葬儀社 横浜市。 【小さなお葬式】横浜市で葬儀・家族葬が11.9万円からおこなえる葬儀社

神奈川・横浜のお葬式、ご葬儀、家族葬ならメモリアルグループ|メモリアルライフ

葬儀社 横浜市

北海道・東北 北海道 札幌市 無料 青森 青森市 無料 岩手 盛岡市 10,000円 宮城 仙台市 9,000円 秋田 秋田市 無料 山形 山形市 無料 福島 福島市 10,000円 関東 東京 23区内 40,000円~60,800円 23区以外 無料~59,000円 神奈川 横浜市 12,000円~56,000円 川崎市 4,500円 相模原市 6,000円 埼玉 さいたま市 7,000円 千葉 千葉市 6,000円 茨城 水戸市 5,000円 群馬 前橋市 無料 栃木 宇都宮市 無料 中部・甲信越 愛知 名古屋市 5,000円~8,000円 静岡 静岡市 10,000円 浜松市 無料 岐阜 岐阜市 5,000円~30,000円 三重 津市 3,000円 新潟 新潟市 無料 長野 長野市 15,000円 山梨 甲府市 6,000円~10,000円 福井 福井市 10,000円 石川 金沢市 5,000円 富山 富山市 無料 関西 大阪 大阪市 10,000円 堺市 20,000円~75,000円 京都 京都市 20,000円 兵庫 神戸市 12,000円 奈良 奈良市 10,000円 滋賀 大津市 12,000円 和歌山 和歌山市 10,000円 中国・四国 広島 広島市 8,200円 岡山 岡山市 6,000円~10,000円 山口 山口市 無料 鳥取 鳥取市 25,000円 島根 松江市 12,000円~14,000円 徳島 徳島市 15,000円 高知 高知市 20,000円 愛媛 松山市 8,000円 香川 高松市 20,000円 九州・沖縄 福岡 北九州市 15,000円 福岡市 20,000円 長崎 長崎市 6,000円 佐賀 佐賀市 6,500円 熊本 熊本市 6,000円 大分 大分市 5,000円 宮崎 宮崎市 12,000円 鹿児島 鹿児島市 9,000円 沖縄 那覇市 25,000円 浦添市 25,000円• ・火葬料金はあくまでも目安です。 ・目安表に記載している金額は、市民料金になります。 喪主は遺族の代表として、最終的な決定権を持つ責任者になります。 葬儀を行うためには形式や日程、費用など様々な事を決定する必要があるため、まず喪主を決めておくとその後をスムーズに進めることができます。 基本的には故人の配偶者あるいは長男など、血縁が近い人が担いますが、遺言で喪主の指定があった場合は、その遺言に従って喪主を決定します。 希望にそった葬儀を行うためには、規模や費用、場所などをあらかじめ決めておく必要があります。 本人や喪主となる方だけで決めるのではなく、親戚や関わりの強い人たちの意見も踏まえて決めましょう。 葬儀プランを決める際は、「会葬者をどれくらい招くのか」を基準に考えます。 (例えば30名程度であれば、家族葬が最適です。 )これによって式場の大きさや、日数、料理の数などが決まり、全体の費用感が分かります。 故人の友好関係によって規模が大きくなっていきますので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。 臨終後24時間は火葬にすることができないため、火葬まで遺体を安置しておく場所を決めなければいけません。 一般的には、自宅や葬儀社の遺体安置所などを利用しますが、病院でお亡くなりになった場合は、すぐ搬送する必要があるため事前に決めておくとよいでしょう。 自宅安置を検討する場合は、エレベーターや階段などの共用部が狭い場合にも身動きがとれなくなるため、十分な広さがあることを確認しておきましょう。 葬儀で読経などを行う宗教者(お坊さん)を呼ぶ場合は、故人の宗教・宗派に合わせる必要があります。 故人が所属していた菩提寺がある場合は、菩提寺の住職や僧侶に葬儀のお勤めをお願いする事になります。 葬儀の日程を決める際は、僧侶の予定を確認する事を忘れないようにしましょう。 