仮面ライダー龍騎。 『仮面ライダー龍騎』あらすじとキャスト。最終回と複数の結末を解説|邦画特撮大全32

仮面ライダー龍騎 俺的強さランキング!ライダーバトルの頂点はこいつだ!【仮面ライダー龍騎】

仮面ライダー龍騎

- - 『仮面ライダー龍騎』とは、からまでで放送された、『』第3作のである。 にはを記念し、において第1話から全話上映された。 またには、で期間限定全話配信(からの視聴のみ)が実施された。 さらにより、全話の有料配信が開始された。 あらすじ では人々が相次いで失踪するという事件が起きていた。 この事件を取材していた「OREナル」の見習い「」はある失踪者のを調べていた所、を手にする。 これが切っ掛けで、はの中の「」に吸い込まれ、その最中「」こと「」と「」に出会う。 はから密かに人々を襲う「」、と戦う「」の存在を知る。 「グレッダー」とし「仮面ライダー龍騎」にする。 苦戦しながらもを撃破。 人々をから守る事を決意するのだが…。 ナイトは龍騎を潰さんと戦いを挑み、ナイト以外にも続々と「」が現れる。 最後に1き残るまでお互いに戦い合うのが「」の掟である。 ここに果てしない戦い「」の火蓋が切って落とされた。 概要 本作の特徴として挙げられる点は…• の使用、の発動等でと呼ばれるによるを取り入れている。 冒頭で述べた通り、やとの戦いはの中の、「 」で展開される。 (看等のがするという演出がなされる事での中のである事が表現されている)• で多くの脚本を手がけたがのを担当。 これまでの脚本にはない作がを呼び、史でも希有の、王を産んだ。 としては前作『』からを引き継いだを始めとして、、等、別のでを演じていたが多く起用されている。 この頃からのに、 電子音のが搭載される様になった。 また、前述の通り当時流行していたトレーグの要素をに初めて導入した作品でもある。 総勢13名 劇中では含め12だったが ものが登場し、戦い合う描写は「 」を思い起こさせる。 それまで「 」だったは今作では「 願いの為に戦い、殺しあう者」というであり、特にと版、そして前の第話の展開は多くのに衝撃を与えた。 のお膝元でもあるでも、「」のでされた。 の名前も原点とは異なる。 この戦いにはない。 そこにあるのは、純な願いだけである。 大介 ~ 新しい命~ 劇場版・TVスペシャル版 劇場版:仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL(2002年8月17日公開) 「 先行開」という宣伝文句でを呼んだ。 実際は版とは異なる結末。 に先駆けて龍騎の強化形態「龍騎」の先行登場、「」「」が初登場。 両者の前の姿が登場するのは本作のみ。 には両方の結末が収録されている。 また版限定の「」が登場し、通り13人のが初めて出うのも見所の一つ。 尚、ガ、ペ、ム、、は後のみの姿で登場する。 また、作中に登場したの居場所を記したメモには、にもにも登場していない「湯村敏幸」と「」という人物の名前があった。 KAMEN RIDER DRAGON KNIGHT では「」としてされより放送されている。 より「」ので・で版が放送された。 からでも14話まで放送された。 RIDER TIME 仮面ライダー龍騎 「」の第2弾としてで3週連続配信予定。 予告にはや「」3枚を所持するも確認できるが… キャスト• 大介:寛治• 井子:• 子:瞳• 沙奈子:替和枝• 恵里:• 郎:削智久 TVスペシャル版、劇場版のみの登場人物• 13RIDERS によって選ばれ、によりする13人の。 05tに相当。 だけなら史上でも 通常格闘が数十、が数 の集団になる…はずである。 全な体を得る為とのを図る グッ で最後まで生き残った と戦う所謂的存在 の ゴルト 擬似ライダー 以下2は正式なではなくが開発した「」である。 のと違う点はでの活動時間とザーの音。 名称 戦いの的 者 への 創 ーグ の脅威を止める為 の殺 ーグ 『龍騎の世界』に登場した新たなるミラーワールドの仮面ライダー の『龍騎の』では本作の敵として「」が登場している。 者は、「Iナル」副編集長の。 名称 戦いの的 者 井子を殺した罪の隠蔽 ラッシャー (も同時に従える) 「仮面ライダーディケイド」に登場した龍騎 における「龍騎の」について原典との相違点。 や検事等、事件関係者がとして選ばれている。 でが死はなく、原典における同士の殺し合いというは薄れている。 その他にも、の存在がい、王やが登場していない等の相違点がある(両者とも別ので登場してはいる)。 関連動画 より全話の有料配信が開始。 を払わなければ視聴できない! 関連商品.

