サード インパクト。 【エヴァンゲリオン 】サードインパクトとは!?サードインパクトについて徹底解説!|まんが人気考究

エヴァのサードインパクトとは何?発生の原因(条件)とその実態を解説

サード インパクト

第10ののコアの中で、シンジだけが満足感を得る 新劇場版:破より 第10ののコアの中でシンジがの手を取り引き上げたころ、それぞれの思いが語られる。 加持 「数が揃わぬうちに 初号機をトリガーにするとは。 碇指令・・・ゼーレもだまっちゃいませんよ」 そして ゲンドウと冬月は 冬月 「やはり、あの2人で初号機の覚醒はなったな」 ゲンドウ 「ああ、われわれの計画にたどり着くまであと少しだ」 の中では シンジとレイが シンジ 「、父さんのことありがとう」 レイ 「ごめんなさい・・・何も出来なかった」 シンジ 「いいんだ、もう・・・これでいいんだ」 シンジは、を助けられただけで満足だ。 現時点で正確には、助かったかどうかはまだ解らないんだけど。 の様子を、地上から見ていたマリは マリ 「なるほど、都合のいいヤツね」と つぶやいてる。 そして 「やっぱ、ニオイが違うからかなぁ・・・」と リツコと ミサトはといえば リツコ 「この世界の理を超えた新たな生命の誕生。 代償としていにしえの命は滅びる」 ミサト 「ツバサ・・15年前とおんなじ・・・」 リツコ 「そう・・・の続き、が始まる。 世界は終わるのよ」 「数が揃わぬうちに初号機をトリガーにするとは、碇指令・・・ゼーレも だまっちゃいませんよ」加持のこの言葉から、この先もとゼーレにも関わるんだろう。 加持のこの行動は、真実を知りたいという欲求からきているとしたら、危険を冒してでも知りたい真実とは何か? それがわかればのストーリーも読み解けるだろうが、この時点ではいろいろな解釈の仕方があり、ひとつの正解にたどり着くことはできない。 「やはり、あの2人で初号機の覚醒はなったな」 「ああ、われわれの計画にたどり着くまであと少しだ」 この冬月とゲンドウの会話は、ゲンドウの計画がここまでは計画通りというこだろう。 ゲンドウの見据えるものは、あくまでもで他のことは眼中にない。 そして冬月先生もなにげだ。 ゲンドウの目指すを理解しているし、それは学者としての探求心からきているものなのか、ただそれを自分の目で確かめたいだけなのか、それとも、未知のものへのあくなき興味なのか・・・この先明かされて行くのかそれも興味深い。 そしての中の シンジとレイは 「、父さんのことありがとう」 「ごめんなさい・・・何も出来なかった」 「いいんだ、もう・・・これでいいんだ」 レイが食事会の計画をしてくれたことに「ありがとう」と言いたかったんだ。 はじめは無表情だったあのが、シンジのことを思って計画した食事会だ。 でもレイはシンジに謝る。 結局食事会は出来なかったから、シンジに対して悪いと思っていたんだろう。 シンジにしてみたら。 そんなことはもうどうでもよかった。 ただ、レイの気持ちが嬉しかった。 だから 「いいんだ、もう・・・これでいいんだ」と。 レイの手をつかんだ時にシンジは安心し、絶対にを助けるって覚悟だったから、レイの手をつかんだ時、全てはどうでもよくなったんだろう。 そこにはレイの手をつかんだ達成感で、シンジは自分自身に満足出来たんだ。 一方 地上にいるマリは 「なるほど、都合のいいヤツね」とつぶやいてる。 マリはサバサバしている感じだ。 「都合のいいヤツ」とは言っているけど、そこに悪意は感じられない。 彼女のことだから自分の目的が達成されれば、それでいいのかもしれないが謎は多い。 そして リツコは 「この世界の理を超えた新たな生命の誕生。 代償としていにしえの命は滅びる」と。 第10との融合を、 この世界の理を超えた新たな生命の誕生と言っている。 が発生する。 が起きると、いにしえの命は滅びると言っている。 ミサトは 「ツバサ・・15年前とおんなじ・・・」と。 15年前のトの時にに南極で見ているから、フラシュバックのようで呆然とするしかないだろう。 そして 「そう・・・の続き、が始まる。 世界は終わるのよ」と。 リツコは 「世界は終わる」と言ってる。 今の世界が終わるってことだけど、それにしてもリツコは淡々としている。 まるで生に対して終着がないようなセリフだ。 それはゲンドウの下でを熟知しているからなのか、ゲンドウの思う通りの結果になってほしいと思っているのかは、この時点では何とも言えない。 同じ現実の中で、見ている内的世界は全く違う 登場人物たちが見ているという現実は、当事者のシンジとレイ以外はみな同じだ。 しかし、個々の内的世界は全く別のものを見ている。 加持は、とゼーレの関係を見て、この先もふたつの組織にかかわっていくだろう未来を見据えている。 ゲンドウは、のが計画的に進んでいることや、計画の最終地点を見据えている。 冬月は、ゲンドウとどこまで同じスタンスなのかいまひとつ不明だが、この現実を確認するようにみている。 マリはマリで、まるで他人事のようなつぶやきだ。 ミサトは、まるで15年前に時が戻されたような現実を見ているだろう。 リツコは、世界が終わることに対して、まるで感情が動く気配もない。 当事者のシンジは、満足感に満たされて全てはもういいと感じているし、シンジのミュージックプレーヤーをしっかり握っていたレイも満足だろう。 見ている内的世界が違うといっても、個人個人違うわけから当たり前といえば当たり前だが、加持にしてもゲンドウや冬月にしても、マリやミサト、リツコにしても、目の前のを見ていても、自分以外の誰かを見ていることはない。 を目に前にして、ただ自分自身の内的世界を見ていることになる。 同じ現実の中で、全く違う世界を生きているともいえるだろう。 karisomenohate.