菩提寺が無い方で、僧侶を呼びたい場合は、小さなお葬式の「」にてお手配できますので是非ご検討ください。 「小さなお葬式」は、お客様が本当に求める お葬式を提供できるよう日々進化しています。 横浜市ではどこに葬儀場があるの? 小さなお葬式では横浜市の79箇所の式場がご利用いただけます。 横浜市の葬儀場を地図から簡単に調べることもできるので、より詳しく探したい場合は以下を御覧ください。 横浜市でおすすめの式場は? 横浜市では南区高砂町ホール、磯子区森ホ-ル、瀬谷区橋戸ホールがおすすめです。 おすすめの式場については以下をご確認ください。 横浜市の平均葬儀費用相場は? 横浜市を含む神奈川県の平均葬儀費用は111万円です。 横浜市での葬儀の風習やしきたりは? 横浜市では、参列した人に通夜料理をご馳走する「通夜振る舞い」が行われます。 元来この風習は東日本独特のものであるため、西日本から参列した人には珍しく映るそうです。 通夜振る舞いは立食形式がとられ、返礼品は香典返しを兼ねてすぐに渡されることが多いです。 通夜振る舞いの際は、死者を供養するために遠慮せず皆と飲食をともにするのが良いとされ、必ず一度は箸を付けることが通夜振る舞い時のマナーとなっています。 故人との関係で長時間語らう人もいますが、基本的に通夜振る舞い後は会場に長居をせずすぐに帰る人が多いです。 横浜市での葬儀の特徴は? 横浜市の葬儀は、東京と同様に家族葬が主流になりつつあります。 家族葬は、家族など近親者のみで故人をあの世に送り出す形式の葬儀です。 横浜市では核家族化が進行した結果、家族葬を選択する家庭が増えてきています。 葬儀・告別式、火葬を一日で済ます一日葬や、火葬のみを行う直葬(ちょくそう)も選ばれるようになりました。 神奈川県の提携葬儀社一覧 株式会社花旅 神奈川県横浜市青葉区寺家町315 菊池葬儀社 神奈川県横浜市鶴見区仲通2-62-1 有限会社サポート湘南 神奈川県茅ヶ崎市みずき4-7-11 株式会社安心典礼 神奈川県川崎市宮前区初山1丁目20-13 株式会社メモリアルライフ 神奈川県横浜市泉区和泉町5735-4セイブ4ビル2F オーヴェストセレモニー 神奈川県相模原市南区麻溝台1-8-10 有限会社まこと式典 神奈川県川崎市麻生区片平6-1-15 株式会社西村企業 神奈川県横須賀市池上5-12-14 株式会社セレモニー結 神奈川県横浜市泉区新橋町757-205 株式会社ひかりセレモニー 神奈川県大和市中央林間西5-4-45 YKビル1F 横浜市の葬儀・葬式事情 横浜市の葬儀・家族葬は、日本全国で受注件数No. 1の葬儀社「小さなお葬式」にお任せください。 横浜市で14,900件超のお問い合わせをいただいています。 神奈川県の平均葬儀費用は約111万7千円ですが、小さなお葬式ならこれよりも費用を抑えて葬儀ができます。 横浜市では横浜市北部斎場、横浜市久保山斎場、横浜市南部斎場などの火葬場がよくご利用されます。 また、葬儀場は、、などが人気となっております。 横浜市立市民病院、横浜市立みなと赤十字病院、昭和大学横浜市北部病院など、どこでも約30分でお迎えにあがることができ、花咲町、中央、川島町など横浜市内どこでも対応します。 葬儀のご相談は24時間365日いつでもお電話ください。 葬儀の風習・しきたり 横浜市では、参列した人に通夜料理をご馳走する「通夜振る舞い」が行われます。 元来この風習は東日本独特のものであるため、西日本から参列した人には珍しく映るそうです。 通夜振る舞いは立食形式がとられ、返礼品は香典返しを兼ねてすぐに渡されることが多いです。 通夜振る舞いの際は、死者を供養するために遠慮せず皆と飲食をともにするのが良いとされ、必ず一度は箸を付けることが通夜振る舞い時のマナーとなっています。 故人との関係で長時間語らう人もいますが、基本的に通夜振る舞い後は会場に長居をせずすぐに帰る人が多いです。 横浜市郊外では、傘寿(さんじゅ)以上の方が亡くなられた場合、出棺前に祝い行事としてお菓子を配ったり赤飯を炊いて食べるたりする風習もあります。