次の

RIDER_TIME_龍騎 (らいだーたいむりゅうき)とは【ピクシブ百科事典】

仮面ライダー龍騎

仲間の強化はもちろんだが これが発動さえすれば自分のバースト必殺も実質2800と十分な威力になる。 (下が異常なだけで... ) またアイコンが 剣5というソードマスター(参照)狙いうってつけの並びであり バースト後は 蹴5となる。 普通バースト時に武器を持つので、武器から素手という流れは初めて。 反面、 他構成のライダーとはダブルアタックはほぼ絶望的な点に注意。 これはただのノーマルカードではない。 フィニッシャーである上にバーストアビリティで更なる強化がされて 実質4300!!... そう、このバーストアビリティはと同じ効果。 炎のドラゴンつながりだからか? 後に4弾で相性ボーナスも付いた とにかく必殺においてはノーマルとしては破格と言える。... ただやはり他の面はN相当なので注意。 またアイコンもSRと違い素手、なおかつパンチに高数値を振っているパンチ重視〜バーストすると剣装備というアイコンも考慮したい。 このカード以後、フィニッシャーの龍騎自体が無い事を考えると実はレアなのか?... もっとも 現在ではそれ以上の必殺火力を持つ高レアがわんさか居るが... 3-040 N アタッカー ノーマル 仮面ライダー龍騎 ステータス コウゲキ 450 ボウギョ 500 タイリョク 1800 ヒッサツワザ 龍翔撃 1500 コスト 4 アビリティ まんなかのレーンにこのカードが置かれているとき、ミガワリ効果がアップする スロット G 90 拳 80 蹴 70 拳 70 蹴 60 蹴 60 バースト 仮面ライダー龍騎 ステータス コウゲキ 650 ボウギョ 600 タイリョク 1800 ヒッサツワザ ドラゴンライダーキック 2300 コスト 5 バーストアビリティ バーストしたとき、チームタイリョクが3000以下だと、ミガワリ発生率が超アップする スロット G 100 拳 80 蹴 80 拳 80 蹴 60 蹴 60 備考 TV放映年号セレクション(勝手に命名)としてドラゴンライダーキックN落ち。 今回は援護向き,特にミガワリに関するアビリティとなっている。 特にバーストアビリティはピンチ領域に差し掛かる時点でバーストすればミガワリ発生率「超」アップとなる。 ひそかに安定スロット持ちでもある... が、表必殺が前回SR表と同じにもかかわらずコスト4になっているのがちょっと納得いかないか。 余談だが、このミガワリ重視は やはり彼の最後-少女を守るために身代わりとなった事を表しているのだろう。 4-027 N テクニカル ノーマル 仮面ライダー龍騎 ステータス コウゲキ 400 ボウギョ 450 タイリョク 2000 ヒッサツワザ セイバースラッシュ 1300 コスト 3 アビリティ APバトルに負けたとき、ミガワリ発生率がアップする スロット G 80 蹴 60 剣 80 蹴 60 剣 80 蹴 60 バースト 仮面ライダー龍騎 ステータス コウゲキ 600 ボウギョ 500 タイリョク 2000 ヒッサツワザ ドラゴンライダーキック 2350 コスト 5 バーストアビリティ 次のラウンドまで、 テクニカルゲージがパワーアップする スロット G 80 蹴 60 拳 80 蹴 60 拳 80 蹴 60 備考 テクニカルタイプに戻ってN続投。 だが 前回と比べてイマイチ感が... 特にバーストアビリティが1ラウンドしか持たないのが痛い。 その代わり体力制限はないのだが... また初の50なし安定スロットという面もあるにはある。 ただし剣に80,キックに60となっているため剣攻撃に偏りやすい。 さらにバースト後がパンチ重視になる,という点も注意。 加えてゴースト弾でのゲキレツ変更で 表はもちろんバースト後もゲキレツ数値が80になってしまったのが更なるオイウチをかけてしまった... 今回もイマイチ... と思いきや、今回は結構な能力を持っている。 まず表アビリティ。 実はカード順番指定の全員ボウギョアップ持ちは貴重。 他にあったのは位であった。 ボウギョマイナスデメリット系アビリティ持ちの援護に最適。 