ジャパン 女子 オープン テニス。 バドミントン・ジャパンオープン2019 山口茜、奥原希望の試合を結果速報します|女子

花キューピットジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス

ジャパン 女子 オープン テニス

「全仏オープン」は当初は5月24日~6月7日の2週間で開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響のため、9月20日~10月4日の日程に変更になる。 大会公式サイトによると「(予選が始まる)5月18日の状況は誰にも予測できないが、現在の制限対策の中では準備を続けることはできない。 結果的に元々の予定では大会を開催できない」「FFT(フランステニス連盟)は、新型コロナウイルス感染症との戦いに参加しつつ、2020年大会を開催できる唯一のオプションを選んだ」とされている。 この「全仏オープン」の延期は、テニスツアーの全体スケジュールに大きな影響を与えると見込まれる。 テニスにはハードコート、クレーコート、芝コートの主に3種類のサーフェスがある。 テニスツアーは1月からのハードコートシーズン、4月から「全仏オープン」までのクレーコートシーズン、6月から「ウィンブルドン」までの芝コートシーズン、そしてまたハードコートシーズンと、基本的にサーフェスごとにシーズンを設けている。 違うサーフェスで試合をする際は、選手は時間をかけて調整を行う。 しかしクレーコート最大の大会である「全仏オープン」が延期して開幕する9月20日は、元々の予定ではハードコートのシーズン中。 それも同じくグランドスラム大会である「全米オープン」閉幕の約1週間後だ。 また、9月20日~10月4日には既に男子テニスツアー、女子テニスツアーの大会が複数予定されている。 日本で行われる女子テニスツアーの「花キューピットジャパンウイメンズオープンテニス」(9月14日~20日)は「全米オープン」と「全仏オープン」に挟まれる形に、「東レ パン・パシフィック・オープン」(9月21日~27日)は「全仏オープン」と日程が被る。 男子テニスツアーの「楽天ジャパンオープン」(10月5日~11日)は、「全仏オープン」閉幕の翌日に開幕することになる。 当初のスケジュールのままだと各大会の開催に大きな影響が出るため、延期された「全仏オープン」前後の大会はスケジュールの変更などが行われる可能性がある。

