ティガ レックス。 【MHWI】ティガレックス亜種の出現方法と対策!太刀の練習にピッタリ【アイスボーン】

モンスター/ティガレックス亜種

ティガ レックス

各種データ• 防具・スキルデータ• モンスターデータ• 【ア行】• 【カ行】• 【サ行】• 【タ行】• 【ナ行】• 【ハ行】• 【マ行】• 【ラ行】• 武器データ• - -• - - 探索とギルドクエスト• 食事(ネコ飯)• 狩りの基礎知識• オトモアイルー• コラム• 数値の場合は、数値が高いほどダメージが与えやすい。 0は無効。 地上よりも高いツタ床にいても駆け上がってくる。 起伏にとんだ地形でお馴染みのモンスターもダイナミックに動き回る。 非常に高い攻撃力を持ち、強力な咆哮や突進、回転などの攻撃でハンターを翻弄する。 モンスターハンター4でもその凶暴さは健在で、崖を駆け上ったり、ツタを突き破ったりと、縦横無尽にフィールドを移動する。 また、狂竜ウイルスに感染することで、体の肉質が変化し、より狂暴になることもあるようだ。 <ティガレックス攻略のポイント>• 立ち回りとしては、猛ダッシュを回避したあとに一撃離脱で反撃するのが基本となる。• 激しく動きまわることが特徴のモンスターのため、各種罠や閃光弾で動きを止めて戦うのが有効。 突進中に障害物にぶつかると、牙が刺さってしばらく抜けずに動けなくなることがある。 (頭部破壊後はならない)• 属性は最も有効なのが雷、次点で龍と水が有効。 肉質は頭が最もダメージが通りやすい。 そのため、抗竜石・心眼の効果中以外はチャンスがあれば頭か尻尾を狙って攻撃をしていくのが有効。 ティガレックスの攻撃パターン 攻撃方法 詳細 二段噛みつき 体を引いて首を振り上げた後、大きく踏み込んで2回噛み付く攻撃。 予備動作が小さいため正面にいるとまず当たってしまう。 回転攻撃 後ろ脚を軸に時計回りに高速回転する。 全方向に攻撃範囲があり、同時に風圧【小】が発生する。 バウンドボイス 前脚を踏ん張り、翼膜を広げた後にあげる雄たけび。 範囲は狭いが、密着時は「高級耳栓」があってもダメージを受けてしまうという、他のモンスターの雄たけびよりも強烈。 岩弾 右前足を大きく振り上げ、前方に同時に3つの岩を投げつける攻撃。 3方向に広がって飛んで行くため正面にいると避けにくいため、側面に射ると回避しやすい。 飛びつき攻撃 勢い良く飛びかかり、噛み付いてくる攻撃。 着地時には風圧【大】が発生する。 予備動作が小さい上に連続で繰り出してくることもあるので正面にいると危険。 猛ダッシュ ハンターを目がけて突進をしてくる攻撃、ハンターを狙って軌道を変えてくるので、遠くにいるほと回避することが困難。 攻撃後は倒れこむため反撃のチャンスとなるが、途中で方向転換してダッシュしてくることもあるので注意が必要だ。 怒り中は最大2回まで方向転換をする。

次の

武器/ティガ武器

ティガ レックス

ティガレックス 7. 5 7. 0 6. 5 アシスト進化推奨 ティガレックスはベースの状態では運用に難があるキャラなので、基本的にはアシスト武器に進化させるのがおすすめです。 攻撃のステータスを上げることに特化した武器の方が使い道が多いためです。 5倍にするため耐久性能はそこそこです。 ただし、攻撃倍率を並以上出すためには火か木の十字消しを複数個組む必要があるため、使い辛いリーダーと言えます。 基本的にお邪魔ドロップはデメリットになりますが、特定のリーダーや変換スキルとは相性が良いので、一概にデメリットとは言えません。 当然ながら汎用性の観点では他の3色陣スキルに劣りがちで、優先して編成したいキャラではありません。 火パでなら多少火力へも貢献できますが、編成しにくい性能です。 9 663. 5 829. 4 473. 0 591. 2 33. 0 41. リーダースキル 怒りの絶対強者 【落ちコンなし】ドラゴンタイプの全パラメータが1. 火か木の5個十字消し1個につき攻撃力が3. 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 チーム全体のスキルが1ターン溜まった状態で始まる ドロップ操作時間が少し延びる(0. 5秒) ドロップ操作時間が少し延びる(0. 5秒) 強化された火ドロップの出現率(20%)とダメージがアップする(1. 07倍) 強化された火ドロップの出現率(20%)とダメージがアップする(1. 07倍) 強化された火ドロップの出現率(20%)とダメージがアップする(1. 07倍) 強化された火ドロップの出現率(20%)とダメージがアップする(1. 07倍) 7コンボ以上で攻撃力がアップする(2倍) 超覚醒スキル 超覚醒 効果 7コンボ以上で攻撃力がアップする(2倍) 操作不可攻撃を無効化する 自分自身へのバインド攻撃を無効化する• 5 663. 5 473. 0 33. 覚醒スキル 覚醒スキル 効果 他のモンスターにアシストすると自分の覚醒スキルが付与される 攻撃が100アップする 攻撃が100アップする 攻撃が100アップする ドロップ操作時間が少し延びる(0. 5秒)• 掲示板・スレッド• ランキング一覧• キャラの一覧• 属性別の一覧• スキル別の一覧• 進化・育成に関連する一覧• ダンジョンの一覧 最新ダンジョンの攻略一覧• ダンジョン一覧• お役立ち情報• 各種稼ぎ• その他• メニュー•