安定スロット持ちでもあり バースト必殺も中々の威力と、サバイブ実装が遅れる中で龍騎ファンにとっては嬉しいカードだ。 ただし今回も パンチ4アイコン、かつ高数値が固まっている事に注意(前回と同じくキック60でわずかに望みはあるのだが)。 さらに今回バースト時でも剣を持たないが、その分アイコンあわせはやりやすくなっている。 ただ5弾はNでも中々の強さだったが、今回はまた凡庸な能力になってしまっている。 特にバーストアビリティがイマイチなのが... 表アビリティも APバトルで 負けたら必殺アップという事で次の逆転への布石という事なのだろうが、やはり5弾には劣ってしまう。 安定かつ高数値が並ぶスロットだけは強いのだが... だがこれもゴースト弾でのゲキレツ変更により、表面はゲキレツでも最大80になってしまった。 だがそれでも意地のR返り咲き。 これも主役の意地か、Rというレアリティにしてバーストアビリティで相手アタッカーアビリティ発動封印を持つ。 またこれはドライブ弾で底上げがなされた結果でもあるが 能力値は2弾SRに迫る。 さらにレーン指定表アビリティにより、ボウギョだけなら完全にSRを凌ぐ。 今回CPも控えているが、実は援護重視な能力だったりするので、火力では低レアなこっちが上かもしれない。 上がるかどうかは運だが バーストアビリティでテクゲージがアップ(するかもしれない)というのもポイント。 また高レアは最初の旧2弾以来でもある。 ただ、能力的には援護重視。 というのも本カード最大のポイントは表アビリティ。 一見たいした事ないように見えるが... 累積できる。 バーストさせずに居ればラウンド2時点で-1000と結構な火力妨害に。 カイガン1弾でバーストブレイクなどシステム的に火力増大傾向だが、このマイナス数値なら結構な火力妨害になる。 反面、バーストアビリティがAPバトル勝利条件と言うのが難。 トリプライド指定である・共に表からAPを上げるアビリティはない。 そして当初から多くのガンバライダーに突っ込まれているが その二人が剣装備なのになぜか本カードだけ素手スタートなのでトリプルアタック狙いにくいのも拍車をかけてしまっている。 せっかくのCPなのに申し訳ないが 他の素手アイコンカードと組んで表のまま相手の必殺威力妨害に徹した方がいいかも。 ある意味彼の「戦いをとめる」という目的を表しているとも言えるが... 能力的には表アビリティで攻撃と防御、バーストアビリティで必殺とバランスはいいがやはり物足りない。 ただひそかに久しぶりのドラグセイバー持ちであり、実は 剣アイコンのままで居る初めての龍騎だったりする。 また 初のトリッキータイプでもある。 加えてトリッキータイプなので 体力低い版ボーナスも加えればかなりの高APをマークできるのだ。 もし体力低いボーナスを早期に発動できる戦況なら 2番目バースト効果は踏み倒しても問題ないだろう。 また前回と同じく剣アイコンのままで居られるので、ナイトはもちろん他剣持ちともダブルアタック連携は良好。 また トリッキー剣持ちという事で 何の因果かとも組める。 お互いのアビリティをあわせればすさまじいAPアップとなるのだ。 能力的には表スロットが最大80止まりなのに50もある... のに 表アビリティが「必殺技 を〜」なので自分で必殺技を撃たないと始動しない... と正直イマイチであるが、それを吹き飛ばす最大のポイントが 初のノーマル龍騎〜サバイブという構成な所。 (恐らく)バーストでLRスペシャルスキャン演出を見る事ができる(かもしれない)のだ。 フィニッシャータイプなのもあってバーストアビリティ込みで 3650というN離れした必殺火力も持つので いかに表を乗り切るかが鍵だ。 ただ問題なのは アイコンが剣から素手に変わるという点。 表スロットをカバーするために剣にあわせるか、それともバースト後重視で素手にするか... 今回はなんと言っても前回と違い 一環して素手のままなのが最大のポイントだ。 反面、タイプの違いもあって火力がない事、スロットがバースト前も後も高低真っ二つな事、正直対戦で使うには厳しいのにバーストアビリティが相手ガッツ率超ダウンという事が問題。 