなし、自宅に居る時にはただ身体を休ませるだけの生活であった。 そして、私は配属で地方の生保支社になった。 ここでは、生保レディの管理をただ行う。 イベントの取り仕切り、生保レディの管理、生保レディとの飲み会の連続で、 自分の仕事のやりがいが何一つ感じられなかった。 生命保険という商品は、人々の不安を煽って獲得していくことが主であり、決して夢のある商品でないと私が感じた。 ここで、このままいたら自分のスキルアップはまったく見込めないと思い、転職を決意した。 生保会社で出世したいなら、必ず通る道であるが、また支社勤務になる可能性もあり 、自分のスキルアップを図るためになるべくはやく抜け出したいと思っていたのが事実だ。 厳しい上下関係 離職率が高い理由に挙げられるのが、上下関係の厳しさ。 先ほど紹介したとおり生保業界ではリクルーター制が採用されている。 特に多いのが、野球部、アメフト部、ラグビー部、格闘技系。 そうした枠で毎年採用が行われるため、自ずと体育会系の色が会社全体に浸透していくこともあり、そうなると上下関係に厳しい社風が醸成される。 生命保険会社は金融業界の中では社風が緩く、規律もそこまで厳格ではありませんが、一般の企業に比べればやはりコンプライアンスや礼儀に厳しい。 仕事できる・できないは関係なく年功序列。 メリットの人もいるようだが さらに年功序列意識が強く、仕事の実績よりも 入社年次によってその人の地位が決まるというような会社が多い。 そのため、自分より入社年次の高い先輩の言うことには従わなければなりませんし、上司から飲みに誘われたら断るという選択肢はない。 また飲みの席では、常に上の人たちのグラスの残量を気にしてお酒を注いで回らないといけない( これは社会人として当然といえば当然ですが、苦痛で苦痛でたまりません)。 そのくらいこまめに気を遣わなければならない。 学生時代に体育会系の部活やサークル活動、アルバイトをしていた人にとっては問題ないのですが、そうでない人たちは、そうした状況に嫌気がさし、転職の道を選ぶ。 もちろん 生保にも良い点がある。 給料は高収入 生保業界の総合職の給与の高さや福利厚生の手厚さは、日本でもトップレベル。 給与については初任給こそ他業界とそこまで変わらないか、むしろ低い方ですが、2年目から徐々に上がっていく。 10年目にもなると800~1,000万円近い年収に到達する。 自分の 市場価値がない 生命保険会社は金融機関でありながら、証券や銀行と比べて専門性はあまり必要としない。 一度契約をしてもらえばあとは維持するだけの仕事 保険事業に関しては一度契約をしてもらったあとは、その後解約をされないようフォローをしたり、 せいぜい追加の商品を提案する程度の広がりしかない。 資産運用事業に関しても、専門性を持った人材はいるにはいますが、生命保険会社の資産運用方針は、契約者から預かった保険料を原資に、安全性・収益性・流動性を基本原則とするものであるため、会社の外を出ると評価されないこともある。 専門性をもつ仕事は例外としてある 生命保険の料率を計算したり、会社の収益を数理的に分析するような「アクチュアリー」と呼ばれる職種。 あるいは一部の資産運用部門にいる優秀人材、システム・法務・コンプライアンス等の専門人材であれば別だが。 ほとんどが生命保険会社の中でしか生き残れない人材になる 会社を出ると(全くとは言いませんが)必要とされないノウハウやスキルしか身に付かない井の中の蛙状態になってしまうのが生命保険会社で働くということなのです。 そのため生命保険会社の社員は転職市場で価値がほとんどありません。 結果として転職を諦める人も多くいる。 そもそも生命保険会社に入社する人は保守的な人が多いため、今ある地位を捨ててこれまで培ってきたスキルや経験を他で活かすために転職や起業をしようと考える人は極めて少ない。 そういう人たちは大体入社3~5年目までに実行に移していることが多いので、必然的にそうした思考に至らない人たちが会社に残る。 営業が忙しい分、スキルアップも可能なように思えますが、実際は難しい。 生命保険という昔からある商品を取り扱っていることもあり、企画などは通りにくいというのが現状のよう。 会社側は、スキルアップというよりは、上述のようにノルマの達成を重視していることも伺え、 そういった状況から抜け出し、スキルアップが可能な環境を求めて転職をするようだ。 私がおすすめするのは、「資産運用部門」という花形部署 地方の支社(支店)に配属された数年後、私は現場での頑張りが認められたのか本社の資産運用部門へ異動になりました。 資産運用部門では、全国から集められた資金を「株式」「債券」「外国証券」といった国内外の有価証券の他、個人や企業への「貸付金」、国内外の「不動産」などに投資して、生命保険会社が保有する資産を増やすことを業務としています。 生命保険は機関投資家と呼ばれ、実は株価を大きく左右する運用額を握っている。 そのため、資産運用部門は運用のトップクラスが集まる。 経済の流れも知った上で、プロの投資法が学べるため、転職の市場価値も高まる。 私なら生命保険の資産運用部門に行く。 転職を考えている人におすすめの転職エージェントはこちら!.

次の