クロネコ ヤマト ライン 通知。 ヤマト運輸のお届け予定eメール、来たり来なかったりするのはどうし...

ヤマト、クロネコメンバーズ登録がなくてもLINEでお届け予定が通知されるように

クロネコ ヤマト ライン 通知

ヤマト運輸からラインが来た!友達登録していないけどこれは詐欺!?クロネコヤマトからラインが来た時の対応をご紹介 ヤマト運輸から友達登録もしていないのにline ライン が来ました。 宅急便のお届け予定とのそですがみなさんはこんなラインが来たことありますか??これまでもかなりヤマト運輸さんにはお世話になっていましたが初めてだったんです。 ラインが来たのは。 そのラインのスクリーンショットがこちらです! しかもですよ!このラインの上にはこのような文言が表示されていました! えっなにこれ・・・こわっ!! まさかフィッシング詐欺では!? これが私の率直な感想です。 以前、フィッシング詐欺についての記事も書きましたが、最近巷では様々な詐欺行為が発生しているようで私も少々過敏になっているのです。 <関連記事> 目次• もしもタップして先へ進んで、カード番号等を入力して何も起こらなかった場合などは確実に情報を吸い上げられたといってよいでしょう。 ですから、まずはネットなどで、同じような状況にあった人がいないかを調べることが大切です。 <1通目> <2通目> 一通目は 『宅急便お届け予定のお知らせ』、二通目は 『お届け予定日時と配送担当店のお知らせ』が来ました。 私はフィッシング詐欺についてはかなり警戒しているので、文言を読めば読むほど怪しく感じてしまいます笑 配送担当店については具体的に『〇〇〇〇センター』と書かれていました。 このセンターは私への宅急便をいつも届けてくれているセンターです。 『いやっ待て。 それすらもこちらを信用させるための作戦かもしれない・・』 と邪推しながらまだ何も触りませんでした。 このメール二点には 『送り状番号の下4桁』と 『配送日時』と 『配送担当のセンター』しか書かれていません。 要するに 『誰から送られてきてる荷物なの!?』 ということが全く分からないので、余計に怪しさが倍増してしまったのです。 参照: どうやらこういうサービスが始まっていたらしいです。 私は全く知りませんでした笑 ここで少し、本物のような気がして安心してきました。 お心あたりのないお客様はメッセージの削除をお願いします。 とのこと。 この文言を読む限り ・ 私はどうやら 『ラインのサービス向上のための情報利用』に同意していたらしい。 (全然覚えていない笑) ・ この 通知は、電話番号をもとにヤマト運輸から直接きているらしい。 ・ 通知メッセージをオフにしていたらこないらしい。 ということがわかりました。 本当にヤマト運輸の公式から来ているのかを確かめる方法 とにかく疑り深い私やそのような方がこのラインのアカウント自体が本物かどうかを確認する方法がないかなと考えてみました。 公式アカウントを取得するにはかなりの費用と審査が必要なようです。 今回のラインを見てみると、 この公式アカウントのマークがついていますね。 また一つ安心材料です! ちなみに 下のマークは公式ではないので注意です!!! 何かの審査を通過したわけではなくとも作成することができるアカウントのようです。 この画像のユーザー数を確認しておいて、次に下記ホームページ内にある画像を見て下さい。 参照 ここにヤマト運輸公式のラインのIDがかかれています。 こちらを、お持ちのスマートフォンのライン内の友達追加部分で検索にかけてみましょう! この検索結果から出てきたアカウントをタップして、自分に来ているメールのアカウントとユーザー数が同じくらいであれば、本物と判断してよいと思います! 以上のことから私は、自分自身に来たメールを本物だと判断して友達に追加をして利用してみることにしました。 入力すると、希望時間帯を質問されます! というやり取りの結果、日時変更を完了しました。 そこからの操作は一切していませんが、昨日5月11日の20時半ごろ、 無事に荷物が到着しました。 上の記事で書いた、宮崎県都農町へのふるさと納税の返礼品であるうなぎでした。 無事に届いてよかったです!! スポンサー・リンク 追記:ヤマトさんやはり荷物の送り主を提示してくれませんかね? <7月24日追記> 先日またクロネコヤマトからラインがきました。 (送り主が分からない点以外) そしてやはり日中に受けとることは不可能なので受け取り時間変更をしようと思い『荷物を確認する』をタップしました。 ここで入力するのは名前と郵便番号です。 何も考えずに入力してみました。 入力内容に誤りがある!との警告。 この時私は『もしかしたら、郵便番号を入力する時点でミスしていてのかな?』と思い、再度やってみました。 そしたら、また警告・・・・。 『二回くらいミスすることもあるかな?』と再度入力・・・・。 結局、ヤマト運輸のラインが本物であれば7月11日には届くはずなので。 日時変更をかけることもできずに、配送者の方には不在で迷惑をかけるかもと思いながら待つことに。 そしたら荷物が届いたんです。 来たのがこれ!GOPRO7! 私は、これをアメリカから個人輸入で買っていたのです。 もちろん 差出人はアメリカの企業なので私への宛名はローマ字表記!私が必死に入力していたのは、もちろん漢字表記。 アメリカからの荷物は到着予定よりも早く来たのでそれが届いてくるなんて夢にも思わず・・・。 やっぱり、クロネコヤマトさん!! 送り主を表示してください本当にお願いいたします。 送り主を表記することで受け取る側もより納得できると思います。 今回みたいなことはイレギュラーかもしれませんが、それでクロネコメンバーの登録がもしもロックされたりしたらたまりません・・・。 という愚痴を追記しました笑 本日のまとめ 今回は私に初めて届いたクロネコヤマトからのラインについて書きました。 公式であろうとは思いながらも、フィッシング詐欺が横行している今の時代には警戒して損はありません。 ヤマト運輸からしてもスピーディーに配達情報を得られるのでいいってことなのでしょう! とはいえ、やはりいきなり通知が来て 『どこの誰から送られてきているかもわからないもの』の配達日時指定というのはユーザーにとっては漠然とした不安が付きまとうのは必然ではないでしょうか。 特に最初の段階では、友達登録するまでは送り状番号すらわかりませんので誰からの荷物かどうかがわかりません。 でももしも、友達登録をしてそれがフィッシング詐欺だったらと思うとやはり二の足を踏むユーザーもいる のではないかと思われます。

