履歴 書 写真 アプリ。 最近、履歴書の証明写真をスマホアプリで撮影する方が増えているよ...

履歴書に使える証明写真アプリおすすめ|スマホでの撮影時の注意点も解説

履歴 書 写真 アプリ

履歴書カメラは早さと安さが魅力です! アプリは無料でダウンロード可能 履歴書カメラは、AppleStore・GoogleStoreより無料でダウンロードすることができます。 アプリ内で、料金が発生することはなく、自宅で簡単に撮影ができます。 証明写真を撮るとなれば、撮影機を探して、服装を整えないといけません。 履歴書カメラがあれば、撮影機を探したり、その為だけに出かける必要などもなくなります。 手間を省けるので、 忙しい人にもおすすめのアプリです。 簡単3ステップで使える 履歴書カメラの撮影は非常に簡単です。 3ステップで撮影は完了します。 アプリを立ち上げたら、「撮影する」を選びます。 頭の頂点とあごのラインを調整して「カメラマーク」を押して撮影します。 写真が気に入らない場合は「もっと撮るor戻る」をタップして、再度撮影してみましょう。 「もっと撮る」を選んだ場合でも、もう一度撮影すると以前に撮影した写真は保存されています。 自動的に写真のキープはされるので、お気に入りの写真が撮れるまで、撮影してみましょう。 肌は清潔感・健康的・華やかの3種類から選べます。 くま消しを行うと、目の下を自動的に検出し、明るさを調整し、くまを消してくれます。 補正が終われば「サイズ選択」をタップします。 サイズ 用途 3. 0㎝ 履歴書 TOEIC 2. 0㎝ 運転免許証 3. 5㎝ マイナンバーカード 住基カード セットパック 上記の3サイズセット サイズは、上記の4つのタイプから選ぶことができます。 サイズが決まったら「保存する」をタップします。 自動的にカメラロールに保存されるので「OK」をタップします。 保存された画像は、4枚で1セットとなっています。 そのまま、印刷することもできますし、再度取り直すことも可能です。 コンビニでプリントアウト可能 次に撮影した写真をプリントアウトしていきましょう。 プリントアウトは、撮影後の画面の「印刷する」とTOPページの「印刷する」より選ぶことができます。 「写真付き履歴書」と証明写真を印刷から選ぶことができます。 好きな様式を選択しましょう。 写真付き履歴書を選んだ場合 写真付き履歴書は「スマホで入力する」と「手書きで書く」を選ぶことができます。 「スマホで入力する」を選んだ場合は 「すらすらレジュメアプリ」という別のアプリが必要になります。 スマホでそのまま入力したい場合は、ダウンロードして、書いていきましょう。 初めて、 「すらすらレジュメアプリ」を開くとチュートリアルが始まります。 最後のページまで進んだら「同意して続ける」をタップしましょう。 次にアンケートが表示されますが、こちらは任意になります。 答えたくない場合は「回答せずに閉じる」こともできます。 「新規作成」をタップし、使用用途を選択します。 証明写真の部分をタップします。 履歴書カメラで撮影する• 普通のカメラで撮影する• 写真を選択する 3つの項目から、写真を登録することができます。 先ほど撮影した写真を使いたい場合は「写真を選択する」をタップしましょう。 写真を登録したら、履歴書の項目を埋めていきましょう。 履歴書の書き方がわからない場合は、上部に「履歴書の書き方を見る」というガイドがあるので、参考にしてください。 プレビューをタップすることで、自身の書いた履歴書を確認することができます。 また履歴書は「スタンダード」「資格重視用」「自己PR用」と好きなタイプを選択できます。 自身の一番自信のある項目に合わせて、履歴書を選んでいきましょう。 完成したら「印刷」をタップします。 印刷方法は、コンビニとメールでPDFとしてパソコンに送ってから印刷という方法を選ぶことができます。 コンビニで印刷する場合は、コンビニごとのサービスアプリが必要になります。 セブンイレブンの場合は「かんたんnetprint」というアプリが必要になります。 ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクスの場合は「printsmash」というアプリが必要になります。 