雑学 漫画。 絶対に話したくなる【週刊少年ジャンプ雑学】検証画像まとめ

知ってると驚かれるアニメの雑学・都市伝説を会話のネタにしよう!

雑学 漫画

原作者の岡本健太郎先生は、漫画家兼猟師。 自らの猟師生活を綴ったで知られています。 修学旅行の飛行機が墜落し、海に流された4人の女子高生。 どうにか無人島にたどり着いた彼女達は、力を合わせてサバイバルしていきます。 主人公・鬼島ほまれは、元軍人の父とともに世界各地でサバイバルしてきた経験を持つツワモノ。 都会育ちの女の子達の中にあって、超ハイスペックなキャラクターなのでした。 ほまれがリーダーとなって、さまざまなサバイバル術を駆使。 他の3人も少しずつ無人島暮らしに順応していくというのが、本作のストーリー。 救助がいつくるか分からない中での野宿は精神的にもキツいはずですが、笑顔が絶えない女の子達。 コメディタッチで描かれていて、気楽に読める作品です。 一番の読みどころは、当然、ほまれのサバイバル知識です。 たとえば、海の上で水分補給が必要になった時。 ほまれは捕まえたトビウオを服にくるんで絞り、内臓の水分や血液を飲み干します。 島に着いてからも、バッタ、セミ、ヤドカリとあらゆるものを食料に。 トノサマバッタの旬は6月から7月上旬だとか、セミは羽根をもいで逃げられないようにして生きたまま保存するといいとか、一つ一つの知識がガチで実践的。 他の3人も最初はほまれにドン引きでしたが、生き抜くためにどんどんたくましくなっていきます。 魚を焼いて砂浜でパーティしたり、温泉を作ってホッと一息ついたり、サバイバルしているのにリゾートかと思わされるシーンも。 物語が進むと、いよいよ動物を狩りに。 まずはウサギ、やがてイノシシと相対することになっていきます。 また、同じ島に漂着した男子生徒も登場。 そちらはサバイバル知識が全くなく、ほまれ達よりも困難な状況に陥っていくことに。 アウトドアが好きな人は、読んでおいて絶対に損はない作品です。 『決してマネしないでください。 「大人が読める学習マンガ」というキャッチコピー通り、読めば科学の知識が身につく作品です。 主人公は大学で理論物理学を専攻する掛田理(カケダ サトシ)21歳。 彼が属している高科教授のゼミには、工学部の有栖、四カ国語に堪能なラトビアからの留学生・テレスといった面々が集まり、科学談義に花を咲かせつつ、奇妙な実験を繰り返しています。 第1話の実験テーマは、「スタントマンはなぜ炎にまかれても平気なのか?」。 アクション映画によくある、服に火が着いてもがきまくるシーン。 なぜ、やけどもせずに撮影可能なのかを検証していきます。 実験に使われるのは、ポリアクリル酸ナトリウムが主成分のジェル。 それをべったりと体に塗ったり服にしみこませれば、短時間なら熱を遮断してくれるのだそうです。 物語はそこから、なぜ「燃える素の酸素」のことを「酸素」と言うのかという科学史の話題に移っていきます。 アリストテレスの時代から、空気の正体を研究してきた科学者達の歴史が語られ、「酸素」の名付け親である18世紀フランスの科学者・ラボアジエが壮大な勘違いをしていたというエピソードを紹介。 奇妙な実験を通しての雑学と、科学の歴史上の雑学、その両方が語られていくのが、本作の大きな特徴です。 科学史エピソードには変人達がいっぱいです。 たとえば「近代外科の祖」ジョン・ハンター。 解剖学の発展のために検体となる死体を集めまくり、広域死体窃盗団の元締めみたいな存在に。 梅毒の研究では自らを実験体にして、結果的にそれで命を落としてしまいます。 動物も生死を問わず集めまくり、有名な児童文学『ドリトル先生』のモデルになったとも。 実験では、高科先生がとにかく茶目っ気を発揮。 「卵を電子レンジにいれたら爆発するけど、もっと大きい卵を入れたらどうなると思う?」 