リクナビ hrtech。 リクナビHRTech勤怠管理の特徴と料金を紹介|勤怠管理システムの比較も徹底解説!

リクナビHRTech転職スカウト|転職スカウトサービス|株式会社リクルートホールディングス

リクナビ hrtech

リクナビHRTech採用管理 リクナビHRTech採用管理の特徴 選考の流れを一元管理することで、中途採用にかかる時間や手間を大幅に削減できる「リクナビHRTech採用管理」。 こちらでは、リクナビHRTech採用管理の特徴についてご紹介します。 複数のエージェントからの情報を一元管理 リクナビHRTech採用管理の最大の特徴は、複数のエージェントからの情報を一元管理し、一覧画面に集約させられるという点です。 一覧画面には応募から採用までの候補者の全ての情報が表示されます。 候補者情報はエージェントから送られてきた際に自動的に登録されるため、登録する手間もかかりません。 登録された情報は候補者一覧画面から確認することができるため、情報を探す時間を削減できます。 集計機能と分析機能で選考を振り返る 登録された情報の集計機能と分析機能が搭載されているため、選考の振り返りにも大きな役割を果たします。 集計期間を指定したら、分析はワンクリックで行なうことができ、難しい操作を行なう必要はありません。 選考の状況を集計して、エージェントごとに表示させることも可能です。 複数のエージェントを使っている企業であれば、応募者の精度が高いエージェントを見分けるために役立つでしょう。 完全に無料で利用できる リクナビHRTech採用管理はコストパフォーマンスに優れた採用管理システムです。 月額料金や追加料金が発生することもなく、導入するときの初期費用も無料で使い始められます。 また、無料だからといって機能が制限されることもありません。 ユーザーアカウントやエージェント、候補者の登録は無制限で行なえるので、毎月大量の選考を行っているという企業でも活用可能です。 リクナビHRTech採用管理の導入事例 高額なツールと同等のメリットを感じています リクナビHRTech採用管理を導入するまでは、エクセルで選考状況の管理を行なっていました。 ですが、15社のエージェントを活用して、毎月60名ほどの選考を行っているので、入力作業の大変さに追われていました。 また、選考者への連絡漏れなども発生していた状態。 そんな状況でリクナビHRTech採用管理を導入したところ、選考業務の負担が大幅に軽減されました。 一覧画面に候補者の情報が全て集められて漏れがなくなり、エージェントへのフィードバックもボタンをクリックするだけで完了します。 高額な採用管理ツール並みの便利さを、無料で利用できるのは本当にありがたいです。 利用料金にとらわれず必要な機能で選びましょう リクナビHRTechは、月額料金、追加料金、初期費用が無料で、候補者の管理の手間を大幅に削減してくれる優秀な採用管理システムです。 選考にこれ以上コストをかけず、より業務効率をアップさせたいという場合、最有力候補に上がる可能性もあるでしょう。 ですが、リクナビHRTech以外にも、採用管理システムはたくさん存在しています。 本当に自社にとって役立つシステムを導入するためには、コストにとらわれず、必要な機能性を搭載していることが大切。 機能性の高さを比較して、自社に最も適したシステムを選んでください。

