とある男が授業してみた 英語。 「とある男が授業をしてみた」がイイ!

スタディサプリ算数講師の加固希支男の経歴や評判は?無料で授業が受ける方法も

とある男が授業してみた 英語

2007年に日本に帰国し、大手コンサルティング会社に入社。 グローバルなビジネス環境にも関わらず、英語に苦手意識を抱いている日本人が多いことに気付き、 2011年に自分に何かできないかとYouTubeで英会話チャンネルを開始。 母親が日本人、父親がアメリカ人のロサンゼルス生まれ育ちのハーフです。 幼い時期から両文化で育ってきた僕は、日米双方の教育を受けてきました。 カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学を卒業し、交換留学で一年間、一橋大学で大学生活を送りました。 その後、石川県内灘町役場で国際交流員として赴任し、2年間の勤務を経て、ロサンゼルスへ帰国、2011年に英会話学校「BYB English Center」をアーバインで開校しました。 「言語と文化は切り離せない!」 文化、習慣、教育、考え方から人間関係、双方体験してきた僕は、英語を勉強されている皆さんに少しでも役立つようHAPA英会話を始めました。 これまで、英語を教える一方、自身は日本語を学んできた経験から肌で感じたこと・・・それは「言語と文化は切り離せない!」。 だからこそ英語だけでなく、文化を取り入れた多くの表現、知識、ローカル情報をご紹介していきたいと思います。 『HAPA』とは? 混血のことをハーフやミックス(最近はダブルともいいますね)と日本ではよく表現されますが、ロサンゼルス(カリフォルニア州)では「HAPA」と呼ぶことも一般的です。 HAPAは元々ハワイ語から由来した言葉で「半分」または「一部」を意味します。 そのため、1つの英語の表現でも、 「ネイディブはこんなとらえ方をするよ」 「日本人はこんな場面で使うけど、この表現はあまり使わないよ」 などと、どちらの視点からでも英語表現について話せるので、英語表現について理解が深まります。 こんなチャンネルです! こんにちは。 ATSUです。 このチャンネルでは生まれて大学卒業までずっと日本で育った私が英検1級、TOEIC満点、TOEFL114点、IELTS8. 5を取得し、大学院留学(成績優秀にて卒業)、そしてメルボルン(オーストラリア)にてBig4会計事務所に就職を達成するまでに行ってきた英語学習を動画を通じてシェアしています。 是非ともチャンネル登録お願いします。 プロフィール 2014年12月にオーストラリア国立大学大学院を会計学修士(成績優秀)で卒業 現在メルボルン在住で外資系(非日系)会計系企業にて奮闘中 2012-13 ロータリー国際親善奨学生 取得資格(英語) IELTS Academic 8. 5 L9. 0 R9. 0 W7. 5 S8. 0 実用英語技能検定1級 TOEIC 990点(満点) L495 R495 TOEFL iBT 114点 L30 R28 S27 W29 その他取得資格 米国公認会計士(USCPA - WA 国際会計検定895点(コントローラーレベル) 日商簿記2級 Atsueigo チャンネル概要 Atsuさんの魅力は、「ずっと日本で育ってきた」こと。 英語がペラペラ、英検1級を取得し、メルボルンで会計事務所に就職するまでに自分が勉強してきた方法やどうやって英語学習のモチベーションを保つのかについて発信しています。 日本でずっと育ってきたけど、英語を使いこなしている人のモデルを見ることはすごく励まされますよね。 こんなチャンネルです! 動画をご覧頂き、ありがとうございます! 自宅で撮影した授業をupしまくっております。 よろしければ、家庭学習やテスト勉強・受験勉強にご利用下さい! とある男が授業してみた チャンネル概要 動画の中で公表されていましたが、この授業をしている「とある男」さんの本業は家庭教師だそうです。 中学校の5教科、高校の数学、小学生の算数など、幅広くカバーされています。 このチャンネルの動画の良いところは、 動画の画面を見ながら穴埋めで勉強できる ということです! 実際にノートなどを準備して画面の前で自分で問題を解いてみることができるので、中学校の英語の内容の復習や、基本的な英語の学習に活用できます! こんなチャンネルです! ロサンゼルス発「あいうえフォニックス」で、楽しく英語の発音(フォニックス)をおぼえよう! アリーとファジーはLA在住のバイリンガル。 二人ともネイティブなので、本格的な英語の発音の練習ができるよ! 今までにフォニックスを勉強したことがある人は「フォニックスはルールを覚えるもの=めんどくさいもの」とお考えかも。 でも「あいうえおフォニックス」には難しいルールは一切ありません。 フォニックスの中でも、特に日本人が間違いやすい英語の母音や、子音の発音を、少しずつ楽しく勉強できます。 楽しくビデオを見ながら、自然に英語らしいリズムで自信を持って発音できるようになっています。 あいうえおフォニックス チャンネル概要 まず、アニメーションがとっても可愛いです! そして声も可愛いので勉強になるだけではなく、癒されます。 あいうえおフォニックスでは、 こんなチャンネルです! The TED Talks channel features the best talks and performances from the TED Conference, where the world's leading thinkers and doers give the talk of their lives in 18 minutes or less. Look for talks on Technology, Entertainment and Design -- plus science, business, global issues, the arts and more. TED チャンネル概要 TEDはテクノロジー、エンターテイメント、デザイン、化学、ビジネス、国際問題、美術、そのほかのテーマについて考えている人が話すチャンネルです。 日本人も何度か登場しています! TEDは字幕があるので、専門用語があっても目で追いながらだと理解できます。 また、英語のリスニングに慣れている方なら、ぜひ聞き流しながらリスニング力の強化をしてみてください! 専門的な単語を覚えられるとさらに英語のリスニング力アップにつながります!.

