日本 ボランタリー チェーン 協会。 酒類販売管理研修

ボランタリーチェーン(VC)の運営特性

日本 ボランタリー チェーン 協会

この度の緊急事態宣言の全面解除を受け、感染防止に配慮した上で、研修を再開いたします。 当協会ホームページよりお申し込みください。 ご了承願います。 【感染防止対策】 ・当面の間、内容の充実をはかりつつ、受講時間を短縮して開催いたします。 ・講師や研修に携わる職員はマスクを着用いたします。 【受講申込の方へのお願い】 ・熱や風邪症状のある方はご受講をお控えください。 振替を承ります。 ・マスク着用、手洗い、咳エチケットにご協力をお願いいたします。 また、3月〜6月同研修開催中止に伴い、受講申込者に対して、受講料の返金作業を行っております。 順次対応しておりますが、返金作業にお時間がかかっております。 ご了承願います。 これは酒類販売管理者が、20歳未満者と思われる者に対する年齢確認の実施、及び酒類陳列場所における表示など酒類の販売業務を行うに当たって遵守すべき法令に関する事項のほか、アルコール飲料としての酒類の特性や商品知識等を修得することにより、その資質の向上を図り、販売場における酒類の適正な販売管理の確保等について実効性を高めることを目的として実施されるものです。 2017年6月から、酒類の小売販売場ごとに「酒類販売管理者」を選任しその者に販売管理研修(初回受講・再受講)を受講させるように義務付けられました。 当協会は「酒類販売管理研修実施団体」としての指定を受け、酒類販売管理研修を実施しております。 受講料 1.以下「開催日スケジュール・お申し込みはこちら」からご希望の研修にお申し込み下さい。 (注意)お電話でのお申込やご予約は承っておりません。 2.後日、受講料の払込票がご自宅へ郵送されます。 3.お近くのコンビニエンスストアで受講料をお支払い下さい。 (注意)払込期限までにお支払い下さい。 期限を過ぎるとお申込みが無効となります。 4.研修当日は、払込票(またはコピー)をご持参下さい。 払込票(またはコピー)が研修の受講票となります。 (注意)払込票(またはコピー)をお忘れ(紛失)の場合は、研修を受講いただけない場合があります。 注意事項 お申込の際の注意事項• ・各研修は、先着順の受付となり定員に達し次第、締め切りとなります。 ・初回受講者が、再受講研修を受講した場合はその受講は無効となります。 あらためて初回研修を受講していただくことになります。 お間違えのないようお申込み下さい。 どちらを受講したらよいか判らない場合は、初回研修を受講して下さい。 ・研修の申込人数が5名未満の場合には、研修を中止させていただく場合があります。 予めご了承下さい。 (中止の際は、JFAより受講者へ事前にご連絡致します。 ・領収証は発行致しません。 払込票が領収書となります。 理由の如何にかかわらず研修を欠席された場合についても、変更や振替および、受講料返金の取り扱いは致しかねます。 予めご了承の上、お申込み下さい。 研修当日の注意事項• ・払込票の提示をもって本人確認を致します。 当日、お忘れ(紛失)の場合は受講をお断りする場合があります。 研修日まで払込票(またはコピー)は大切に保管して下さい。 ・当日持参するもの• 払込票(コピー可)• 筆記具• ・受付は各会場とも研修開始時間の30分前からとなります。 公共の交通機関をご利用下さい。 ・国税庁の指導により研修途中の入場・退場は認められません。 必ず時間厳守でご出席下さい。 ・受講証には申込時に入力していただいた内容が反映されております。 内容の修正を希望される場合は、別途修正手数料500円がかかります。 申込の際は慎重にご入力下さい。 ・天災等により中止する場合があります。 ホームページに掲載いたしますので、事前にご確認下さい。 研修内容• (1)「初回受講」とは、酒類販売管理者選任後初めて受講される酒類販売管理者を対象とした研修。 (2)「再受講」とは、初回受講後3年を経過するまでの酒類販売管理者を対象とした定期的な研修。 《第1編》 オリエンテーション 第1章 酒類販売管理者 第2章 酒類小売業者等が酒類の販売業務に関して遵守しなければならない法令 第1節 酒税法関係 第2節 酒類業組合法 第3節 米トレーサビリティ法 第4節 未成年者飲酒禁止法等 ビデオ上映 第5節 独占禁止法等 第6節 環境関係法 自己診断チェックテスト 質疑応答 休 憩 《第2編》 第1章 酒類の商品知識等 第2章 酒類と健康等 第3章 参考法令 自己診断チェックテスト 質疑応答 受講証の再発行について.