とダチョウの卵をチンして大爆発を招いてみたり、彼のやることはタイトル通り、『決してマネしないでください。 』のオンパレードです。 また、結婚式のご祝儀は3万円でも2で割り切れるから、素数の30011円にすればいいとか、掛田達の日常会話も理系ならではのこだわりがあって、笑わせてくれます。 さらに本作にはラブコメ要素も。 掛田が恋しているのは学食の女性・飯島さん。 きれいな夕陽をみても 「入射角が大きいため 光が通る空気層が厚くなり青い光は散乱して届かないのだな」 と言ってしまうような彼は、果たして恋を成就できるのか? 奥手な理系学生の恋愛も合わせてお楽しみください。 巻末には手軽にできる実験の紹介も。 こちらは安全なのでぜひ、試してみてください。 2004年から2014年にかけて雑誌連載。 TVアニメ化、TVドラマ化もされたヒット作です。 主人公・沢木惣右衛門直保(サワキ ソウエモン タダヤス)は、日本酒には欠かせない種麹造りを家業とする家の生まれ。 子供の頃から菌を肉眼で見るだけでなく、コミュニケーションを取ることもできる異才の持ち主でした。 彼が上京し、農業大学に入学するところから、物語は始まります。 ちなみに種麹屋は俗に「もやし屋」と言われ、それが作品のタイトルに繋がっています。 沢木が大学で身を寄せることになったのは、名物教授・樹慶蔵(イツキ ケイゾウ)の研究室。 そこで知り合った個性的な先輩や同級生達とともに、農業大学ライフを送っていくことになります。 本作で最初に目を引くのは、世界各国の発酵食品。 第1話に登場するカナディアンイヌイットの発酵食品キビヤックは強烈で、アザラシの腹に大量の海鳥を詰めて土に埋め、発酵させるというもの。 韓国料理のエイの発酵刺身ホンホフェも登場。 どちらもとんでもなく臭そうに描かれています(樹先生は、美味しそうに食べてますが……)。 また、 日本酒やビールなどお酒についてのうんちくも、序盤から盛りだくさん。 物語が進むごとにあらゆるお酒が掘り下げられ、8巻では大学に日本各地の地ビール会社が集結し、オクトーバーフェストが開催されるなど、夢あふれる展開も。 さらに10巻では沢木達一行がフランスへワインを巡る旅に出かけます。 本作のもう一つの主役は、かわいくデフォルメされた菌達。 麹菌のA・オリゼーをはじめ、有益な菌から病原菌までがわらわらと出てきて、しゃべるしゃべる……。 菌やお酒にまつわる雑学を、賑やかにガイドしてくれます。 今回紹介する作品の中で、唯一、 ちょっとエッチな雑学を取り上げているのが本作です。 美人でクールで頭がいい憧れのクラスメイト、しかもJカップの高床式草子(タカユカシキ ソウコ)さんと、なぜかお付き合いすることになった根住中也(ネズミ チュウヤ)。 草子さんは話題豊富な女の子で、その知識はなぜかシモネタ方向に偏りがちでした。 「ワクワクする様子を「胸が膨らむ」と言ったりするけれど 実際に女性は性的に興奮すると胸が膨らむそうよ」 と、学校の図書室で突然、切り出す草子さん。 さらに、読書して目が疲れた中也が「目薬がほしくなるね」と言えば、大きな胸を彼の顔にかぶせるようにして、 「昔 ヨーロッパでは母乳が目薬として使われていたそうよ」 とひと言。 草子さんの変な知識に振り回されっぱなしの中也という、男性読者にとってはうらやましい展開が、毎回描かれていきます。 「むね【胸】」「けいけん【経験】」「ひみつ【秘密】」「のーぶら【ノーブラ】」と、各章のタイトルは辞書形式。 中には「えすえむ【SM】」や「てんが【TENGA】」といったきわどい章も。 いったい、草子さんがどんな知識を披露するのか、気になりませんか?(笑) 「実際に観覧車に乗ったカップルの4分の1はキスをしているそうよ」 とか 「キスにはモルヒネの10倍の鎮痛効果があるそうよ」 とか、雑学を語りながら、中也にグッと迫ってくることもある草子さん。 