次の

横浜の葬儀ならセントラルホール横浜葬儀社 [公式]

葬儀社 横浜市

葬儀に決まった形はありません。 全ては心のままに ご家族様のご希望やスタイルで、全て執り行われるご葬儀 横浜市民葬祭 ご利用斎場から選ぶ葬儀・お葬式 市営斎場詳細は、各市営斎場紹介ページにてご確認ください。 横浜市(青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区)の ご家族様が優先的かつ、低料金でご利用できる、火葬場併設の設備充実な市営斎場です。 横浜市(青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区)の ご家族様が優先的かつ、低料金でご利用できる、火葬場併設の設備充実な市営斎場です。 横浜市(青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区)の ご家族様が優先的かつ、低料金でご利用できる、火葬場併設の設備充実な市営斎場です。 横浜久保山斎場利用の葬儀・お葬式 横浜市(青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区)の ご家族様が優先的かつ、低料金でご利用できる、火葬場施設斎場です。 近隣にある同市営久保山霊堂と併用することにて、通夜・告別式のある葬儀・お葬式も低価格で執り行うことが可能です。 横浜市(青葉区・旭区・泉区・磯子区・神奈川区・金沢区・港南区・港北区・栄区・瀬谷区・都筑区・鶴見区・戸塚区・中区・西区・保土ヶ谷区・緑区・南区)の ご家族様が優先的かつ、低料金でご利用できる霊堂兼式場です。 近隣にある同市営久保山斎場と併用することにて、通夜・告別式のある葬儀・お葬式も低価格で執り行うことが可能です。 神奈川県大和市・綾瀬市・海老名市・座間市の ご家族様が優先的かつ、低料金でご利用できる、火葬場併設の設備充実な市営斎場です。 事前の葬儀相談 病院へのお迎え 葬儀場の手配 お見積り&ご相談 携帯からもOK!通話料無料!365日24時間!葬儀のプロフェッショナルが対応します 横浜市民葬祭のお葬式・葬儀サービス提供エリア 神奈川県 横浜市青葉区・横浜市旭区・横浜市泉区・横浜市磯子区・横浜市神奈川区・横浜市金沢区・横浜市港南区・横浜市港北区・横浜市栄区・ 横浜市瀬谷区・横浜市都筑区・横浜市鶴見区・横浜市戸塚区・横浜市中区・横浜市西区・横浜市保土ヶ谷区・横浜市緑区・横浜市南区・ 神奈川県綾瀬市・神奈川県海老名市・神奈川県座間市・神奈川県大和市及び近郊 横浜市民葬祭 〒241-0826 神奈川県横浜市旭区東希望が丘2-47 フリーダイヤル.

