ガスター 10 コロナ。 KJCLUB

【コロナ】伏兵現る 日本の薬局にあるガスター10(ファモチジン)投与の有無で有意に治療効果 米国NYの病院とコロンビア大学 │ 毎日まとめるニュース速報

ガスター 10 コロナ

ニューヨークの主要な病院ネットワークは、コロナウイルスに対して効果があるか否かを確認するために、Covid-19の患者に市販の胸焼け薬を大量に投与しているという。 ペプシッドの有効成分である「ファモチジン」の研究は4月7日に始まり、数週間以内に予備的な結果が出る可能性があるとノースウェルヘルスのファインスタイン医学研究所のケビン・トレーシー博士は語った。 患者は、胸焼けのために経口摂取する量の約9倍の用量で薬物を静脈内投与している。 これまでに187人の患者が臨床試験に登録されており、ノースウェルは最終的に1,200人の登録を希望しているとトレーシーは述べた。 トレーシーと彼の同僚は、同薬物を服用している中国の一部の患者は、薬物を服用していない患者よりも状態が良いことが観察された後、ファモチジンを研究するというアイデアを得た。 トレーシーによれば、中国における観察結果に加えて、フロリダに拠点を置くアルケム研究所によるレビューで、コロナウイルスと戦う可能性のある既存の薬として、ファモチジンがリストの一番上に現れたと述べた。 ファモチジンの研究は、サイエンスマガジンで最初に報告された。 解説 ファモチジンは、ヒスタミンH2受容体拮抗薬の1つ。 胃潰瘍・十二指腸潰瘍といった消化性潰瘍の治療に用いられる医薬品である。 商品名はガスター。 1979年に山之内製薬が開発。 NY 코로나 대항약으로서 가스타를 투여 뉴욕의 주요한 병원 네트워크는, 코로나 바이러스에 대해서 효과가 있다지 아닌지를 확인하기 위해서, Covid-19의 환자에게 시판의 가슴앓이약을 대량으로 투여하고 있다고 한다. 환자는, 가슴앓이를 위해서 경구 섭취하는 양의 약 9배의 용량으로 약물을 정맥내 투여하고 있다. 지금까지 187명의 환자가 임상시험에 등록되어 있어 노스 웰은 최종적으로 1,200명의 등록을 희망하고 있으면 트레이시는 말했다. 트레이시와 그의 동료는, 동약물을 복용하고 있는 중국의 일부의 환자는, 약물을 복용하고 있지 않는 환자보다 상태가 좋은 것이 관찰된 후, 파모치진을 연구한다고 하는 아이디어를 얻었다. 트레이시에 의하면, 중국에 있어서의 관찰 결과에 가세하고, 플로리다에 거점을 두는 알 화학 병기 연구소에 의한 리뷰로,코로나 바이러스와 싸울 가능성이 있는 기존의 약으로서 파모치진이 리스트의 맨 위에 나타났다고 말했다. 파모치진의 연구는, 사이언스 매거진으로 최초로 보고되었다. 해설 파모치진은, 히스타민 H2수용체 대항약의 하나. 상품명은 가스타. 1979년에 야마노우치 제약이 개발. 벽세포의 히스타민 H? 수용체를 차단하는 것으로써 위산 분비를 억제하기 위해 때문에 , 위산 억제약으로서 사용된다.

