オリンピック中止 違約金。 山本太郎『オリンピック中止』発言に賛否両論?みんなの理由は?

【五輪】東京五輪中止「30兆円経済損失」 テレビ・芸能界は大恐慌に突入

オリンピック中止 違約金

この記事は、6月25日にWEZZYに掲載された記事を加筆転載したものです。 すでに都知事選は終わりましたが、東京五輪が選挙戦の争点にもなったので、記録としてこちらにも掲載します。 都知事選で東京五輪が争点の一つに 7月5日投開票の東京都知事選で、にわかに東京五輪の開催可否が注目を浴びている。 本来なら今年の7月24日に開幕予定だったのが1年延期になり、その延期期間に新たな追加予算が発生すると見られているためだ。 4月時点で大会組織委はその金額をおおまかに3000億円程度か、と言っていたが、未だに正式発表していない。 その金額では安すぎるとの指摘もあり、実際はその倍程度、5000〜6000億円とする予想もある。 組織委の当初の予算案がひたすら膨張してきた例から見て、組織委が3000億と言うなら、最終的にはその1,5倍から2倍程度に膨らむと考えるのが妥当だろう。 たとえそれが3000億円だったとしても、これはとてつもない巨額である。 今回、都はコロナ対策のため1兆円以上を補正予算として使ったが、その殆どは、都の貯金に当たる「財政調整基金」を取り崩してきた。 3月末時点で9345億円あったこの基金は、6月時点で約95%が使われ、今は500億程度しか残っていない。 五輪本番の東京都の負担金約6000億円は別途用意してあるが、追加予算についてはこの財政調整基金から出費される可能性が大きかったため、現状では財源が無い状態なのだ。 もしコロナの第二波が到来しても、同様にすでに予備費は無い状態であり、そんな状況で最終的には中止の可能性もある五輪に巨額の追加予算を投入すべきかどうか、これは都知事選で都民の審判を仰ぐべき重大な争点である。 そこで今回は、主要候補者5氏の公約、または考え方を比較してみたい。 都知事選主要候補者の五輪公約 ではここで主要候補者5氏の、新聞社等メディアへの五輪開催に対する回答を見てみよう。 ・小池百合子氏 大会の簡素化やコスト削減を図りつつ実施を目指す ・宇都宮健児氏 五輪開催中止の判断と招致以来の不正の追及 ・山本太郎氏 五輪は即時中止 ・立花孝志氏 五輪は2年後、または4年後に延期 ・小野泰介氏 五輪は4年後に延期開催 まず現職の小池氏は「簡素化やコスト削減を図りながら実施を目指す」という、穏当な回答である。 開催都市の長として、これまで準備をしてきた立場から、極めて当然の回答と言える。 だが、公式サイトには東京オリパラに関する表記はまったくない(6月22日現在)。 追加予算等について極力触れたくない姿勢がよく見える。 わざわざ簡素化やコスト削減に触れているのは、組織委同様、すでに民心が五輪から離れていることを感じ取っているからだろう。 実際に3000億とも5000億とも言われる延期費用の大半を払うのは都であり、すなわち都民の税金である。 コロナ第二波対策でも財源が必要なのに、さらに五輪に新たな税金を投入することなど、もはや都民の理解を得られないだろうと考える職員は、都庁内にも大勢いる。 だからわざわざ簡素化云々などの文言を入れ、取りあえず人心をつなぎ止めて、選挙は穏便に済ませようとしているのだ。 しかし、小池氏は、前述した都の貯金(財政調整基金)の95%が取り崩され、すでに500億となっている事実を都民に説明していない。 貯金が500億しか無いのに、どうやって五輪の延期費用を払おうというのか。 恐らくは国に出させようとする腹だろうが、現状ですでに都の資金が枯渇していることを、彼女は説明する義務がある。 開催維持としては立花氏と小野氏も同じだが、両者は来年ではなく、再来年または4年後の開催を主張している。 それだけ延期すれば、さらに莫大な追加予算がかかるが、両氏は予算面には全く言及していない。 