パチンコ ファン 感謝 デー 景品。 パチンコファン感謝デーに関して

パチンコファン感謝デー 景品

パチンコ ファン 感謝 デー 景品

パチンコファン感謝デーを開催する理由とはいったい何故なのか?ご存知ですか? パチンコファン感謝でーは、いつもパチンコを遊びに来てくれるお客さまに「ありがとう」という感謝の気持ちを表する催しっていう名目です。 パチンコ店は、現状イベントや高額な景品を無料でプレゼントするということは絶対にしてはいけないというルールがありますが、このパチンコファン感謝デーの期間だけは、開催してもOKということになっています。 わかりやすく言うと、7がつく日は「ナナのチカラ」といってマルハンがイベントをやっていましたよね!? でも、設定調整が出来ないパチンコで(2019年現在は設定付きパチンコが復活しました。 )どうやって7のつく日だけ、玉を出すの?イベント日は釘を調整してるの!?ということになってしまうんですね・・・ パチンコ台において、釘を調整して大当たりをしやすくする。 という行為は警察から硬く禁じられています。 ですので、7がつく日だけ、大当たりしやすくて、玉がたくさん出る!!というイメージを与えてはいけない!!という理由で、イベントをやってはいけません!!という決まりになっているんですね。 (その他にも理由はありますが、カンタンにまとめさせていただいてます) ですが、このパチンコファン感謝デーに関しては店独自で開催しているのではなく、先ほど出てきた遊技組合というパチンコ店の親分みたいな部署が開催を許しているから、行ってもOKっていう事になっています。 (だいぶカンタンにまとめてますがご理解ください・・・) で、この遊技組合からパチンコ店は景品やら抽選くじやらをまとめて購入してるんですね。 おそらく、この購入代金には、遊技組合への上納金が含まれているのでは・・・モゴモゴモゴ・・・。 結論から行くと、勝ちやすくは無いですし、負けやすくも無い!?と思います。 つまり、そのお店次第!ということですね。 基本的にファン感謝デーは土日に開催することがほとんどです。 お店はこうやって準備している。 基本的に抽選箱に手を突っ込んで引く!!というタイプはあまり無いと思います。 こういうタイプの抽選箱です。 このタイプだと当たりくじとハズレくじの残り枚数が確認出来ません。 ですので、おそらくはこのタイプの抽選箱を使用しているホールは少ないのではないでしょうか? 基本的にホールの人は、「当たりくじ」と「はずれくじ」の枚数を把握しています。 これは当たり前ですね。 ホールコンピューターで今何人くらいお客様がいるので、何枚くらいハズレクジを用意しようと準備しているはずです。 ですので、お客様から見える抽選方法ですと、やたらとハズレくじを多く入れたら、見栄えが悪いですよね!? あと、当たりくじには、そのホールのハンコなどを押していると思います。 近くのホールでも同じイベントを開催していると思うので、ハンコがないと、他のホールの当たりくじを持ってきてもわからないためです。 抽選開始時間はいつですか?とホールスタッフに聞くと、マイクで発表するといわれませんか?午前中にくじ配布を開催することは200パーセントありません。 午前に配ってしまったら、午後に来たお客様が怒るからですね!! 土日のピーク時間である夕方に抽選クジを配布するお店が多いのでは?と思います。 当たりませんというか、当たりくじを入れません。 どうせ当たりをあげるなら、高単価の4円パチンコか20円スロットを打っているお客様にあげたいですよね!?その方が、それ以降(ファン感謝デー以降)の売上に繋がるかもしれませんしね。 当たりクジがどれか、把握する必要があるので、ホールスタッフにしかわからない細工が基本してあります。 けど、バレバレなのはダメですから、ちょこっと角が切ってあることがほとんどです。 なるべく4円パチンコの海物語(ミドル>甘デジ)もしくは牙狼コーナーなんかを見てればわかると思いますが、おそらくこのシマから高額景品の当たりは出やすいはずです。 結論からいくと、当たらないコーナーは間違いなく存在するので、そのコーナーを避ければ当たりやすくなる!!ということは言い切れるかと思います。 これらの根拠は?と気になる方もいると思いますが、これは単純です。 お店からしたら、無料で景品をあげるからには、なるべく喜んでくれる人が良いわけですし、景品をあげることによって、たくさんお店に来てくれる人にプレゼントしたい訳だからです。 見返りがないバラマキは正直意味ありませんからね!! みなさんもぜひ参考にして、素敵な商品をゲットしてみてくださいね!! 今回も最後までお読み頂きありがとうございました!! 。:.

次の

パチンコファン感謝デー 景品

パチンコ ファン 感謝 デー 景品

全日本遊技事業協同組合連合会(全日遊連)が主催する「 2019年度第29回全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」が、11月22日(金)より開催中だ。 (24日(日)までの3日間)。 「ファン感謝デー」は、日頃の感謝を示しつつもファンとの交流を図ることを目的に実施されるイベントだ。 公式サイトではキャンペーン概要が公開中。 イベントの目玉である抽選くじには、今年も「55V型4K対応テレビ」など豪華賞品が用意されている。 当選された際には「当選くじ」と「賞品」をその場で交換。 ホールによって賞品は異なります。 開催ホールにて賞品内容をご確認ください。 かつてのような集客を期待することが難しくなっている状況において「全国パチンコ・パチスロファン感謝デー」のようなイベントは、非常に重要と言えるだろう。 ただ、一部ユーザーからは不満にも似た声が聞こえる。 「感謝しているなら出玉で還元して欲しい」といった意見は以前から出ているが……。 「利益設定を高くして営業するホールもあると思います。 しかし、購入する景品代を抑えて『出玉で還元しよう』という方針を掲げる店長も確実にいますからね。 ユーザー離れが確実に進んでいる状況なので、今までよりも『感謝の気持ちをどのように示すか』と考えるホールは多いかもしれませんよ」(パチンコ関係者) 遊技人口の減少が問題視されている現在。 それを防ぐために「何をするか」という点は重要な問題だ。 「全国パチンコ・パチスロ ファン感謝デー」は1つの対策と言えるだろう。 両者にとって、有意義な3日間となって欲しいものだ。

