蜃気楼 の 真ん中 で。 蜃気楼(しんきろう)とは

蜃気楼

蜃気楼 の 真ん中 で

物体の見える方向が、大気の屈折により真の方向からずれて見える現象。 蜃気楼はその光学的原因により次の三つに分けられる。 1 下方屈折蜃気楼、 2 上方屈折蜃気楼、 3 側方屈折蜃気楼で、これらは、大気の異常屈折によってできる虚像がそれぞれ下方、上方および側方に見える場合を意味している。 これらのうちもっとも普通に見られる蜃気楼は 1 である。 1 下方屈折蜃気楼 地上付近の気温が高く、上空にいくほど気温が低くなっているときに、実際の物体より下に見える蜃気楼。 夏の日中、街路上に見られる「逃げ水」もその一つ。 逃げ水は、あたかも道路上に水たまりがあるように、自動車などの像がその下方に転倒して見られる現象である。 この現象は、地面に対して目の位置を低くしたほうが見えやすい。 砂漠などで見られる蜃気楼はこのタイプであり、ナポレオンがエジプト遠征をしたときに従軍したフランスの数学者モンジュG. Mongeが初めてこの現象を記述したので「モンジュの現象」ともいう。 2 上方屈折蜃気楼 砂漠やアスファルトの路面とは反対に、極地の海面や冷たい雪融 ゆきど け水などの流れ込む湾のような所は、海面の気温が低く、高度を増すほど気温が上昇している「気温の逆転」という状態が現れる。 このような場合の異常屈折は虚像が実像の上方に現れる。 これが上方屈折蜃気楼で、この現象を初めて報告したイギリスのビンスS. Vinceの名をとって「ビンスの現象」とよんでいる。 2 の場合は、虚像が実像そのままに浮かび上がって見える場合と、倒立して見える場合とがある。 日本でこのタイプとして有名なのは富山湾の蜃気楼で、4~5月が見ごろであるが、雪融け水の流入で水温が低下し、その上空に陸地で温められた暖気が吹き渡るようなときに現れやすい。 北海道のオホーツク沿岸で流氷の季節に見られるものは「幻氷 げんぴょう 」とよばれている。 3 側方屈折蜃気楼 水平方向に光が異常屈折するもので、垂直な崖 がけ や壁などが日差しを受けて熱せられた場合や、海岸の浅瀬と深みの水温の異なる場合などが、そのような条件をつくりだす。 側方屈折蜃気楼は 1 2 と複合して現れる場合も少なくないが、日本で見られる 3 の代表としては九州の有明海 ありあけかい や八代 やつしろ 海に見られる「不知火 しらぬい 」があげられる。 古来「狐火 きつねび 」とよばれる現象の一部には、この 3 によって説明可能な現象もあるものと思われる。 蜃気楼という名称は、中国で想像上の動物である「蜃 みずち 」が気を吐いたとき現れる楼閣という意味からつけられたもので、この現象は、このほかに海市 かいし 、喜見城 きけんじょう 、貝櫓 かいやぐら 、なでの渡り、狐の森、狐楯 きつねだて 、山市 さんし 、蓬莱島 ほうらいとう などとよばれた。 俳諧 はいかい では春の季語。 [根本順吉・青木 孝].

次の

蜃気楼資料館

蜃気楼 の 真ん中 で

蜃気楼の季節は春から初夏、3月下旬から6月上旬にかけてです。 2、3日晴天が続き、気温が高く、海岸で穏やかな北北東の風が吹く日に発生しやすいとされています。 短いもので数分、長ければ数時間にもわたって幻想的な姿を見せます。 この時期、魚津は「不思議の世界」に変身するのです。 蜃気楼は、上暖下冷の空気層の間で光が屈折して観察者の目に届き、風景が伸びたり反転した虚像が見える現象です。 従来、富山湾に流れ込む冷たい雪解け水が、大気の下部を冷やして上暖下冷の空気層を作ると考えられてきました。 しかし、最近の調査では、下層が冷やされるのではなく、蜃気楼発生時にはむしろ上層に陸地から暖気が流れ込んでくる現象が確認されています。 今後の研究によって、また新たな説が生まれる可能性もあります。 いずれにしても蜃気楼の機構は複雑で、一つの説ですべてを説明することはできないかもしれません。 「謎が残されている方がロマンがある」ともいえるでしょう。

次の

なぜ蜃気楼は見えるの?簡単に原理を解説!

蜃気楼 の 真ん中 で

— もりや🐧 moriya0108 補足すると撮影場所は大阪府泉南郡岬町の「夢灯台」って道の駅。 今日の朝8時半頃です。 — もりや🐧 moriya0108 密度の異なる大気の中で光が屈折し、地上や水上の物体が浮き上がって見えたり、逆さまに見えたりする現象。 光は通常直進するが、密度の異なる空気があるとより密度の高い冷たい空気の方へ進む性質がある。 蜃(大ハマグリ)が気を吐いて楼閣を描くと考えられたところから蜃気楼と呼ばれるようになった。 大気の密度は大気の温度によって疎密を生じるが、低空から上空へ温度が上がる場合、下がる場合、そして水平方向で温度が変わる場合の3パターンがある。 それぞれによって蜃気楼の見え方が異なる為、以下のように分類される。 ・上位蜃気楼 ・下位蜃気楼 ・鏡映(側方)蜃気楼 最も一般的に目にする機会の多いのは下位蜃気楼。 アスファルトや砂地などの熱い地面や海面に接した空気が熱せられ、下方の空気の密度が低くなった場合に、物体の下方に蜃気楼が出現する。 ビルや島などが浮いて見える浮島現象や逃げ水現象もこのタイプに属する。 ツイッターでの反応.

次の