ハマーン カーン 年齢。 【ガンダム】三大年齢嘘だろうキャラ達。キシリア、シャア、ハマーンカーン。驚愕に事実にレディーゴー!!

ハマーンカーンの年齢や最後は?かわいい説やシャアとの関係も調査!

ハマーン カーン 年齢

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 現在は、かつては 、 、(2017年11月1日まで)所属していた。 、演劇科卒業。 代表作に『』(フローレ)、『』(クシャナ)、『』(及び『』)()、『』『』(ナレーション)がある。 概要 [ ] 経歴 [ ] に『』(フローレ役)で声優デビュー。 のも多くこなし、特にテレビ朝日系『』では10年以上メインナレーターを担当。 本人は自身の職業を「ヴォイスアクター」と称している。 役を演じるにあたり、細かく設定や背景、クセなどを踏まえて、繊細で人間味に溢れるをいつも志しているという。 小学生の頃から芝居に興味を持ち、中高時代の演劇部の経験を経て、大学ではを専攻する。 さまざまなを受けていた時に、声優たちが新しい事務所を設立し、その立ち上げ公演の参加者のの夫であり恩師でもある人物から誘いを受けて参加。 事務所社長や先輩からも声優業への誘いを受けた。 人物 [ ] 父は国家公務員。 これまで演じた役の中で一番印象的だった役として映画『ロミオとジュリエット』のジュリエット役(吹き替え)を挙げている。 これは1968年公開のイギリス映画で、映画史に残る名作映画のひとつであり、ジュリエットを演じた英女優の代表作として知られる。 このオリビア・ハッセー扮するジュリエット役の日本語吹替を榊原が担当した。 後に「学生時代にはぜんぜん出来なかった役をどうにかできたことが一番の思い出」と当時を振り返っている。 またこの時の榊原が吹き替えた声と演技をのが耳にしたことがきっかけとなり、自らが担当していた『』や『』へ起用した。 その後、 、以降「強い女性」を演じる機会が増えていくきっかけになったとされる。 初めて劇場アニメの声を担当した『』では、母とその作品を見に行った際に「さんが一番上手かった。 あなたはまだまだね」と言われたという。 ガンダムシリーズの主要キャラクターであるハマーン・カーンで有名だが、当時は駆け出しだったにも関わらず、富野総監督が真横でひざまづいて手取り足取り指導やダメ出しをしてくれたことが怖かったとの事。 また、劇中の有名なセリフ「俗物」というセリフが大嫌いで「俗物」というセリフを言うたびに罪の意識に苛まれたという。 2015年の『』において、敵組織の黒幕であるディスピア役を担当した。 本人はかつてプリキュアと同様にテレビ朝日系列・東映アニメーション制作、同コンセプトの『』の4期『SuperS』と5期『セーラースターズ』でも黒幕であるネヘレニア役を担当している。 2018年現在、『セーラームーン』と『』の2作品で敵の黒幕を演じたのは榊原のみである。 2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ! 声優総選挙! 3時間SP』で第17位に選ばれる。 趣味は、を使った、、。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 1980年• (侍女) 1981年• (けつねコロッケのお銀、女王陛下、すだま亭のお玉、シャコ貝の入江の美女)• ( フローレ) 1982年• (疾風、冬子)• ( アーマロイド・レディ ) 1983年• (ジョセフィーヌ・キャッツバーグ)• ( 浅谷光子) 1984年• ( アイラ・ムー)• (村の女)• (どすこい姉妹)• (麻美) 1985年• ( 、)• (ベッキーの母親)• (フィル) 1986年• (パラノア 、ヘレン・トロヤンニ)• ( ハマーン・カーン )• (30話:五代の引越先の先住人、彩子) 1987年• (佐倉菜穂子)• (まどかの母、歯医者)• (ブライトン夫人 ) 1988年• (立木さゆり)• (ハリス夫人) 1989年• ( 朝霧良子)• ( 南雲しのぶ)• (女王)• (鉄火のマキちゃん〈初代〉) 1990年• (松島啓子)• (渡し守)• (パターソン夫人) 1991年• (エレーン)• (シスター・ローラ)• (フローラの先輩) 1994年• (1994年 - 1995年、 松平梓) 1995年• (少華)• (1995年 - 1996年、ネヘレニア) - 2シリーズ 1996年• (ミシェル・ハミルトン)• (1996年 - 2001年、木下かおる子) - 2シリーズ• (ヴァリエ・ファーネル) 1997年• (カサブランカ)• (山川の母) 1998年• (氷室桂子 )• (篠原真実子)• (津久茂和美) 1999年• (母親) 2000年• (ゆかりさま) 2001年• (レイチェル・リンクス )• ( インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング ) 2002年• (柾木美砂樹) 2003年• (ケイト・ヴァレンタイン )• (月の女王) 2004年• (茅葺よう子) 2005年• ( おりょう)• ( アオイ ) 2007年• (西澤桜華) 2009年• (殺生丸の母)• (アーニス) 