さらに、2〜4年後ともなれば、選手村のマンション販売をどうするつもりなのだろうか。 まさか、また新たに建設しようとでも思っているのだろうか。 そもそもIOCのバッハ会長自らが5月に「再延期はない」と表明しているので、立花氏らの主張の実現性はほぼあり得ない。 ましてや2年後は北京の冬期五輪、4年後はパリ五輪が予定されている。 小野氏は共催にも言及しているが、スポンサー利権やテレビ放映権など、権利関係の調整が非常に複雑になる。 2国開催となれば、そうした利権も分割され開催する旨味も減るから、北京とパリの了解を取ることは難しく、実現可能性はほぼないと言えるだろう。 ましてやパリとは7時間もの時差があり、競技の同時進行など不可能である。 そうした実際の交渉の難しさを無視して数年後の延期論を語るのは、極めて無責任である。 あえて言うなら「空想的延期論」とでも言うべき類いであり、仮にも政治をしようとする立場の人がする話ではない。 宇都宮氏は、専門家が来夏の実施は困難と判断すれば中止、としているが、その判断をいつ誰が行うか、明確にしていない。 専門家とは誰のことを指すのか。 国内だけなのか、WHOなのかも分からない。 つまり中止宣言がズルズルと後ろ倒しになる可能性がある。 ただし、招致活動での不正解明を行うというのは弁護士である彼だけの公約であり、注目に値する。 ただ一人、即時中止を掲げるのが山本太郎氏である。 公約の最初に「東京オリパラの中止」が来ていて、「世界各国のコロナウィルスの感染状況を鑑みれば、来年の五輪開催は不可能。 五輪開催にしがみつけば、第2波、3波への正常な判断が行えず、コストも余分にかかる。 開催都市として、ハッキリと五輪中止をIOCに宣言」と非常に明確である。 国と東京都が五輪開催にこだわって、感染第一波への対応が遅れたのは疑いようのない事実だ。 専門家の間では危機が叫ばれていたのに、3月24日まで延期宣言をせず、国内の感染者を激増させた責任は非常に重い。 そして来年もまた開催にこだわれば、その二の舞を演じる危険性は十分ある。 さらに、中止しなければ刻一刻と追加費用が発生する。 3500人以上いる組織委の人件費だけでも月に20億(最終的な人数は8000人以上になるから、さらに予算がかかる)、さらに42箇所の試合会場やメディアセンターなどの借り上げ費用も、月に100億円以上ずつかさんでいく。 いますぐに中止すれば、少なくともその支出を抑えることができるのだ。 違約金の記述はない。 中止論に対する俗論を排除する 中止論に対しては、「五輪開催による経済効果数兆円が無くなるから反対」という俗論があるが、コロナ流行以前に発表された経済効果説は、いまや何の意味もなさない。 すでに明らかな通り、今年は海外からの観光客がいなくなって、インバウンド効果は完全に消滅している。 たとえ来年奇跡的に五輪を開催出来ても極めて限定的になり、以前のような集客は望めない。 今までに発表された五輪の経済効果はコロナ以前の世界での計算であり、ワクチンが世界に行き渡らない限り、すでに完全に過去のもの、机上の空論になったのだ。 だから、経済効果の消滅を理由に中止に反対するのは、まったく意味が無い。 また、日本側から中止を言い出すと、IOCに対して1000億程度の違約金が発生するという説があるが、HCC(開催都市契約書)にそのような記述はなく、都市伝説程度の話に過ぎない。 組織委も、今までそのような発言をしたことはない。 そもそもIOCはコロナ禍を認めて延期に合意したのだから、同様にコロナを理由に中止を提案すれば、かたくなに拒否するような立場にはない。 つまり、JOCと五輪組織委などの五輪貴族や、電通やスポンサー企業群などの既得権益層が自らの利益保全を計ること以外、中止に対するハードルはほとんど存在しないのだ。 都知事選の結果がどうあれ、一刻も早く無駄ガネ食いの東京五輪を中止すべきである。