次の

予習復習に最適!You Tube動画学習講義サイト「とある男が授業をしてみた」まとめサイトも有り!【安仁屋塾】

とある男が授業してみた 英語

目次(項目をクリックするとジャンプできます)• 加固希支男さんのプロフィール 経歴 加固希支男先生は現在スタディサプリで 小学生向け算数の講師をされています。 2007年まで一般企業での勤務を経験した後、明星大学通信教育部にて小学校教諭免許を取得され、東京都内で公立小学校教諭として勤務していました。 2013年より 東京学芸大学附属小金井小学校教諭として活躍されています。 算数教育に関する研究を重ね、加固先生ご自身が所属する志の算数教育研究会が 「第61回読売教育賞最優秀賞」を受賞するなど、先生の教育手腕は広く評価されています。 出身大学 加固希支男先生は、 立教大学経済学部経済学科を卒業されています。 偏差値60を超える名門大学を卒業され、小学校教諭として現在も勤務されている加固先生は、 指導力だけでなく生徒を思う気持ちもとても高いです。 算数嫌いの生徒の「わからない」という気持ちに寄り添い、確実に実力がつくような解説をしてくれます。 どうすれば問題が解けるのか、また以前習った単元とどのように関連づけて考えればいいのかを探り、 算数の楽しさを余すことなく味わうことができます。 加固希支男さんの担当講座一覧 小学生講座 小4 算数(基礎)入門編 小5 算数(基礎)入門編 小6 算数(基礎)入門編 加固希支男さんの評判や口コミ 子供が楽しめる授業が非常に好評なようです。 東京学芸大学付属小金井小の加固希支男先生の授業です。 飛び込みなのに、子どもがとても楽しそうで、さすがです。 — まりなーず marina4557959 加固希支男さんの授業をレビュー 実際に授業を受けてみました 易しい言葉で解説 加固先生は、スタディサプリだけではなく、 小学校教諭として現在も勤務されています。 そのため、 小学生に対して一番伝わりやすい言葉を選ぶのはお手の物。 算数をニガテだと感じている生徒さんにも、分かりやすく授業を行なってくれます。 小学生にとって「わからない」という気持ちに寄り添ってくれるのは、非常に心強いです。 授業を受けると、 ぐんぐん学力が伸びていくのを感じ取れるので、どんなレベルのお子さんにもオススメです。 問題とまとめがわかりやすい 加固先生は授業の起承転結を非常にわかりやすく設定しており、「 問題(ねらい)とそれに対する手立て、結果」を生徒さんにわかりやすく解説してくれます。 本来ならすべての教員が指導案(教える手順)を作成する際に必ずこれらを考えるのですが、慣れてくると指導案作成を怠る先生が多く見られます(私は教員免許を持っているため教員事情についてはそれなりに知っています)。 加固先生は緻密に指導案を作成するため、 生徒は「今うけている授業内容」と「そこで学ぶべきこと(=授業の大事なポイント)」を明確に理解することが出来ます。 計算し尽くされた指導案の元なら確実に学力が付きます。 思考力が育つ授業 加固希支男先生の算数の授業では、 「なぜそうなるのか」に徹底して着目し、先生と生徒さんが一緒に考えていくスタイルを取っています。 これをすることで子どもたちが自分で考える力を育て、諦めずに問題解決に向かっていく強い心が身につきます。 算数の成績アップや志望校合格の目標はもちろんですが、 勉強のみにとどまらず、生きるための力をつける教育をしてくれる加固先生の授業は、受賞歴があるだけあって大変身になる内容です。 加固希支男さんの授業を無料で受ける方法 加固希支男さんの授業を2週間無料体験できる 加固希支男さんが授業をしている スタディサプリでは2週間の無料体験を実施していますので、この機会にぜひ加固希支男さんの授業を体験してはいかがでしょうか? 小学講座では「2週間無料体験&テキスト5冊(計6000円分)無料プレゼントキャンペーン」を実施しています。 スタディフォー , 2020 All Rights Reserved Powered by. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. ssl-images-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon.