2010年• (高城百合子)• ( アーマロイド・レディ) 2011年• (佐々木結衣)• (第15話予告ナレーション:オイル) 2012年• (朝比奈富子)• (メディア)• (2012年 - 2019年、禾生壌宗、細呂木晴海) - 3シリーズ 2014年• (百合目一)• (ムーンライト・ツクヨミ) 2015年• (ギガン船長)• (ナレーション、飛行場姫、中間棲姫)• (ジーナ・パウルクレイ )• (ディスピア ) 2016年• (鷹取一砂 )• (佐々木薫 ) 2017年• (ナレーション )• (ソーレナ) 2018年• (緑尾老)• (TVナレーション)• (マレーネ) 2019年• (CEO) 2020年• (イゾルダ) 劇場アニメ [ ] 1982年• ( アーマロイド・レディ ) 1983年• ( エル) 1984年• ( クシャナ ) 1986年• (羅阿羅)• (アントワネット) 1987年• (抜刀恵) 1988年• (ママ)• ( )• (ハマーン・カーン)• (黒木小夜子) 1989年• (玖辺麗)• ( 南雲しのぶ)• 機動戦士SDガンダム 嵐を呼ぶ学園祭(ハマーン・カーン) 1990年• (鉄火のマキちゃん) 1991年• (冷泉寺貴緒) 1992年• () 1993年• ( 南雲しのぶ) 1996年• (ヘルマザリア) 1998年• (トップ) 1999年• (木下かおる子)• (八神太一の母) 2000年• (ゆかり) 2001年• (メイザミック) 2002年• ( 南雲しのぶ) 2004年• (ハラウェイ) 2005年• ( ハマーン・カーン)• (秋吉美波子 ) 2006年• (榊原芳子) 2008年• (人形使い)• (笹倉永久) 2009年• (老アネモネ) 2010年• (スズメバチの女王、ポンチョのママ、ブランカのママ) 2012年• (ナレーション ) 2015年• 劇場版PSYCHO-PASS サイコパス(禾生壌宗)• (オスカー・シュタウフェンベルク )• (圭子・アンダーソン ) OVA [ ] 1983年• ( メリンダ・ハースト) 1985年• ( リオ )• (安田妙子)• (松沼薫)• (ミマウ・カルーテル)• (蛇女) 1986年• (セシリアン)• (レイナ) 1987年• (ロスマリネ)• (敷島麗美)• ( シリア・スティングレイ)• ( シーベル)• (ミス・キャロライン) 1988年• ( 竜崎麗香 )• (南雲しのぶ)• (バグナグ) 1989年• ( 竜崎麗香)• (南雲しのぶ)• (先生 、第五話で空港から別れた男に酔って電話する女)• ( )• (タニア少佐)• ( 謎の女)• (ステファニィの母) 1990年• (小夜子)• (ハマーン、玖辺麗)• 機動戦士SDガンダム MARK-V(キュベレイ)• (サラ)• (シレーヌ)• (カーラ、レイリア) 1991年• (ポーラ・プレーリー)• (ハマーン・カーン)• (の母)• (迦楼羅王)• (サラ)• バブルガム・クラッシュ! ( シリア・スティングレイ) 1992年• (シリア・スティングレイ)• (美砂樹) 1993年• (ミラン)• (牧子) 1995年• (小暮の女) 1996年• (トップ)• (榊原京子)• (松平梓) 1998年• (デボラ・ヒューズ) 1999年• ( フェブ) 2001年• (レイチェル・リンクス) 2003年• (おりょう) 2006年• (茅葺首相)• ( インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング) 2008年• ( アーマロイド・レディ ) 2009年• (光) 2011年• (美女〈アザゼル〉) Webアニメ [ ] 2014年• (皆川撫子 ) ゲーム [ ] 1991年• (不破沙織) 1992年• ( ヴァリア)• ロードス島戦記 英雄戦争(カーラ) 1995年• (ランフェイ) 1996年• (ハンナ)• GOTHA II 天空の騎士(ヴォリス)• ヒロインドリーム(鈴無響子) 1997年• SDガンダム GCENTURY(、)• (マウアー・ファラオ)• (フレデリカ・グリーンヒル)• (ハマーン・カーン)• (ミネルバ〈ドラゴンナイト〉)• (マリス〈傭兵〉)• ( アハデ・カフィ) 1998年• (工藤桂子)• (1998年 - 2016年、ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ〈無印 - PORTABLE〉、、ナナイ・ミゲル) - 13作品• SDガンダム GCENTURY S(ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ)• (ナナイ・ミゲル)• (クスコ・アル)• (カリーノ・ソレッタ)• (ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ) 1999年• (椎名薫)• 〜Photo Memories〜(椎名薫)• (永堀佳美)• (ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ、ナナイ・ミゲル)• (Lucy) 