桑子 真帆 元夫。 桑子真帆アナの元夫の谷岡慎一アナが再婚していた!?いつ?再婚相手は誰?

桑子真帆アナ、元夫が再婚で小澤征悦との“超セレブ婚”とフリー転身に向け前進か(2020年6月7日)|BIGLOBEニュース

桑子 真帆 元夫

フジテレビのアナウンサーが2日、同局の情報番組『ノンストップ!』のなかで、11月に挙式を控えていることを公表した。 テレビ局のアナウンサーで、しかも結婚報告ではなく挙式予定を明かすということに違和感を覚えなくもないが、谷岡アナといえば、NHKのアナウンサーの元夫。 2人は2017年5月に局を超えての結婚、と話題になったものの、翌18年6月にスピード離婚している。 谷岡アナは今春に再婚していますが、新型コロナウイルスの感染拡大もあって公表をしばらく控えていたそうです。 でも、この時期にわざわざ明かしたのは元妻に対する当てつけじゃないか、とも思えてしまいますよね」(スポーツ紙記者) 桑子アナのほうが結婚に前のめり 元妻・桑子アナはコロナ禍で自粛ムードが漂う4月中旬に俳優・との熱愛が報じられた。 小澤といえば、世界的指揮者・小澤征爾氏を父に持つセレブで、これまでも女優の杏や滝川クリステルらと華麗なる恋愛遍歴を重ねてきた。 「谷岡アナと桑子アナは挙式も新婚旅行もしていないそうで、最初から最後まですれ違いの生活だったそうです。 結婚していたのはわずか1年ですし、それほど大きなしこりが残っているとも思えませんから、谷岡アナが公表したことはあくまで番組の企画だと思います」(女性誌記者) その桑子アナと小澤だが「桑子アナは結婚も視野に入れている」(同前)という。 「結婚に対しては彼女の方がけっこう押しているそうです。 結婚するとなれば、NHKを退局してフリーになるなり主婦の座に収まる、など選択肢は広がりますからね。 実際、フリー転身を考えているというウワサもあります。 桑子アナがリードして進めれば、ゴールインもあると思います」 小澤は1月31日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ)で子どものころのエピソードを紹介しているが、その内容は本物のセレブそのもの。 最初から結婚を意識しての交際だったのだと思いますよ」(スポーツ紙記者) セレブ妻の座を射止めるのは時間の問題か? (取材・文/小窪 誠子) 外部サイト.