次の

お見事!安倍総理、五輪の延期に大成功!「東京2020」の名称もそのまま、春開催の可能性も!違約金もなし!!景気対策の観点からも五輪投資が1年長引く結果有益なことも!

オリンピック中止 違約金

毎日、毎日コロナウイルスのニュースばかりですね。 3月中には終息してくれるかと思っていたのですが、この勢いだとGWまでは続きそうです。 そのニュースの中でも個人的には東京オリンピックが中止になった場合に返金があるのかが気になっています。 なぜならばチケットが当選して代金支払い済だからです。 金額は7万円(悲) 当選したのはパラリンピックですが、開会式なので楽しみにしておりましたが、昨今のニュースで他に国では予選を中止したり、聖火リレーを中止したりしているので半分以上、開催は諦めています。 そこで、もし中止になった場合のチケット代金は戻って来るの?と思い以前のブログで規約を読み返してみた。 もくじ• 東京オリンピック2020を中止にしない理由 東京オリンピック2020組織委員会は経費の内訳を発表している。 その内訳を見て、中止にする事ができない理由を予想してみた。 もし中止にした場合、この会場費の費用回収には膨大な時間が掛かってくる。 当然、オリンピックだけの為に作った会場などもあると思われるので全額回収には困難になってくるだろう。 もしオリンピックを行わなければ、スポンサーとの契約破棄となり、下手をすれば違約金を支払う事も考えられる。 すでに前売りで、かなりの枚数を販売していると思うが、仮に半分の450億円分を前売りで販売済みだとしてこれを返金するとなると相当な手間と支出が伴ってくる。 一方当選者から観ると、もし全額返金されたら得をする可能性があるとも考えられる。 今回のチケット購入にはカード払いをした方が多いと思われるが返金の場合は口座振り込みになる事が予想されるからである。 カード使用で貰ったポイント分が購入者の丸儲けになったら購入していない方からの批判は必至ですからね。 まとめ 上記以外にも色々な兼ね合いでオリンピックを中止もしくは延期する事が難しいのだと思われる。 そのすべてに 金が絡んでいると思われるが オリンピックは平和の祭典、今のまま開催をして参加できない国や選手がいたら平和の祭典では無いと私は考える。 是非、IOC並びにJOCには勇気ある決断をして延期または中止の決定をして頂ければと考えます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。 nezumikozoo.

