タイムズ カー シェア 料金 改定。 タイムズカーシェアとは?メリットデメリットを徹底解説!初めてならタイムズがおすすめの理由

タイムズカーシェアの無料利用を実践してみた。給油は積極的に利用しましょう。

タイムズ カー シェア 料金 改定

目次(読みたいところに移動します)• timescar. アプリに関しては、パソコンやスマートフォンの予約方法と比べるとできないことが多いのか、不便という口コミもありました。 タイムズカーシェアの場合、 クイック検索アプリという名前ですぐ予約できることに特化したアプリをリリースしています。 すぐ利用したいという人には、便利なアプリですが、ほかの機能を求めると少し難ありなのかもしれません。 他には、Googlemapとの連携を強化して欲しいと言った声もありました。 2019年10月より、自動で最安値が適用になっていますが、ナイトパックは自動で選ばないといけない落とし穴があるので注意が必要です。 カーシェア 、我が家もずっと Times で利用してたのですが…先日予約したら獣臭い匂い。 これ絶対ペット乗せてたよね、長時間or何度も!という感じ。 獣臭が全く駄目なので、規約でペット禁止とあったから利用してたのに。 評価のポイント タイムズカーシェアは、常に30車種以上をラインナップしていて、他のカーシェアサービスでは取り扱っていないバンタイプの車種も取り扱っています。 ですので、あまり車種ラインナップに関する悪い口コミはありませんでしたが、 いろんな車種に乗りたい人や利用したい場所に台数が少ない人は、少し不満があるようです。 タイムズカーシェアと他のカーシェアサービスの車種ラインナップを比較していますので、気になる人は、こちらも確認ください。 年末の2泊3日旅 72時間パックでと思ってたのに料金2倍以上になっとるがな!!! ふざけんな!!! タイムズカーシェア なんか使うか!! 評価のポイント タイムズカーシェアには、タイムズポイントというポイント制度があり、利用料金100円に対して、3ポイントがたまります。 たまったポイントは、カーシェアやタイムズの駐車場で利用できるのですが、この制度をすごくメリットと感じている人の口コミが多かったです。 タイムズカーシェアと他のカーシェアサービスのポイント制度を比較していますので気になる人は、こちらも合わせて確認してみてください。 2018年7月10日からでTポイントがたまるようになったので、カーシェア大手4社のポイント制度を比較してみたいと思... また、 ショートの場合は、予約時間で請求されずに実際の返却時間で請求されます。 なので、早めに返すとお得なことがあります。 2019年10月に料金形態を変更し、 給油と洗車をすると最大60分無料で利用になるようになりました。 (以前は30分)短時間で用事を済ませる人には、給油と洗車のコンボをすることで無料時間がグッと増えますね。 同じく2019年10月より、1,580円で18時〜24時まで利用できるアーリーナイトパックがなくなることをデメリットだと考えている会員も多いようです。 ただし、 36時間以上の利用などは、レンタカーと同水準の料金。 走行距離によっては、レンタカーより割高になるケースもあるようです。 なので、利用用途によってタイムズカーシェアの料金変更をメリットに感じている人もデメリットに感じている人もいるようです。 日本で最大のカーシェアサービスであるタイムズカーシェア。 期間限定で月額会費やカード発行手数料が無料になる「おためしキャン... まとめ 以上、口コミから見たタイムズカーシェアのサービス分析でした。 一番オススメのカーシェアサービスはどこか?と聞かれるといつもタイムズカーシェア と答えています。 それは規模が圧倒的に大きいため、カーシェアの話をするとタイムズが基本になるからです。 どこに入会すれば良いかと聞かれると、 自宅から一番近くて複数ステーションのあるカーシェアサービスに入会するべきだと思っています。 つまり、タイムズカーシェア です。 今回集めた様々な人の口コミとサービス分析を見て、入会してみようと思った方はぜひタイムズカーシェアに入会してみてください。 その他の大手・準大手カーシェアサービスの口コミ・評判が木になる方は、下記ページから利用者の貴重な意見を聞けるのでぜひ参考にしてみてください。

次の

【消費税増税】タイムズカーシェアの料金はどう変わる?!値上げで負担は増えるの?