次の

【超便利!】LINEで荷物のお届け予定や不在連絡の通知を受け取る方法【クロネコヤマト・連携】 ≫ 使い方・方法まとめサイト

クロネコ ヤマト ライン 通知

LINEで宅急便がどう便利になるのか LINEでは「ヤマト運輸」の公式アカウントが開設されています。 同アカウントには、LINEの各種機能がAPIで提供され各企業がカスタマイズして運用できる「」が活用されています。 そんなヤマト運輸の公式アカウントを友だち追加した上で、ヤマトの会員サービスであるクロネコメンバーズの「クロネコID」とLINEを連携させると、LINEトーク上からヤマトの様々なサービスが利用できるようになります。 具体的に可能になることを、以下にまとめてみました。 お届け予定メッセージ:荷物の到着予定日時の通知を事前にLINEトークで受信できる• ご不在連絡メッセージ:不在時の配達と伝票番号の通知をLINEトークで受信できる• 再配達の依頼:ご不在連絡メッセージにあるリンク先、または会話AIとのトークで依頼可能• 受け取り日時変更:会話AIとのトークで荷物状況の確認やお届け日時・場所の変更ができる• 集荷の依頼:会話AIとのトークから専用ページ(クロネコメンバーズ)に遷移• 料金・配達日の検索会話AIとのトークからヤマトの公式サイトに遷移 留守がちな人にとって、本来ポストに投函される不在連絡票の内容を事前にLINEで受け取れたり、さらに再配達や受取日時の変更もLINEから頼めるのは非常に便利です。 トーク画面内のサービスメニューから「荷物問い合わせ」を選択し、トークをするような感覚で配達状況の確認やお届け日時の変更がおこなえる。 また新たに実装された会話AIによる荷物問い合わせ機能は、ヤマト運輸のウェブサイトに移動しなくても、LINEのトーク内で問い合わせを完結できる優れモノです。 会話の中でお届け日時や場所の変更を自然に提案されるため、都合のよい受け取り方法へスムーズに変更がおこなえるほか、各種サービスの料金や内容の確認もトークを通じて可能になっています。 今後は、宅急便の送り状をLINEで簡単に作成できるようにし、送り状をヤマト運輸の直営店やコンビニの店頭端末、集荷に来たドライバーが持つ端末などから印字可能にすることにより、宅急便の送付と受け取りをLINEで完結できるようにするなどの機能拡充も予定されています。 本稿では、これら機能を使えるようにする手順を紹介します。 LINEでヤマト運輸の公式アカウントを友だち追加 LINEの「その他」から[公式アカウント]と進みます。 検索等で「ヤマト運輸」の公式アカウントを見つけたら、友だちに追加しましょう(プロフィール情報へのアクセスに同意が必要です)。 ヤマト運輸からトークにメッセージが届きます。 [アカウント連携・クロネコメンバーズ新規登録はこちら]のボタンをタップします。 クロネコメンバーズに未登録の人は[新規登録(無料)]を押して、登録をおこないます。 すでにクロネコメンバーズに登録済みの人は、[上記に同意の上、クロネコメンバーズへ連携する]をタップして、LINEと連携するステップに進みます。 ここでは以降、未登録の場合を前提に解説します。 クロネコメンバーズ(クロネコID)に登録する 利用規約を読んで同意したら、メールアドレス、任意のパスワードを入力。 まずは仮登録をおこないます。 入力したメールアドレス宛てに仮登録完了のお知らせが届きます。 記載されているURLにアクセスし、本登録をおこないましょう。 任意でクロネコID(半角英数で6文字以上60文字以内)を入力します。 [確認]ボタンから重複等がないかチェックすることも可能です。 