アイコス 互換 品。 アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介

アイコス互換品おすすめランキング!口コミや評価も比較してみた

アイコス 互換 品

アイコス互換機 オススメランキング お財布に余裕がある人は正規品がオススメです。 その中でも安くていい互換機を紹介します。 ここで紹介している商品の中で、値段が安い物から試してみるのも良いでしょう。 ブレードタイプとニードルタイプの加熱式がありますが、基本はブレードタイプの方が吸いごたえがあります。 もちろんニードルでも針が太い場合はそれなりの吸いごたえになるので、あなたにあった互換品を探してみましょう。 Hitaste Q1 価格帯によって色々な種類がある Hitaste Q1は値段も安くニードルタイプの加熱棒ですがその中でも値段は安くオススメ。 連続吸引最大10本! 温度設定も3段階あり、好みの味に仕上げることができます。 キャップ部分はマグネット式なので緩むこともなく利用できます。 アイコスより小さいためバッテリー容量が少ないのですが、小まめに充電すれば問題なし。 【バイブ機能、自動クリーニング機能、セラミック加熱棒】 衝撃に強いセラミック加熱棒は万が一の落下衝撃などにも破損を防ぎます。 バイブレーター機能が搭載され、予熱開始・加熱開始と終了時にバイブでお知らせします。 またオートクリーニング機能を搭載し、面倒な掃除も任意のタイミングでかんたんに行えます(バッテリーに十分な容量がある状態で電源ボタンを8回連続で押してください)。 【レビュー投稿でご購入後2ヶ月保証付き(日本正規販売店e-BMS)】 通常7日間の保証がレビューをすることによって2か月の保証が受けられます。 安い互換機はほとんど保証がないのでそういったところも安くてオススメの理由です。 このHiatsteの商品は色々なランクでアイコス互換機を用意しているので要チェックです。 AVBAD TT 近未来的なスマートタッチ式 VAPEのようなタッチ式の新型アイコス互換機。 近未来感はあるが安っぽくはなく画像のイメージと違いコンパクト。 2本まではチェーンスモークが可能で、回しながら抜くとカスが残らない作りになっています。 正規品より安く、とりあえずで買うならこちらもオススメ。 加熱棒がニードル式ですが結構太めのため吸いごたえさえ満足できれば正規品と遜色なし。 小型な分バッテリーの持ちは短いですが小まめに充電して置けば大丈夫です。 人によっては本家アイコスに負けず劣らずというクチコミもあったので、正規品を買うのに悩んでいる場合はこちらを使ってみるのが良いでしょう。 【バイブ機能、自動クリーニング機能、セラミック加熱棒】 衝撃に強いセラミック加熱棒は万が一の落下衝撃などにも破損を防ぎます。 バイブレーター機能が搭載され、予熱開始・加熱開始と終了時にバイブでお知らせします。 またオートクリーニング機能を搭載し、面倒な掃除も任意のタイミングでかんたんに行えます。 jouz 20 Pro こちらも販売がなくなってしまった商品。 本家と同様にブレードを採用した商品で独自ブランド化。 有名になったのですが本家より高くなってしまったんですよね。 そして現時点で購入できる販路がない。 アイコスも値段を下げてきたこともあり、需要がなくなってしまったのでしょうか。 iSMOKE(アイスモーク) 1回の充電で約13本吸煙でき、チェーンスモーク可能。 自動電源オフ機能・バイブレーション機能搭載。 「美味しい、簡単、低価格」三拍子を兼ね揃えたアイスモーク。 機能は本家アイコスに負けず劣らず。 古いタイプを使っているようであれば新しいアイコスに買い替えか互換機の使用がおすすめです。 口コミを見ると低評価ばかりなのは気になります…。 色々な互換機が出ている中すべてを試せていないのではっきりとは言えませんが、現状アイコス本体を超えるものになかなか当たらないんですよね。 4Plusがダメで色々試しましたが、アイコス3、マルチで十分なので公式サイトから購入しちゃいましょう。 もし他にも気になる商品が出ていたらこちらの記事に追記させて頂きます。 やっぱりアイコス正規品が一番いい 結果としてなんですが、値段は張るけどアイコス正規品が一番です。 アフターフォローもありますし、1年間は保証が聞くというところ。 みんなが持っている安心感もありますよね。 今では月額定額制のプランも出ており、新規ユーザーとしてはありがたいプランです。 互換機の良いところは値段が安いという点、アイコスを持っていない、これからニコレスを吸いたい人、禁煙を目指してみようと思ってる人にはお試しで使用する価値はありそうです。 ただ、長い目みるとやっぱり正規品が一番という結果でした。 アイコス互換機の種類が多くなってきているので、古い商品より新しい商品でしっかりとした商品を選びましょう。 この記事で紹介した商品は以下の商品です。 これからアイコスを手にする方は月額プランも含めて検討してみてはいかがでしょうか。