次の

KJCLUB

ガスター 10 コロナ

Famotidine Use is Associated with Improved Clinical Outcomes in Hospitalized COVID-19 Patients: A Propensity Score Matched Retrospective Cohort Study 30日間のカプランマイヤー生存曲線 点線のガスター10のファモチジンがグラフ曲線で上になって生き残る 曲線がグラフ上部の数字の1に近づくと生き残りやすく1から下へ減少すると死ぬ。 点線がファモチジン有りで実線がファモチジン無しだ。 一番目のグラフ Figure 1 が挿管人工呼吸器なしで数字補正した生存曲線 二番目のグラフ Figure 2 が数字補正した生存曲線 点線のファモチジン有りが1に近づき有意に生き残りやすい。 ガスター10のファモチジンを飲めば新型コロナから助かる可能性がある。 29) 【コロナ】伏兵現る 日本の薬局にあるガスター10(ファモチジン)投与の有無で有意に治療効果 米国NYの病院とコロンビア大学 以下ネットの反応 予防の為ならスパイスの方がガチっぽいけどね ペンシルベニア州立大学の研究は、食事中のスパイスが炎症性サイトカインの減少に役立つことを示しています 科学者は、ジャーナルオブニュートリションに掲載された研究にターメリック、ブラックペッパー、シナモン、バジル、コリアンダー、クミン、ベイリーフ、ジンジャー、オレガノ、パセリ、レッドペッパー、ローズマリー、タイムのブレンドを使用しました 研究者らは、無作為化対照試験で、参加者が6グラムのスパイスブレンドを加えた脂肪と炭水化物の多い食事を食べると、スパイスの少ないまたはない食事と比較して、炎症マーカーが低くなることを発見しました。 これまでの研究では、ショウガやウコンなどのさまざまなスパイスと抗炎症作用が関連付けられています。 最近の研究では、脂肪や糖分の多い食事を食べた後に炎症が急増する可能性があることがわかりました。 ロジャーズ博士はまた、「さらに、私たちは白血球を培養し、刺激して細胞が炎症性刺激に反応するようにしました。 これは、体が感染症と闘っているときに起こるのと同じです。 それが重要なのは、細胞は病原体に遭遇し、炎症性サイトカインを産生します。 」 データを分析した結果、チームは、2グラムのスパイスを含むまたは含まない食事と比較して、6グラムのスパイスを含む食事後に炎症性サイトカインが減少したことを発見しました。 ロジャース博士は、スパイスがどのように脱水されるかに応じて、6グラムはおおよそ大さじ1杯から大さじ1杯に変換されると言いました。 研究チームは、どのスパイスが効果に寄与しているのか、または効果が生み出される正確なメカニズムを確認することはできませんが、ロジャース博士は、スパイスには抗炎症作用があると述べた。