次の

上原亜衣=ティガレックス!?フシギダネにも似てる?激似の芸能人は?

ティガ レックス

閃光弾でチャンスを作れる• 腕を破壊してダウンを狙う• 突進は尖鋭石で止められる• 疲労時は攻撃チャンス 閃光弾でチャンスを作れる ティガレックスは、閃光状態では こちらを探すような硬直モーションを取ることがある。 さらに突進をしなくなるので、危険性が一気に低下する。 攻撃チャンスを生み出すために、閃光弾を持ち込もう。 腕を破壊してダウンを狙う ティガレックスは腕を部位破壊するとダウンする。 さらに、その後は 破壊した腕に怯みが発生する度にダウンするため、優先的に腕を狙っていこう。 肉質が柔らかいためダメージも稼ぎやすい。 突進は尖鋭石で止められる 最大の驚異である突進は、尖鋭石を撃つと止まる。 ティガレックス自身が尖鋭石を落とすので、突進阻止のために拾っておこう。 2回傷つけの武器は特に意識したい。 疲労時は攻撃チャンス ティガレックスは 疲労すると動きが鈍り、突進後に転倒するようになる。 転倒は確定ではないが動き全体にスキが生まれるため、絶好のチャンスだ。 減気武器で素早く疲労させるのも有効。 ティガレックスの主な攻撃と回避方法 ティガレックスの主な攻撃パターン 【危険】 突進 数回の方向転換で、執拗にハンターを狙う。 危険な回転攻撃に派生することが多いため、近づかないのが無難。 【注意】 突進回転 突進の終わりに回転する。 範囲が広く威力も高いため、最大限警戒するべき。 【注意】 回転攻撃 体を反らせる体勢を取ってから、その場で回転する攻撃。 【注意】 玉飛ばし 前方に向けて拡散するように玉を飛ばしてくる。 噛みつき 前方に噛み付く攻撃。 咆哮 ティガレックスの咆哮は近くで受けると吹っ飛ばされダメージを受けてしまう。 飛びかかり ジャンプして一気に距離を詰めてくる。 突進後の回転攻撃に注意 ティガレックスは、突進の終わりに回転攻撃を繰り出すことがある。 前方への範囲が非常に広く威力も高いため、常に警戒しよう。 慣れないうちは、突進中のティガレックスに近づかないのが無難。 尻尾切断で範囲が狭まる 回転攻撃が避けられない場合は、尻尾の切断を優先しよう。 切断後は範囲が少し狭まるため、対処しやすくなる。 尻尾側は比較的安全なので、被弾軽減にもつながる。 素の回転攻撃も危険 ティガレックスは、突進の終わり以外にも回転攻撃を繰り出す。 こちらも範囲が広いため、近接武器は常に警戒すべき技だ。 回転は時計まわりなので、 反時計方向に向かって前転で回避しよう。 中距離では玉飛ばしを警戒 中距離で警戒すべき玉飛ばしは、片手を引く予備動作がある。 玉は放物線を描くように3方向へ放たれるので、横方向への回避でやり過ごそう。 なお 玉を飛ばす手にも攻撃判定があるため、クラッチを当てるなら尻尾がおすすめ。 ウチケシの実があると良い ティガレックスの玉飛ばしは、 水場や雪の上では属性やられが付与される。 スタミナ管理が難しくなるため、ウチケシの実を持ち込んで対策すると良い。 咆哮でダメージを受ける 怒り時のティガレックスの咆哮は、 正面近くだとダメージを受ける。 怒る時は必ず咆哮を行うので、正面から接近するのは避けよう。 攻撃手段としては使ってこない ダメージを伴う咆哮は、怒った瞬間にしか行わない。 攻撃手段として使ってくることはなく、怒り時もバックステップ後に使うので、過剰に警戒する必要はない。

次の