次の

リクナビHRTech転職スカウト|転職スカウトサービス|株式会社リクルートホールディングス

リクナビ hrtech

js DeNA DIVEINTOCODE DMM英会話 docker DODA DTPデザイナー DYM ECC ES ESLint Fintech freee GMO GMOペパボ Google Googleアナリティクス HTML IE対策 illustrator IoT IT企業 IT求人ナビ JACリクルートメント Java JavaScript joevlog jQuery kakaku. js Ruby Ruby on Rails Schoo SE SEO sketch stackoverflow SUGIZO TECH::CAMP TechAcademy TECHTECH teratail TOEFL TOEIC type就活 type転職 U-NEXT Uターン W3Q WebCrew Webアプリ開発 Webスク Webディレクター WEBデザイナー Webデザイン Webマーケティング Women's Career WordPress XJAPAN Youtuber お笑い お笑い芸人 はあちゅう やくみつる アイアールジャパン アピール アフィリエイト アプリケーション アプリケーションエンジニア アプリ開発 アメーバピグ アンタッチャブル イケダハヤト イベント インターネット インターネットメディア インターン インターンシップ インテリジェンス インフラエンジニア、ネイティブエンジニア ウェブクルー ウェブサービス ウェブディレクター ウェブデザイナー ウェブデザイン エイチーム エウレカ エクセリ エンジニア エントリーシート エンファクトリー オプト オヤカク カカクコム カレー ガイアックス キャバクラ キャリア キャリアパス キャリアプラン キャリア志向 キュレーション キュレーションメディア キングコング ギークス ギークスジョブ クラウドソーシング クラウドソーシングサービス クラウドワークス クラウド会計 クリークアンドリバー グッドポイント診断 グラフィックデザイナー グループディスカッション ココナラ コミュニケーション コーディング コードキャンプ コーポレーション コーポレート部門 ゴールドマン・サックス サイバーエージェント サイボウズ サッカー サーバーサイドエンジニア シェアリングエコノミー システムエンジニア システムマネージャー システム開発 シャープ シリコンバレー ジオス スキルアップ スクール スケジュール スケジュール管理 スタートアップ スポーツ推薦 スマートフォン セブンイレブンジャパン セレッソ大阪 タイムズカー タクシー運転手 チケットキャンプ テスト対策 テックアカデミー テレビ朝日 ディレクション ディレクター デザイナー デザイン デジタル デジタルハリウッド ドットインストール ドメイン ドワンゴ ナイアンテック ネイティブアプリ ネイティブアプリ開発 ハリウッド バックオフィス ビジネススキル ビジネス英語 ビズリーチ ビットアイル フォルラン フリーランス フリーランスの勉強 フリーランスの口コミ・評判 フリーランスエンジニア フロントエンド フロントエンドエンジニア フンザ ブラックマヨネーズ ブラック企業 プログラミング プログラミング学習 プログラミング教育 プロジェクトマネージャー プロデューサー プロ論 ヘテムル ベルサール渋谷 ベンチャー ベンチャー企業 ペアプログラミング ホームページ制作 ボストンキャリアフォーラム ポケモン ポケモンGO マイナビエージェント マイナビ転職 マイナンバー制度 マスコミ マナー マネジメント マネージメント マネージャー マリッサメイヤー マークアップエンジニア ミスマッチ ミス・パリ ムームードメイン メディア企業 メーカー モルガンスタンレー ライター ライティング ライフイベント ランサーズ ランチ ラーメン リクナビ リクナビNEXT リクナビネクスト リクルート リクルートエージェント リクルートキャリア リンクトイン リーダー リーダーシップ レッグス レッドブル レバテック レバテックキャリア レバテックフリーランス レバレジーズ レバレッジーズ ワイヤーフレーム ワークスアプリケーションズ 三宅洋平 三菱自動車 上場企業 不動産投資 世界一周 中途入社 事務職 事業 事業売却 事業責任者 京都 人事 人事の目線 人生 人間性 人間関係 任天堂 任天堂株式会社 企業 保育士 健康 内定 内定率 内定直結 内定辞退 出版社 制作会社 副業 労働生産性 動画 協調性 参院選 受託案件 受託開発 合同説明会 合説 名刺制作 和食 商社 営業 営業スキル 営業マン 外資系 外資系企業 大企業 大学生 大阪 女性 子育て 学習塾 定年後 富士通 寿司 専門学校 就活 就活イベント 就職 就職活動 履歴書 年収 広告代理店 役員面接 情報サイト 慶応SFC 投資家 採用 採用担当 採用活動 提案資料 揚羽 放送作家 教師 教育 新しい働き方 新卒 日本一周 日本企業 日本女子体育大学 日本経営 書類 書類選考 最高技術責任者 服装 未経験 東京 東証一部 株式会社ガイアックス 梅木雄平 業界分析 楽天 模擬面接 欅坂 歯科助手 残業 求人情報 渋谷 無い内定 特技 留学 発注 目標設定 磯崎 社長 福利厚生 福岡 経営者 経理 結婚 給料 絵本作家 総会 編集 職務経歴書 肉リーチ 自己PR 自己分析 英会話 藤田晋 衆議院議員 複業 西野亮廣 証明写真 評価 評価制度 説明会 議員 資格 起業 起業のファイナンス 起業家 趣味 転職 転職の不安 転職エージェント 転職サイト 転職フォーラム 転職成功事例 逆求人フェスティバル 選挙 選考 金融 長期インターン 電機メーカー 青山学院大学 非公開求人 面接 面接官 面接対策 養育費 高嶋美里 鶏肉 このページの目次• リクナビHRTech 採用管理とは 中途採用における選考情報をクラウドにて一元管理 リクナビHRTech採用管理とは、中途採用における応募から入社に至るまでの選考情報をクラウドにて一元管理することができるツールです。 候補者のアップロード・進捗管理・分析機能などが無料で利用することができます。 また、クラウドで一括管理されているため、社内の人の許された人同士でのデータ共有が可能で、複数人数での選考に役立ちます。 なお、クラウドではセキュリティー管理もしっかり行われていますのでデータ流出の心配もありません。 リクナビHRTech 採用管理の料金 リクナビHRTech 採用管理の料金体系はどのようになっているのでしょうか。 初期費用 リクナビHRTech 採用管理の初期料金は無料となっています。 ユーザーアカウント、紹介会社、候補者共に登録数に制限もありません。 あえて制限を挙げるとしたら、データの保持期間が1年間であることくらいです。 月額料金 リクナビHRTech 採用管理では、月額料金も発生しません。 その他の費用 リクナビHRTech 採用管理では、その他の費用も一切発生させることなく、すべての機能を無料で利用することが可能です。 全ての機能を無料で利用することができる また、使い始めも簡単で、リクナビHRTech 採用管理の公式ホームページから「無料で始める」というボタンを押すと、無料で始めることができます。 申し込みを行うには、会社名と担当者の氏名、指名のふりがな、Eメールアドレス、電話番号を入力する必要があります。 また、質問がある場合には申し込みフォームに質問が記載できるスペースがあります。 エクセルの操作感をシンプルにした設計 データの閲覧については、エクセルの操作感を維持したシンプルな画面設計となっていますので、エクセルに慣れている人であれば、難なく使いこなすことができるでしょう。 リクナビHRTech 採用管理を利用している従業員・社員の 利用者数と利用している会社の社数 リクナビHRTech 採用管理を利用している従業員・社員の利用者数と利用している会社の社数をご紹介します。 従業員の人数 リクナビHRTech 採用管理では、最低従業員が一人からでも利用することが可能です。 初期登録時に一人だけで登録することができるのです。 利用している社数 リクナビHRTech 採用管理についての正式なデータはありませんが、公式ホームページに紹介されている事例を参照すると少なくとも50社以上は採用していると考えられます。 その一例を紹介すると「PAMグループ」、「株式会社クレスト」、「カートレック株式会社」、「株式会社バンダイナムコビジネスアーク」などがあります。 それぞれの会社で、バラバラだった候補者情報を一元管理することができるようになり、人力で管理していたのがスマートなスタイルになったと評判になっています。 転職申し込みから合否通知までのリードタイムが短縮できた また、業務が非常に楽になったため、転職の申し込みから、合否通知までのリードタイムが短縮できたという喜びの声もあがっています。 これは、進捗管理を紹介会社からのメールで行なっていたのが、リクナビHRTech 採用管理を導入してからはメールから自分で転記する必要がなくなったことと、これまでメールで行なっていた合否判定をいちいちメールを作成せずにツール上で判定できることになったことに起因しています。 リクナビHRTech 採用管理の特徴 リクナビHRTech 採用管理の資料を取り寄せてみると、その特徴としては、無料で利用ができること、WEBからの登録により簡単に利用が可能であることが挙げられます。 