エブリイ 車中泊。 SLエブリイホームメイドキャンパー トップページ 車中泊設備、サブバッテリーなど電装を自作します。まつらさんです

【車中泊】はじめての車中泊。最低限揃えたい3つのグッズはこれだ!車中泊はあえて軽自動車エブリィワゴンだね。|まだ上から叩いてるの?

エブリイ 車中泊

愛車の軽自動車(軽バン)のエブリィ(DA17V)で車中泊するには、寝室(荷室)をプライベート空間を確保するには、荷室の窓を外部から遮蔽することが必須になります。 そのためには、カーテンが良いか?、サンシェードが良いか?いろいろ検討した結果、サンシェードを購入することにしました。 車中泊でベッドに寝られなかった理由 愛車の軽自動車(軽バン)のエブリィ(DA17V)に車中泊のためのフラット化、簡易ベッドの製作が完了し、早速、車中泊を試みてみることにしました。 近くの釣具屋で売っていない釣具(仕掛け)を購入するために、距離で約250km、所要時間片道約5時間の買い物に出かけることにしたのです。 事前にスーパー銭湯、仮眠のための道の駅を調査し、お昼頃にいざ出発! 銭湯でお風呂に入り、道の駅で晩酌後に寝ようとベッドの寝袋に入ったのですが・・・。 ちょうど頭の位置が窓の位置で外が丸見え、スモークガラスとは言え、外からも寝ている姿が見えてしまうのでは?と落ち着かないのです。 仕方なく、マットレスと寝袋をベッドから降ろして、カーペットに寝ることに(笑)。 車中泊するには、窓を外部から遮断するカーテンなどがないとだめです。 エブリイ カーテン 自作 で検索すると まずは自作で安く窓を遮蔽したいと考えましたが、正直、気が乗りませんでした。 窓にカーテンを取付するとなると、どうしても、家庭科・布地の裁縫のイメージが最初に出てしまい、苦手意識が先行してしまいました。 とは言っても、諸先輩方のアイデアを参考にしようと、まずは、『エブリィ カーテン 自作』で検索してみると・・・、 とにかく、 最初に付けたかったのが、ベッドの位置である、荷室の左右両サイドとリアのウィンドウの遮蔽用のカーテンだったのですが、紹介されている多くは、運転席・助手席と荷室を遮断するカーテンが多かったのです。 荷室の左右両サイド及びリアのウィンドウの自作カーテンの紹介も多少があったのですが、どうも乗り気にはならなかったのです。 購入前提で検索してみるとカーテンとサンシェードが これから、夏場の繁忙期に入ることもあり、カーテンの自作はあきらめ、購入する方向で検討することにしました。 まず、『エブリィ カーテン』で検索してみると、市販のカーテンは当然出てくるのですが、同じように、サンシェードが出てきたのです。 カーテンにするかサンシェードにするか、車中泊による釣行を目的として考えた場合、• 普段の運転の時は、窓には何もない方が良い。 あくまで窓を遮蔽するのは車中泊で寝る時だけでよい。 余計な手間はかけたくない。 結論は簡単で、 カーテンよりサンシェードの方が、私の目的や希望に合致していました。 エブリィ用のサンシェードも色々ありましたが、あまり悩まずに決定しました。 もっと安いサンシェードもありましたが、外側から見ると、アルミホイルみたいな色で、いかにも『付けています』みたいな感じが嫌で、販売実績と口コミ評価の高さから決めました。 初期作業としては、サンシェードに吸盤を取付します。 さて、 窓(5か所)にサンシェードの取付は、非常に容易で正確には計っていませんが、1分程度で取付できます。 車外からの取付状態 当然ですが、車外の取付した窓から荷室の状態を見ることはできません。 車外からは取付しているかどうか非常に分かりずらいです。 吸盤がかすかに認識できる程度で、それも夜になれば分からないでしょう。 未使用時の収納 購入、到着後にレビューを投稿すると、後日、収納袋をもらうことができました。 その袋に入れ、 ベッドの土台となっている黒い採集コンテナの中に入れておくことで収納には困りません。 まとめ 車中泊による釣行の頻度は、そんなに多くはなく、普段は通常の運転に活用する状況からは、取付、取り外しが容易なサンシェードの方がカーテンより優れていると思いました。 今回は購入品を採用しましたので、予算的にお金はかかりましたが、カーテンにしろサンシェードにしろ、自作には難易度が高く、時間もかかりそうだったので諦めました。 しかし、その後、運転・助手席と荷室の間の遮断については、オリジナル性が高く、構想から製作まで苦労した面がありますが、自慢できる仕切りカーテンを自作することができました。 難易度は少し高いですが、次のような特徴を持っています。 透明とブラックの二重カーテンキット• カーテンキットを装備したままでも走行が可能• カーテンキットを装備したままでもロッドの収納が可能• コストパフォーマンスが魅力.