次の

谷岡慎一アナの再婚の相手(奥さん)は誰?「桑子真帆アナが焦る」女子アナの可能性も

桑子 真帆 元夫

Contents• スポンサーリンク 桑子真帆アナと谷岡慎一アナは結婚・離婚していた 以前、桑子真帆アナと谷岡慎一アナの結婚についての記事を書きました。 その記事の一部を引用します。 桑子真帆アナが実は、結婚していました。 結婚相手は谷岡慎一アナ! 2017年5月30日に結婚をしました。 5月30日は、桑子真帆アナの誕生日なので、桑子真帆アナの誕生日に合わせて結婚したみたいですね。 桑子真帆アナは結婚について「ニュースウオッチ9」のブログで発表していました。 そして、桑子真帆アナと谷岡慎一アナの離婚についても以前書きましたので、少し引用します。 桑子真帆アナと谷岡慎一アナが離婚したのは、2018年6月3日です。 桑子真帆アナと谷岡慎一アナが結婚したのが2017年の5月30日なので、結婚から約1年で離婚してしまったということになります。 結婚してから1年で離婚というのはとても早いですね。 桑子真帆アナと谷岡慎一アナの離婚の原因ですが、生活のすれ違いや不倫といった噂がありました。 桑子真帆アナと谷岡慎一アナの結婚や離婚に関しては、以前記事を書いているので見てみてください。 桑子真帆アナの元夫の谷岡慎一アナが再婚していた 今回、桑子真帆アナが小澤征悦さんとデートをしていたというニュースがありました。 この日は、桑子アナの数少ない休日。 前日は小澤の家に泊まっていたようだった。 徒歩で数分の自宅に帰った桑子アナだが、すぐに小澤が愛車で迎えにきた。 片時も離れたくない、ということなのだろうか。 自宅に車内にとふたりの時間は続いた。 「数年前から共通の知人を介して食事をしたことがあったそうです。 その知人とは、俳優の和田正人さん(40才)。 小澤さんと和田さんはドラマで共演していて、公私ともに仲がいい。 一方で、和田さんは桑子さんとも親友なんです。 ふたりが急接近したのは去年の春ぐらいかな。 桑子さんが引っ越した先が、小澤さんの自宅の目と鼻の先だったんです。 彼女が追いかけていったのでしょう。 一方の小澤の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」と答えた。 こちらのニュースも興味深かったのですが、そのニュースの中で谷岡慎一アナの再婚について触れていたのです。 「滝川さんが去年の夏に結婚しましたが、実は谷岡アナも最近、再婚したようなんです。 もちろん桑子さんも知っています。 何やら焦る気持ちもあるようです」(前出・桑子アナの知人) ちなみにフジテレビは、谷岡アナの再婚は「事実です」(広報室)と回答した。 なんと、桑子真帆アナのデートのニュースの中で少しだけ触れていました。 驚きです。 谷岡慎一アナはいつ再婚して相手は誰なのでしょうか? 気になるので、調べてみました。 スポンサーリンク 谷岡慎一アナが再婚していた!?いつ?再婚相手は誰? 谷岡慎一アナの簡単なプロフィールです。 出身地 高知県• 生年月日 1987年2月16日• 血液型 A型• 最終学歴 法政大学経営学部• 趣味 釣り• 特技 野球・ピアノ• 担当番組 ノンストップ!(水・木)VS嵐 天の声 谷岡慎一アナは、いつ結婚していたのでしょうか? 詳しい時期については、調べても出てきませんでした。 しかし、桑子真帆アナとの離婚が2018年6月3日なので、それ以降なのは確実でしょう。 離婚してすぐ交際する方や交際してすぐ結婚する方もいるとは思いますが、谷岡慎一アナはそういうタイプではなさそうなので、2018年にすぐ交際・結婚はないと思います。 となると、2019年に交際を開始し、2019年内に再婚または2020年になってから再婚したのではないかと考えられます。 ここで、再婚相手も気になります。 こちらも調べてみましたが、詳細は分かりませんでした。 しかし、再婚相手が有名な方であれば、何かしらの報道がなされると思います。 そういった報道がないということなので、一般女性なのではないかと考えられます。 再婚なので、わざわざ報告しないということも考えられます。 しかし芸能人の再婚等であれば報道されることが多いということを考えると、谷岡慎一アナの再婚相手は一般女性と考えるのが一番近いのではないかと思います。 谷岡慎一アナの結婚式はいつ? 追記: 谷岡慎一アナが2020年6月2日の「ノンストップ」で11月に挙式をあげる予定と発表しました。 痩せたい理由を聞かれると「私事なんですが、結婚式がありまして」と11月に挙式を控えていることを報告。 MCのバナナマン設楽統(47)から「また?」と、ツッコまれると「結婚式は1回目です」と笑顔で説明した。 鋭いツッコミを受けましたが、笑顔で余裕のある感じで返した谷岡慎一アナが格好良く見えました。 今度こそ幸せな結婚生活を送って欲しいですね。 桑子真帆アナの元夫の谷岡慎一アナが再婚していた!?いつ?再婚相手は誰?まとめ• 桑子真帆アナと谷岡慎一アナは、2017年5月30日に結婚• 桑子真帆アナと谷岡慎一アナは、2018年6月3日に離婚• 谷岡慎一アナは再婚していた• 谷岡慎一アナの再婚は、2019年か2020年で再婚相手は一般女性の可能性が高い 以上、桑子真帆アナの元夫の谷岡慎一アナが再婚していた!?いつ?再婚相手は誰?についてまとめてみました。 今回のニュースは、離婚した桑子真帆アナと谷岡慎一アナの両方がそれぞれ別の道で幸せを見つけているという明るいニュースでした。 たまたま道が違えてしまった桑子真帆アナと谷岡慎一アナですが、お互いに幸せそうで良かったです。 今度は、桑子真帆アナの再婚のニュースを聞けることを祈っております。 スポンサーリンク.

次の

元夫にライバル心!? NHK桑子真帆アナ、 押しの一手で狙う小澤征悦との“セレブ婚”|ニフティニュース

桑子 真帆 元夫

写真 NHK公式サイトより フジテレビの谷岡慎一アナが2日、同局の情報番組『ノンストップ!』で、11月に挙式を控えていることを明らかにした。 これに、メラメラとライバル心をたぎらせているのが、元妻でNHKの桑子真帆アナだという。 2人は2017年5月に結婚したものの、わずか1年でスピード離婚している。 「桑子アナと谷岡アナは結婚式をしていません。 それなのに、再婚となる谷岡アナが今度は挙式するというのですから、桑子アナの心中は穏やかではないでしょう。 ならば自分の再婚のときは、『もっと世間を驚かせたい』と思っているようです」(スポーツ紙記者) 桑子アナは4月23日発売の「女性セブン」(小学館)で、俳優・小澤征悦との熱愛を報じられている。 NHKの上層部からは、芸能人との交際をすっぱ抜かれたことで、大目玉を食らったようだが、桑子アナ自身は、そんなことなどお構いなしなのだという。 スピード離婚によるイメージダウンで同性からの支持も下がりました。 今は仕事より、恋愛優先。 小澤との結婚にこぎ着けられたら、局アナにこだわらなくても、フリーに転身して、悠々自適な生活を送れますからね。 「桑子アナは小澤の自宅近くに引っ越すなど、積極的にアプローチしています。 今後も押しの一手で攻めて、小澤が陥落してくれることを願っているはずです」(同) ただ、気になるのは、小澤には、あまり結婚願望が感じられない点だ。 桑子アナが過度にプッシュすると、小澤はかえってうっとうしさを感じてしまうかもしれない。 何はともあれ、2人の今後を注視していきたいところだ。

次の