七五三 母親 着物 レンタル。 七五三に着る着物(母親用)の選び方

七五三 レンタルならぽえむ

七五三 母親 着物 レンタル

七五三の母親の服装マナーを学ぼう!! 子供が無事に成長したことをお祝いする七五三。 親として、子供の晴れ舞台に、マナー違反の服装は避けたいですよね。 それではまず、 七五三の服装マナーのポイントをいくつかおさえていきましょう。 1.「格」に気をつけよう! 七五三の主役は子供。 その為親は、 子供の衣装よりも格下の衣装を選ぶ必要があります。 それでは具体的に例をあげてみましょう。 先に間違った例から。 簡単に説明すると、 主役の子供より目立ったらダメ!ということです。 子供が1番引き立つように、親は子供より格下の衣装を身に付けましょう。 両親の格のバラツキに注意! 「ぢゃあ子供が着物だから、パパはフォーマルスーツで、私はカジュアルワンピースでいっか!」 と思ってるママさん、STOPです~!! 実はそれ、 マナー違反なんです! 両親の服装の格に バラツキがあると、正式な場では NGとされています。 残念な夫婦と思われることも・・・。 インナーは明るい色の物や、装飾のあるシャツを着る• Q2.パンツスーツでもOK? A.七五三の場に望ましいのは、 スカートと言われてますが、もちろんパンツスーツでも問題ありません。 下にお子さんがいるなど、パンツの方が助かる!というママは沢山いらっしゃいますよね。 パンツを着用する場合は、 パパとのバランスにだけ気をつけておきましょう。 Q3.ワンピーススタイルは? ワンピーススタイルの場合は、ワンピースに合った ジャケットを必ず羽織ましょう。 明るい色のものを着用すると思いますが、 暗めのワンピースに明るい色のジャケットなど、派手になりすぎないように注意しましょう! 服装だけでなく、アクセサリーで華やかさを+するなど、 バランスを考えてコーディネートしましょう。 ママがスーツの場合、パパの服装は? ママがスーツやワンピースなど洋装の場合は、 ブラックフォーマルだと少し格上なので、 パパも、 ビジネススーツ+華やかなネクタイを身に付けて、少しカジュアルダウンしましょう。 ここで注意したいのが ネクタイの柄。 最近のネクタイによく見られる、 斜めストライプの柄は、 フォーマルな場には不向きなので注意してください。 ドットや無地のものはOKなので、地味な色でも 光沢のあるサテンのものなどをチョイスして、華やかさを出しましょう。 付下げ• 訪問着• 色無地 になります。 これよりも格下の 小紋や 紬は、 普段着の分類になるので、避けましょう。 とはいえ、 「着物の種類なんて分かんない!」 という方がが多いですよね。 私もさっぱりです。 自宅に着物はあるが、格が分からないという方は、着付を行っている美容室や着物店など、プロの方に相談すると良いですよ。 着物はどこで借りれるの? まずはお子様の着物をレンタルされるお店へ、大人用のレンタルはありませんか?と確認してみてください。 大人用の着物も用意してる場合や、レンタルショップ紹介して下さるというケースが多いです。 それ以外では、 写真館や呉服屋さん、着付けを行っている美容室などでも、着物レンタルショップの案内が置いてある場合があります。 着付けを美容室にお願いする場合は、提携のレンタルショップさんがある場合がありますので、確認してみてください。 近くにお店がないという場合は、 通販でもレンタル可能です。 レンタル料金はどのくらい? 着物のレンタル料金の相場は、 15,000円~30,000円程度。 後は、着付やヘアメイクを自分でするのか、美容室出するのかなどで、+料金がかかってきます。 カラーは、黒・グレー・白。 但し、お子様が白っぽい着物の場合、父親が白だと、子供より目立ってしまうので NG。 その場合、 黒やグレーの暗めの色を選ぶようにしましょう。 ビジネススーツだと、少しカジュアルなので、 フォーマルスーツにしましょう。 まとめ せっかくの子供の晴れ舞台である、七五三。