次の

アイコス互換機のおすすめはこれ!2020年のおすすめモデルを紹介

アイコス 互換 品

各加熱式タバコが現在ブームとなっておりますが、紙巻タバコを辞めたきっかけはなんだったのか覚えていますか? 最終的に「禁煙できたらいいな」とか匂いや副流煙、健康といった問題がありました。 喫煙者が肩身の狭くなっている世の中ですが、せっかく加熱式タバコに変えたのに物足りなさを我慢している人もいると思います。 そして紙巻タバコにもどった人も。 せっかく健康面や匂い、副流煙、そして最終目的の禁煙に進むために加熱式タバコに変えたのに紙巻タバコに戻ってしまってはもったいない! たばことして吸いごたえのある加熱式タバコの上位互換品の紹介、そしてその他アフターパーツなどを紹介します。 加熱式タバコ4社で悩んだらトップページをご覧ください。 【リンク】 ちなみに、現時点でグローとパルズのおすすめ互換機はありませんでした。 喫煙本数はMAX35本。 全ての数値でアイコス互換機トップレベルの性能です。 吸うタイミングに合わせ温度を調整でき、3分~最大6分喫煙できる優れもの。 ディスプレイには喫煙時間、喫煙本数、喫煙温度、電池残量が確認できます。 他にもACEなどおすすめの互換機はあるのですが、生産終了してしまったり、入荷の見込みがなかったりと紹介しきれず。 互換機は数が多いだけに、売れない互換機は沙汰されていきます。 長く販売されているメーカー、商品を選べば大外れはないでしょう。 ちなみにおすすめアクセサリーは…クリーナー。 メンテナンスが煩わしいけど、吸いごたえは加熱式タバコの中でナンバーワンですからね。 何を妥協するかが課題となりそう。 吸いごたえをアップさせたいならプルームテックプラスに変えちゃうと言うのがおすすめですが、上位互換機として紹介するのは少し違いますもんね。 絶対的な互換性があるかと言われれば微妙なラインで、どれも公式では非推奨となっています。 純粋にプルームテックを吸っているのなら互換機の使用はオススメしない…けれど、禁煙目的ならここで紹介する商品も悪くないんです。 ニコチン、タールゼロでプルームテックのようなものを吸うならという意味でご紹介。 C-Tec DUOでリキッドも吸える プルームテックは、販売されているカートリッジとカプセルを吸うことしかできませんが、C-Tec DUOならカスタムも可能。 ちなみにC-Tecのカートリッジをプルームテックで吸うこともできるので、ほぼ完全互換機です。 カートリッジはネットで購入でき、プルームテックから禁煙を目指すのにもおすすめ。 フレーバーの種類も豊富で、味を変えればおやつやデザート代わりにも。 間食を減らすことでダイエットにも効果的です。 アトマイザーでカスタムをすればリキッドを自分で用意して味を変えることもできちゃう。 逆に本体はプルームテックでも、このアトマイザーとリキッドを別で購入するだけでプルームテックを改造できるというメリットもあります。 プルームテックおすすめアクセサリーをもっと知りたい方はこちら 【リンク】 アイコスやプルームは使い方次第で変わる アイコスもプルームも純正品が優秀なので無理して本体を変える必要はなさそう。 ただ故障したなどで新しく買い替える時の参考までにとどめてもらえればと思います。 プルームテックに関しては、C-Tecが優秀でカスタマイズできる点がメリット。 プルームテック持っていてカスタムしないのはもったいないぐらい。 VAPE入門としても面白いので、リキッドやCBDを試すチャンスです。 新しく買うのは悩むけど…という人に是非おすすめ。

