安倍 昭恵 ドレス。 安倍昭恵のドレスはどこのブランド?デザイナーや値段も気になる!

安倍昭恵さんのドレスブランドはどこの?デザイナーも徹底調査!

安倍 昭恵 ドレス

「即位礼正殿の儀」での夫人のドレスが批判の的になりました。 その直後から、政近準子さんの元には問い合わせが殺到したのだとか。 なぜこれほどまでに、違和感が否めない、として話題に上がってしまうのか? せめて問題はなさそうだ、という範囲で収まっていれば専門家の私のところへ、数え切れないほどの質問が寄せられることはなかったでしょう。 服装はドレスコードがある場合、それを守ってさえいれば良い、と言い切れるものではありません。 ドレスコードで安心することは、むしろ非常に危険なのです。 即位礼正殿の儀でのわが国のファーストレディーの服装で、まさにそれが起きました。 ドレスコードの範囲だったという専門家もいらっしゃるようですが、私が「失敗」としたのは、昭恵婦人のドレスが「結果的に国民を残念で不安な気持ちにさせ、世界からも疑問視された事実」が、ファーストレディーとして失敗だったからです。 そもそも、ドレスコードとは何なのでしょうか。 ドレスコードとは、洋服を着る時のルール、規定です。 もともとは西洋貴族の間で、教養を表すためのマナーとして発達し、当時の貴族たちは、その時、その場に合わせて、多いときでは1日に10回を越えるほどの着替えを行ったといいます。 日本ではTPOという言葉がありますが、TPOは、ブランドVAN「ヴァンヂャケット」の創業者「アイビールック」の生みの親である石津謙介氏が発案された和製英語で、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。 Opportunityと使われることもある)の頭文字をとり、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味します。 しかしバブルが崩壊し、着飾るシーンなど皆無となり、ファストファッションが主流の市場となっていった時代、TPOという概念すらも廃っていった気配がありました。 現代では、夏はクールビズでネクタイもしない男性ビジネスマンたち、そうなると女性のビジネス服にもラフ感が浸透。 良くも悪くも、ドレスコードは特別な日だけのもの、となってしまったのです。 この特別な日に値する、即位礼正殿の儀の服装に違和感を覚えた人たちが騒ぎ立てたのは無理もありません。 日々のドレスコードをどう考え実践するか? 石津謙介氏が2005年、93歳で亡くなられてから私はドレスコードの進化のために、新たな概念をプラスして提唱しています。 TPOにP(Person:人、相手)S(Social:社会性・背景・公共)を加えて、毎朝、その日に会う人たちのことを考え、その社会性、背景までをも想像して、日々のドレスコードを構築するのです。 この概念から、昭恵夫人の装いについて考えてみましょう。 TPPOSを考えるということは、【その場に相応しい服装】を自分の独りよがりで考えるのではなく【その場の空気を共にいる人と作り上げる】ことを気遣い、自分がその一員であることを自覚した上で【服装からその場の価値を上げる】ことを目指します。 その空気とはどういう空気なのか? 自分がいることで、その場の空気を乱してはいないか? 自分がいることでその場の価値を下げてしまってはいないかと自問します。 その場の価値を上げるときも、浮かずしてそれができることが理想です。 まず、即位礼正殿の儀の日のドレスコードは、内閣総理大臣決定として発表された「即位礼正殿の儀の細目について」では、「ロングドレス、デイドレス、白襟紋付きまたはこれらに相当するもの」ということでした。 昭恵夫人のドレスはデイドレスではあったものの、明らかにお一人だけが浮いており、その場の空気を皆で作り上げるというより他の参列者の輪を乱してしまったといわざるを得ません。 ホワイトは洋装の色の格式の中でも最も高く、明度の高さからしても主役以外が纏 まと えば、主役を脅かす存在となり、目障りともいえます。 ウエディングシーン等においても花嫁さんと同じ白は着ない、などの基本があるように、即位礼正殿の儀においても、相応しくないお色目なのです。 またデザインは袖口にかけて広がる釣り鐘型の袖。 ベルスリーブといいますが、こちらは現在の若い人たち中心のトレンド感が満載です。 即位礼正殿の儀はトレンド感が全く必要のないシーンであり、そこで作るべき空気はトレンド感のような軽いものではなく、厳かで気品漂う空気だったのです。 その空気をすさまじく壊したのがスカート丈でした。 座ることは想定されていたはずですし、靴のヒールは必要以上に高く、さらに丈の短さが強調されて万歳三唱の際のお姿は目を覆いたくなる気分に。 周囲のお着物姿の方々との極端な違いは品格を欠き、場への配慮を感じられませんでした。 ドレスのブランドは日本ブランド「ツグエダユキエ」のオーダーメードですが、今年8月のアフリカ開発会議用にと、誂 あつら えたものなのだそうで、そうなると着まわしをされたことになります。 着まわしは働く女性にとって、日々のビジネスシーンでは最も鍛えてほしいところなのですが、即位礼正殿の儀においては、ご新調なさるべきでした。 ポイントは軸になるアイテムは決してケチらないこと。 高価なものでなくてはならないとは言いません。 サイズが時代感含め適切で、できるだけ素材が上質なものを丁寧に選んでください。 そのようなスーツやセットアップなど、主要なアイテムに自らが信頼を寄せていれば、今日会うパーソンのことを思い、その場に相応しいインナーや小物などで、ちょっとした演出ができます。 結果、日々のコードの構築は底上げされます。 そして「いざ」というときに、その鍛え上げたTPPOSの実践がパワーを発揮するはずです。 ドレスコードの範囲であっても「自分らしさの履き違い」をすれば、理屈ではなくNGと評価されてしまうこと、立場からの社会性、自分がどうしたいかではなく、どう在ることが求められているか? にスマートに応えることが大切と心してください。 その場で自己の失敗に気づき、ふがいなさで恐縮してしまったような表情でさらなる批判を浴びてしまったのが、昭恵夫人のお姿でした。 服装は一目瞭然でありながら有名人でもない限り、周囲の人はなかなか注意をしてはくれません。 だからこそ、普段からTPPOSのチェックに余念なく、ビジネスシーンでの「いざ」において成功を導きましょう。 決して「後の祭り」になりませんように。 ---------- 政近 準子(まさちか・じゅんこ) 日本におけるパーソナルスタイリスト創始者・ファッションレスキュー社長 大手アパレル(株)東京スタイルを経てイタリアへ移住。 政治家 、経営者、 企業管理職、起業家などを主な顧客とし幅広い層のスタイリングを手がけファッションレスキュー全体で、累計顧客2万人超。 日本初、百貨店高島屋にてパーソナルスタイリングカウンターを持った。 NHK「あさいち」「きわめびと」をはじめ、Eテレではファッション教育番組の連載を持つ。 著書12冊。 その人の生き方をスタイルに落とし込むパーソナルスタイリングの概念、職業としての認知を広めたが、今後はファッションプロデューサーとして、ファッションによって社会をもっと良くしていく仕事に着手。 人々の「ほんとうの笑顔」を見るために。 ---------- (日本におけるパーソナルスタイリスト創始者・ファッションレスキュー社長 政近 準子 写真=時事通信フォト) 外部サイト.