アプリの手順に従い、写真付きの履歴書を印刷してみましょう。 「手書きで書く」場合は、印刷するコンビニを選ぶことができます。 任意のコンビニを選んでいきましょう。 保存されている写真より、印刷する履歴書を選択し「決定する」をタップします。 「利用規約に同意して送信する」をタップします。 アップロードが完了すると、ユーザー番号などが表示されるので、選択したコンビニに向かいましょう。 印刷はコンビニによって、操作する機械は違いますが、流れに違いはありません。 コンビニの印刷機に行く• ネットワークプリントを選択• 予約番号とパスワードを入力し印刷 上記の手順を行うことで、写真付きの履歴書がプリンターより印刷されます。 印刷予約番号は、トップページよりも確認することができます。 ワンタップで呼び出すことができるので、スクショなどの必要はありません。 証明写真を印刷を選んだ場合 証明写真の印刷の場合は「家で印刷する」「コンビニで印刷する」を選ぶことができます。 家で印刷する場合は、L版の光沢紙が必要になります。 スマホをプリンタに接続するか、パソコンにデータを送ることで、印刷することができます。 コンビニで印刷する場合は、写真付き履歴書と同様にコンビニごとのサービスアプリが必要になります。 セブンイレブンの場合は「かんたんnetprint」というアプリが必要になります。 ローソン、ファミリーマート、サークルK・サンクスの場合は「printsmash」というアプリが必要になります。 アプリをダウンロードしたら、指示に従いアップロードをして、コンビニのプリンターで予約番号を入れて、印刷しましょう。 料金は30円で済む! 撮影機で撮影しようとすると、500円以上はかかってしまいます。 スタジオに行って、証明写真を撮影するとなれば、料金は何千円となってしまいます。 ただ、履歴書カメラを使用した場合は、プリント代だけで証明写真を作ることが可能です。 証明写真だけの場合は 30円となっており、 履歴書つきでも60円です。 撮影機を使うよりも大幅に料金を抑えることができます。 上手く取れない時は、撮るコツを見てみる• 髪は耳にかける• 前髪は目にかからないようにする• 首のラインが見える服を着る• 撮影は明るい場所で行う• カメラのレンズは目線よりに上にする• 目を開き、口角を上げて撮る 何度やっても、上手く撮影出来ない時は、撮影画面にある「撮るコツ」を見てください。 上記のようなアドバイスが書いてあるので参考にして撮影してみましょう。 リアルタイムではなくても使用できる 履歴書カメラは端末に保存している画像も選択することができます。 「撮影する」を選んだあとに、上部にある「画像マーク」をタップしましょう。 端末にある画像を自由に選ぶことが可能となっています。 人に撮ってもらうこともできる 自身で撮影するのが難しいと感じる人は、自撮りなくて、人に撮ってもらいましょう。 「撮影する」を選んだあとに、上部にある「カメラマーク」をタップしましょう。 カメラが切り替わるので、レンズの高さと目のたかさを合わせて撮影していきましょう。 履歴書カメラは盛れるのか? 履歴書カメラの使用用途は証明写真のためのカメラですが、普段使いはできるのでしょうか?補正技術や、明るさのバランスが良いのであれば、プライベートでも使っていきたいですよね。 身分証明書としては十分 履歴書カメラで撮影した画像は、身分証明書としては十分です。 明るさの微調整や、くま消しを行うなどの加工を行うことはできます。 いい印象を与えることは可能と言えます。 本格的な加工はできない 上記の画像は、肌を 加工前と清潔感・健康的・華やかと加工したものです。 明るさや印象を変えることはできますが、本格的な加工をすることはできません。 くま消しを最大にしても、少し目の下が明るくなったかなというぐらいです。 インスタグラマーが使うような、本格的な撮影アプリではないので、大幅な加工はできません。 普段使いは他のカメラアプリがおすすめ 履歴書カメラはあくまでも、身分証明書のための写真を撮影するアプリです。 友達との撮影や、プライベートで使うには向いていません!加工できる項目も少ないですし、撮影画面も小さくわかりにくいです。 普段使いで使うカメラアプリであれば、SNOWなどを使用することをおすすめします。