次の

白熱教室:灘高の英語授業はこうなっている

とある男が授業してみた 英語

タイトルにもありますが、衝撃的でした。 そう言って頂けるのは嬉しいんですけれど、生徒や私からすると、練習しているんだから、話せるようになるのはある程度当たり前という感覚です。 水泳や野球、バスケットボールと同じで、英語も実技だと考えることが大切です。 私も生徒も、練習すれば上達すると思ってやっています。 やった分だけ結果として返ってきている感覚なんですね。 英語を教える中で、これじゃできないよねと感じた部分もあるのですか。 そうですね。 皆さんが中学、高校の授業を振り返ったときに、おそらく圧倒的に練習量が足りなかったのではないでしょうか。 英語はかなり実技的な要素が大きく、聞く、話す、読む、書くの4技能が大切になります。 音楽や美術、体育のように、英語も練習をしないと、聞けるようにならないし、話せるようにはなりません。 英語がスキルであるということを、教員が意識していないところがあります。 ずいぶん変わってきてはいるのですが、授業が知識を伝達するということ中心になってしまっている部分がまだあるんですね。 なぜ話せないかというと、一番は訓練をしていないからなんです。 これをすれば、絶対にしゃべれるようになりますという方法論が、英語の教育界でまだ確立していない面もあります。 教員の経験や勘を頼りにして授業が成立しているところが、残念ながらあると思います。 私が英語の指導方法を研究することになったのは、顧問を務めるインターアクト部が2011年に英語ディベートの世界大会に初めて参加することになったのがきっかけでした。 ディベートの世界大会は、ネイティブに近いレベルで勝負する大会です。 そこでディベートに勝てるよう指導する中で、これをやれば、必ず力がつく、4技能を獲得する近道になるという実践方法が、私の中でまとまっていきました。 2月に開催された「第12回ウインターカップ全国高校生英語ディベート大会」で指導するインターアクト部はアカデミックディベートの部で準優勝、パーラメンタリーディベート(即興型)の部で優勝した。 この学習法を、さまざまな方に知って頂けたらと考えたからです。 英語を話せなくて困っている人の中には、どう勉強したらいいかに困り、学習が行き当たりばったりになっている方も多いのではないでしょうか。 そういった人たちに高校生の実践を知ってもらって、学習上の誤解をとき、参考にして頂けたらと思っています。 ディベートには、聞く、話す、読む、書くの4技能が訓練される仕掛けがあります。 4技能を使いこなさないと、議論ができないからです。 留学すると語学力が伸びるのは、生きるためにその言語を使わないといけないから。 それを疑似的に再現する、つまり教室の中でのディベートという勝ち負けを決めるゲームで、一生懸命やらないといけない環境を与え、成長を促すんです。 それに対して、授業ではライティングやリーディングを分けて考えがちです。 上手に解説すれば書けるようになるはずだ、読めるようになるはずだといった誤解もあるかもしれません。 説明をして読めるようになったら、誰も苦労しないわけで、やっぱり読む訓練をしなければいけないんですが。 そうですね。 我々がよく言うのが「教科書を教える」んではなくて「教科書で教える」んだと。 教科書を教えても、英語をしゃべったり、聞いたりできるようにはならないので。 教科書を使って、さまざまな活動をしてスキルを伸ばすことが大事です。 教科書に載っているトピックや表現を使ってディベートをしたり、プレゼンテーションする訓練を生徒と一緒にやったりする。 そういうことが、スキルを伸ばすことにつながるんだと思っています。

次の