2000年• (ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ、クスコ・アル)• THE LOST ONE Last chapter of EVE(工藤桂子)• (ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ) 2001年• (アーマロイド・レディ)• (マウアー・ファラオ) 2002年• (クレスト代表者)• (おりょう)• (ハマーン・カーン、クスコ・アル、トップ)• (トップ)• (ハマーン・カーン、ナナイ・ミゲル)• (パイン、テキサス)• ( エルレイン)• (レイカ) 2003年• (ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ)• (ハマーン・カーン、ナナイ・ミゲル) 2004年• (ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ)• (ハマーン・カーン、マウアー・ファラオ)• (ラドリンヌ・ミリア・オーウェン) 2005年• (レディ)• ツキヨニサラバ(ボリス)• 2006年• (ハマーン・カーン、ナナイ・ミゲル)• (自由なる風の人)• (淀殿)• (ヴィエラの長:ヨーテ) 2007年• (エースシン女王)• (ハマーン・カーン)• (ハマーン・カーン)• (ハマーン・カーン) 2008年• (ハマーン・カーン)• (ハマーン・カーン)• ( エマーソン中佐)• (ディアドラ)• (マスタードラゴン)• (ハマーン・カーン) 2009年• (ハマーン・カーン) 2010年• (ハマーン・カーン)• (ハマーン・カーン)• (ハマーン・カーン) 2011年• (ハマーン・カーン、ナナイ・ミゲル、トップ、クスコ・アル) 2012年• (ハマーン・カーン)• (黒衣の女性)• (エルレイン )• Dragon Age II(騎士団長メレディス)• ( キャラクター追加ボイス3、ヒルダ、ロ・カミツ) 2013年• スプリンターセル ブラックリスト(パトリシア・コールドウェル )• (ウレアパディ=エキシカ ) 2014年• (ハマーン・カーン)• (ハマーン・カーン) 2015年• シューティングガール(校長 )• 第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇(ハマーン・カーン)• (ポラリス) 2016年• ( アナ・アマリ ) 2017年• (ミラ ) 2018年• (黒の女王・マグナス)• (ハマーン・カーン) 2019年• (ハマーン・カーン)• (エルレイン)• (シレーヌ)• (オーレリア )• (ヴァレリア) ドラマCD [ ]• (ヘラ)• (日明蘭)• ドラマCD 異国の空 黎明の森(教母)• (九尾社長)• (イヴ)• (ギガン船長)• (宰相の局)• (冷泉寺貴緒) 吹き替え [ ] 担当女優 [ ]• (ウェンディ)• (エヴァ・ペイジ)• 映画(吹き替え) [ ]• (セシール)• (マギー〈〉)• (トルーディ〈〉)• (ルース・ラニアー〈〉)• お葬式だよ全員集合! (シーラ、ルイーズ)• 怪人スワンプシング(ポインセッタ)• 仮面秘書(エレン・ブラッドフォード)• (ケイティ・チャンドラー〈〉)• (ロズ・キース〈〉)• (ドナ〈〉)• (アン)• (〈〉)• 死の氷壁(サンディ)• (ドナ〈ドナ・スピア〉)• (ジェニファー〈〉)• (マーガレット・ルウィン〈〉)• 地球交響曲 第四番• (ヒッポリタ女王〈〉)• (ライリー〈〉)• (アリス・コリンズ)• (ジムの母〈ロレイン・ブラッコ〉)• (ブルックナー〈〉 )• (アンジェラ〈〉)• (キャシー〈チェルシー・フィールド〉)• (ソフィー)• (カレン・クルシャンク〈〉)• (アネル〈〉)• (スーザン・ジョンソン)• (テリー・マッケイ〈アネット・ベニング〉)• (チャーリー〈ダイアン・キートン〉)• (パメラ・ヴェレッカー〈〉) ドラマ [ ]• (シャーリーン・デュプレイ〈〉)• 第2シーズン(ポスト弁護士)• ( エリザベス・コーデイ〈〉)• (ジーン・エコー隊員〈〉)• ザ・ハンガー シーズン1 9(ジーン・イングラム)• (ビリー・ニューマン)• 曲がった男(召使ジェーン)• シーズン1 10(ダイアン・ウェストモア〈〉)• (レイチェル・ローズ〈〉)• (アンナ、カマラ 他)• (〈〉)• (シェリー・ジョンソン〈〉)• シーズン2 11(セアラ・マクフェイル〈〉)• シーズン3 15・16(テレサ・リオンズ〈〉)• シーズン4(ケイトリン・デイヴィス〈〉)• (エリン)• シーズン2 3(アメリア・クレルモン、カメラ・クレルモン〈デボラ・アリソン〉2役)• (アビー・グリフィン〈〉)• (ジョイス・ダヴェンポート〈ヴェロニカ・ハメル〉)• 第2シーズン(ジェニファー・ダルトン〈〉)• (エレン)• シーズン1 9(ナターシャ) アニメ [ ]• (ナイラ〈〉)• (ドクター・ブライト)• (メロン)• (バイオレット) 人形劇 [ ]• 外伝 ユリアンのイゼルローン日記() ナレーション [ ]• (1998ノーベル賞・21世紀への英知)• (今日は何の日)• (マルセル・デュシャン〜謎を創ったアーティスト〜)• ラジオ [ ]• (のマネキンの声) テレビドラマ [ ]• (1994年、・系) - ナレーター 映画 [ ]• (1979年) - ウェイトレス• (1980年)• (2001年) - 巡礼の母の声 CM [ ]• ・Newクレラップ(出演)• (ナレーション)• (ハマーン・カーン)• 電気シェーバー(出演)• 日清庵う・そ(出演)• その他 [ ]• カセットブック• ガルフォース ブルーヘブンブルーヘル(パトリシア・フォークナー)• 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア(メスタ・メスア)• カルとブラの大冒険 夢みる帝司に御用心(キャラウェイ・イカタ)• ロードス島戦記 運命の魔術師(カーラ、レイリア)• ロードス島戦記 眩惑の魔石(カーラ、レイリア)• ビデオ• バブルガムクライシス HURRICANE LIVE 2033 Tinsel City Rhapsody• バブルガムクライシス Bye2 Knight Sabers HOLIDAY in BALI• ラジオドラマ• ( マキ・シュタウフェンヴェルク大尉)• (姫川亜弓)• (女王レメディ)• 鹿児島市立科学館プラネタリウムリニューアル記念番組「瑠璃色のメッセージ」(ノア)• 「さると殿様」(ナレーション)• 「」(ナレーション、お嬢さん)• 「」(天女)• 「黒いきこりと白いきこり」• 「ひとつのねがい」• 『WANDER AGENTS』シリーズ(エージェントマスター)• プリンセスプリキュアミュージカルショー プリンセスランドをすくえ! (ディスピア)• アプリ• MAPLUSアーカイブス• (2018年5月5日、) 脚注 [ ] []• Excite News. エキサイト株式会社. 2020年1月4日閲覧。 『日本音声製作者名鑑2007』、2007年、181頁。。 榊原良子. 榊原良子オフィシャルブログ. 2020年1月16日閲覧。 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』、1985年、70頁。 『声優事典 第二版』、1996年、408頁。 Yahoo! 人物名鑑. Yahoo Japan. 2016年3月16日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年3月10日閲覧。 『声優物語』藤津亮太、2017年発行、一迅社、8頁~9頁• - アニメイトタイムズ• トムス・エンタテインメント. 2016年5月22日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月7日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月20日閲覧。 東映アニメーション. 2016年7月10日閲覧。 プリンセスナイン. 2017年3月9日閲覧。 メディア芸術データベース. 2017年1月27日閲覧。 GONZO公式サイト. 2016年6月12日閲覧。 GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。 テレコム・アニメーションフィルム. 2016年6月3日閲覧。 2014年12月9日閲覧。 プリンセスプリキュア. 2015年1月26日閲覧。 少年メイド 公式ホームページ. TBSテレビ. 2016年3月10日閲覧。 TVアニメ「舟を編む」公式サイト. 2016年9月8日閲覧。 NHKアニメワールド. 2017年3月25日閲覧。 NHKアニメワールド. 2017年5月21日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月22日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月2日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月15日閲覧。 花の詩女 公式サイト. 2012年7月11日閲覧。 アニメイトTV. 2015年7月30日. 2015年7月31日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月5日閲覧。 エンドクレジットでは花井かおり。 トムス・エンタテインメント. 2016年6月1日閲覧。 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争. 2017年4月9日閲覧。 銀河英雄伝説 ON THE WEB. 2016年6月21日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月16日閲覧。 2014年9月10日閲覧。 電撃オンライン 2011年12月1日. 2011年12月1日閲覧。 『電撃PlayStation』Vol. 543、アスキー・メディアワークス、2013年5月30日。 『』Vol. 527 2012年9月27日号• DMM. com. 2015年5月3日閲覧。 電撃オンライン. 2016年7月13日閲覧。 ファイアーエムブレム Echoes もうひとりの英雄王. 2017年4月12日閲覧。 ファミ通. com. 2019年7月17日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年3月19日. 2019年3月19日閲覧。 映画ナタリー. 2017年8月2日. 2017年8月2日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2017年11月28日. 2017年11月28日閲覧。 映画ナタリー 株式会社ナターシャ. 2020年6月5日. 2020年6月5日閲覧。 2014年12月26日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