次の

テニス 全仏OPが9月に延期決定。日本開催の大会にも影響か

ジャパン 女子 オープン テニス

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 通称は「 楽天ジャパンオープン」。 国内初のオープン大会であり、までは男女同時開催。 現在の大会ランクは(シングルス32ドロー、ダブルス16ドロー)。 日本で開催される大会の中ではもっとも高いトーナメントカテゴリに位置する。 主催は。 2010年大会 にで第1回大会が開催される。 しかし、この大会は準備大会として開催され選手は招待という形式で行われたため、グランプリ・シリーズの公式戦ではなかった。 1973年第2回大会から男子部門がATPツアー編入。 に次いで日本2番目のオープン大会公式戦となる。 1983年大会から女子部門がWTAツアーに編入されるようになった。 から完成したで開催。 コートもクレーコートからハードコートに変更。 1987年、が冠スポンサーになり サントリー・ジャパン・オープンとして大会規模を拡大。 賞金総額を前年の19万5000ドルから65万ドルに増額。 メイン会場も1万人収容できるで開催となる。 開催時期を10月から4月に移行。 1990年、男子トーナメントではアジア初のへ昇格する。 2000年再び10月開催に変更。 1992年にのため、4億円の冠協賛金を出していたサントリーがスポンサーから降りた際、当時会長を務めていたが、東京都知事に話を持ち込み、と東京都がダブルスポンサーとなった。 自治体が賞金大会を協賛するのは異例のことであった。 1993年大会以降は、 東京フロンティア・カップ、 ・朝日生命カップ(朝日生命と東京都の外郭団体・東京フロンティア協会と東京都観光連盟がスポンサーとして参加)、 朝日生命カップ等を経てからは、の協賛により AIGオープンとして行われた。 2011年シングルス優勝のマレー(左)と準優勝のナダル 2006年、世界ランキング1位・グランドスラム優勝9回のが初来日。 大会7日間通算で大会記録更新となる7万2386人が来場した。 3月、WTAが求めた2009年度以降のツアースケジュールに日本協会側が反発し、度より女子部門がツアー下部のサーキット大会に格下げされた。 AIGは2008年限りでスポンサーを撤退する。 ジャパンオープンとして同時開催であった男子(ATP)と女子(WTA)が分割開催されることになり、大阪、にて「」として新しく開催されることになった。 歴代優勝者といったジャパンオープン女子の部の歴史はHP JAPAN WOMEN'S OPEN TENNISに引き継がれ、日本における世界大会(東レPPO、ジャパンオープン男子、ジャパン女子オープンテニス)は再スタートする。 また、2009年からジャパンオープン(男子)と同時開催される格下大会である女子のITFサーキットシリーズは、ジャパン女子オープンテニスの前哨戦として位置づけされ、優秀選手にはジャパン女子オープンテニスのワイルドカードが付与される。 同年、がスポンサーとなり「楽天オープン」とも呼ぶ。 は参加表明後に疲労を理由に2007年と2009年に欠場している。 2010年からそれまでの(シングルス)・(ダブルス)に代わりが全日程を独占放送した。 2010年、世界ランキング1位・グランドスラム3冠・全仏優勝5回のが初来日。 2011年はの影響で女子が中止になり、以降は男子のみの開催となった。 しかしながら同時期には同じ500シリーズのと日程が競合されており、強豪選手の不参加が多くなる。 2014年はの活躍で、大会史上最多の8万5286人の入場者を記録している。 また、錦織が進出した決勝戦は5年ぶりの地上波としてが中継()したが、放送時間に収まらなかった。 2018年は、有明コロシアム改修の影響で(室内ハード)で開催された。 大会歴代優勝者 [ ] 男子シングルス [ ] 年 優勝者 準優勝者 決勝結果 1972年 6-3, 6-4 ATPツアーに編入 1973年 6-1, 6-4 1974年 ジョン・ニューカム 3-6, 6-2, 6-3 1975年 6-4, 5-7, 6-3 1976年 6-3, 6-2 1977年 マニュエル・オランテス 6-2, 6-1 1978年 6-3, 6-2 1979年 パット・デュプレ 3-6, 7-6, 6-2 1980年 3-6, 6-4, 6-0 1981年 エリオット・テルチャー 6-3, 1-6, 7-6 1982年 6-2, 2-6, 6-4 1983年 エリオット・テルチャー 7-5, 3-6, 6-1 1984年 テリー・ムーア 6-3, 7-5 1985年 6-1, 7-6 1986年 6-3, 6-4 1987年 デビッド・ペイト 7-6, 6-4 1988年 ステファン・エドベリ 6-2, 6-2 1989年 ステファン・エドベリ イワン・レンドル 6-3, 2-6, 6-4 1990年 ステファン・エドベリ 6-4, 7-5 1991年 ステファン・エドベリ イワン・レンドル 6-1, 7-5, 6-0 1992年 6-4, 6-4, 7-6 1993年 6-2, 6-2, 6-2 1994年 ピート・サンプラス 6-4, 6-2 1995年 ジム・クーリエ 6-3, 6-4 1996年 ピート・サンプラス 6-4, 7-5 1997年 リカルト・クライチェク 6-2, 3-6, 6-1 1998年 6-3, 6-4 1999年 7-6, 7-5 2000年 6-4, 3-6, 6-1 2001年 6-4, 6-2 2002年 7-6, 6-3 2003年 7-6, 6-2 2004年 5-7, 6-1, 6-3 2005年 1-6, 7-6, 6-4 2006年 6-3, 6-3 2007年 6-1, 6-2 2008年 6-1, 6-4 2009年 6-3, 6-3 2010年 6-1, 7-5 2011年 3-6, 6-2, 6-0 7-6 5 , 3-6, 6-0 7—6 5 , 7—5 7—6 5 , 4—6, 6—4 6—2, 6—4 4—6, 6—3, 7—5 6—3, 7—5 6—2, 6-4 6—3, 6-2 男子ダブルス [ ] 年 優勝者 準優勝者 決勝結果 6-3, 6-2 7-5, 7-5 雨天中止 7-6, 6-4 6-4, 6-4 6-2, 7-6 6-2, 4-6, 6-1 3-6, 6-1, 6-1 6-3, 3-6, 6-4 3-6, 6-2, 6-1 6-1, 3-6, 7-6 6-4, 6-7, 7-6 6-7, 6-4, 6-3 7-6, 6-7, 6-3 6-2, 6-3 6-2, 7-6 6-4, 6-7, 6-4 7-6, 7-6 3-6, 6-3, 6-4 6-4, 5-7, 6-4 0-6, 7-5, 6-3 6-3, 6-4 7-6, 6-1 6-3, 3-6, 7-6 6-2, 6-2 2-6, 6-2, 7-6 ステファノ・ペスコソリド 6-3, 6-4 4-3 (途中棄権) 6-4, 6-7, 6-3 1-6, 7-6, 7-6 7-6, 6-4 6-7, 6-3, 7-6 5-1 (途中棄権) 5-4, 5-4 6-2, 7-5 6-4, 6-4 6-3, 6-4 6-2, 5-7 [10-8] 6-3, 6-2 6-1, 6-4 6—3, 7—6 5 7—6 5 , 6—4 6—3, 6—7 3 , [10—5] 7—6 7—5 , 3—6, [10—7] 6—2, 7—6 7—4 6—4, 7—6 7—1 6—4, 7—5 7-6 9-7 , 6-4 女子シングルス [ ] 年 優勝者 準優勝者 決勝結果 6-3, 6-0 7-6, 6-3 3-6, 6-4, 6-3 6-2, 3-6, 6-1 6-1, 6-1 WTAツアーに編入 6-3, 7-5 6-3, 6-2 6-4, 6-4 6-3, 7-5 6-3, 7-5 6-1, 6-4 6-1, 6-3 6-0, 3-6, 6-1 6-2, 6-4 5-7, 7-6, 6-0 6-2, 4-6, 6-4 6-4, 6-1 6-7, 6-4, 7-6 7-6, 6-7, 6-3 6-4, 6-2 6-3, 4-6, 6-4 6-3, 6-2 6-1, 6-2 ジャネット・リー 6-2, 6-0 6-4, 4-6, 6-4 7-6, 6-0 6-1, 6-4 7-5, 4-6, 6-3 7-6, 5-7, 6-2 1-6, 6-2 [6-1] 4-6, 7-5 [10-6].