次の

七五三に着る着物(母親用)の選び方

七五三 母親 着物 レンタル

七五三の起源は平安時代とされています。 当時は生まれ立ての赤ちゃんの死亡率が高かったため、 7歳までの子供は、神の子とされてきました。 そのため、3歳、5歳、7歳に神社や寺などに行き、この年まで無事に成長したことへの感謝、 そしてますますの成長と幸せを神様にお願いするようになりました。 これが七五三の由来です。 三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事です。 子供たちは晴れ着に身を包み、千歳飴を持って家族と一緒に各地の神社にお参りをし、記念撮影するのが一般的です。 《男の子と女の子 七五三の意味は?》• 七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味を持ちます。 七五三の起源は平安時代とされています。 当時は生まれ立ての赤ちゃんの死亡率が高かったため、 7歳までの子供は、神の子とされてきました。 そのため、3歳、5歳、7歳に神社や寺などに行き、この年まで無事に成長したことへの感謝、 そしてますますの成長と幸せを神様にお願いするようになりました。 これが七五三の由来です。 三歳の男女、五歳の男子、七歳の女子が11月15日にお宮参りをし、子供の成長を祝う行事です。 子供たちは晴れ着に身を包み、千歳飴を持って家族と一緒に各地の神社にお参りをし、記念撮影するのが一般的です。 《男の子と女の子 七五三の意味は?》• 七五三は、男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にそれぞれの意味を持ちます。

次の

七五三に着る着物(母親用)の選び方

七五三 母親 着物 レンタル

訪問着・附下は洋服で言う「フォーマルドレス」の格があり、色無地もそれに準ずる着物です。 スタジオさんなどでレンタルされる場合には「これは訪問着ですよ」などご説明があると思います。 専門的には、袖と肩の柄が繋がっていれば「訪問着」で、繋がっていなけれれば「附下」です しかし、お手持ちのお着物(お母様に買ってもらったなど)が「この着物の種類が分からない!」という方も少なくありません。 全く恥ずかしがるかとはありませんよー。 結構、そういう方って多いのです。 その場合には買ってくださったお身内の方に聞いたり、着物が入っている紙(たとう紙といいます)などに、販売した呉服店さんの店名や電話番号が印刷していますので、問い合わせしてみるのもいいかもしれませんね。 白い紋付や、グレーの紋付という選択肢もありますね。 着物のプロがおすすめる着物の色・柄・バランスは? まず「色」と「バランス」ですが、よく 「ムスメ(ムスコ)と色がかぶらない方がいいですか?」 という質問が多いですね。 個人的には「かぶってもOK」だと思ってます。 お母様が着たい着物の色がお嬢様と同じ色だからといって、違う着物に妥協するのはちょっと残念。 同じ色とは言っても、例えば ピンクでも 「淡いピンク」と「濃いピンク」があり、お嬢様とお母様の着物の色がズバリ同じ色!なんてことはめったにないですよね。 また雰囲気ですが、シックな柄もいいけれど、七五三はお祝いの席だし「華やかな色柄のお着物」をお召しになって欲しいなー、なんて思います。 お母様が綺麗に華やかになると、お子さんの表情も違いますよね。 レンタルされる方 フルセットレンタルがラクです!ご自身で用意するものが一切ない状態にしておけば忘れ物のリスク回避にもなります! 持ち込みの方 先に述べた「早めに着る予定の着物を確認する」ですね。 また、長年タンスにしまってあった着物はシワがあるケースも。 シワがあった!その場合には・・・・・・・ 着物に手ぬぐいなどの薄い生地を当て布にして低温のアイロンでシワをとってください。 (くれぐれも直接着物にアイロンを当てないようにしてくださいね) また、腰ひもや足袋などお忘れ物がないかどうか、撮影されるスタジオさんで事前のカウンセリングをしてくださるところもございますので、是非ご利用ください。 お出かけの際には、お天気には充分注意してくださいね。 正絹は水に弱いので、 「出発時は曇りだけど、午後から雨」 なんて予報の日には、思い切って着ることを辞める決断も。

次の