榊原良子

ハマーン カーン 年齢

人物 宇宙世紀0067年、高官、の次女として生まれる。 姉がいたがグリプス戦役の時点で既に亡くなっている。 漫画『』では、の素質を見出され、ジオン公国のニュータイプ研究機関で育成されるが、自分の体を他人に調べられることが苦痛となっていき、その研究を拒絶するようになった過去が描かれている。 の小惑星基地に行き、ジオン公国の英雄でありニュータイプとされるシャアの存在を知り興味を持つと、再び研究に協力するようになる。 宇宙世紀0083年、父マハラジャ・カーン死去。 、の推挙でのに就き、事実上のアクシズの指導者となる。 再興という目的を掲げてジオン公国残党をまとめつつ国力を蓄え、宇宙世紀0086年アクシズを地球圏に向けて発進させる。 高い指導力と政治力を有した政治家である一方、のパイロットとしても高い技量を有し、劇中、多くのエースパイロットと互角以上の戦いを繰り広げている。 摂政としてミネバへの忠義を尽くす一方で、ジオン公国やザビ家に対する忠誠心は高くなく、に対してジオンの血を利用しているだけだと本音を語ったこともある。 性格 監督のは「強い男に憧れながらもそうした存在を理解できず、結果的に漁夫の利を得ようとする小悪党に成り下がった女」と見ている。 嗜好 夏が好きらしく、モウサ内部の季節を夏にすることが多い。 モデル、デザイン 名前の由来は未来学者。 『月刊ニュータイプ』創刊号でインタビューを受けた時点でのは、アナグラムを加えず「ハーマン」の名で呼び、『』第8話にてアクシズの話題が出た際に、シャアから「ハマー・カーン」と呼ばれるなど、名称の変遷が伺える。 また、宇宙空間での戦闘時もを着用しないというスタイルを貫くが、劇場版では搭乗時に専用のノーマルスーツを着用している。 『』では、第18話のみシャギーが入ったストレートヘアになっている他は同様の髪型である。 しかし、服装については歴史の表舞台に立ったことで、ネオ・ジオンの実質的リーダーとして兵士たちの戦意高揚・的意味合いから、装飾の付いた派手な軍服を着用しているシーンが増え、での出撃時のパイロットスーツもそれに伴ったデザインのものを着用するようになった。 他にも、ドレス姿や水着姿でくつろぐシーン、地球連邦要人とのパーティー出席時には黒いジャケットに白いスカート など多彩である。 また、避難民を装いへ潜入する際には、アップにした金髪で変装する一幕もあった。 アステロイド・ベルトにたどりつく前に姉が死んだことで、ハマーンはその後を継いでミネバの世話をするようになったという(5巻 PART5「嘲笑」)。 漫画『』では、姉はマレーネ・カーンという名前であり、ドズル自身の要望により側室のような立場に差し出されたことが語られ、アクシズ到達前に亡くなっている 単行本11巻。 またセラーナという妹が登場している。 漫画『』では一年戦争時代の存命のマレーネが登場するが、『C. 』と描写は全く異なり、マレーネを妾にしたのはドズル本人ではなく、妾に子を作らせたいというの意向があることが語られた。 マレーネ自身はドズルを慕っており、に対し嫉妬心を抱いていた。 なお本作では側室という立場は暗示されているが、セリフ上では明言はしていない。 これら漫画とは別に、姉の名は「ゼナ・ザビ」だという説をガンダムエースの連載『データガンダム』で言及していたが、死亡時期の違いを理由に別人と解釈したと記述している(II巻「ハマーン・カーン」の記事)。 ゲーム『エンブレムオブガンダム』でも、ハマーンの姉がドズルの愛妾であったという話題に触れているが、妾を持つことがドズルの人物像に合わないことと、妾の妹が権力を手にすることの二点から不自然であるという考察を付け加え、姉は何らかの理由で籍を入れていなかったドズルの正妻のゼナのことであり、ミネバもハマーンの姪にあたるとの推測を示している(Zガンダム編エゥーゴルート「女神たちの戦場」のシナリオパート)。 ハマーンの、ザビ家の遺児ミネバ・ラオ・ザビを政治の道具として利用するという方法と歪んだ育成方針は、シャアには許容できかねるものであり、「ジオンの亡霊」と毒づいている。 アクシズ時代には親しい間柄だったようだが、詳しい関係は番組中では描写されていない。 ミネバ・ラオ・ザビ 前述のようにシャアとの対立原因となったのがミネバの教育方針である。 ミネバはハマーンに対して養育と保護に対する感謝は表しているものの、どこか顔色を窺っている様子が見られる。 ハマーンの前では笑顔を見せることが無かったのか、民間人と遊ぶミネバの笑顔を見たハマーンは驚いている。 