次の

「サードインパクト、リリンにとってのニアサードインパクト」の意図とは? 「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版Q」 考察

サード インパクト

まず、物語冒頭では序で強敵、第6使徒を倒したNERVでも、来日するアスカでもなく、新キャラ、マリにスポットライトが当たります。 プロローグ マリ対第3使徒 舞台は北極NERV基地、封印していた第3使徒が突如覚醒し基地内を大暴れするところから物語は始まります。 第3使徒は原作に登場しない独特の形をしていますが、新キャラ 真希波・マリ・イラストリアス操る緑のエヴァ、仮設5号機が出撃し、暴走を食い止めようと奮戦、激戦の末、 仮設5号機は大破してしまうものの見事第3使徒のコアを破壊し、撃退に成功します。 墓参りと弐号機参戦 舞台は再び日本に戻り、 シンジと父、ゲンドウの墓参りから物語は始まります。 二人はシンジの母、綾波ユイの墓を参った後、ミサトと共に帰りますがそこで使徒が襲来します。 第7使徒は原作アニメに登場しない特殊な形状をした使徒ですが、来日した 式波・アスカ・ラングレーの乗るエヴァ弐号機と壮絶な空中戦を行い、キックによりコアを砕かれ消滅。 シンジはアスカと最悪の出会いをします。 その後、 アスカはミサトの家に同居、シンジのクラスメイトになりますが、シンジに裸を見られるなど印象は最悪のまま、日常パートは続き、シンジは空から密入国してきたマリとも不思議な出会いをします。 しかし、平和はいつまでも続かず、第8使徒、原作では第10使徒サハクィエルが空から落下してきます。 ミサトの作戦によりシンジ、アスカ、レイの三人は協力して使徒を受け止め見事撃退し、パイロット同士の確かな絆が構築されます。 暴走するエヴァと第9使徒 エヴァのパイロット同士の絆が深まった頃、エヴァ4号機の消滅事件の煽りを受けてエヴァ3号機が日本で起動実験が行われることになり、アスカがテストパイロットを志願します。 原作ではシンジの親友、トウジが乗り、悲劇を生むのですが、破ではアスカが乗り込み、やはり起動実験中に第9使徒に乗っ取られてしまいます。 シンジは一人でエヴァ3号機と対峙、アスカが乗っていることを知ると戦闘を拒否しますが、ゲンドウの命令により初号機のダミーシステムが起動。 シンジを乗せたまま初号機は第9使徒もろともエヴァ3号機も徹底的に破壊、 アスカが乗るエントリープラグまで砕いてしまいます。 そしてアスカ死亡を目の前で見たシンジはエヴァに乗ることを辞め、NERVを去ることを決意します。 そんな事を知らないシンジはアスカの死に絶望し、ミサトの家を出ますがそこで新たなる使徒、第10使徒が現れます。 第10使徒は最強の使徒ゼルエルとよく似た容姿をしており、無敵の力を発揮します。 アスカの代わりに弐号機に乗ったマリも奥の手のビーストモードを発動させるも敗北。 N2地雷で攻撃しようとしたレイの乗る零号機も第10使徒を倒すどころか捕食されてしまいます。 まるでアニメ版のゼルエル戦のような壮絶な展開が続く中、レイを救う為立ち上がったシンジは初号機に乗り、人の形に姿を変えた第10使徒を攻撃、覚醒した姿で使徒を圧倒、消滅させ無事レイの救出に成功します。 ですが、エヴァ初号機の覚醒はサードインパクトの引き金だったようで初号機は神のような姿へと変貌して、シンジとレイを飲み込んでいきます。 このままサードインパクトで物語は終わるのかと思ったその時、月から新たなるエヴァに乗った渚カヲルが現れ、槍で初号機のコアを攻撃、サードインパクトを防いだ事でラストを迎えます。 A post shared by shinq1111 on Jul 13, 2019 at 2:10am PDT エヴァ3号機といえば原作トウジは重症を負い、マンガ版では死亡と縁起の悪い機体ですが、テストパイロットとして乗り込んだアスカも初号機のダミーシステムによって全身を引きちぎられ精神崩壊を起こす程のダメージを負います。 しかし、破のラストに流れるQの予告特典でも片目に眼帯をつけたアスカが元気そうに叫んでいる事から死亡はしていません。 しかし、アスカが重症を負った後、シンジは一度もアスカと会えていなかった為、死を強く意識してしまったのではないかと思います。 また、エヴァンゲリオンQで発したアスカの発言からアスカはすでに人ではなく別の生物になっている事がわかっているので、アスカ生存の理由はこのアスカの身体に起こった変化が大きく関係しているとも考えられます。 しかし、続編Qではサードインパクトこそ防げたもののその被害がかなり大きかった事が判明しています。 エヴァンゲリオン破はこれ単体でもかなり楽しめる作品となっているので新作の前に一度見直してみるのも良いのではないでしょうか.