次の

東京五輪…経済的損失は延期約6,408億円、中止約4兆5,151億円

オリンピック中止 違約金

「東京オリンピックを中止に」。 東京都知事選にれいわ新選組公認での立候補を表明した山本太郎代表は公約を発表しました。 れいわ新選組の山本太郎代表(45)は15日、国会で記者会見し、東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)に党公認で立候補すると表明した。 1年延期が決まった2020年東京オリンピック・パラリンピックの中止や、新型コロナウイルス対策として全ての都民に現金10万円を支給することなどを公約に掲げた。 都知事選では、立憲民主、共産、社民の野党3党が元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)を支援する方針。 山本氏とも統一候補について協議したが、れいわ新選組の公認とするかどうかなどで折り合わなかった。 金を配るから俺に投票しろって???言ってるんですよね? オリンピックって、東京都だけの問題では無いでしょ?パフォーマンスだけ。 結局MMTをいいように使って理解したような口を聞いてるだけってことがわかりましたね 東京都でばらまきなんて出来っこないしやったところでツケは誰が払うの? 未来の都民の方達? まーオリンピックに関しては正直いらんけどね。 延期にしても損失は出るし。 オリンピック<人命 東京都側から中止を申し出た場合のIOCに対して払う違約金についても言及して都民に同意を求めて欲しいと思います。 合わせて中止で溶かしてしまうオリンピック準備建設費用なども知りたいですね。 宇都宮さんとのバトルだけは楽しみにしてます。 野党共喰自滅絵図 五輪に人生賭けてきた人にどう説明すんの。 来る日も来る日も死物狂いで努力してきた人に。 あれ?候補者を平等に扱わないの? 全候補者の公約も発表され次第発信してね😊 「もし公平公正な記事が書けないなら」廃刊して消えてください😊 愛がないひと? 中止した事で起きる負債をどうするつもりなのかを話さないと中止して責任転嫁するだけ。 口先だけなら元民主党でも共産党でもできる。 日本第一党だったっけ?は、スルーなの? 他には立候補表明した人はいないんかな。 れいわを応援している身としては記事にしてもらって喜ばしいんだけど、フェアにいきたいよね。 逆にスルーされたら嫌だもん。 お前がならなくても オリンピックは中止です。 心配はないので国政で頑張ってるくださいよ! 天皇陛下にお手紙なんて渡そうとしたとんでもない勘違いはキチンと勉強済みですか?『安部ソォ~リ』『たぁーいほぉー』と連呼してるけどメロリンキューのノリからは脱皮してキチンと言論で対応できる大人になってからにして。 東京都の知事候補なんだからね。 東京都の考えだけで中止にすることなんか出来んやろ オリンピックは東京都の予算で開催することが前提条件なんだけど安部ちゃんが経団連に突き上げられるから勝手に延期を決めて東京都から主導権が離れちゃってる。 延期して東京都によいことは一つも無いはず。 即刻中止でいい。 中止した方が続行するよりも国が苦しくなるんじゃないかな。 そうなった負債は東京都民頑張れって事になるじゃん。 維新の会推薦の小野泰輔氏、既に東京都知事選の選挙ポスター 吉村洋文 大阪府知事の顔写真入り を掲示 「補欠選挙の応援に行きました」と支援候補者の応援ツイート。 人の人生をなんだと思っているのか。 残念ながら鬼畜としか言いようがない。 都知事選出馬の山本太郎氏、公約に「東京五輪中止」 - 社会 : 日刊スポーツれいわ新選組の山本太郎代表(45)が任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)への出馬を正式表明した。 15日、都内で記者会見、東京オリンピック(… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports. 自粛から自衛は自己責任に変わったって事。 この一言好きだわ。 医療崩壊の危機を脱せたポイントとは… 国内初の院内感染、和歌山の対応 - 毎日新聞新型コロナウイルスの感染拡大に、行政や医療機関は手探りの対応を迫られた。 各地で院内感染が発生し、医療崩壊の不安が現実味を帯びる中、功を奏したのは検査の徹底や情報公開、感染防止策の徹底など「危機管理の基本」だった。 国内初の院内集団感染を乗り越えた和歌山と、二つの拠点病院で明暗が分かれた兵庫の事例を振 仁坂さん、私は、誇らしい。 あの時のあなたは、立派でした。 3月9日以来約4カ月ぶりの公演で、花組「はいからさんが通る」が9月5日まで上演される。 東京宝塚劇場の公演再開は未定。 他のミュージカルや、ライブとかは、いつになったら行けるんやろ?まだまだかなー。 中国5月統計、消費・投資のマイナス続く 工業生産はプラス幅拡大 - 毎日新聞中国国家統計局が15日発表した5月の主要統計によると、工業生産が4月に続きプラスを維持したものの、個人消費や投資は前年実績を下回る状態が続き、回復の勢いはなお鈍い。 中国関連の記事の写真は全部、中国の国旗なの?なにか自己規制してるのかね🤔 遺伝子倍増で食虫性獲得 ハエトリソウなど進化の過程明らかに 基礎生物学研ゲノム解読 - 毎日新聞食虫植物のハエトリソウの仲間は、少なくとも1億年前にゲノム(全遺伝情報)が倍に増える「ゲノム重複」という現象が起き、昆虫を捕獲し栄養にするために必要な機能をほぼ同時期に獲得したとみられると、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが米科学誌に発表した。 拉致被害者の帰国求め国会周辺を行進 横田滋さん自宅マンション住民の支援団体 - 毎日新聞北朝鮮に拉致された横田めぐみさん=失踪当時13歳=の父で、5日死去した滋さん(87)の自宅マンションの住民でつくる支援団体「あさがおの会」は15日、拉致被害者家族の高齢化が進んでいるとして、被害者の早期帰国を求めて国会周辺を行進した。 毎日新聞は他人事の様な記事を出していますが、毎日新聞編集委員の「牧太郎」氏(と共同通信・青木理氏)が拉致被害者の皆さんに酷い仕打ちをした事実(産経ソース)を我々日本人は絶対に忘れてはいけないと思います 無言での行進の意味は何でしょう。 私には横田滋さんの息子さん哲也さん記者会見での発言を無視したメディアや国会議員への無言の抗議ではないかと思います。 めぐみ氏はどこかで生きている.

次の