メールシュトローム作戦中にMSでカミーユと対峙した際、互いに深層意識に眠る記憶を感知するほど精神が共鳴する。 しかし、ハマーンはその心中を知られたことに怒りを覚えている。 ジュドー・アーシタ シャアと同じ気配を感じたことで興味を持ち、仲間になるよう再三誘いを掛ける。 また、自分とジュドーが同じ人種だと語りかける場面も何度も登場し、ジュドーの仲間達がジュドーとハマーンが引き合っていることを指摘する場面もある。 ジュドーを前に本心を口にする場面も多い。 しかし、ジュドーはハマーンに改心を呼びかけこそすれ現在の彼女の生き方を受け入れることはなかった。 最終的にMS同士による決戦でジュドーに敗れるが、散り際にジュドーという「強い子」に会えて地球圏へ帰ってきて良かった、との想いを言葉で遺す。 から同盟を持ちかけられるが交渉は決裂。 その後、。 宇宙世紀0088年、エゥーゴからを譲渡するという条件での破壊を要請されると、の主砲でグリプス2の一部を破壊し、ティターンズに対してはを攻撃したものが外れたと虚偽の報告をする。 ティターンズの拠点であるでとの会見の隙に青酸ガスによる暗殺を狙うが失敗。。 その後、ジャミトフと再度会談を持つが、会談の最中同席していたが。 シロッコはこれをハマーンの仕業と喧伝し、ティターンズとは敵対関係になる。 同年、エゥーゴによるの結果、グリプス2を奪われる。 をようとするが失敗。 エゥーゴが制圧したグリプス2を巡り、。 ハマーンは一旦部隊を後退させ、温存する。 戦後の隙を突いて各に制圧部隊を送り込み、地球圏を掌握。 この頃から、自身ものように装飾を施された軍服を着用するようになる。 の回想シーンより前半にも登場しているが本人の正式な登場は18話からとなる。 同年8月、自ら艦隊を率いて地球に降下。 武力の威嚇をもって連邦議会のあるを制圧し、ジオン公国軍残党やティターンズの一部残党を配下に収める。 10月末には、へのを決行し大惨事を引き起こす。 その結果、地球連邦政府に発祥の地の譲渡を認めさせる。 これら一連の作戦で戦局は大きくネオ・ジオン側に傾く。 また、専用機キュベレイ以外に旧式のを操縦して、ジュドーと互角の腕を披露したこともある。 同年、 真なるネオ・ジオンを掲げたによる。 内乱発生時はに滞在中で、グレミー配下のに命を狙われ辛くも逃げ延びるが、小惑星アクシズはグレミー・トトに占拠されてしまう。 宇宙世紀0089年、グレミー・トトに賛同した者達との戦闘が続く中、を駆ると。 最終的に紙一重の差でジュドーに敗れ、ジュドーが救いの手を差し伸べるもののそれを拒む。 そしてキュベレイをの壁に激突させ、絶命する。 22歳であった。 ただし、小説版ではモウサの壁面に自ら激突後、大破したキュベレイが奥に流れていくという描写がなされており、その後の所在も生死も不明。 彼女が主導権を握った一連の戦争は、連邦から「ハマーンのクレイジー・ウォー」の異名で呼ばれることとなった。 他作品での活躍 『』 第9話で、宇宙世紀0083年11月10日、へ支援に派遣した艦隊の進路を確認する1シーンだけ登場。 漫画『』 準主役として14歳時点からのハマーンの姿が描かれており、アニメ版とは全く印象が異なるキャラクター設定となっている。 本作でのハマーンの容姿やシャアへの憧れの想いは、『』のに似たところがある。 若き彗星の肖像』での容姿や設定を踏襲しつつも、異なる人物像としてによって語られている。 漫画『』 「若き彗星の肖像」よりさらに以前、一年戦争当時のハマーンが登場する。 当時のハマーンはまだ生きていた姉マレーネを心から慕う、まだ性格に陰や険のない少女であった。 漫画『』 ハマーンの戦死から半年後、ネオ・ジオンを率いて自らもディマーテルに搭乗して現れる。 連邦軍はハマーンの戦死は確認済みのため、「 ハマーンを名乗る影武者」と見ている。 『機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像』を基にしたパロディ作品で、作中でのハマーンは、シャアに激しすぎる恋愛感情を持ち、猪のようなただならぬ殺気と共にあの手この手でアタックを繰り返している。 な性格で描かれており、クワトロ(シャア)からは「はにゃ〜ん」と呼ばれている。 アイドル演歌歌手志望のミネバのわがままに振り回されるハマーンが作品序盤のメインテーマとして描かれている。 漫画『機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像』より。 ここで扱うニュータイプ研究機関とは、フラナガン機関ではない。 伊沢秀夫編「インタビュー・シリーズ 富野由悠季」『機動戦士Zガンダム大事典』、昭和61年8月25日。 雑誌 69159-12、104頁。 『』第18話より。 ゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスド・オペレーション』の同名キャラクターを元にした人物。 小説『』より。 若き彗星の肖像』のみ。 ゲーム作品ではアッガイ搭乗に着目される傾向にあり、『』ではハマーンの機体適正にアッガイが設定され、『』の宇宙世紀モードでも、使用可能な機体として登場する。

次の

【ガンダム】三大年齢嘘だろうキャラ達。キシリア、シャア、ハマーンカーン。驚愕に事実にレディーゴー!!