次の

サードインパクト (Third Impact)

サード インパクト

もくじ• 〈ニアサードインパクト〉で〈インパクト〉失敗の原因がわかった 〈 ニアサードインパクト〉は、〈ゼーレ〉の計画していた〈サードインパクト〉に先んじてゲンドウが起こした〈インパクト〉のことだ。 もちろん、〈ゼーレ〉の意に沿ったものではない。 したがって、〈インパクト〉の本来の目的である 〈インフィニティ〉の創造とは無関係だと考えられる。 これまで述べてきたように、ゲンドウはむしろ〈インフィニティ〉の創造を阻止しようとしている。 ゲンドウの目的は〈トリガー〉の実験 では、ゲンドウはなにを目的として〈ニアサードインパクト〉を起こしたのか。 で次のように述べた。 ここでは、〈初号機〉を覚醒させることだけが目的だったのだろう。 なぜ〈初号機〉を覚醒させる必要があったかといえば、〈初号機〉で〈インパクト〉を起こせるかどうかを試したかったのだろう。 ここで重要なのは、〈初号機〉が〈ニアサードインパクト〉の〈トリガー〉となったこと。 やはりで結論づけたとおり、 〈インパクト〉には〈トリガー〉が必要なのだ。 ところで、ゲンドウは エヴァの「覚醒」にやたらとこだわりを見せている。 icon-arrow-circle-down 『破』では〈初号機〉を「覚醒」させようと企む。 ここで想像を飛躍させてみる。 〈インパクト〉に〈トリガー〉が必要であることを、この時点まで〈ゼーレ〉は知らなかった のではないか。 だからこそ、 〈セカンドインパクト〉は失敗したのだ。 先に述べた「失敗の原因として考慮に入れておきたい要素」とはこのことを指している。 〈ゼーレ〉は知らなかった真実をゲンドウは知っていた。 その理由は不明だが、 (とおぼしい〉冬月が発見したのかもしれない。 あるいはユイのアドバイスだった可能性もある。 いずれにせよ、ゲンドウも〈ゼーレ〉も、この先〈インパクト〉を起こす際は、本体 (=〈リリス〉)のほかに〈トリガー〉を用意することになる。 〈ニアサードインパクト〉は〈サードインパクト〉ではない 当ブログは、『破』のクライマックスで起こったのが〈ニアサードインパクト〉、『破』と『Q』の間に起こり劇中で描写されていないのが〈サードインパクト〉であり、〈ニアサードインパクト〉と〈サードインパクト〉は別であると解釈している。 ところが、これらをおなじであると考える人もいる。 その根拠はカヲルが発したセリフだろう。 〈ニアサードインパクト〉=〈サードインパクト〉と考えると、『Q』において、ミサトをはじめとするヴィレのメンバーがシンジに冷ややかな目を向けるのは、この「リリンの言うニアサードインパクト」が原因ということになる。 しかし、『Q』のエンドクレジットのあと、〈Mark. 06〉に搭乗するカヲルが〈カシウス〉を〈初号機〉に投げつけ、〈インパクト〉を中断させる描写がある。 これは『Q』で描かれた世界の惨状と矛盾する。 また、それこそミサトがシンジに対する態度を変えたのも腑に落ちない。 さまざまな点に説明がつかなくなるわけだ。 そこで〈パラレルワールド説〉が提唱されたり、乱暴な人は『Q』そのものをなかったことにしているわけだが、これらは〈ニアサードインパクト〉=〈サードインパクト〉とする考えかたに限界があるのだろう。 ちなみに、当ブログは過去の持論をあらため、「ミサトたちヴィレのメンバーはシンジに冷ややかな目を向けているわけではない」と考えることにした。 〈インパクト〉の話からはずれてしまうので、くわしくは別の機会に論じてみたい。 