ラブコメ的にはあざとい展開と言ってもいいのですが、ふんだんに盛り込まれる雑学が新味になっています。 気軽に読んで、エロ知識を身につけてください(笑)。 主人公は、高校2年生・高校2年生の法田一哲(ホウダ カズナリ)。 その父で地方裁判所の裁判官である法田憲剛(ホウダ ケンゴウ)と、ケンカっ早いヤンキー女子のヒロイン・鬼沢二歩(オニザワ ニホ)3人がメインとなり、法律談義が描かれます。 本作で取り上げられるのは、主に刑法。 犯罪に巻き込まれることや、冤罪で容疑者にされてしまうことは、日常生活の中で誰にでも起こり得ること。 痴漢や窃盗などなど、身近な刑事事件を法律に照らし合わせて、解説してくれます。 たとえば、朝、パンをくわえた主人公がヒロインと曲がり角でぶつかって出会いを果たすという、ラブコメの王道シーン。 この時、ヒロイン側が痴漢行為を訴えたらどうなるでしょう? そこに関連するのが、刑法第176条「強制わいせつ」と、刑事訴訟法第213条「現行犯逮捕」です。 偶然ぶつかっただけでは、もちろん「強制わいせつ」には該当しませんが、「現行犯逮捕」は被害者が痴漢の被害にあったと『思ったら』逮捕できるとのこと。 トラブルを避けるためには、やはりコミュ力が大事です。 法律の解説役となる父・憲剛は、家でも法服を着て、昔の裁判官のような巻き髪をしているお笑い担当キャラですが、法律に関するセリフは傾聴に値するもの。 時には「法律とは国を守る為にある」もので「法律=正義とは限らない」というようなシビアな発言も飛び出します。 ヒロイン・二歩は、放火殺人の容疑で逮捕されてしまった父親を助けようと奮闘。 そんな時、憲剛が言ったセリフが 「法は自らを助くるものを助く」 ドイツの格言で、自ら法律を学び努力した者だけが法律によって守られるという意味です。 本作は、 自分の身を守るために知っておくべき法律を教えてくれる、実用性の高い作品です。 各章の終わりには、監修者の弁護士・長國庵千樹先生による法律解説記事も。 漫画内で取り上げられた犯罪や法律について、平易に詳しく書かれています。 基本中の基本を教えてくれる ファッションに詳しくない人でも、簡単に見栄えのよい服装ができるようになるのが本作です。 「『おしゃれにセンスは必要ない』これだけ覚えて読み進めてみてください」 と読者を導くのは、企画協力を担当するMB先生。 など多数の著書を持つファッションバイヤー/アドバイザーです。 主人公は27歳の会社員・佐藤祐介。 マジメで爽やかな青年ですが、ファッションには無頓着。 久々に小学生時代の同級生と店で会う時も、そこらのコンビニに行くようなパーカーで出かけて行きます。 しかし、そこでかつての仲間が年相応のオシャレなメンズカジュアルを着こなしていたことにショックを受け、反省。 ファッションに詳しい妹・環の助言を受け、服選びに目覚めていく姿が描かれていきます。 紹介されるのは、これだけ押さえておけばおしゃれに見えるという、ファッションの基本中の基本です。 環が最初に祐介を連れて行ったショップはユニクロ。 「お兄ちゃんが まず最初に買うべき基本アイテムがひとつあります!」 と店内を指さす環。 また、服の洗濯法なども指南してくれるのも、ありがたいところ。 コーディネイトのアレンジ術も豊富に紹介され、服を買わせるだけでは終わらないのが本書の利点です。 各エピソードの後には、MB先生によるファッションコラムも。 漫画の内容を補足し、より詳しく解説してくれます。 主人公はイタリア・ナポリで、たった一人の仕立て屋を営む日本人・織部悠。 そんな彼が、さまざまな事情を抱えて、仕立てを依頼しにくる人々の人生に、服を通して関わっていく姿が描かれていきます。 第1話では、客の体型に合わせて一着一着作っていく仕立て服と、既製品のスーツの違いが語られます。 