ハマーン カーン 年齢

人物 宇宙世紀0067年、高官、の次女として生まれる。 姉がいたがグリプス戦役の時点で既に亡くなっている。 漫画『』では、の素質を見出され、ジオン公国のニュータイプ研究機関で育成されるが、自分の体を他人に調べられることが苦痛となっていき、その研究を拒絶するようになった過去が描かれている。 の小惑星基地に行き、ジオン公国の英雄でありニュータイプとされるシャアの存在を知り興味を持つと、再び研究に協力するようになる。 宇宙世紀0083年、父マハラジャ・カーン死去。 、の推挙でのに就き、事実上のアクシズの指導者となる。 再興という目的を掲げてジオン公国残党をまとめつつ国力を蓄え、宇宙世紀0086年アクシズを地球圏に向けて発進させる。 高い指導力と政治力を有した政治家である一方、のパイロットとしても高い技量を有し、劇中、多くのエースパイロットと互角以上の戦いを繰り広げている。 摂政としてミネバへの忠義を尽くす一方で、ジオン公国やザビ家に対する忠誠心は高くなく、に対してジオンの血を利用しているだけだと本音を語ったこともある。 性格 監督のは「強い男に憧れながらもそうした存在を理解できず、結果的に漁夫の利を得ようとする小悪党に成り下がった女」と見ている。 嗜好 夏が好きらしく、モウサ内部の季節を夏にすることが多い。 モデル、デザイン 名前の由来は未来学者。 『月刊ニュータイプ』創刊号でインタビューを受けた時点でのは、アナグラムを加えず「ハーマン」の名で呼び、『』第8話にてアクシズの話題が出た際に、シャアから「ハマー・カーン」と呼ばれるなど、名称の変遷が伺える。 また、宇宙空間での戦闘時もを着用しないというスタイルを貫くが、劇場版では搭乗時に専用のノーマルスーツを着用している。 『』では、第18話のみシャギーが入ったストレートヘアになっている他は同様の髪型である。 しかし、服装については歴史の表舞台に立ったことで、ネオ・ジオンの実質的リーダーとして兵士たちの戦意高揚・的意味合いから、装飾の付いた派手な軍服を着用しているシーンが増え、での出撃時のパイロットスーツもそれに伴ったデザインのものを着用するようになった。 他にも、ドレス姿や水着姿でくつろぐシーン、地球連邦要人とのパーティー出席時には黒いジャケットに白いスカート など多彩である。 また、避難民を装いへ潜入する際には、アップにした金髪で変装する一幕もあった。 アステロイド・ベルトにたどりつく前に姉が死んだことで、ハマーンはその後を継いでミネバの世話をするようになったという(5巻 PART5「嘲笑」)。 漫画『』では、姉はマレーネ・カーンという名前であり、ドズル自身の要望により側室のような立場に差し出されたことが語られ、アクシズ到達前に亡くなっている 単行本11巻。 またセラーナという妹が登場している。 漫画『』では一年戦争時代の存命のマレーネが登場するが、『C. 』と描写は全く異なり、マレーネを妾にしたのはドズル本人ではなく、妾に子を作らせたいというの意向があることが語られた。 マレーネ自身はドズルを慕っており、に対し嫉妬心を抱いていた。 なお本作では側室という立場は暗示されているが、セリフ上では明言はしていない。 これら漫画とは別に、姉の名は「ゼナ・ザビ」だという説をガンダムエースの連載『データガンダム』で言及していたが、死亡時期の違いを理由に別人と解釈したと記述している(II巻「ハマーン・カーン」の記事)。 ゲーム『エンブレムオブガンダム』でも、ハマーンの姉がドズルの愛妾であったという話題に触れているが、妾を持つことがドズルの人物像に合わないことと、妾の妹が権力を手にすることの二点から不自然であるという考察を付け加え、姉は何らかの理由で籍を入れていなかったドズルの正妻のゼナのことであり、ミネバもハマーンの姪にあたるとの推測を示している(Zガンダム編エゥーゴルート「女神たちの戦場」のシナリオパート)。 ハマーンの、ザビ家の遺児ミネバ・ラオ・ザビを政治の道具として利用するという方法と歪んだ育成方針は、シャアには許容できかねるものであり、「ジオンの亡霊」と毒づいている。 アクシズ時代には親しい間柄だったようだが、詳しい関係は番組中では描写されていない。 ミネバ・ラオ・ザビ 前述のようにシャアとの対立原因となったのがミネバの教育方針である。 ミネバはハマーンに対して養育と保護に対する感謝は表しているものの、どこか顔色を窺っている様子が見られる。 ハマーンの前では笑顔を見せることが無かったのか、民間人と遊ぶミネバの笑顔を見たハマーンは驚いている。 メールシュトローム作戦中にMSでカミーユと対峙した際、互いに深層意識に眠る記憶を感知するほど精神が共鳴する。 しかし、ハマーンはその心中を知られたことに怒りを覚えている。 