次の

軽自動車のエブリイで北海道夫婦2人の車中泊の旅

エブリイ 車中泊

まずはご挨拶 本ブログを読んでいる皆様。 こんばんは。 やらなきゃいけないことがたくさんある時ほどほかのことをやってしまう。 千葉から阿蘇に移住してきた31歳、内山です。 今回から転職以外のシリーズです。 テーマは誰もが一度は憧れる、車中泊です。 この家に住むと人は旅に出たくなってしまうのでしょうか。 不思議な魅力を持つ家からお送りいたします。 車中泊の魅力とは? グーグルで検索すれば色々書かれてるんでそれを読んでください。 私の場合はアウトドアとか、皆で焚火を囲みながら語り合うとか、花火をしたりとか、テラスハウス的なリア充には興味がないので、シンプルに目的はただ一つ。 遠出したときに眠る場所が欲しい。 ただこれだけなのであります。 あるいは 飲み会の後の寝る場所。 ですね。 ちょっと強調した飲み会後の寝る場所。 これは千葉にいる間も全く考えたこともなかったのですが(大概の場所はタクシーで帰れるので) 飲み会の後の休む場所の確保。 これが田舎移住者にとって大きな問題になるのでした。 飲みをする!となった場合、選択肢は5つ。 以前なら軽く静岡まで行ける時間です。 代行費用がおそらく3万以上飛ぶのです。 こんな具合なので飲むとなるともっぱら自宅、または飲み行って漫画喫茶か花太郎に泊まる。 なんてのが常でした。 脱線と前置きが長くなりましたが、車中泊用に車を改造することによってこれらの悩みがいともたやすく解決するのです。 仮にホテルに泊まったとしたら?代行で帰っちゃったとしたら?経済効果も抜群なのです。 さらには将来的には午前中は別の仕事して、あるいは旅行して、午後から塾。 なんてことも考えてるし、各地にいる友人に会いに行くためにもホテルを気にしなくていい。 というのは非常に心強いのです。 何とかして車中泊仕様にしていきましょう。 箱バンという選択肢 箱バン。 箱に詰めてバーン。 レンタカー屋でちょこちょこ名前は聞いていたのですが、正確なところで言うとどうも軽貨物車みたいなもののようですね。 これ、普通の軽ワゴンと違うのが貨物用なので後部座席とかはほぼおまけみたいなもんということ、荷室が広いこと、内装外装がコストダウンされてること、足回りもサスじゃなくて板バネとかが使われてたりするみたいです。 簡単に言うと耐久力を上げてある。 その代わり快適性は削ってるぜ?ということですね。 かっこいい。 ガンダムで言うとザクでしょうかね。 ジムっていうよりザク。 ドムはエルグランドとかノアとかで、グフはフィットシャトルとかアクアって感じ。 プリウスは…ガンダム?軽トラはジムで、ハイエースがゴッグ。 いや、4tくらいがゴッグ?途中から自分でも何言ってるかわかりませんが、そもそもそこまでガンダム好きじゃないし。 とにかく、軽箱バンにはザク的な熱さ。 があるのです。 ザクエブリイとの出会い カーセンサーやグーネットで車を探す日々。 なかなかいい車に出会えません。 格安!と思っても距離がもうギリギリだったり、フルフラットになりきらなかったり。 パワステがついてなかったり(本当にありました) そんな中出会ったスズキエブリイ(H19年式)19万km。 現在の愛車。 ホンダライフH13年式11万kmから考えるとありなんじゃないでしょうか。 タイミングベルトでなくタイミングチェーンだし。 頑張れば倍は走れるんじゃないでしょうか?.

次の

車中泊でソロキャンプ!テントがなくてもキャンプ場で快適に車内で眠る方法

エブリイ 車中泊

--お知らせ-- 長い間SLエブリイホームメイドキャンパーホームページをご覧いただきありがとうございます。 モニター販売では多くの方から賛同、ご愛用頂き新たな開発費用の調達の一助になり、感謝申し上げます。 2020年5月1日には後期高齢者の仲間入りをしました。 複数の持病COPDの悪化、体調不良があり、思考、視力低下など、 サイト運営、サポートにも支障きたしかねず、電子基板新規開発は終了し、モニター販売は現在の在庫分と、 部品在庫があり、追加製作は可能ですが体力体調次第で終了とさせていただきます。 お奨めはサブバッテリ電源設備 終了 画像から見たい部分をクリック・無ければ下方の展開メニューから・無駄を排除した必要最小限の装備です 《当サイトのご案内》 個人が趣味で運営するサイトです。 オリジナル軽キャンピングカー自作しました。 完璧とは言えませんが思い通りの物が出来たと思っています。 軽キャンピングカーをDIY、自作してみようと思う方、応援します。 記事内容は常に改良を重ねています。 特に車中泊用、キャンピングカー用途として、オリジナル新規開発走行充電器など市販商品に無い特徴を持つ物を公開しています。 公開する内容は予告なく変更訂正削除する場合があります。 製作記事など保存が必要な場合印刷、ダウンロード保存して下さい。 部品入手先リンクは多数ありますがアフリ広告はありません。 《お礼》 当サイトの電子工作に使用している、配線図作成に、を利用させていただいています。 いずれも当サイトでは無くてはならないものです。 厚く御礼申し上げます。 松山市Zero氏指導の下に制作した記事も多数あります。 モニター購入とご感想、レポートいただいた方、当サイトに関わるすべての方々に感謝、御礼申し上げます ご注意: 当サイトの記事を参考に作られたもので発生する事故、トラブル等については自己責任です。 12Vであっても大電流では安全面には十分な配慮が必要です。 充分な太さのケーブルを使用する。 入出力に指定のヒューズを入れる。 接触不良を起こさない。 許容範囲内の規格の部品を使用する、ネジの緩みなどないかなど時々点検するなど注意を払って下さい。 車両火災は年間4000件もあるそうです。 電気火災も多数含まれます。 当サイトが自作をお勧めするのは電気知識をお持ちの方が対象で自信のない方は専門業者の商品をご購入下さい。 当サイト主は免責とします。 転載、引用頂く場合はご連絡お願い致します。 商用サイト、まとめサイト、アフリ目的と思われるサイトからのリンクはお断りします 掲載記事関連に限り ご質問にお答えします。 無記名の質問はご遠慮下さい。

次の