全エージェントからの候補者情報を自動登録して一元管理 従来の採用管理では、複数のエージェントから候補者情報が送られてきて管理が大変でしたが、リクナビHRTech 採用管理を導入すると全エージェントからの候補者情報を自動登録して一元管理できます。 情報更新も一覧画面から簡単にでき、メモを残すことも可能です。 また、選考後の振り返りについてもメリットがあります。 求人・エージェント別に選考を簡単に分析 従来の方式では、選考後の効果的な振り返りができず、次回のより良い採用活動につなげられないというデメリットがありましたが、リクナビHRTech 採用管理を利用すると求人・エージェント別に選考を簡単に分析できます。 この蓄積された選考情報を次の採用に生かすことができます。 候補者一覧を画面上に表示させることができ、合否判定まで行えること このシステムが選ばれる理由としては、ユーザーアカウント、紹介会社、候補者共に登録者数の上限がなく、登録数が無制限であることと、エクセルの操作感を維持したシンプルな画面設計となっていて、必要最小限のクリック回数で操作が完了し、候補者一覧を画面上に表示させることができ、合否判定まで行えることです。 このデータは、CSV形式にて保存することも可能ですので、そのままエクセルにデータを引き渡すこともできます。 無料で利用できるのが最大のメリット 最大の特徴で、メリットといえるのが無料であるということでしょう。 また、エクセルライクな操作感であり、エクセルに慣れた人であればマニュアルレスで使用できることもメリットとなるでしょう。 データをCSVデータとして保存 リクナビHRTech 採用管理では、データをCSVデータとして保存できるため、データをそのままエクセルに移行できることがメリットとなります。 社内資料を作るときにも、本機能は役立つでしょう。 蓄積したデータを一元管理 中途採用における候補者を一元管理し蓄積したデータを求人別、もしくは紹介会社別に分析することができます。 これらのデータは1画面に集約して表示されますのでとても見やすいのも特徴です。 コストを一切かけることなしに、人材採用のための管理工数などを削減できる優れものということができます。 リクナビHRTech 採用管理の口コミ・評判 無料ということがいちばんの理由で我が会社では、リクナビHRTech 採用管理を利用し始めました。 本当に無料なのか最初は半信半疑でしたが、本当に最後まで追加料金などなしに無料で利用することができました。 従来の方法では多数のエージェントから候補者情報が送られて混乱しがちでしたが、リクナビHRTech 採用管理では、全エージェントからの候補者情報を自動登録して一元管理してくれるため、登録内容に更新があると一目瞭然でした。 エクセルマクロを追加した便利ツール 私は、会社の業務ではエクセルを頻繁に使用していましたが、リクナビHRTech 採用管理はエクセルの使い方ととても似ていて、エクセルにエクセルマクロを追加した便利なツールでした。 そのため、必要最小限のクリックで、候補者を絞り込むことができてとても良かったです。 中途採用にかける人数を減らすことができた これまで、中途採用者の採用には3人程度の工数をかけていましたが、リクナビHRTech 採用管理を導入してからは、1人で対応することができるようになりました。 なお、リクナビHRTech 採用管理のデータはCSVファイルとして出力することができ、エクセルデータとして活用することができました。 これは、社内報告をするにあたりプレゼンテーション資料を作るのにとても役立ちました。 求人結果をエージェト別に簡単に分析が可能 かつては、選考作業をするのに精一杯で、選考後に反省会を開く余裕はありませんでしたが、リクナビHRTech 採用管理を導入してからは、これまでの求人結果をエージェト別に簡単に分析が可能ですので、蓄積したデータを次回の採用の方法に生かすことができるようになりました。 このシステムを導入することで、仕事も効率化できる上に工数も半減して会社としてとてもメリットが出たと思います。 リクナビHRTech 採用管理の運営会社 株式会社リクルートキャリアが運営 リクナビHRTech 採用管理の運営会社は、株式会社リクルートキャリアという会社です。 設立年月日は、1977年の11月28日です。 従業員数は2019年の1月現在で、3912名です。 また、資本金は6億4335万円です。 代表取締役の名前は大林大三さんで、主な事業内容としては、社員募集領域における人材採用広告事業とあっせん事業となっています。 株式会社 リクルートキャリアの会社情報・概要 運営会社 株式会社 リクルートキャリア 事業内容 社員募集領域における人材採用広告事業/斡旋事業 代表取締役 代表取締役社長小林大三 資本金 6億4,335万円 従業員数 3,912名 会社URL 採用管理システムに関連するサービス.