次の

安倍昭恵夫人は違反ではない即位礼のドレスコード基準とは?

安倍 昭恵 ドレス

10月22日、厳かに「 即位礼正殿の儀」が行われましたね。 国会議員は全員が招待されたので、秘書たちも準備を楽しませていただきました。 園遊会など皇室行事のご招待では、案内状に「平服可」と書いてあるのですが、今回はそのような言葉はなく、「正装」とありました。 一般的な正装とは、男性ならスーツではなくモーニング、女性はロングドレスまたは色留袖ということだと理解していましたが、実は当日の議員たちの服装はそうともいえませんでした。 若い男性議員には、いつもより少しだけ上等なスーツ姿の人もいましたし、女性議員の中にもスーツ姿が見受けられました。 着物は着ていても、訪問着が多く、紋付や色留袖の方は少数でした。 なので、ネットで「 昭恵夫人の服装がドレスコード違反では?」と炎上しているようですが、全体的に見ると、そこまで浮いてはいなかったのが実情です。 厳密には違反とまではいえないと思います。 ただ、昭恵夫人は日本の総理大臣の配偶者です。 英語で言えば「ファーストレディ」。 日本を代表する夫人と言っても過言ではないお立場の方として考えると、非常に残念でした。 神澤としては、服装もですが、ヘアスタイルにもがっかりしました。 女性議員たちは朝早くからヘアサロンを予約して、秘書が送迎して……と準備に奔走していたのに、昭恵夫人のヘアスタイルはプロがブローしたようには見えませんでした。 ご自分でいつものようにセットした感じです。 即位礼正殿の儀という国事行事のために、もっとしっかり準備して臨んでいただきたかったです。 夜の「饗宴の儀」では和装されたそうですが、そのときも訪問着で登場し、手にしていたバッグの口がパカパカと開いていたと、さらに炎上していましたね。 でも、とても不思議です。 首相夫人なのですから、普通はスタイリストがつきますし、このような重要な式典では、事前に官邸の職員が準備を手伝うのが通例だからです。 一般の議員ですら秘書が準備するのですから、首相夫人のスタッフが事前に手伝わないなんて、普通は考えられません。 実は一説には、今回に限らず、周囲が手配しようとしても昭恵夫人が一切耳を貸さないので、誰も何も言えなくなっているのだとか。 安倍晋三首相も別行動が多いので、夫人と顔を合わせたのは直前だったのでしょう。 そのときに何か気づいても、もう間に合わなかった……というのが真相のようです。 それにしても、昭恵夫人はおみ足もおきれいでしたよね。 全体的にスタイルがいいですし、こんなつまらないことで叩かれるのはもったいないと思います。 永田町で鈴木貴子議員が人気の理由 とはいえ、国会の「お召し物事情」はけっこう難しく、秘書たちがしっかりしていないと大変なことになります。 以前、内閣改造の際に片山さつき大臣(当時)が認証式のドレスを買い直したドタバタ話を思い出しました。 やはり、誰にも相談せず、自分好みの半袖のドレスをオーダーメイドして、大臣の指名を待っていたそうです。