次の

葬儀・家族葬なら|横浜祭典株式会社

葬儀社 横浜市

横浜の 葬儀は、 斎場を利用する葬儀が多い傾向があります。 横浜は住宅密集地や共同住宅(アパート・マンション)が多く、 自宅で葬儀を行ないにくいという事情があるからです。 横浜には、 横浜市久保山斎場 西区 ・ 横浜市南部斎場 金沢区 ・ 横浜市北部斎場 緑区 ・ 横浜市戸塚斎場 戸塚区 など公営斎場があり、これらの施設で葬儀を行なうことができます(横浜市民が葬儀を行なう場合は利用料が安くなります)。 なお、 市営斎場は葬儀の手配を受け付けていないため、 に依頼する必要があります。 横浜の葬儀社( 葬儀業者)なら、市営斎場の予約手配はもちろん全ての手配を行なってくれます。 また、市営斎場が予約できない場合は、横浜市内の民営斎場で葬儀も行なえます。 事前見積もりと説明が丁寧であり、 後からビックリする金額が請求されることはない。 葬儀だけでなく横浜の 役所手続きもしっかりやってくれるため、不安なく葬儀ができる。 葬儀の 横浜役所手続き・お墓・仏壇など後の手配も心配ない。 スタッフも評判が高い。 ホームページでは50名の会葬者で葬儀と返礼品等で約100万円〜、 斎場使用料金は不明(要見積もりと問い合わせ)。 横浜の葬儀社では比較的大手だが、総額で葬儀費用一切でいくらかかるかは要問合せ。 セレモ倶楽部という会員制度を運営している(入会金が必要)。 比較的料金設定は低いが、ホームページでは会葬者向けの料理やセットに含まれていないものもあるため最終的な料金総額は要確認。 海洋葬を取り扱っている。 横浜では比較的小規模な葬儀社。 一般的な葬儀でも会葬者が多い場合に使うのが良いだろうが、家族葬等には不向きかもしれない。 互助会のため積立金が必要。 葬儀料金等は不明であり問合せが必要。 斎場の費用が少し高めになる可能性もある。 特徴的なのは 「供花」を花祭壇の材料に使って花祭壇の料金を割り引くなどをしている点。 但し、花を送って頂いた方に説明がつくのかなど難しさは残ると思われる。 横浜の金沢、上永谷、金沢文庫の自社斎場で葬儀を行なう。 大手の鉄道会社であるため会社の信用度は高いと思われるが、葬儀の質は未知数。 ホームページでは料金が高めであり、予算はある程度必要。 横浜の葬儀であれば地の利はある。 横浜市の地域密着が謳い文句。 南区内に 安置室を持っている。 料金体系は家族葬・火葬式・一般葬の3つがあるが、各プランには供物・会葬礼状・搬送・料理などが含まれていないので事前の見積もり依頼が必要だろう。 家族葬プランと一般葬プランは祭壇は白木祭壇か花祭壇かを選択する。 生協の会員が利用できる横浜の葬儀サービス。 実際の葬儀サービスの提供は、横浜を中心とした神奈川の葬儀業者が行う。 あんしん友の会という会員制度を運営しているため会員料金と一般料金は異なる(入会金が3,000円必要)。 料金体系は葬儀種類別に家族葬・火葬式・一般葬・一日葬がある。 一日葬と一般葬のサービス一式額が同じなのが気になるところ。 葬儀料金だけでなく、自社の葬祭ディレクターが施行を行なうのかどうかも事前に確認した方が良いかもしれない。 横浜市で利用できるその他の葬儀社 市の行政では高齢者福祉が充実している分だけ、死亡後の手続きも多く、役所や火葬場も混雑しています。 地理的に都心や近隣県から参列者が来ることもあり、斎場の場所選び(葬儀場へのアクセスや施設の内容、利用料等を考慮)も重要です。 公営斎場は駅から離れている場所もあり、会葬者(参列者)は遅い時間帯に訪れるため、お通夜には親切な案内が必要です。 なるべく事前に、或いは、その時が来たとき(その時は心身とも疲れていることが多い)に、安心して事務手続きなどの一切を任しっぱなしにできる横浜の葬儀社を選ぶべきと言えます。 横浜の方は葬儀の費用負担が軽減されることがありますので確認しましょう 横浜市の方で国民健康保険に加入していた方の葬儀を行った場合は 5万円の葬祭費が給付されます。 葬儀の給付金を申請する方の本人確認書類や印鑑(シャチハタ不可)、葬儀社・葬儀屋からの領収書や請求書等及び振込先の口座番号などを提出してください(2年以内に申請する必要があります)。 また、死亡直前3か月以内に加入していた健康保険に被保険者本人として加入していた場合及び健康保険から傷病手当金の継続給付を受けていた場合等では、火葬後の埋葬料ももらえますので確認しましょう。

次の