次の

アイコス互換品おすすめランキング!口コミや評価も比較してみた

アイコス 互換 品

タールなどの有害成分を9割カット の強烈なキャッチコピーとともに登場した加熱式たばこ 「アイコス(iQOS)」 2015年に登場してから爆発的なヒットを飛ばし、国内300万台以上の出荷を記録後もまだまだ売れ行きが好調です。 でもそんな中、 実際のアイコスユーザーにはいくつかの不満が溜まっています(私もその一人)。 それは、• フタが閉まらなくて充電できない• 連続喫煙できず吸いたい時に吸えない• ヒートスティックがうまく刺さらない といった内容のレビューが大勢を占めています。 そもそも人気商品だからこそレビューが多いんですけどね… そんな不満やクレームを基に開発されたのが「アイコス互換機」というデバイスです。 商標の問題などもあるのか表向きには「アイコスでの使用可能」と記載はされていませんが、 互換機なのでヒートスティック本来の味をしっかりと再現できるように工夫を凝らしています。 今回はアイコス互換機の性能や価格、どんな種類があるのかをまとめてみました。 「アイコスが壊れてもう一度購入しようか迷っている」という方、ぜひ参考にしてみてください。 アイコスユーザーの不満あるある 冒頭でも簡単に述べましたが、アイコスユーザーならではの悩みというものは多岐に渡ります。 まずはそんな 「アイコスユーザー不満あるある」について紹介していきます。 フタが閉まらなくなった アイコスはホルダー(ヒートスティックを加熱するスティック状のデバイス)とチャージャー(ホルダーの充電機)が別々になっていて、1本吸い終わるごとにチャージャー内へホルダーを装填する必要があります。 このとき「カチッ」とフタを閉めないと充電が始まらないのですが、チャージャーのフタに強度の問題があり、 しばらく使い続けているとフタの爪がポキッと折れてしまって閉まらなくなってしまいます。 当然、充電をすることができないので、再度ヒートスティックを吸うには 「充電完了まで手で抑えておく」か 「アイコスバンドなどで留めておく」必要があります。 ボタンが効かない・赤ランプ点滅 アイコスには寿命があります。 チャージャーはおよそ400回• ホルダーはおよそ7300回 の充電が可能ですが、1 日20本の喫煙(チャージャーは1日1回充電)で1年程度が寿命となります。 当然ホルダー・チャージャーどちらかが先に寿命がきます(1年以内であれば無償交換が可能)。 寿命と判断される多くの症状は 「ボタンを押しても反応がない」か「チャージャーの赤ランプが点滅」により充電されないケースです。 ホルダー・チャージャーともに1年以内に寿命が来ればいいですが、どちらか一方が1年以上使用できた時は無償交換期間が過ぎてしまい、結局再購入することになってしまいます。 連続喫煙ができない これ、何気に大きなデメリットです(個人差はありますが)。 たとえば仕事の合間に一服したいなと思って喫煙室に行っても、2本目を吸い始めるには3~5分ほどの充電時間を待たなければならず、結果ちょっとした息抜きの予定が15分以上も喫煙室にいて上司に怒られたなんてことも(実体験ww)。 また、このあと予定している会議が長くなりそうな雰囲気なので吸い溜めをしておきたいと思っていても、 連続喫煙ができないというデメリットがあります。 充電できていない 意外とよくあるのが 「充電していたはずなのにできていなかった」ということ。 理由は様々ですが、一番多いのが「バッグの中でチャージャーのフタがちょっぴり開いていた」ことで、次に多いのが「ヒートスティックの残りカスがホルダー内に付着」していることによりチャージャーのフタがしっかり閉まっていないことです。 いざ吸いたいなと思ってアイコスにヒートスティックを挿して パワーオン!ん?パワーオン!あれ? なんてことがあり、吸いたいのに再度充電が完了するまで待つ羽目に… ストレスを解消するために始めた加熱式たばこなのに、むしろストレスが溜まってしまうなんてこともしょっちゅうありますね。 結局タバコとアイコスの両刀使いに… かなり多くの方がこうした状況を打破するために 「昔吸っていたタバコとアイコスを両方持ち歩く」といった、ある意味本末転倒なことをしてしまいがちです。 「自分や周りの健康被害を気にして始めた加熱式たばこ」なのに、気づけばモクモクとタバコを吸ってしまっていて、ちょっと勿体ないですよね。 これで解決!アイコス互換機 冒頭でも触れましたが、アイコス互換機は「アイコスのヒートスティックが吸える互換デバイス」です。 様々な種類が発売されていますが、最新のものになればなるほど「アイコスの不満を解消」しています。 代表的な性能は以下の通り。 