仮登録時に設定したパスワードのほか、名前(フリガナ)、電話番号、性別、生年月日、住所を入力します。 続いて「宅急便e-お知らせシリーズ」の設定をおこないます。 必要に応じて会員カードの種別、電子マネーカード、メール配信などの設定を選んだら、[次へ]をタップします。 本登録の入力内容を確認し、最後に[本登録]を押します。 これで、クロネコメンバーズの本登録が完了します。 LINEとクロネコメンバーズ(クロネコID)を連携する ヤマト運輸のLINE公式アカウントとのトーク内メニューから、[連携・新規登録はこちら]をタップします。 クロネコメンバーズとLINEの連携画面になるので、[上記に同意の上、クロネコメンバーズへ連携する]をタップします。 登録したクロネコIDとパスワードを入力し、ログインします。 連携に成功すると、右上のような画面が表示されます。 LINEでお届け予定や不在連絡のメッセージ通知を受け取る その後、ヤマトから「宅急便e-お知らせシリーズ」登録完了の案内(封書)が配達されることで本人確認が済むと、その翌日から宅急便のお届け予定メッセージや、不在だった場合の連絡がLINEへ届くようになります。 メッセージ内のURLからは、配達日時や受取場所の変更、再配達の依頼などもおこなえます。 いずれもクロネコメンバーズのサイトに遷移し、クロネコIDでログインして画面の指示に従って手続きをおこないます。 現在、会話AI機能が強化されたことで、トーク画面で日時・場所の変更や再配達の連絡も会話をするような感覚でスムーズにおこなえるようになっています。 通知がうまく届かない場合は? 今回クロネコメンバーズに登録した人ではなく、すでに登録済みだった人は「宅急便e-お知らせシリーズ」の利用設定が有効になっているか一度確認しておきましょう。 というのも、LINEとクロネコメンバーズの連携をおこなっても、宅急便e-お知らせシリーズの利用設定がオンになっていないと、ヤマトからの各種メッセージが届かなくなるからです。 確認方法は、にアクセスしてログイン後、右上にあるクロネコボタン(お客様情報)を押し、[お客様情報メニュー]へと進みます。 続いて[e-お知らせシリーズ設定]をタップすると、利用設定の項目があります。 ここで、[利用する]にチェックが入っていれば問題ありません。 ちなみに、荷物情報がデジタルデータでない場合(たとえば通販荷主からのラベルの送り状など)もメッセージが届かない(対象外)ケースとして挙げられています。 利用に際しては、この点にも注意が必要です。 「通知メッセージ」でクロネコ非会員でもお届け予定が確認可能に ヤマト運輸は2018年10月より、LINEの「通知メッセージ」機能を活用して、クロネコメンバーズに登録していないユーザーでも荷物のお届け予定を事前に知らせるメッセージを受け取れるサービスを開始しました。 LINEの通知メッセージは、広告を除く重要性や必要性の特に高いメッセージを企業からユーザーへ通知する取り組みです。 ヤマト運輸からのお届け予定の通知メッセージを受け取ったら、日時変更をおこないたい場合、最初に[友だち追加]をタップします。 お届け予定の宅急便の「お届け予定日時」「配達担当店」「送り状番号の下4桁」が配信されます。 なお、「お届け先名」「ご依頼主名」「品名」「送り状番号(全桁)」といった個人を特定できるような情報は配信されません。 お届け予定日時を確認したら、[日時変更へ進む]をタップします。 名前や郵便番号を入力して[お荷物の情報と照合する]をタップしてください。 入力した名前や郵便番号と、荷物の送り状に記載されたお届け先の「お名前」と「郵便番号」が照合できた荷物について、トーク画面でお届け日時を変更することができるようになります。