次の

パチンコ・パチスロ夢の3日間「ファン感謝デー」開催中!「豪華賞品」と「大量出玉」ゲットなるか!?

パチンコ ファン 感謝 デー 景品

パチンコファン感謝デーを開催する理由とはいったい何故なのか?ご存知ですか? パチンコファン感謝でーは、いつもパチンコを遊びに来てくれるお客さまに「ありがとう」という感謝の気持ちを表する催しっていう名目です。 パチンコ店は、現状イベントや高額な景品を無料でプレゼントするということは絶対にしてはいけないというルールがありますが、このパチンコファン感謝デーの期間だけは、開催してもOKということになっています。 わかりやすく言うと、7がつく日は「ナナのチカラ」といってマルハンがイベントをやっていましたよね!? でも、設定調整が出来ないパチンコで(2019年現在は設定付きパチンコが復活しました。 )どうやって7のつく日だけ、玉を出すの?イベント日は釘を調整してるの!?ということになってしまうんですね・・・ パチンコ台において、釘を調整して大当たりをしやすくする。 という行為は警察から硬く禁じられています。 ですので、7がつく日だけ、大当たりしやすくて、玉がたくさん出る!!というイメージを与えてはいけない!!という理由で、イベントをやってはいけません!!という決まりになっているんですね。 (その他にも理由はありますが、カンタンにまとめさせていただいてます) ですが、このパチンコファン感謝デーに関しては店独自で開催しているのではなく、先ほど出てきた遊技組合というパチンコ店の親分みたいな部署が開催を許しているから、行ってもOKっていう事になっています。 (だいぶカンタンにまとめてますがご理解ください・・・) で、この遊技組合からパチンコ店は景品やら抽選くじやらをまとめて購入してるんですね。 おそらく、この購入代金には、遊技組合への上納金が含まれているのでは・・・モゴモゴモゴ・・・。 結論から行くと、勝ちやすくは無いですし、負けやすくも無い!?と思います。 つまり、そのお店次第!ということですね。 基本的にファン感謝デーは土日に開催することがほとんどです。 お店はこうやって準備している。 基本的に抽選箱に手を突っ込んで引く!!というタイプはあまり無いと思います。 こういうタイプの抽選箱です。 このタイプだと当たりくじとハズレくじの残り枚数が確認出来ません。 ですので、おそらくはこのタイプの抽選箱を使用しているホールは少ないのではないでしょうか? 基本的にホールの人は、「当たりくじ」と「はずれくじ」の枚数を把握しています。 これは当たり前ですね。 ホールコンピューターで今何人くらいお客様がいるので、何枚くらいハズレクジを用意しようと準備しているはずです。 ですので、お客様から見える抽選方法ですと、やたらとハズレくじを多く入れたら、見栄えが悪いですよね!? あと、当たりくじには、そのホールのハンコなどを押していると思います。 近くのホールでも同じイベントを開催していると思うので、ハンコがないと、他のホールの当たりくじを持ってきてもわからないためです。 抽選開始時間はいつですか?とホールスタッフに聞くと、マイクで発表するといわれませんか?午前中にくじ配布を開催することは200パーセントありません。 午前に配ってしまったら、午後に来たお客様が怒るからですね!! 土日のピーク時間である夕方に抽選クジを配布するお店が多いのでは?と思います。 当たりませんというか、当たりくじを入れません。 どうせ当たりをあげるなら、高単価の4円パチンコか20円スロットを打っているお客様にあげたいですよね!?その方が、それ以降(ファン感謝デー以降)の売上に繋がるかもしれませんしね。 当たりクジがどれか、把握する必要があるので、ホールスタッフにしかわからない細工が基本してあります。 けど、バレバレなのはダメですから、ちょこっと角が切ってあることがほとんどです。 なるべく4円パチンコの海物語(ミドル>甘デジ)もしくは牙狼コーナーなんかを見てればわかると思いますが、おそらくこのシマから高額景品の当たりは出やすいはずです。 結論からいくと、当たらないコーナーは間違いなく存在するので、そのコーナーを避ければ当たりやすくなる!!ということは言い切れるかと思います。 これらの根拠は?と気になる方もいると思いますが、これは単純です。 お店からしたら、無料で景品をあげるからには、なるべく喜んでくれる人が良いわけですし、景品をあげることによって、たくさんお店に来てくれる人にプレゼントしたい訳だからです。 見返りがないバラマキは正直意味ありませんからね!! みなさんもぜひ参考にして、素敵な商品をゲットしてみてくださいね!! 今回も最後までお読み頂きありがとうございました!! 。:.

次の