次の

【コロナ】日本の薬局にあるガスター10(ファモチジン)投与の有無で有意に治療効果 米国NYの病院とコロンビア大学

ガスター 10 コロナ

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。 この時、感染予防にもっとも重要になるのは自身が「健康であること」。 免疫力をつけ、たとえ感染してもそれに負けない抗ウイルス力を身につけることです。 さて、こうした情況で、市販薬の中でも安易に手を出してほしくないのが「胃薬」です。 強酸性の胃酸が感染予防に重要な役割を果たす ウイルスは喉や鼻の粘膜を通して感染、増殖します。 新型コロナも同じです。 ウイルスが喉や鼻に入ってくることを完全に防ぐことは出来ませんが、喉の粘膜に付着したウイルスを水やお茶で胃に流し込むことはできます。 胃には強酸性の胃液があります。 強酸性の胃液でかなりのウイルスが死滅すると考えられています。 実際、私が薬剤師として薬局に勤務していたときは、かぜやインフルエンザの流行する季節は感染症の患者さんに薬をお出ししたら水を飲み、手を洗うのが、みなの習慣でした。 薬局だけでなく多くの医師も実践していました。 多くの患者さんに接する医師や薬剤師がバタバタと感染しないのは、こうした行動が有効だったことも理由のひとつだと思います。 さて、そこで胃薬です。 市販薬のパッケージを見てみましょう。 効能には「胃痛、胸やけ、胃酸過多、胸つかえ、胃もたれ、胃重、胃部不快感、胃部膨満感、吐き気、嘔吐、げっぷ、飲み過ぎ、食べ過ぎ、消化不良、食欲不振」などなど、書き切れないほどです。 胃の不快症状すべてといっていいでしょう。 胃痛の原因の筆頭は、胃酸の出過ぎです。 強酸性の胃液で胃が荒れ、炎症を起こす。 そこで胃薬を飲んで胃液の分泌を抑える、あるいは中和することで症状を緩和します。 しかし胃液の分泌を抑えるわけですから、胃酸は弱まります。 もしそこにウイルスが入ってきたら、胃酸で退治できないかもしれない、という状態になります。 新型コロナウイルスの感染が続くなかで、胃は私たちの大きな防御壁になります。 いつも以上に胃を大事にしなければと思うのです。 「胃薬を飲まずに済む生活」を送ることが求められているのです。 胃酸過多にはH2ブロッカーが有効 胃痛に悩む人たちに画期的と迎えられた市販薬が「ガスター10」というH2ブロッカー薬でした。 1997年、それまで医師の処方箋がなければもらえなかった「処方薬」でしたが、市販しても安全であると厚生労働省が認定され、「市販薬」になりました。 こうした薬のことを「スイッチOTC」と言います。 OTCはOver The Counterの略。 薬局のカウンター越しにもらっていた薬(処方薬)という意味です。 スイッチOTCは、処方薬と市販薬の薬効成分はまったく同じです。 たとえば、「ガスター10」には薬効成分「ファモチジン」が10mg、病院で処方される「ガスターD錠10mg」にも「ファモチジン」が10mg入っています。 ただしファモチジン20mgの錠剤もあり、こちらは市販されていません。 胃酸の分泌には、「ヒスタミン」が大きく関わっています。 胃粘膜には「ヒスタミン受容体」があり、そこに「ヒスタミン」がくっつくことで、胃酸が分泌されます。 H2ブロッカーと呼ばれる胃腸薬は、ヒスタミンの代わりにヒスタミン受容体にくっつく作用があります。 「ヒスタミン」をブロックすることで、胃酸の分泌が抑えられるのです。 ですから、ガスター10は、胃酸過多による胃痛・胸やけ・もたれ・むかつきなどの症状に効果があるのです。 ストレスや食べすぎ、飲みすぎなど、胃の調子が悪くなる原因もさまざまです。 原因によって症状も違ってきます。 胃酸が出すぎているのか、胃の動きが悪くてもたれているのか、粘膜が荒れて炎症を起こして痛むこともあります。 最適な薬を選ぶことで胃の症状は楽になりますが、選択を間違えると効果がまるで出ないこともあります。 胸やけやげっぷの原因は胃酸過多であることが多いので、ガスター10などのH2ブロッカーがよく効きます。 胃酸過多の状態が長く続くと逆流性食道炎や胃潰瘍などに進展し、医療機関の受診が必要になってしまうこともあるので注意が必要です。 長く飲みつづければ胃の自力が低下する 食べすぎ飲みすぎで胃の動きが悪くなったり消化が追いつかなくなると、もたれたり消化不良の状態になります。 この場合は消化酵素を主成分とした薬で消化を助けたり、胃の動きを促す成分の胃薬がよいでしょう。 不安やストレスによって胃炎や下痢を起こしているような場合は漢方処方の胃腸薬が合うこともあります。 二日酔いの吐き気・頭痛に効果的な処方もあります。 このように、自分に出やすい症状と、その症状に効果的な薬を見つけて常備しておくと良いでしょう。 選べないときは、薬局で薬剤師に相談して選んでもらってください。 繰り返しますが、薬を飲んでも痛みや吐き気などが続くようなら、胃潰瘍や逆流性食道炎などの病気のサインかもしれません。 そのような場合は医療機関の受診を考えましょう。 胃薬の市販薬はドラッグストアにたくさん並んでいます。 長い期間、飲みつづけている人もいます。 「飲んでいるから調子がいい」と言う人もいます。 しかし胃薬を飲みながら「今日もお酒がうまい」「まだまだ飲める」というのは本末転倒だと思います。 本来、自力で働かなくてはならない胃を、薬に助けてもらっているわけで、長い目で見れば胃の力を弱めてしまうことになるでしょう。 今は感染拡大を防ぐため、さまざまな予防策が取られ、ストレスもたまりがち。 そういう時期だからこそ飲み過ぎ、食べ過ぎをはじめ、胃に負担をかける生活習慣を見直してみませんか? 今回の新型コロナ禍が、そのきかっけになればと思います。 宇多川久美子(うだがわ・くみこ) 薬剤師、栄養学博士。 一般社団法人国際感食協会理事長。 健康オンラインサロン「豆の木クラブ」主宰。 薬剤師として医療現場に立つ中で、薬の処方や飲み方に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」をめざす。 薬漬けだった自らも健康を取り戻した。 現在は、栄養学や運動生理学の知識も生かし、感じて食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に薬に頼らない健康法をイベントや講座で多くの人に伝えている。 近著に『血圧を下げるのに降圧剤はいらない: 薬を使わない薬剤師が教える』(河出書房新社)。

次の