次の

【ヤマト運輸】クロネコメンバーズのLINE(ライン)連携が便利すぎる|しば太さんちの生活知恵袋

クロネコ ヤマト ライン 通知

ユーザーが語尾に「にゃ?」などを付けて話し掛けると、ヤマト運輸側もねこ語で返事をしてくれる。 ネット上では「ほっこりする」「かわいいにゃ」など好意的な意見が。 ねこ語を始めた狙いを、ヤマト運輸に聞いた。 同サービスは、ヤマト運輸のLINE公式アカウントとのトーク画面で、配送時間変更や集荷依頼を行えるというもの。 人工知能(AI)チャットボットが会話形式で手順を案内してくれる()。 その際、ユーザーが語尾に「にゃ!」「にゃ?」「にゃーん」などを付けて質問すると、ヤマト運輸のアカウントも語尾に「にゃ」を付けるようになる。 普通に話し掛けると普通の返事だが、ねこ語で話し掛けるとねこ語対応に そんなクロ「ネコ」ヤマトならではの取り組みを始めた理由は何か。 ヤマト運輸広報戦略部の刀根明日香さんは「ねこ語を通じて(同サービスに)親しみを持ってほしい」と話す。 同社がLINEアカウントの運用を始めたのは2016年1月()。 ねこ語は、開始当初から対応していたわけではなく、「16年11月にヤマト運輸がLINEスタンプを配布をした際、スタンプに合わせた応答機能を始めた」のがきっかけという。 この機能が反響を呼び、スタンプを使わない会話でもねこ語対応を検討。 17年2月に導入した。 「お客さまからは好評で、多くの方にご利用いただいている」(刀根さん) LINE活用、効果は? 刀根さんによれば、公式LINEアカウントの活用により、配達日変更、再配達依頼を行うユーザーが増え、同社会員「クロネコメンバーズ」の登録数増加にもつながっているという。

次の