「良くできた仕立て服は着ていることを感じさせない」 「受け継がれた技で仕立て屋が作るのは人間の皮膚そのものなんだ」 と織部。 実際に織部が作ったスーツを着た社長は、体調がよくなり仕事が捗るようになります。 織部の仕立てるスーツは、着る人の印象を簡単に変えてしまいます。 厳格すぎる性格によって周囲から疎まれていた元教師の老人には、愛用のイギリス風のかっちりしたスーツを、イタリア風のリラックスしたものにアレンジ。 さらにネクタイも温かみがあるものに替えてあげます。 すると、街の人の彼への接し方が一変することに。 スーツだけでなく、シャツや靴、カフスボタンなどなど、大人の男性の服飾について、あらゆる知識が得られる作品。 全32巻の後は、 とシリーズを重ね、現在は『王様の仕立て屋〜下町テーラー〜』が連載中。 いい仕立て服のように、長く愛されている作品です。 まずは印刷工場を取材。 発行部数が多いため、今では珍しくなった活版印刷で作られている週刊少年ジャンプ。 コンピューターで原稿をスキャンし、セリフを手で入力していくなど、細かな工程が紹介されています。 印刷会社のスタッフにとって、一番苦労するのは、漫画家の先生の手書きによるセリフの「解読」。 中には読みにくい先生もいるらしく、それが誰なのかが、取材相手の微妙な反応によって分かってしまうシーンもあります。 製本工程では、ジャンプのために工場を一棟作ってしまったり、専用の機械を開発したりと、スケールの大きなエピソードがてんこ盛り。 毎週使われる紙の総重量や、なぜ少年ジャンプの紙の色がカラーなのかといったマメ知識も教えてくれます。 デザイン会社では、ジャンプの表紙がいかにデザインされているか、また、各作品のロゴがどのように作られているかを取材。 ジャンプ作品のロゴを40年以上作り続けてきた伝説のデザイナーも登場します。 作者のサクライ先生が一番知りたがったのは、プレゼントページの作り方。 編集者が奇抜なコスプレで登場して、プレゼント商品を紹介するページの、撮影現場に突撃取材します。 ジャンプの作り方の隅から隅まで分かる、 ジャンプ作品ファン必見の一冊です。 雑学ネタの宝庫 国民的漫画と言える『こち亀』。 週刊少年ジャンプに40年以上連載され、200巻をもって完結しました。 ご存知の方が多いと思いますが、主人公の両さんこと両津勘吉は多方面に知識が豊富。 『こち亀』は雑学ネタの宝庫でもあるのです。 では、両さんが昭和の香り漂う駄菓子屋やビンテージ物の玩具を扱う専門店で、昭和40年代に大ヒットした兵隊の人形「G. ジョー」に遭遇。 そのうんちくを披露します。 その後も「G. ジョー」ネタは続き、では、「G. ジョー」のさまざまなバージョンを一覧表に。 日本産や後発商品ではない、レアなメイドインUSAのオリジナルの見分け方も、両さんが教えてくれます。 雑学ネタは巻が進むごとに頻繁になっていくのが特徴です。 は、マニアが多いトレーディングカードの世界を描いた回。 両さんがオリジナルトレカ「日本警察トレカ」を発売し、巨万の富を築きます(もちろんオチでは破産)。 プラモデルやラジコン、TVゲーム、美少女アニメから、車やファッションやグルメまで、両さんならではの熱く面白い語りを楽しんでください。 中には、のようなシブい回も。 亀有は室町時代には「亀無」と呼ばれ、後に「亀梨」に変わり、江戸時代に「亀有村」になったそうですよ。 終わりに 単なる雑学本と雑学漫画の一番の違いは、キャラクターがいて、ストーリーがあること。 喜怒哀楽のドラマと絡み合うからこそ、雑学がしっかりと頭に刻み込まれるのです。 今回紹介した雑学をメインにした作品でなくても、あらゆる漫画に雑学のネタは混ざっています。 漫画で知識、教養を得る。 とても素晴らしいことだと思いませんか?.

次の

漫画の日の由来と面白い雑学、2月9日の今日は何の日?