さて、カヲルのセリフの真意はこういうことだと当ブログは解釈する。 〈セカンドインパクト〉の次に起こったという意味で『破』の〈インパクト〉は〈サード〉であるが、〈ゼーレ〉が行なう本来の〈インパクト〉ではない ( 人類 リリンが勝手に起こした)から〈ニア〉である。 そもそも、『破』の〈インパクト〉では『Q』のような状態にはならない。 その根拠を説明しよう。 〈インパクト〉に必要なものはなにかを思い出していただきたい。 リリス• アダムス• ロンギヌス• カシウス• トリガー 『破』の〈インパクト〉においては、〈アダムス〉〈ロンギヌス〉〈カシウス〉が欠けている。 で〈リリス〉が関与している (というより〈インパクト〉を起こした主体)と述べたが、この時点では〈ロンギヌス〉が刺さったままであり、本来の能力は発揮できないと考えられる。 加持も次のようにつぶやいている。 〈インパクト〉の材料はそろっていないのだ。 もっと決定的なのは、〈リリス〉に融合していた〈Mark. 06〉を指してカヲルが「自律型に改造」と言っている点だ。 06〉がそのままセントラルドグマへ降りていき、〈インパクト〉を起こしたとすれば、〈Mark. 06〉は最初から「自律型に改造され」ていたことになる。 最初から自律型だったものを「改造」というのは不自然だろう(「自律型に建造」ならわかるが)。 、もともとは自律型ではなく、あとでゲンドウが自律型に改造したと考えるほうが合理的だ。 しかも『破』ではカヲル自身が〈Mark. 06〉に乗って操作していたのだから、「自律型」は変だし、「リリンに利用された」「成れの果て」という言い草もひどすぎる。 もっといえば、かりに『破』のラストで カヲルが〈インパクト〉を止めなかったとしても、中断していた可能性が高い (あるていど影響はあっただろうが)。 実際、ゲンドウも次のように言っている。 そのことをゲンドウは知っていたのだ。 本来の〈インパクト〉が起これば人類は滅亡するのだから、もっとゲンドウはあわてたはずだ。 ちなみに、このときリツコは目の前で起こっている現象について、先に見たように そう セカンドインパクトの続き… サードインパクトが始まる と言っている。 これは、コトバのとおり「セカンドインパクトの続き」 (3番目の〈インパクト〉)という意味で「サードインパクト」と表現しているに過ぎない(「ニアサード」はあとから付けられた名称である)。 〈ゼーレ〉は〈サードインパクト〉発動の寸前だった 『破』の〈ニアサードインパクト〉はゲンドウの仕業だったわけだが、じつはほぼ同時に〈ゼーレ〉による〈インパクト〉、すなわち 本来の〈サードインパクト〉も発動寸前だったと考えられる。 その根拠となるのが次の描写だ。 カヲルがプラグスーツを身につけ、〈Mark. 06〉に乗りこもうとする様子が描かれている。 ただ、カヲルが〈ゼーレ〉の〈インパクト〉をそのまま実行しようとしていたかどうか疑問は残る。 、〈ゼーレ〉にしたがうフリをして、ギリギリのところで裏切る腹積もりであった可能性も高い。 いずれにしても、〈ゼーレ〉はゲンドウが〈インパクト〉を起こすのを阻止しなければならない。 覚醒した〈初号機〉に〈カシウス〉を投げたのは〈ゼーレ〉の命令だったかもしれないし、もしかするとカヲルの独断だったかもしれない。 〈カシウス〉を使ってしまった時点で、〈サードインパクト〉をやり直さなければならなくなった。 〈ニアサードインパクト〉は (結果的に)ゲンドウのもくろみ通りになってしまったわけだ。 こうして、またしても〈インフィティ〉の創造は、次の〈インパクト〉に持ち越された。

次の