次の

リクナビHRTechで人事採用の最適化へ

リクナビ hrtech

株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 柳橋 仁機、以下「当社」)は、日本で初めて、人材紹介会社の求職者データベースと社内人事システムの直接連携を実現した機能、次世代人材採用アシストサービス「TALENT FINDER」の提供を開始することを発表します。 またこれに伴い第一弾として、株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林 大三、以下「リクルートキャリア」)の転職スカウトサービス「リクナビ HRTech 転職スカウト」とのサービス連携を 2018 年 8 月 23 日(木)より順次開始します。 人材を必要とする現場担当者が、『カオナビ』上で直接求人募集ができることに加え、社内で実際に活躍している社員の人事データに基づいて募集要項を作成することができるため、効率的に即戦力となる候補者を見つけることができます。 また、「リクナビ HRTech 転職スカウト」と連携することで、人材業界の最大手であるリクルートキャリアの求職者データベースから、企業が求める人材要件に合った候補者がレコメンドされます。 今回のリクルートキャリアとの連携は、当社が目指す次世代のHRテクノロジーサービスのプラットフォームとなる「人材データプラットフォーム構想」に向けたプロジェクトの一つです。 さらに、採用領域においてのAPI連携は、本連携が第一弾の取り組みとなります。 一方、採用活動には、人材を必要とする現場担当者や人事担当者、人材紹介会社、求職者など、多くの人が介在しており、人的コストの増加、求める人物像の齟齬が生まれ、以下のような課題が生じています。 社内で実際に活躍する社員の実績や経歴・パーソナリティをもとに募集要項を作成するため、即戦力となる候補者を見つけることができます。 選定した社員の人事データを、そのまま募集要項に反映することができます。 また、人材を必要とする現場担当者は、人事や人材紹介会社を介することなく『カオナビ』上で直接求人募集を出すことができるため、現場担当者と人事・人材紹介会社間の求める人物像の乖離を防ぎ、効率的にマッチング率の高い人材を募集することができます。 URL 注意事項 社員の人事データは、予め企業で設定した項目のみ、人材紹介会社へ送付されます。 個人が特定される情報は送付されません。 企業は自社が求める人材に、より短時間で出会える可能性が高まる。 『カオナビ』と「リクナビHRTech 転職スカウト」が提携した背景 当社は、人材業界最大手であるリクルートキャリアの人材データベースと提携することで、『カオナビ』を利用する各社に、最適な人材を提供することができると考えています。 またAIが候補者を選出する「リクナビHRTech 転職スカウト」と提携することで、優秀な人材を素早く見つけることができることから、この度の提携に至りました。 本構想は、当社が人材管理システム市場シェアNo. 1の実績があることに加え、『カオナビ』が、タレントマネジメントシステムであり、かつ入社前から在職そして退職まで、全社員の人事情報が登録可能であるからこそ実現できる構想であると考えています。 今後は、給与や勤怠といった労務管理を中心としたサービスや、求人サービスとのAPI連携を進めることで、人材データプラットフォーム構想の可能性を広げていきます。 「リクナビHRTech 転職スカウト」とは 「リクナビHRTech 転職スカウト」は、リクルートキャリアが提供する人工知能(AI)を活用した採用支援ツールです。 2016年のサービス開始以降、20,000社以上の企業に利用いただいています。 蓄積された膨大なマッチングデータとデータベースを活用することで、その企業にとっておすすめの候補者をレコメンドします。 企業は、レコメンドされた候補者に対して「面接に来て欲しい」「興味がある」を選ぶだけで、メール文面不要で簡単にスカウト判定することが可能です。 AIが判定履歴を学習するため、利用すればするほどレコメンド精度が向上します。 人材マネジメントプラットフォーム『カオナビ』とは 『カオナビ』は、顔写真が並ぶシンプルな画面から一元化された人材情報をクラウド上で簡単に共有できるプラットフォームです。 社員の顔や名前、経験、評価、スキル、才能などの人材情報を一元管理して可視化することで、最適な人材配置や抜擢といった人材マネジメント業務をサポート。 あらゆる人材マネジメントの課題を解決し、企業の働き方改革を実現するHRテクノロジーサービスとして、2012年のローンチ以降、業種・業態を問わず1,100社以上の経営者や現場のマネジメント層に選ばれています。 2020年には、導入企業3,000社を目指し、リーディングカンパニーとして市場を牽引してまいります。 株式会社カオナビについて 株式会社カオナビは、「顔と名前が一致しない。 」という悩みを解決すべく誕生したクラウド人材プラットフォーム『カオナビ』を運営しています。 人材マネジメントにおけるプラットフォーマーとして、日本の「働き方」を変えていきたいと考えています。 予告なく変更する場合があります。

次の