ヒートスティックが連続で吸える• 一体型で充電できていないということがない• アイコスに比べて喫煙後の掃除がラク などが挙げられます。 それではどんなアイコス互換機があるのでしょうか?詳細を見ていきましょう。 アイコス互換機の種類 それでは最近発売されているものから順を追って、価格・性能・特徴について紹介をしていきます。 イーフォス EFOS• 金額:8,980円(税込)• カラー:ブラック、ホワイト 2017年末に発売されたばかりのアイコス互換機で、レビューなどを見ていると 「アイコスを超えた!」「アイコス互換機の最終形態」などと非常に高評価です。 アイコスと比較した性能については以下の通り。 パフ回数:20回(アイコスは14回)• 連続喫煙可能(アイコスは1回ずつ充電が必要)• 高温、低温の温度調整機能(アイコスはなし)• 一体型モデル(アイコスはホルダー、チャージャーが別)• 3D加熱システム(アイコスはブレード加熱) といった機能の違いがあります。 一体型というところがミソで、ボタンも1つのみのシンプル設計です。 チャージャー・ホルダーが別々になっていないので充電できていなかった!なんてことも無くなりますし、どちらかを紛失することもありませんね。 また、 パフ回数(1本で吸引できる回数)もアイコスの14回から20回に増えたおかげで、1本で満足できるのが嬉しいです。 好みによりますが、 通常時は低温モード・通常のたばこのような味わいを求めるなら高温モード、と使い分けが可能です。 そして画期的なのが「3D加熱」というシステムの採用です。 アイコスはヒートスティックをホルダー内のブレードに挿して加熱しますが、これだとスティック全体が加熱されず「味ムラ」が発生します。 またうまく挿さらない時もありますね。 その点、 EFOSはスティックを周りから均一に加熱するので、非常にまろやかな味わいを楽しむことができます。 金額:7,000円(税込)• カラー:ブラック、ホワイト、レッド EFOSの前身とした作られたのがアイバディという互換機です。 発売以降大ヒットを収め、 楽天市場の電子たばこランキングで1位を獲得したこともあります(2017年9月)。 EFOSより機能はやや劣るものの、その分求めやすい価格になっています。 それではEFOS同様にアイコスとの違いをみていきます。 重さ70g(アイコスは120g)• 大きさ:約8cm(アイコスは約11cm)• パフ回数:16回(アイコスは14回)• 連続喫煙可能(アイコスは1回ずつ充電が必要) このような違いがあります。 アイバディの特徴として 「全てのアイコス互換機の中で最小」というものがあります。 全長8cmというのはちょうど煙草の箱と同じぐらいの大きさで、とにかくコンパクトで持ち運びに便利です。 もちろん一体型なのでEFOS同様にフタが閉まらなくて充電できなかったという心配はいりませんね。 また加熱方式もアイコスと違い、丸い棒状のブレードを採用しており(アイコスは板状)、より均一に加熱される仕組みです。 サイズが小さい分少しバッテリー容量に難がありますが、それでも満充電で約15本のヒートスティックを楽しむことができます。 金額:7,980円(税込)• カラー:ブラック、ホワイト 最後は人気のハーブスティックシリーズ最新モデルの「FyHit CS Pen」です。 もともとハーブスティックはその名前の通り、 「シャグ(タバコ葉)をスティックに詰めて加熱吸引するデバイス」で、その汎用性は高く「どのたばこでも吸える」のが魅力でした。 人気商品であるが故、毎年のように新モデルが開発されており、今回 「FyHitシリーズ」が登場しました。 「FyHit CS Pen」はその中でもアイコスのヒートスティックを吸えるように開発されており、イーフォスやアイバディとは違った性能を持っています。 大容量の2200mAhバッテリー• 加熱温度は3段階調整可• チェーンスモーク可能• メンテナンスがほとんど必要ない 形状はアイコスのホルダーを2回りほど大きくしたようなペンタイプで、そのままUSBケーブルで充電が可能です。 説明書の記載ではヒートスティック1本につき13パフで終了となっていますが、 大容量バッテリーのおかげか20パフ以上は軽く吸引可能です。 加熱温度もEFOSの2段階より多い3段階で、好みに応じた風味を味わうことができます。 また、シンプルな構造なので吸い終わったとのメンテナンス(掃除)がほとんど必要ないのも大きなメリットですね。 そして何といっても、ハーブスティック本来の 「シャグでの吸引も可能」にしているところです。 専用のマウスピースを付け替えることによって、たとえばヒートスティック1本で3回分程度のシャグとして楽しめるため、 コストパフォーマンスは群を抜いています。

次の