兵庫 県 休校。 休校の子、どう向き合う? 「互いに心とげとげ自覚を」 SSWにアドバイス聞く

神戸新聞NEXT|総合|兵庫県立学校、5月末まで休校延長 登校日設けず

兵庫 県 休校

スポンサードリンク 兵庫県の市立学校の休校延長 幼稚園 小学校 中学校 高等学校 高等専門学校 特別支援学校 対象 神戸市• 2020年5月6日まで延長• 学年ごとに半日程度の登校日 (分散登校を実施)• 登校しない場合も欠席にはしない 入学式• 当面見合わせ• 保護者同伴の入学説明会実施 明石市• 2020年4月7日から新学期(延長なし)• 狭い教室での合唱は避ける• 体育で接触する競技を避ける• 生徒が共同で使う教材を消毒• 登校しない場合も欠席にはしない 入学式• 2020年4月8日• 来賓を招かない• 児童生徒 1人につき出席者2人まで 尼崎市• 2020年5月6日まで延長• 感染防止対策を講じた上で、簡素化して実施 丹波市• 2020年4月7日から新学期(延長なし)• 狭い教室での合唱は避ける• 体育で接触する競技を避ける• 生徒が共同で使う教材を消毒• 登校しない場合も欠席にはしない 丹波篠山市• 2020年4月7日から新学期• 10日午後から19日まで休校再開• 期間中2日登校• 給食は13日以降は停止 入学式• 2020年4月19日まで延長• 週2回午前中に登校 入学式• 規模を縮小し、日程通り 相生市• 2020年4月19日まで延長• 4月7日 加古川市• 2020年4月19日まで延長• 登校しない場合も欠席にはしない 入学式• 2020年4月19日まで延長 入学式• 2020年4月8日 三木市• 2020年4月19日まで延長• 2020年4月8日~10日 高砂市• 2020年4月19日まで延長• 登校しない場合も欠席にはしない 入学式• 2020年4月7日 宝塚市• 始業式又は入学式の日から2020年 5月6日まで延長 入学式 簡素化して実施• 2020年5月6日まで延長• 体育館などで式は実施せず、必要最小限の連絡などのみ 芦屋市• 2020年5月6日まで延長• 週1回登校• 登校しない場合も欠席にはしない 入学式• 2020年5月6日まで延長• 登校しない場合も欠席にはしない 入学式 簡素化して実施• また、緊急事態宣言の発令により変更の場合もございます。 各市町村のホームページなどで再確認してください。 よろしくお願いいたします。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 では、また。 ごきげんよう。

次の

兵庫県/各種学校(42校)

兵庫 県 休校

お互いに気分がモヤモヤし、心がとげとげしくなりやすくなっている。 そのことをまず自覚してほしい。 緊急事態宣言の期間は5月6日までとされているので、ここを一つのゴールにし、「ここまでがんばってみよう」と考えるのも一つの工夫だと思う。 (2)は、「制限されている」ということは、「制限されていないこともある」ということなので、できることに目を向けてみる。 散歩やウオーキングはできるので、家の中にずっといるのではなく、小さい子ならば、一緒に外に出て、花を見るなど、家とは違う景色を楽しむことで、考え方も変わってくる。 中には幼くて気持ちを言語化できず、物や保護者に当たったり、攻撃的になるケースもあると思う。 気持ちを落ち着けるためには、大人が言語にしてあげること。 「つらいよね」「これが嫌だったんだよね」と。 子どもが、「しんどいことを分かってくれている」と思うようにしてほしい。 一方、ゲームの利用時間がコントロールできなくなり、ご飯を食べなかったり、寝なかったりと、生活に支障が出る「ゲーム障害」という病気もある。 このような状況であれば、学校でも市教委でもいいので、まずは連絡してほしい。 強いストレスを感じているとき、矛先は弱い立場である子どもに向かいやすい。 全国的に児童虐待などDV(ドメスティックバイオレンス)のリスクが高まっている。 こういう状況下では、子も保護者も、つらい思いをどこかに発信することが大事。 もし虐待を受けている子がいれば、警察でも市役所でもいいので、とにかく連絡して。 コロナ以前から相談先のプリントを配布している。 相談のSNSもある。 ネットでも簡単に検索できる。 主体者をないがしろにしてはならない。 休校したり、再開したりしながら終息に向かうはず。 分からないことも多いが、とにかく、子どもたちに「伝えていく」という姿勢を持ち続けたい。 普段からそうだが、みんな何かしら悩みは持っているもの。 ただ、家庭で悩みがあれば学校で、またその逆といったように、置かれた環境の中でバランスを取っている。 この環境のどこかに不具合が生じると、問題行動が現れる。 「困った子」といわれることがあるが、本当は「困っている子」ということ。 特に今は休校によってバランスを崩しやすい状況になっている。 また、休校に慣れてしまい、学校が再開することが環境の変化となり、心のバランスを崩す子がいるかもしれない。 学校現場と連携しながら、気にかけていきたい。