タイムズ カー シェア 料金 改定

新しい料金プランは3段階 まず、新しい料金プランは3段階に分かれた。 今までの料金は、月額料金に加えて• ベーシックorプレミアム• デミオやアクアのようなベーシッククラス、MINIやセレナのようなプレミアムプラス。 距離料金もコミコミのショートプラン、6時間パックプラン、距離料金が別の12時間~プランやナイトパック3種。 これが2019年10月1日からは• ベーシックorミドルorプレミアム• 6時間以上の利用は自動的に距離料金加算 となってしまった。 また夜間帯のパック料金は1種類に。 随分と値上がりした印象だ。 車種はどう変わったのか 車種区分が3つになってしまったので、どうなったのか一部車種をピックアップ。 車種名 2019年9月30日まで 2019年10月1日から デミオ ベーシック ベーシック ノート ベーシック ベーシック ヴィッツ ベーシック ベーシック カローラフィールダー ベーシック ミドル NV350キャラバン ベーシック ミドル プレマシー ベーシック ミドル C-HR プレミアム ミドル セレナ プレミアム プレミアム MINI プレミアム プレミアム 具体的な料金比較 それでは実際に料金がどう変わったのか検討してみたい。 利用時間が6時間以上になると、自動的に距離料金が加算されてしまうので、往復200kmのところに行ったとき、5時間45分で返却するのと、6時間15分で返却するのでは、時間料金の差に加え3,200円の距離料金の差が出てしまう。 オリックスのカーシェアと似たような料金体系になってしまった。 タイムズだから!と選ぶ理由が、一つ減ってしまったのだ。 料金体系が複雑になってしまったので、一度ご確認を 今までが安すぎたのかもしれない、そんな印象があったタイムズカーシェア。 ビジネスとしての水準を保つなら、この金額設定はしょうがないとも思うけれど。 他社のカーシェアと料金やシステム面での差が縮まってしまった印象があるので、違うところでバリューを見いだしたい。 2019年10月1日から料金体系が変わるので、利用者の方はしっかりと見直してから貸し出し手続きを。 ちょっと気軽に使えなくなってしまった、そんな印象だった。