次の

‎「レジュメ」をApp Storeで

履歴 書 写真 アプリ

スマホの写真を履歴書に使って大丈夫なのか 履歴書に使用する写真は、写真屋に行くか、スピード写真機を探して撮影をすると思っていませんか。 実は、わざわざ外出しなくてもスマホアプリを使えば、自宅で簡単に証明写真が撮れます。 ただ、スマホで簡単に証明写真を撮影できるアプリがあると言っても、履歴書などの正式な書類にスマホで撮影した写真を使って大丈夫かどうかは、履歴書を提出する企業や人事を担当する人によって判断が異なります。 最近では、スマホで撮影したらきれいな写真が撮れますが、社会人として転職活動などでクオリティの低い自撮り写真を使ってしまうと、企業や人事担当の人の印象が悪くなる可能性もあります。 そのため、スマホでも明るく印象のよい写真を取るようにしましょう。 写真を撮影しに行く時間がない場合は、アプリを使った写真撮影がおすすめです。 履歴書だけでなくパスポートなどの公式な書類にも活用できるので、検討してみるとよいでしょう。 iPhone用履歴書写真が撮れるアプリ スマホアプリには、iPhone用のものとAndroid用のものがあります。 まずは、iPhoneで使えるアプリを紹介します。 履歴書カメラ 求人誌で有名なタウンワークがプロデュースする、証明写真が撮影できる無料アプリです。 履歴書だけでなく、パスポートや免許証、マイナンバーカードといった公的な書類などに使用可能です。 肌補正機能やクマ消しなどの機能があるので、キレイな写真を撮影することができます。 撮影した写真は、コンビニや家庭のプリンターから印刷することができます。 求人誌のタウンワークがプロデュースしているので、証明写真を撮影印刷するだけでなく、証明写真付き履歴書を印刷することができる点も魅力です。 アプリで履歴書用の写真を撮影する際のポイント アプリで手軽に証明写真が撮影できるからといっても、マナーを守る必要があります。 あくまで履歴書などの公式書類に使用する証明写真なので、印象が悪くならないよう配慮することが大切です。 身だしなみを整える 服装やメイク、髪型は普通に証明写真を撮影するときと同様に、きちんと整えることがマナーです。 面接に行くときと同じような状態にしましょう。 ポイントは、自分の体に合ったサイズの服を着用することです。 男性はシャツの首周りやジャケットの肩のたるみ、ネクタイのゆがみなどに注意しましょう。 女性は鎖骨が見える程度のインナーが最適です。 また、無造作ヘアやアレンジしすぎの髪型は、真面目さが欠けただらしない印象を与えてしまう危険があるので、すっきりとした清潔感のある髪型を意識するとよいでしょう。 自然に微笑むような表情で 緊張して無表情になってしまうと、無愛想な印象を与えてしまうことがあるので、少し口角を上げて自然に微笑むような表情で撮影するのがおすすめです。 歯が見えている笑顔は、ビジネスシーンなどの場でふさわしくないので、歯をみせた笑顔にならないよう注意しましょう。 顎を引いて胸を張り、背筋を伸ばして撮影することもポイントです。 ある程度の緊張感も必要ですが肩に力を入れすぎずに、リラックスした表情で撮影できるよう配慮しましょう。 白い背景の前で撮影する 履歴書用の写真など、公式書類に使用する証明写真の場合、写真の背景は白色になるようにしましょう。 清潔感があり、顔もキレイに映えるため、おすすめです。 キレイな白色の壁などが自宅になかったり、汚れがある、壁紙の模様が見えてしまうといった場合には、白い布や紙を貼って即席の白い壁を作って撮影しましょう。 アプリに背景の設定機能があれば、ぜひ活用してください。 また、壁に貼っているポスターやカレンダーなど、自宅で撮影したことが分かるようなものが映り込まないように注意することも大切です。 前方から光が入るようにする 自宅で証明写真を撮影する際には、光源が前にある場所で撮影しましょう。 窓ガラスや天井などの光源が撮影する場所よりも前方にあることがポイントです。 光源が前方にあることで、目に光りが入り、生き生きとした印象の写真を撮影することができます。 天井の明かりなどを光源に使用する場合は、真上に近い位置にあるよりも、前方にある光源のほうが、影ができにくいです。 前方に窓ガラスなどがあり、自然と光が取り入れられる間取りだと撮影しやすいでしょう。 背景に影ができないようにする 公式書類で使用する証明写真の中には、背景に影が映り込んでいると受け付けてもらえないケースがあります。 そのため、撮影する際には、背景に影が映り込まないようにすることが大切です。 後ろに影が映る場合は、壁から離れることで回避できます。 壁から50cm程度離れて影ができないか確認してみましょう。 壁から離れることは、影を映り込ませないだけでなく、壁紙の模様や質感も気にさせないようになります。 レフ板を使う 自宅での撮影は、光が足りずに写真が暗くなってしまうことが多いです。 その場合は、プロでも使用しているレフ板を使うことがおすすめです。 自宅でレフ板を持っていない場合は、アルミホイルなど身近なものでも代用できます。 アルミホイルを使用する際には、一度ぐしゃぐしゃにしたアルミホイルを段ボールなどに貼り付けるだけで完成します。 レフ板を使用して撮影すると、少ない光でも反射して顔周りを明るくさせ、印象をアップさせることができます。 三脚やスマホスタンドを使う 履歴書用の証明写真は、正面から撮影した写真にすることが望ましいです。 そのため、カメラとの距離はできるだけ離し、頭のてっぺんから胸元あたりまでが入るように調整しましょう。 自分で撮影する自撮りの場合、三脚やを使用することがおすすめです。 スマホを手で持って撮影すると、スマホを持っているほうの肩が上がってしまったり、服にシワができてしまうことがあるので注意が必要です。 三脚やスマホホルダ-、自撮り棒などは、100円均一ショップでも安く手に入れることができるので、事前に購入して準備しておくと良いでしょう。 セルフタイマーで撮る スマホを使って証明写真を撮影する際には、セルフタイマーを使うようにしましょう。 手持ちや自撮り棒を使っての撮影では、シャッターを押す瞬間に手ぶれを起こしてしまう可能性が高くなります。 ピントの合ったブレていない証明写真を撮影するには、セルフタイマーの使用がおすすめです。 また、手持ちや自撮り棒を使って撮影するときには、スマホを両手で持つようにすることもポイントです。 左右の肩のバランスや、顎が引けているかといった点を確認しながら、納得のいく一枚を撮影しましょう。

