ガク アジサイ 品種。 アジサイ(紫陽花)

ガクウツギ

ガク アジサイ 品種

【ガクアジサイとは】 ・アジサイ科に属する日本固有の落葉低木。 太平洋沿いの限られた暖地(伊豆半島、三浦半島、房総半島、足摺岬、伊豆諸島、硫黄列島、和歌山県の神島)で稀に自生する。 ・初夏に咲く清楚な花が美しく、観賞用の庭木としては全国に広く普及している。 いわゆる普通のアジサイも本種を原種としており、かつては本種をアジサイと呼んでいた。 流通量の増えているセイヨウアジサイも、本種が中国を経由してヨーロッパへ渡り、そこで品種改良されてできたもの。 ・花びらのように見える白いものは、萼(がく)という器官が花びら状に変化したもので、装飾花と呼ばれる。 花はごく小さな花が密集してできており、装飾花を額縁に見立ててガクアジサイと呼ばれる。 ちなみに普通のアジサイは、ほぼ全てが装飾花になっている。 ・開花時期は5~7月。 中心にある本当の花の色は、藍色が基本だが、ピンク、白、紫のバリエーションがあり、いずれも色の濃淡には個体差がある。 ・花は両性花で10本の雄しべと3~4本の花柱があり、小さいながらも花弁の5片ある。 花の期間はアジサイより長い。 アジサイと同様に酸性土壌では花が青系に、アルカリ土壌では赤系になりやすいといわれる。 ・花の後には小さな果実がたくさんできて、秋になると褐色に熟す。 ガクアジサイが庭に一株あれば、種子がこぼれて自然に繁殖するほど、その繁殖力は高い。 ・葉は直径10~15センチの卵形で縁にギザギザがある。 葉の表面は濃い緑色で光沢があり、両面とも毛は生じない。 よく似たの葉はより小さくて、裏面に毛がある、また、北海道に多いエゾアジサイの葉はガクアジサイに近い卵形だが、裏面に毛がある。 ・民間療法では、ガクアジサイを含むアジサイの葉や花を乾燥させたものを解熱剤として使うが、これらを生で食べると腹痛や嘔吐、めまいなどの症状が出る可能性があり、口にしない方がよい。 【育て方のポイント】 ・自生地は温暖な海岸沿いの山地だが、北海道南部から九州まで広い範囲に適応する。 一般的なアジサイのイメージとは異なり、日向を好むが、日陰や湿地でも問題なく育つ。 ・幹は太く、群生するように伸び、樹形は半球状になる。 枝が見えなくなるほど葉が茂らせるため、通風や日照が悪くなって病害虫の被害に遭うことが多い。 剪定に耐えるため定期的に剪定したい。 ただし、花は今年伸びた枝に咲くため、春に剪定するのは避けたい。 【ガクアジサイの園芸品種】 ・フイリガクアジサイ~葉に模様が入る品種 ・ベニガク~花がピンク色の品種 ・スミダノハナビ(隅田の花火)~純白の花が美しく人気が高い品種 ・このほか、マリンブルー、七段花、清澄沢、エゾガクアジサイ、フラウハルコ、フラウタイコ、フラウヨシミなどの品種がある。 近年人気のもガクアジサイの一品種。

次の

梅雨を彩る花「アジサイ」新品種と育て方のコツ

ガク アジサイ 品種

ガクアジサイの品種は70品種以上あると言われています。 そして最近の人気も手伝って、今でも次々と新しい品種が生まれていますよ。 以下に、よく知られているガクアジサイの種類や品種をいくつかご紹介します。 城ヶ崎 東伊豆にある城ヶ崎海岸に自生する八重のガクアジサイです。 大型で、酸性の土だと青色で萼には青のシマが入ります。 アルカリ性なら、ピンク色と、土質による変化が楽しめるのも魅力となっていますよ。 多くの八重咲き品種の交配親となりました。 ダンスパーティー 比較的新しいガクアジサイの園芸品種で、他の品種に比べて花の軸が長く、花が踊っているような見た目をしています。 花びらが八重なこともあって華やかさがあり、近年の人気品種の1つです。 ベニガクアジサイ 江戸時代から園芸に親しまれている品種です。 中心の粒々は菱形で、花色が白から紅色へと咲き進むに連れて変化する特徴を持っています。 初恋 一重の白い花の周りに、フリルのような切れ込みがいくつも入るかわいらしい園芸品種です。 チャーミングな雰囲気を持っています。 墨田の花火(スミダノハナビ) 隅田川の花火大会をイメージして名づけられた、ガクアジサイの園芸品種です。 八重の小さな花が中心の粒々の周りに咲き、時間が進むに連れて青色が滲んできますよ。 八丈千鳥 八丈島を原産とするガクアジサイの変種です。 気温さえ保てれば緑の葉っぱを1年中茂らせます。 花は大きく、白くシュッと細長い花びらを八重に咲かせますよ。 ナデシコガクアジサイ 薄い紫色の花びらは、縁にギザギザが入っています。 この姿が、ナデシコの花と似ていることから、名付けられました。 コンペイトウ 中心から先端に向かって、花色が青紫から白もしくは、ピンクから白へとグラデーションしている珍しい品種です。 見た目が甘い金平糖を思わせることから名付けられました。