次の

休校の子、どう向き合う? 「互いに心とげとげ自覚を」 SSWにアドバイス聞く

兵庫 県 休校

5月のゴールデンウィーク明けの再開を想定しているという。 都は3月23日、都立高校や特別支援学校など約250校について、新学期からの再開を目指して準備すると発表していた。 26日には感染防止に向けた指針を示し、学年ごとに登校日を決めて分散登校させるほか、通学時には電車やバスでの会話を控えることや教職員などに毎朝、自宅での検温を義務づけることなどを定めていた。 しかしその後、都内での感染者数が急増。 小池百合子知事は、週末の外出自粛要請などに踏み切っていた。 asahi. html 学校は、クラスターが発生しやすい環境であることは間違いありません。 東京都では、感染経路不明の感染者が急増している中、学校再開に踏切るのは危険だといえます。 しかし、すでに1カ月以上休んでいる子供たちと保護者のストレスは限界を迎えているのも現状。 GW明けまで休校となると、国から何らかの対策、助成の必要があるといえます。 兵庫県の学校休校はいつまで延期? 兵庫県では、 現在144名の感染が確認されています。 渡航歴がない感染経路不明の感染者も増えてきており、市中感染が起きているおそれがあるといわれています。 死者は 11名でており、全国でも死者数は上位となってしまいました。 兵庫県は周囲の不安と反対を押し切り「コロナは問題ない」として全国99%の学校が休校している中、兵庫県内の小中学校の一部を再開させるもほとんどの自治体で休校を延期したため県と自治体の意識の差が問題視されてきました。 このような状況の中、新学期がもうすぐ始まってしまいます。 また、県と自治体で、休校措置の対応が変わってしまうのでしょうか。 確かに、コロナの感染が拡大している地域とその他の地域では、休校を延長させるか、再開させるかの対応が変わってくると思います。 しかし、兵庫県は今、県全体で感染が広がっています。 近隣の大阪府では、 小学生ら新たに17人感染確認で、計208人に。 京都では大学生がクラスター感染しています。 兵庫県は4月8日から学校再開とのことですが、はっきり言って無謀です。 4月も休校措置を視野に入れるべきではないでしょうか。 他県の休校延長発表は? 東京都立学校が学校休校をGWまで延長する方向で調整に入りました。 それに伴い、大阪の小中学校もGWまで休校する可能性が浮上しています。 首都圏では、神奈川県も2週間休校を延長することを発表しています。 しかし、 横浜市では、予定通り4月7日から学校は再開する(短縮授業で)ことを発表しました。 文科相は、全国一律休校要請はしない、地域ごとの判断でということをコメントしています。 4月2日に国の専門家会議が行われる予定です。 学校休校延長の有無は、専門家会議後に決定、公表されることでしょう。 感染状況を踏まえ、自治体ごとに判断に違いがでてきますので、今後の発表に注目したいと思います。 ネットの反応 休校開始時より事態悪化してるのに4月から学校再開する意味が分からない 入学進級おめでとうの掲示を貼りながらこの状況でおめでとう??と思ってしまう — 教師 IJUNsOxYtBf8GUX 確かに、休校開始したときより、感染が拡大しているのに、学校を再開するのはおかしいと思います…。 なぜあの時休んで、今再開するのでしょうか…。 横浜市立は学校再開で、神奈川県立は休校延長の理由が分からん!! 場所同じですけど… 横浜市は政令指定都市だからって調子乗らないでください。 — あわほ GwE7T2osdLMVKjE 県と市の対応の違いに疑問を抱いている方は多いのではないでしょうか。 都内の私立高校の非常勤講師です。 やっと都立高校の休校延長方針が出ました。 命に関わることなので、ぜひ私立も同様に。 学習の遅れが心配ですが、オンライン授業などは急に大幅拡充は無理。 通信制高校などのための第四種郵便制度を学校全てに認めて、普通に課題のやり取りを郵送でも出来ればいいのに。 — やまママ 20200401ay 休校延長なら、学習の仕方を変えていく必要がありそうです。 — ぼん RADXZymsqgYCBkd 感染が拡大している中で学校が再開してしまえば、子供たちの中でクラスターが発生するリスクは非常に高くなります。 全世界で休校決定!休校延長!と決めている中、日本も割と早くから休校したじゃない。 そして一定の効果があったじゃない。 — ぼん RADXZymsqgYCBkd 確かに、世界の対応に比べると、日本の対応は甘いといえます。

次の