割と尖った能力が多い本CPの中ではバランスが取れており、表アビリティはRP5以下でAPアップ。 ただ表スロットが最大80止まり(50もないが)なのでそれを補うためにも発動は必須である。 流石にレアリティ差もあって能力は低いが、一応CPは剣持ちなのに対して本カードは素手という違いがある。 記念的な一枚だ。 能力は表アビリティ後半が 初の体力一定以上差指定。... ただこの1500以上というのがかなり厳しい。 というのも本カードはCPとしては体力が 2600と非常に低いからだ。 昨今の高レアの3000やら4000やら相手には... 正直アテにしない方が無難か。 対してバーストアビリティは強烈。 ゲキレツ50と一見物足りない気がするが 本カードは ブレイブタイプ... つまり実質ゲキレツ100。 ラウンド3以降なら自前でゲキレツ増やしも入る。 とにかく体力の低さをカバーすべく、そして表アビリティ後半をどうにか発動させるためにも先手を取り続けたい所。 それこそ 先手を取らなければ生き残れない!... なおひそかにドラグクローファイヤーが表必殺技となっている初のケースである。 表アビリティも全員ボウギョアップにバーストゲージ上昇と 低レアながら援護に特化した能力でなかなかだ。 前弾はメカニカル版龍騎サバイブで登場したが 今回も低レアとはいえ 初のジャマータイプというポイントがある。 ただそれ以外は残念ながら平凡な能力。 特にバーストアビリティは体力多い条件なのだが、本カードの体力は2350とお世辞にも高くないのがネック。 表アビリティはRP多い条件で体力回復出来るタイプ、バーストアビリティはRP7以上でテクニカルゲージアップとなっているが体力回復要員としてバーストしない起用法を取ってもいいだろう。 表アビリティはミガワリ条件で防御アップとシンプルなもの。 とは言えスロットの大半が70を占められている 特にパンチアイコンは全て70 安定型のためAPバトル勝利で不発に終わるかもしれない。 その能力は本人の信条「俺は人を守るためにライダーになったんだ!」をこれでもかと示すかのような超防衛型。 ここまで防御に徹した能力というのもかなり珍しい。 バーストアビリティも相手カウンター率ダウンなので防衛のための能力と言える。 一応龍騎としては初のブレイカータイプな高レアなのだが、ブレイカーボーナスも攻勢に出るためというより相手の攻勢を削ぐための物としての運用なのかもしれない。 ただ テクゲージアップは単アップでなく累積か超アップにして欲しかった気がする。 真ん中配置条件だがそれに合わせて防御アップも付いてくるので実用的だ。 バースト火力もコスト7と程よいためコスト補正上限には引っかかりにくくバーストアビリティの必殺増強も活かしやすい。 それ以外はN相当のステータスのため過去弾のカードがあるならそちらを使うべきか。 表アビリティにAPバトル勝利条件でAPアップが入っているが累積が最大2回までしか出来ないのが勿体ない。 AP最大値80でもあるため、累積出来る形式だったら良かったのだが... さらに、ライジングパワーが10以上だと、バーストゲージが超アップする スロット G 100 拳 90 拳 80 拳 70 蹴 60 蹴 50 備考 パック販売「レッツ!ゲームスタート パック」で新設されたTP:トリプルレアの中の一枚。 まず 龍騎初のチェインタイプなのが1つ。 そして 龍騎初の開幕からAPアップ持ちである。 そのLRサバイブはアタッカーが故ににやられてしまうのを考慮したらネット対戦ではこちらの方が上かもしれない。 (ただし後からRP条件とはいえAPアップのドラゴンアーツCPという物は出たが) もっとも表スロット最大値は80止まりなのでそれをカバーするためと思っておいた方が無難だが。 ただ他のTPもエグゼイド組以外は全員このスロット数値なので、自己フォローできるだけマシである。 元のバースト必殺数値とバーストアビリティによる必殺大幅増強によりかなりの破壊力を発揮するが、注目すべきはRP満タンという厳しい条件ながらバーストゲージ超アップな点。 次にバーストするライダーをパワーアップさせるチェインタイプにとって一番欲しかったバーストゲージアップ効果を持つのだ。 