次の

アジサイの種類と人気品種はどれ?魅惑の新種は万華鏡と銀河

ガク アジサイ 品種

樹木シリーズ36 アジサイ 、ガクアジサイ、ヤマアジサイ• 梅雨を彩るアジサイ 紫陽花、ユキノシタ科 雨が似合う花の代表は、何と言ってもアジサイであろう。 そのアジサイの花にアマガエルが宿る光景は、梅雨を象徴する風物詩と言えるであろう。 身の周りで見かけるアジサイは、ガクアジサイの両性花が全て装飾花に改良された園芸種である。 花全体が装飾花に覆われ、花のボリュームが魅力。 雨に濡れながら、赤や青、白、紫の艶やかな色が印象的である。 しかし、本来の花はわずかで、実を結ぶ種はほとんどできない。 名前の由来・・・「藍色の花が沢山集まって咲いた花」を意味する「あづさい」がなまったものとする説や、「集まって咲くもの」とする説、「厚咲き」が転じたものであるとする説などがある。 七変化・・・花が長く咲き、青色、藍色、紫色、淡紅へと、いつの間にか色を変えることから、「七変化」あるいは「八仙花」とも呼ばれている。 「四葩 よひら 」・・・花びらのように見える4枚のガクの中心に細かい粒のような花をつけることから、「四葩 よひら 」とも呼ばれている。 ガクアジサイは、絵の額縁のように縁取る装飾花と花の中心に両性花をもつ。 装飾花には、生殖機能はなく、もっぱら花粉を運んでくれる虫を誘う役割を担う。 花期・・・6~7月、高さ1. 花・・・淡い紫色の花が手まりのようにまるく集まったものが基本。 親は野生のガクアジサイ 額紫陽花、ユキノシタ科 母種は、伊豆半島や三浦半島、伊豆諸島に多く自生しているガクアジサイ。 この花は、枝先に小さな花が多数つき、その周りを4~5枚の装飾花が囲む。 この小さな花も全て装飾花に変化したのがアジサイである。 ガクアジサイの中央の小さな花は、後で実になるが、園芸品種のアジサイは実を結ばない。 花期6~7月、高さ1. 5~2m2m。 山中に生えるヤマアジサイ 山紫陽花、ユキノシタ科 関東地方以西の太平洋側、四国、九州の山地の湿った林内に生える。 花序の大きさは、ガクアジサイと同じだが、装飾花は小さく、ガク片は3~5枚。 花色には変化が多い。 葉もやや小さめの長楕円形で質は薄い。 花期6~8月、高さ1~2m。 ガクアジサイとヤマアジサイの見分け方・・・海岸に多いガクアジサイは花も葉も大形だが、山中のヤマアジサイは小ぶりで葉が細長い。 土壌で色が変化するのはなぜ?• アジサイの花の色は、土壌がPH5. 5以下の酸性土壌では青、それ以上のアルカリ性土壌では赤が強くなる。 その理由は、アジサイの根から吸収される「アルミニウム」という金属元素にアジサイの花の色の秘密が隠されている。 「アルミニウムが吸収されると花は青くなり、アルミニウムが吸収されないと花は赤くなる」というわけ。 「アルミニウム」は酸性土壌では溶けやすく、アルカリ性土壌では溶けにくい状態になる。 ちなみに、日本は土壌が弱酸性なので、青みの強いアジサイが多い。 ただし、ベニガクアジサイやシロアジサイなど、土壌に影響されない種類のアジサイもある。 葉が斑入りのフイリガクアジサイ• 逆輸入で多様に・・・アジサイは、日本から中国を経てヨーロッパに渡り、そこで盛んに品種改良が行われ、日本に逆輸入されている。 ガクアジサイは、突然変異しやすく、品種改良に向いている。 属名のハイドランジアと呼ばれたり、セイヨウアシサイと呼ばれて、多様な花色の品種が栽培されている。 アジサイの種類、品種・・・世界で40数種類、品種は千種に及ぶと言われ、現在も品種改良などで増えている。 