雑学 漫画

面白い雑学どーんとまとめたよ! 3分間スピーチ 雑学にもってこいのネタ集大奮発。 こんにちは、ユキノブ()です。 朝礼ネタにもいいし雑談でも役立つ嬉しいネタまとめです。 結構なボリュームだから何度でも読めますよ! ぼくが面白くて関心したネタばかり。 きっと楽しくなるはずw スポンサーリンク 社会の面白い雑学 関連: パラオには日本語が公用語になっている地域がある 日本から真南のミクロネシア諸島からなる国パラオ。 そのアンガウル州憲法にて日本語が公用語として記載されている。 なぜなら、1914年に日本軍がパラオを占領し、現地人に日本語による教育を行ったからだ。 日本語教育は1945年の日本による統治が終わるまで続いた。 なので、当時の教育を受けた人は今でも日本語を話せるのだ。 だが、公用語だからといって日常会話で使われているわけじゃない。 アンガウル州の人口は約300人ほどで、日本語の他に公用語がパラオ語、英語が存在する。 パラオ人同士で話す時はパラオ語。 そんな中でも日本語が単語として浸透はしているから驚きだ。 それにしてもチチバンドとは時代を感じるぞ笑。 現在では単語のみ浸透しているが、当時以外の人は日本語を話せない。 しかし、公立パラオ高校では日本語が正規科目になっている。 日本人観光客が多く、観光業への就職のために学んでいるという。 時代背景はあるが、日本語を使ってくれてありがとう、パラオ! イギリスでは「弓矢を持っている者を殺してもよい」という法律があった イギリスは、イングランド、スコットランド、北アイルランド、ウェールズの四つのカントリーで成り立つの連合国家である。 イングランド ヨーク市の一部では、一二〜一四世紀にかけて築かれた城壁がある。 真夜中にこの城塞の中でだけ、弓矢をもったスコットランド人を殺すことことが認められている。 時間帯や場所を限定しているからといって、考えられない法律があったものだ。 連合国家で、民族の違いがあるので溝があるのだ。 国というのは複雑だ。 比べて、日本はなんて平和なんだろう。 トラウマはギリシャ語 トラウマとは心理的外傷を指す。 しかし、もとはギリシャ語で「傷」を意味している。 では、なぜ心理的外傷を指すようになったのか。 心理学者フロイトが、外傷が後遺症を残すのと同じように心理的ショックも精神に障害をもたらすと発表した。 フロイトは、それを「トラウマ」という用語を使って説明したことで、心理的外傷をギリシャ語のトラウマというようになった。 車のガソリンメーターに付いてる三角の矢印は給油口の向きを指す レンタカーでガソリンスタンドに給油しに行ったとき「あれ、給油口どっちだっけ?」とキョドったことはあるだろうか。 店員が誘導してくれるならいいが、セルフのときは切り返し地獄だ笑。 三角の矢印を確認しておくと助かるぞ! マクドナルドを関西人は「マクド」と呼ぶ。 フランス人も「マクド」と呼ぶ 関東では「マック」、関西では「マクド」と呼ばれる。 このマクドナルド二大呼称問題は遥か遠くおフランスまで及んだ。 結果、フランスではマクドナルド略してマクド派だ。 意外にも元気な関西よりであった。 だが、これにはお国文化があるのだ。 フランス語でマックは「売春婦のひも」という意味になる。 もし、マック美味しいと言ってしまえば「売春婦のひもはおいしい仕事だ」と受けとられるかもしれない。 楽しい食事に水をささないように、フランスに行った際にはマクドで統一しておこう。 関連: 小便小僧のおしっこは爆弾の導火線の火を消すため ベルギーの首都ブリュッセルで反政府軍が仕掛けた爆弾の導火線におしっこをかけて街をを救った英雄である。 十四世紀に実在した彼の名はジュリアンという。 いたずらっ子で悪童ジュリアンとまでいわれた。 現代ではお祭りやイベントの時、小便小僧からビールが出され皆に振る舞うという。 高田純次はオーストラリアで指名手配犯だった Mrテキトー男として人気の高田純次はオーストラリアでやらかしていた。 指名手配の経緯はこうだ。 日本テレビ「世界まるみえテレビ特捜部」で女子留学生を取り上げた回を放送した際、日本の代表的コメディアンとして高田の名を挙げた。 それを受けて番組スタッフが高田を連れオーストラリアへ行く。 