チェインタイプは長らくその特性を対戦で生かせていなかった(対戦ではバーストゲージ上昇量が下がるため)が 他にもバーストゲージアップに関するライダーと組ませれば... 低レアであるが、表もバースト必殺もドラグクローファイヤーであるというポイントがある。 もっとも素手にドラグクローファイヤーはN落ちしているし、表ドラグクローファイヤーというのはライジングマッチCPでもあったが... ガンバライジングデータ 声:須賀貴匡(ガシャットヘンシン2弾より) 武器:ドラグセイバー(片手剣) 必殺技:ドラゴンライダーキック ドリームスリーカード 下位技:龍翔撃 セイバースラッシュ 原作設定 登場作品:仮面ライダー龍騎 武器:龍召機甲ドラグバイザー ドラグセイバー ドラグクロー ドラグシールド 必殺技:ドラゴンライダーキック 人間名:城戸真司(演:須賀貴匡) ジャーナリストである城戸真司が 取材先で偶然拾ったカードデッキで変身する仮面ライダー。 基本カラーは赤。 契約モンスターは無双龍ドラグレッダー。 無双龍ドラグレッダーとの契約前、及びドラグレッダーのカードを盗まれた際には契約モンスター無しとみなされ、ブランク体になる。 他の龍騎世界の仮面ライダーと違い、ミラーモンスターから人々を守り仮面ライダー同士の戦いを止めるために戦う。 契約モンスターの攻撃や その身体をモチーフにした武器を使う「アドベント」カード(ソードベント、ガードベントなどの種類がある)を龍の形をしたガントレットカード読み取り機 龍召機甲ドラグバイザーにベントイン、 ドラグレッダーの尻尾をかたどった中華剣型の剣 ドラグセイバー ドラグレッダーの鱗をかたどったシールド ドラグシールド ドラグレッダーの頭をかたどった ドラグクローといった武器で 本人の性格を表したようながむしゃらな接近戦で戦う。 ミラーモンスターを倒すには十分な力と技を持っているが、他のライダーの飛び道具や 姿を消すなどトリック系の技に対しては器用貧乏であり ライダー同士の戦いを止めるという本人の目的もあって 仮面ライダー戦では苦戦を強いられる。 契約モンスターはドラグレッダーが強化された龍型モンスター 烈火龍ドラグランザー 武器は拳銃型に変化した 龍召機甲ドラグバイザーツバイ 戦闘能力が大幅に向上しており、アドベンド技の大半が通常時と逆に遠距離戦殲滅用となっている事が特徴。 だが、真司自体の目的が戦いを止めることに変わらず、ミラーモンスター相手ではむしろオーバースペックであり 大半の戦闘は ソードベントを発動させてドラグバイザーツバイを銃剣に変形させた ドラグブレードによる斬撃をメインに戦う。 本人の目的と戦闘スタイルがかみ合っているとは言えず、エネルギー消費も激しくなるため使用頻度は少なかった 必殺技はシュートベントカードをベントイン、ドラグランザーと連動して火炎弾を発射する メテオバレット ファイナルベントカードをベントインし バイク型に変形したドラグランザーに搭乗、ウイリー走行状態のドラグランザーが吐き出す火炎弾連射で相手を燃やしつくし トドメに体当たりで粉砕する ドラゴンファイヤーストーム コミュニティ• システム・遊び方• [おもちゃ連動] <ゴースト>• <エグゼイド>• <ビルド>• <ジオウ> (ライドウォッチスキャン) <ゼロワン> (プログライズキースキャン&ブットバソウルメダル)• ジオウカード別各種システム• ジオウディケイドアーマーカード限定特殊システム• ジオウトリニティカード限定特殊システム• (グランドジオウカード限定特殊システム) ゼロワンカード別各種システム• (ゼロワンシャイニング(アサルト)ホッパー&バルカンアサルトウルフ限定特殊システム) (ゼロワンメタルクラスタホッパー限定特殊システム)• 原作に基づいた称号• クロスオーバー称号• ・ICカード関連システム• ひとりであそぶモード• サポートアイテム系• その他• カードリスト• マシン <ゼロワン> <ジオウ> <ビルド> <エグゼイド> <ゴースト> <ドライブ> <鎧武>• ゴールドカード データアーカイブ• その他• 廃止されたシステムなど.