次の

写真アプリの写真を履歴書に使っても大丈夫?正式書類には?

履歴 書 写真 アプリ

レジュメアプリの使い方 使い方は簡単です。 アプリをインストールして開いたら、「新規作成」をタップします。 (まず最初に広告が出ますが、閉じてください) 履歴書を入力してみよう 新規作成で、 「履歴書」「職務経歴書」をどちらか選択します。 上記のような画面になるので、項目を埋めましょう。 連絡先アプリに自分のデータを入力してある場合は、読み込んで自動入力することも可能です。 欄を埋めたら プレビューボタンをタップして間違いがないか確認しましょう。 プレビューすると、履歴書っぽくなってますね!(これはサンプルなので白いですが…) 上部のタブで「スタンダード」「資格重視用」「自己PR用」が選べるようになっているので、自分に合っているものを選んでください。 わからない場合は、「スタンダード」でOKです! 履歴書用写真アプリで写真を撮ろう 写真を貼付するときは、顔写真の「+」マークをタップして「 カメラで撮影する」か「 写真を選択する」から選びます。 既に写真が端末内にある場合は、「 写真を選択する」を選んでください。 写真がない、というときにおすすめのアプリがこちら。 「 履歴書カメラ」です。 「レジュメ」と同じリクルートから出ているアプリなので、連携が可能です! 誰かに撮影してもらうのがベストなんですが、自撮りでもそこそこな写真が撮影できました!部屋の白い壁の前で撮ると証明写真っぽさが増します。 簡単な補正もできるのでおすすめですよ。 作った履歴書を印刷しよう 印刷するときは、「プレビュー」をタップします。 プレビューページに「印刷する」ボタンがあるので、こちらもタップしましょう。 自宅で印刷する場合はメールでPDFを送りましょう。 「無料で印刷」機能はまだ使用できません。 現在開発中のタウンワークアプリを利用すると無料で印刷できるようになるみたいですね。 コンビニで印刷する場合は、同意してアップロードすると予約番号が表示されるので、店頭のプリント機を使って印刷しましょう。 (別途印刷料がかかります。 料金はサイズによります) 有効期限が切れるとデータが削除されてしまうので、期限を確認してくださいね。 職務経歴書を作成しよう 職務経歴書も同様に作成できます。 職務経歴書が必要な場合は利用してみてください。 履歴書から反映できる項目もあるので、入力の手間が省けますよ! まとめ 何社も応募するときは、在職中だとなかなか履歴書を何枚も書く時間が取れなかったりするので、わたしも以前転職するときに使用しました。 このアプリを使うと電車での通勤時間でも履歴書が作成できますよ。 手書きの履歴書を指定されている場合は、もちろん手書きしてくださいね。 読んでくれた方の就職活動がうまく行くことを祈ってます!.

次の