ジュドー・アーシタ シャアと同じ気配を感じたことで興味を持ち、仲間になるよう再三誘いを掛ける。 また、自分とジュドーが同じ人種だと語りかける場面も何度も登場し、ジュドーの仲間達がジュドーとハマーンが引き合っていることを指摘する場面もある。 ジュドーを前に本心を口にする場面も多い。 しかし、ジュドーはハマーンに改心を呼びかけこそすれ現在の彼女の生き方を受け入れることはなかった。 最終的にMS同士による決戦でジュドーに敗れるが、散り際にジュドーという「強い子」に会えて地球圏へ帰ってきて良かった、との想いを言葉で遺す。 から同盟を持ちかけられるが交渉は決裂。 その後、。 宇宙世紀0088年、エゥーゴからを譲渡するという条件での破壊を要請されると、の主砲でグリプス2の一部を破壊し、ティターンズに対してはを攻撃したものが外れたと虚偽の報告をする。 ティターンズの拠点であるでとの会見の隙に青酸ガスによる暗殺を狙うが失敗。。 その後、ジャミトフと再度会談を持つが、会談の最中同席していたが。 シロッコはこれをハマーンの仕業と喧伝し、ティターンズとは敵対関係になる。 同年、エゥーゴによるの結果、グリプス2を奪われる。 をようとするが失敗。 エゥーゴが制圧したグリプス2を巡り、。 ハマーンは一旦部隊を後退させ、温存する。 戦後の隙を突いて各に制圧部隊を送り込み、地球圏を掌握。 この頃から、自身ものように装飾を施された軍服を着用するようになる。 の回想シーンより前半にも登場しているが本人の正式な登場は18話からとなる。 同年8月、自ら艦隊を率いて地球に降下。 武力の威嚇をもって連邦議会のあるを制圧し、ジオン公国軍残党やティターンズの一部残党を配下に収める。 10月末には、へのを決行し大惨事を引き起こす。 その結果、地球連邦政府に発祥の地の譲渡を認めさせる。 これら一連の作戦で戦局は大きくネオ・ジオン側に傾く。 また、専用機キュベレイ以外に旧式のを操縦して、ジュドーと互角の腕を披露したこともある。 同年、 真なるネオ・ジオンを掲げたによる。 内乱発生時はに滞在中で、グレミー配下のに命を狙われ辛くも逃げ延びるが、小惑星アクシズはグレミー・トトに占拠されてしまう。 宇宙世紀0089年、グレミー・トトに賛同した者達との戦闘が続く中、を駆ると。 最終的に紙一重の差でジュドーに敗れ、ジュドーが救いの手を差し伸べるもののそれを拒む。 そしてキュベレイをの壁に激突させ、絶命する。 22歳であった。 ただし、小説版ではモウサの壁面に自ら激突後、大破したキュベレイが奥に流れていくという描写がなされており、その後の所在も生死も不明。 彼女が主導権を握った一連の戦争は、連邦から「ハマーンのクレイジー・ウォー」の異名で呼ばれることとなった。 他作品での活躍 『』 第9話で、宇宙世紀0083年11月10日、へ支援に派遣した艦隊の進路を確認する1シーンだけ登場。 漫画『』 準主役として14歳時点からのハマーンの姿が描かれており、アニメ版とは全く印象が異なるキャラクター設定となっている。 本作でのハマーンの容姿やシャアへの憧れの想いは、『』のに似たところがある。 若き彗星の肖像』での容姿や設定を踏襲しつつも、異なる人物像としてによって語られている。 漫画『』 「若き彗星の肖像」よりさらに以前、一年戦争当時のハマーンが登場する。 当時のハマーンはまだ生きていた姉マレーネを心から慕う、まだ性格に陰や険のない少女であった。 漫画『』 ハマーンの戦死から半年後、ネオ・ジオンを率いて自らもディマーテルに搭乗して現れる。 連邦軍はハマーンの戦死は確認済みのため、「 ハマーンを名乗る影武者」と見ている。 『機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像』を基にしたパロディ作品で、作中でのハマーンは、シャアに激しすぎる恋愛感情を持ち、猪のようなただならぬ殺気と共にあの手この手でアタックを繰り返している。 な性格で描かれており、クワトロ(シャア)からは「はにゃ〜ん」と呼ばれている。 アイドル演歌歌手志望のミネバのわがままに振り回されるハマーンが作品序盤のメインテーマとして描かれている。 漫画『機動戦士ガンダム C. 若き彗星の肖像』より。 ここで扱うニュータイプ研究機関とは、フラナガン機関ではない。 伊沢秀夫編「インタビュー・シリーズ 富野由悠季」『機動戦士Zガンダム大事典』、昭和61年8月25日。 雑誌 69159-12、104頁。 『』第18話より。 ゲーム『機動戦士ガンダム アドバンスド・オペレーション』の同名キャラクターを元にした人物。 小説『』より。 若き彗星の肖像』のみ。 ゲーム作品ではアッガイ搭乗に着目される傾向にあり、『』ではハマーンの機体適正にアッガイが設定され、『』の宇宙世紀モードでも、使用可能な機体として登場する。

次の