次の

安倍昭恵夫人 ミニドレス炎上の陰にあった“美脚への自信”

安倍 昭恵 ドレス

OGの1人は次のように語る。 「『即位礼正殿の儀』をテレビ中継で見ていて、昭恵さんの姿が映るたび、顔から火が出る思いでした。 ほかの方たちが着物やロングドレスをお召しなのに、昭恵さんは座るとひざも丸出しになって……。 ご本人がどうお考えであれ、明らかに場違いに見えました」 「即位礼正殿の儀」で昭恵さんが着た白のひざ丈ドレスは「土偶」「ハンドベル」など、さまざまな表現で揶揄された。 「即位礼正殿の儀」に注目していたという国会議員の妻は言う。 「即位礼正殿の儀は、日本においてはこれ以上のものはない、最高位の儀式です。 皇族方が十二単や束帯など、古式ゆかしいご装束で儀式に臨まれているのに、首相夫人である昭恵さんの服装からは、招いてくださった天皇皇后両陛下への敬意が感じられませんでした」 ちなみに「即位礼正殿の儀」の女性のドレスコードは《ロングドレス、デイドレス、白襟紋付又はこれらに相当するもの》と、なっていた。 ファッション評論家の石原裕子さんは言う。 「ドレスコードを拝見する限り、昭恵さんの装いは問題ないと思います。 素材もよく、個性的ないいドレスでした。 ドレスのおかげで昭恵さんの存在も際立っていたと思います。 ただ、ガラス張りのいちばん前の席で、お座りになるとひざが見えてしまったことは残念でした。 せめてひざ下の長さのものでしたらよかったのですが。 昭恵さんは少し体も絞られたのか脚もおきれいでした。 その脚が映えるドレスをお召しになりたかったのでしょうね」 インターネット上でも炎上し、昭恵さん自身も「朝から着物を着ればよかった」と反省していたという。 「昭恵さんは控えめな色合いの訪問着でいらっしゃいましたが、安倍首相は燕尾服にホワイトタイの正装。 やはり昭恵さんもご主人にあわせて、色留め袖、それも五つ紋のものがふさわしかったと思います」(前出・石原さん) それにしても首相夫人の周囲には、ファッションについてアドバイスをする人間はいないのだろうか? 昭恵さんの昔からの知人は言う。 『私はこう思うの』『私がいいと思ったから』という言い方をよくしています。 他人からのアドバイスを素直に聞くタイプではありませんし、ファッションについてもそれは同じだと思います。 昭恵さんは肩やデコルテにはあまり自信がないようで、そのあたりがあらわになる服装はあまり着ません。 ただ『デコルテは見せられないけれど脚は見せられるの』と、言っていたこともありましたから、美脚にはかなり自信を持っているようです」 この知人が語ったように、確かに昭恵さんのファッションを振り返ると、ワンピースやスカートも、ひざ上やひざ丈のものが多い。 「『即位礼正殿の儀』で万歳をしていたときにも、太ももがあらわになっていました」(前出・国会議員の妻) さすがの昭恵さんも今回の炎上を機に、ファッションの見直しをはかるのか。

次の