次の

仮面ライダー龍騎・エピソード一覧

仮面ライダー龍騎

『仮面ライダー龍騎』は平成仮面ライダーシリーズの第3作目として放送された作品です。 賀集利樹や要潤らが出演し人気を博した前作『仮面ライダーアギト』(2001~2002)の後を受け、『龍騎』も子どもたちに人気を博しました。 斬新なデザインの仮面ライダーたちによる仮面ライダー同士の戦い、ミラーワールドという戦闘フィールドの設定など、前作『アギト』から作品の空気が一気に変わったと言えます。 しかし発表当初『龍騎』は賛否両論となりました。 『龍騎』以降は『仮面ライダーカブト』(2006~2007)や『仮面ライダー鎧武』(2013~2014)など、仮面ライダー同士の戦いを中心に描いたシリーズも複数製作さています。 しかし仮面ライダーと敵が戦うという図式が強くあった当時、視聴者にとって『龍騎』の物語はとてつもない衝撃だったのです。 仮面ライダー同士の戦いという設定は前作『アギト』から導入されたものですが、『龍騎』はそれをより前面に押し出したものとなっています。 多彩な13人のライダーたち 登場する13人の仮面ライダーたちは非常に多彩なキャラクターとなっています。 戦いを止めるために戦う主人公の城戸真司/仮面ライダー龍騎。 彼と対になるクールガイの秋山蓮/仮面ライダーナイト。 スーパー弁護士の北岡秀一/仮面ライダーゾルダ。 彼と因縁のある殺人犯で脱獄囚の浅倉威/仮面ライダー王蛇や、悪徳刑事の須藤雅史/仮面ライダーシザースなど強烈なライダーたちも多く登場しました。 13人登場する仮面ライダーの中でも、主人公の真司、蓮、北岡と浅倉の4人は特に人気が高く、放送当時キャラクター別の写真集が出版されたほどです。 また手塚海之/仮面ライダーライアを高野八誠、東條悟/仮面ライダータイガを高槻純が演じました。 2人は過去にウルトラマンを演じたことのある俳優で、ウルトラマンから仮面ライダーに変身したと話題になりました。 また後述する劇場版には加藤夏希演じる霧島美穂/仮面ライダーファムが登場。 TVスペシャルに登場する高見沢逸郎/仮面ライダーベルデには黒田アーサーがキャスティングされました。 前者は仮面ライダー史上初となる女性ライダー、後者は知名度のある俳優が仮面ライダーに変身することが当時話題となったのです。 また『龍騎』の脚本を手掛けたのは、映画『刀剣乱舞』(2019)やアニメ『進撃の巨人』『ジョジョの奇妙な冒険』の小林靖子。 アニメ『DEATH NOTE』『うしおととら』の井上敏樹。 繊細でいきいきとしたキャラクター描写に定評のある小林と、アクの強い描写で知られる井上の両名によって、多彩なライダーたちが魅力的に描かれました。 劇場版・テレビスペシャル『龍騎』複数の結末 仮面ライダー龍騎 EPISODE FINAL(DVD) 斬新だったのは設定や物語だけではありません。 本作には前述した自発の女性ライダー・仮面ライダーファムの登場や、鏡像の真司が変身するもう一人の龍騎・仮面ライダーリュウガが登場します。 『仮面ライダージオウ』に登場したアナザーライダーがアナザー龍騎ではなくアナザーリュウガなのは、この劇場版からの引用です。 言ってしまえば『龍騎』にはすでにアナザー龍騎が登場していたわけです。 またゴールデンタイムに放送されたTVスペシャル『仮面ライダー龍騎 13RIDERS』。 このテレビスペシャルでは「戦いを止める」「戦いを続ける」の2つの結末が用意され、電話やインターネットによる視聴者投票で結末を決定するという企画でした。 結果、『仮面ライダー龍騎』にはテレビシリーズの最終回、劇場版、テレビスペシャルの2つ、計4つの結末が描かれたのです。 『仮面ライダー龍騎』はこうした大胆な試みがいくつも導入され話題を集めました。

次の