次の

お知らせ

タイムズ カー シェア 料金 改定

大きなポイントとしては ・利用時間が6時間以上になると距離料金が発生 ・自動的にその段階での最安の料金が選択される ・従来の2クラス制から3クラス制に というのが大きな変更点になります。 わかり易く言えば、ネットカフェの自動的に最安の料金が選択されるシステムと同じで、4時間45分以上だと6時間まで同じ料金と言った具合で、その時最安になるように自動的に最大時間料金が適応されるようになります。 しかし 6時間以上の利用だと、予約時の予約時間に関係なく、全利用時間分の距離料金が発生するようになってしまいました。 そのため、今まで可能であった、 6時間パック+6時間延長で 12時間距離料金不要という利用方が使えなくなってしまいます。 今回、まず個人会員の月額の基本料金が1030円から880円へと値下げになりました。 しかし、これに伴い無料利用分も880円になっているため、毎月ある程度使っていた人にとっては、影響は特になしといった具合です。 カード発行代は税抜価格で4. 気になる各プランの料金ですが、ショート料金(新・時間料金)では、税抜で4. しかし、12時間では4. 従来まであった60時間パックは72時間パックと変更になり、時間あたりでは17. 安心保証サービスは4. これにより ・6時間以下では気持ち程度の負担増 ・6時間以上12時間での長距離利用では料金が圧倒的増大 ・6時間以上の長時間で短距離の利用の場合は負担減 となっています。 例えば、実際に私が利用した利用例で言うと 利用時間:8時間8分 プラン:6時間パック+延長 走行距離:233km この場合現在の料金だと、 5874円ですが、新料金だと、12時間までの最大時間料金が適応されて6490円と距離料金3728円で合わせて 10218円となります。 しかし、 長時間短距離の場合 利用時間:11時間47分 プラン:12時間パック 走行距離:52km この時では、現在の料金だと12時間パック6690円+距離料金832円で 7522円ですが、新料金では12時間最大時間料金で6490円+距離料金832円で 7322円ですので、 200円ではありますが、安くなります。 増税を加味するともう少し安くなっていますね。 これは24時間以上の予約をした場合、利用時間が2時間以下でも2時間分の利用料金が掛かるという制度で、利用しないのにも関わらず、長時間の予約をさせないための制度です。 しかし、裏を返せば、 24時間以上の予約をしても、2時間以上利用すれば問題ない、ということになります。 今までであれば、48時間パックで予約して36時間しか利用しなくても48時間パックの料金でしたが、新料金では36時間分の料金で済むようになります。 時間が短くても同様です。 と、いうことは2時間以上は確実に利用するが、どの程度利用するかはわからない場合、 長く予約してしまったほうが良く、損もしない、返却遅れによるペナルティのリスクも回避できる、ということです。 これでは些か長時間予約防止にはならない気もしますがどうなのでしょうか?ただ、新料金では長時間ほど優位なため、余裕を持って長時間予約するという方が増えるのではないかと思います。 今までベーシッククラスだった インプレッサ・カローラフィールダー・シエンタ・フリード・プレマシー・NV350バネット この6車種はミドルクラスへと格上げ 今までプレミアムクラスだった XV・リーフ・CX-5・C-HR の4車種はミドルクラスへと格下げとなっています。 料金はミドルがベーシックの1. 5倍、プレミアムが2倍とわかり易くなっています。 痛手となるのは、法人利用も多そうなフィールダーやベーシックながら7人乗りであったミニバン3車種を利用していた方々にとっては1. 5倍増というのは痛手ではないかと思います。 逆に、XVやC-HR、CX-5のようなロングドライブもしやすいSUVをよく利用していた人にとっては朗報ではないでしょうか。 まず一つ目の「ガソリンを沢山使われたくない」というのは、6時間パック+6時間延長が使えなくなった点、ショート72時間予約ができなくなった点からその考えはあるのではないかと思います。 ガソリンは給油カードで給油できますから、利用者に負担は発生しません。 そのため、短時間で長距離走られてしまうとタイムズ側としてはコストが増大してしまいます。 6時間以内ならば走行できる距離もたかが知れていますが、12時間となると結構走れます。 一般的なレンタカーと比較しても、タイムズカーシェアはガソリン代込で12時間8964円ですので、タイムズカーシェアのほうがトータルで安いという場合が出てきます。 特にGWやお盆など繁忙期はレンタカーは割増料金になるので、これが顕著です。 いわば、今までグループ内別企業だったタイムズカーシェアとタイムズカーレンタルが、合併するということです。 タイムズカーを始めたあたりから、その予兆はあったかと思います。 タイムズカーシェアはあくまでカーシェアリングなので、同一ユーザーが長時間占領せず、複数ユーザーが短時間に回数利用する形を目指したいのではないかと思います。 そして、長時間利用するユーザーにはタイムズカーレンタルを利用してもらい、タイムズカーシェアの回転率向上とタイムズカーレンタルの稼働率向上によって企業内での利益増収を図ろうという試みなのではないでしょうか。 ただ、短時間利用を促進したい割には、長時間パックは割安になっており、矛盾が生じます。 短時間利用を促進したければ、長時間パックも値上げしたら良いのですが、むしろ値下げ傾向になっていますが、家の近くにカーレンタルの店舗はないけど、カーシェアならある、という人も大勢おり、レンタカー的な使い方をする方も大勢いらっしゃるかと思います。 そのため、そことの兼ね合いであったり、6時間以降で強制的に距離料金が発生するようになり、距離に対してしっかり料金回収できるようになったため、こうなったのではないかと推測しています。 C-HRがミドルに格下げになったのも嬉しいですし(まあ11月からTCPステージ4になれそうなのですがw)、悪いことばかりではないですが、消費税増税に便乗した便乗値上げといわれてしまっても仕方が無い値上げだなぁと思いました。

次の