アジサイのドライフラワー・・・アジサイをドライフラワーにすれば、室内でも楽しむことができる。 そのまま飾ったり、リースやクラフトに使って部屋に飾れば、花の後も長く楽しめる。 アジサイをメインにしたリース• 葉・・・対生し、卵形で先は急に尖り、縁には鋸歯がある。 質は厚く、表面は光沢がある。 アジサイは毒?・・・2008年6月13日、茨城県つくば市の飲食店で、料理に添えられていたアジサイの葉を食べた 10 人のうち 8 人が、食後 30 分から吐き気・めまいなどの症状を訴えた。 同年6月26日、大阪市の居酒屋で、男性一名が、だし巻き卵の下に敷かれていたアジサイの葉を食べ、 40 分後に嘔吐や顔面紅潮などの中毒症状を起こした。 しかし、毒性成分は、未だ明らかではない。 厚生労働省では、「刺身のツマのように、時々料理に添えられることがあるが、食用は避けるべきである。 」としている。 野生のシカはよく食べる・・・シカが出没するアジサイの名所では、シカの食害防止のために電気柵で囲っている。 シカは、有毒のアセビは食べないが、アジサイは食べるとすれば、毒性はかなり低いのであろうか。 金属集積植物・・・アジサイは、生育障害を起こすアルミニウムを細胞の液胞に閉じ込め、金属を体内にためこむ金属集積植物である。 稲も、カドミウムを集積する金属集積植物として知られている。 カドミウムに汚染された水田の土壌汚染対策として、ソルガム、トウモロコシ、菜の花、ヒマワリ等の重金属の蓄積性が相対的に高い植物を使った除去対策が行われている。 なぜ有毒な金属をためこむのか・・・土壌に有毒な金属が存在する土地には、そもそも競争相手が少なく、体内に有毒な金属をためこむと、動物に食べられにくいメリットがある。 落葉で毒を捨てる・・・アジサイは、特に葉に多く有毒のアルミニウムを貯蔵する。 秋になると、葉の内部に閉じ込めたまま落葉し、毒は捨てられる。 落葉は、雪や寒さ、乾燥への適応以外に、老廃物や毒を体外に捨てる役割がある。 アジサイとシーボルト・・・江戸末期、オランダ東印度会社の医師として来日したシーボルトは、長崎に鳴滝塾を開き医学を教えた。 植物学者でもあった彼は、特にアジサイ類に興味を持ち、帰国後出版したのが「フロラ・ヤポニカ日本植物誌」である。 この中でアジサイに「ハイドランジア・オタクサ」の名前を記している。 この「オタクサ」とは、シーボルトの日本での愛人「お滝さん」にちなんで命名されたという。 アジサイを好んだ牧野富太郎博士は、美しい花に花柳界の女性の名をつけたとして強く非難している。 長崎市は、異国で献身的に世話をしてくれた女性をそこまで思うシーボルトを評価し、市の花にアジサイを選んでいる。 俳 句・・・梅雨の頃を代表する花。 紫陽花、四葩、七変化、額紫陽花、額の花。 紫陽花や雨の力感みなぎれる 徳永山冬子 紫陽花に置いたる五指の沈みけり 川崎展宏 紫陽花や白よりいでし浅みどり 渡辺水巴 あぢさいの藍を盗みに闇迫る 長谷川秋子• 花言葉・・・元気な女性、辛抱強い愛情、一家団欒、家族の結びつき、移り気・浮気、あなたは美しいが冷淡だ、高慢・無情と、花の色が多彩で品種も多い分、花言葉も多い。 参 考 文 献• 「山渓カラー名鑑 日本の樹木」 山と渓谷社• 「葉っぱで見分け 五感で楽しむ 樹木図鑑」 ナツメ社• 「里山の花木ハンドブック」 多田多恵子、NHK出版• 「講談社ネイチャー図鑑 樹木」 菱山忠三郎、講談社• 「別冊NHK俳句 はじめておぼえる季語100」 NHK出版• 「樹木 見分けのポイント図鑑」 講談社• 「アジサイはなぜ葉にアルミ毒をためるのか」 渡辺一夫、築地書館•

次の