次の

会長挨拶|一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会

日本 ボランタリー チェーン 協会

平素より当協会の活動に多大なるご協力とご高配を賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。 新型コロナウイルスの感染拡大により、会員の皆様におかれましては、大変なご苦労をされていることかと存じます。 現在でも世界中で新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっています。 感染により苦しんでおられる方々にお見舞い申し上げるとともに、全国で治療や感染予防に力を注がれている医療従事者の方々に感謝と敬意を表します。 世界的な危機に直面している中、私たちにとって最も重要なのは、お客様、会員の皆様、従業員の皆様、お取引先様の健康と安全です。 くれぐれもご自愛くださいますようお願い申し上げます。 会員の皆様は新事業年度の始まりを明るく迎えたいところでしたが、新型コロナウイルス感染拡大により、社会全体の流れが大きく変わってしまいました。 各社のイベント・セミナー・会議体の中止や延期、新入社員の入社式の縮小・中止、さらには2020東京オリンピック・パラリンピックの延期など、会員各社の計画やスケジュールなど、大幅な変更を余儀なくされたことと思います。 4月7日に政府が7都府県に「緊急事態宣言」を発出し、4月16日には「緊急事態宣言」の対象を全国に拡大しました。 そのため、より強い自粛要請の動きが広まり、時短営業や休業する店舗や企業が一気に増え、日本経済に大きな影響を与えています。 5月25日には全国での緊急事態宣言が解除されましたが、日本経済の正常化には時間を要するとみられ、これからも景況感は低水準にとどまる可能性が高いと考えております。 弊協会でも会員の皆様に向けて、少しでもお力になれることはないかと考え、政府に対して4月27日に「新型コロナウイルスに係る緊急経済対策に関する要望書」、また5月14日には「小売業の店舗における新型コロナウイルス感染症感染拡大予防ガイドライン」を他団体と連名にて策定しました。 また今後の対応として、ホームページの会員サイト上に「新型コロナウイルス情報関連」のアイコンを設けて新型コロナウイルスに対する情報を発信して参ります。 厚生労働省から5月4日、新型コロナウイルス感染症専門家会議からの提案を踏まえ、新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が発表されました。 出勤時の人混みなどを避けるべく、テレワークの利用を呼びかける企業も増えてきています。 新型コロナウイルスの感染拡大に、まだ終わりは見えませんが、この危機的状況下において、新たな方法で業務を行うことができるということが証明されたと考えます。 こうした経験はこれからの仕事や働き方に恒常的な変化をもたらし、テレワークがあたりまえの世の中になり、どんな環境変化にも適応できるようになるのではないかと思います。 これまでの各業種別のガイドラインや政府の対策とあわせて「新しい生活様式」を心掛けることで、一人ひとりが予防と感染拡大防止を徹底していきましょう。 全国の都道府県では生活や経済活動への制限が緩和される動きが始まっておりますが、この感染症は第二波、第三波と流行を繰り返す可能性も指摘されており、リスクが高い状況がしばらく続くものと思われます。 私たちは今、新型コロナウイルスに端を発し、未経験かつ正解がわからない物事に日々向き合っております。 会員各社はもとより、加盟店オーナー様、従業員の皆様とともに力を合わせて、この難局を乗り切って参りましょう。 一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会 会長 (B-Rサーティワンアイスクリーム株式会社 代表取締役社長)•

次の

団体|一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会

日本 ボランタリー チェーン 協会

概要 [ ] 多数の独立した小売事業者が連携・組織化し、商標使用・仕入れ・物流などを共同化し、これを行う形態のことを指す。 これにより、仕入先との取引が大口化され、仕入れ単価の引き下げが期待できる。 小規模の小売店は大手との価格差をできるだけなくし、独自のサービスで差別化を図る事ができる。 組織形態 [ ] 組織形態としては以下のようになっている。 小売店主宰(コーペラティブ・チェーン) - 水平的統合とも言われる。 共同で本部組織を設け、仕入れ・在庫管理・情報管理を行う。 卸会社主宰 - 垂直的統合とも言われる。 POSシステムを導入し、商品情報や販売戦略を卸業者からリテールサポートとして提供される。 これにより、と同等のシステムを構築することができる。 フランチャイズとの共通点と相違点 [ ] 共通点としては• 本部の指導によるチェーン・オペレーションの展開• 加盟店の資本の独立 相違点としては• 個々の事業者の独立性を保つことができる。 加盟店または卸会社と加盟店が組織を結成する(フランチャイズは本部と加盟店が一対一の契約で成立)。 と以上のようになっている。 日本における展開 [ ] 、資生堂が日本で最初のボランタリー・チェーンである。 期から第一次の時期にかけて、数多くのボランタリー・チェーンが誕生した。 当時、が次第に規模を拡大し始めており、これに価格等で対抗するため、ボランタリー・チェーンへ加盟する小規模な小売事業者が多かった。 このため、中小企業庁もボランタリー・チェーンを後押ししていた。 現在の状況 [ ] 現在では、事業を急速に拡大できることから方式を採用する事業者が増え、このため一時期よりその数を減らしている。 また、フランチャイズ・チェーンと違い、ボランタリー・チェーンは同じチェーンでも事業者によって営業方針などがバラバラであり、メリットを感じにくいこともある。 しかし、フランチャイズではリスクが高く、契約上制約が多いことから、比較的緩やかな形態を持つボランタリーチェーンに加入する業者も少なくない。 主なボランタリー・チェーン [ ]• - 、食料品店• - スーパーマーケット• - スーパーマーケット• - スーパーマーケット。 - 店• (アジョック) - 店• - 販売店• - 類を扱う• ビックリッキーグループ - 小売店• 株式会社 - ・の子会社• 株式会社 - 、、、他。 PB商品の開発も行っている。 ジョヴィ株式会社 - 、、他。 PB商品の開発も行っている。 (山崎製パン株式会社Yショップ事業部) -。 いわゆる「コンビニエンス形態店」としての位置付け。 - コンビニエンスストア• - コンビニエンスストア• - コンビニエンスストア• - 十五万石ラーメンチェーン。 パルム - コンビニエンスストア。 北海道にそれぞれ違う業者が運営する加盟店が3店舗存在する。 24時間営業ではない。 ぷちショップグループ - 全国NO. 1酒販店チェーンを主張する小売店。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の