次の

ジャパン・オープン・テニス選手権

ジャパン 女子 オープン テニス

大会のグレードは、 「WTAインターナショナルトーナメント」となります。 インターネットライブ配信 テレビが見れなくても移動中でも、スマホ・パソコン・タブレット端末などで楽しめるのでオススメ! WOWOWメンバーズオンデマンド 「ジャパン女子オープンテニス2019」を1回戦から決勝戦まで連日ライブ配信! テレビ版「WOWOW」加入者限定の無料番組配信サービスとなります。 第1シード 28位 シェ シュウェイ 第2シード 51位 V. クデルメトバ 第3シード 68位 A. バンアイトバンク 第4シード 72位 A. ポタポワ 第5シード 79位 T. マリア 第6シード 80位 Z. ディアス 第7シード 83位 S. ソリベス トルモ 第8シード 90位 L. シグムント — 103位 C. マクヘール — 106位 S. チルステア — 108位 土居 美咲 — 110位 K. フリプケンス — 113位 Y. ボナベンチャー — 114位 D. コビニッチ — 118位 V. レプチェンコ — 120位 G. ミネン — 129位 M. ブザルネスク — 130位 P. ホン — 132位 K. カワ — 133位 L. サムソノバ — 145位 日比野 菜緒 — 149位 K. クコバ — 160位 V. フリンク — 180位 奈良 くるみ — 225位 清水 綾乃 — 291位 尾崎 里紗 ドロー表(組み合わせ) 大会公式ホームページにてドロー表が無料ダウンロード可能! >> >> 歴代優勝者 この大会の女子シングルス歴代優勝者一覧をチェック! 2009年 サマンサ・ストーサー 2010年 タマリネ・タナスガーン 2011年 マリオン・バルトリ 2012年 ヘザー・ワトソン 2013年 サマンサ・ストーサー 2014年 サマンサ・ストーサー 2015年 ヤニナ・ウィックマイヤー 2016年 クリスティナ・マクヘール 2017年 ザリナ・ディアス 2018年 謝淑薇 注意事項 ・大会日程などはお間違えの無いようにご自身でもしっかりご確認下さい。 ・必ず放送スケジュール、配信スケジュールなどを確認の上ご利用下さい。 ・月額料金や対応機種、利用規約などのチェックもお忘れなく。 ・ネット視聴の場合、通信費は自己負担となります。 また、必ず通信環境の良い場所でご視聴下さい。 ・記載している情報はこの記事更新時のもの。 変更の可能性あり。 ・ご利用は全て自己責任でお願いします。 まとめ ジャパン女子オープンテニス2019の視聴方法をご紹介しました! ・「花キューピットジャパンウイメンズオープンテニスチャンピオンシップス」「ジャパンウイメンズオープンテニス」とも呼ばれる。 ・2019年9月9日(月)~15日(日)かけて日本・広島県で開催。 ・テレビでは「WOWOW」「RCC中国放送」で生中継&録画放送。 ・ネットでは「WOWOWメンバーズオンデマンド」でライブ配信。 こんな感じですね! 日本で開催されるので、日本人選手も数多く出場!(大坂なおみ選手は出場しません) 活躍に期待したいところ。 関連する記事• 2019. 24 テニスの国際大会となる・・・ 「イーストボーン国際2019(ネイチャー・バレー国際)の視聴方法」 をご紹介!!! 全仏オープンも終わり、ウィンブルドン[…]• 2019. 17 女子テニストーナメントである・・・ 「広州国際女子オープン2019女子シングルスの視聴方法」 をご紹介!!! 2019年9月16日(月)~21日(土)[…]• 2019. 24 女子テニストーナメントである・・・ 「タシュケント・オープン2019女子シングルスの視聴方法」 をご紹介!!! 2019年9月23日(月)~28日(土[…].

次の