女子留学生と合流し「トゥナイトライブ」という番組ににバズーカを持って出演。 日本でのバズーカVTRを紹介すると会場は大盛り上がり! 高田は番組進行を無視し、通訳していいた女性留学生にも目もくれず「バスーカーイズマイラバー」「ドンウォリー、ビーハッピー! 」などを繰り返し連呼。 そして、夜の街に繰り出す。 一般人の家に乗り込み、この番組を見ていないと知ると「オー、バッドボーイバッドボーイ! 」とバズーカーを撃つ! 玄関口でもバズーカーを撃っていた。 結果、パトカーが出動する騒ぎとなる。 番組スタッフは面白がって「パトカーも撃ってくれ」とリクエストしたが、さすがにやらなかった。 このことは『世界まる見え2時間スペシャル』でも放送される。 後に住民から騒音被害で訴えられ、オーストラリアで指名手配されたのだ。 高田のお家芸というべきバズーカネタは海外でウケたのだ。 さすが、やることがブッ飛んでいる。 実際は地獄に堕ちる人を上から見つめているのだ。 元々考える人は、ロダン作「地獄の門」という大作の一部である。 当初「思想を練るダンテ」と呼んでいたが彫刻を発表する時に「詩人」と名付けた。 「考える人」という作品名はリュディエという人後づけしたもの。 北海道ではコタツを使わない 北海道では暖房も快適でコタツを使う必要性があまりない。 そもそも、コタツでしのげる寒さではない。 電器店のテレビはNHKの受信料を払わなくていい 総務省の見解で量販店の展示のテレビは画質確認用。 なので放送を受信出来る設備に当たらない。 したがってNHK受信契約の必要はない。 コールセンターでは一〇人新規採用すれば一人残るぐらいで見立てている コールセンターの仕事は激務である。 業務知識、クレーム対応等。 なので、採用は大勢を一気に入れて、残りわずかに人材だけが残ることを見越している。 常に人の出入りが激しいが、乗り越えれば忍耐力はつくだろう。 観光バスのテレビはNHKの受信料払う 観光バスの中に搭載してあるテレビであっても、NHKは受信料を徴収する。 放送法64条で「NHKを受信可能な受信設備を設置した者はNHKと契約しなければならない」と定めがある。 伯父と叔父、伯母と叔母の違い 天使の偉大なる都 帝釈天の戦争なき平和で偉大な輝かしき大地 九種の宝石のような心楽しき王の都 多くの王宮に富み神が化身となって住みたまう 帝釈天が建築の神ヴィシュカルマに命じて造りたまった神聖なる住処 宗教的な意味合いが強い。 タイの人たちは歌にして覚えてるという。 アニメ・漫画の面白い雑学 テレビアニメの名探偵コナンにはスポンサーにガス会社が入っている。 だから火事や爆発の事件はほとんどない。 だが、映画版はスポンサーが変わって存分に爆発させる 爆発シーンはガス会社のマイナスイメージになってしまうから、大人の事情で使わない。 もちろん、ガスの窒息死も気を使っている。 テレビでは、好きに表現できず歯がゆい思いをしているのだ。 だが、映画版 名探偵コナンになれば、スポンサーは変わる。 ここぞとばかりに爆発させるのだ。 テレビでは爆発表現の自由に規制があったが、うさ晴らしなのかバンバンさせる。 制作サイドの精神状態はまさしくボマーだ。 音楽会場も爆発炎上 など。 ストーリーの幅を広げるために色んなトリックを考えて努力をしているのだ。 その地位は「宇宙大学の教授」である。 大学名もすごいが、文学、哲学、科学を研究しているドラミちゃんはホントすげえ! 兄妹格差があり過ぎて面白い。 しっかり者でお兄ちゃん思いの妹、ドラミちゃんは愛されキャラでい続けるのだ。 あわせて読みたい: 「布団が吹っ飛んだ」の出どころは鳥山明 Dr. スランプ アラレちゃん ドラゴンボールで悟空が界王さまに言った印象が強いが 実は「Dr. スランプ アラレちゃん 」の17巻で馬鹿(うましか)博士が言ったギャグである。 ジョジョの奇妙な冒険の初代主役ジョナサンはファミレスのジョナサンから取られている 人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」では歴代ジョジョという呼称が使われる。 その戦いの一族で初代ジョジョだったジョナサン・ジョースター。 彼の名はファミレスのジョナサンが由来だ。 経緯は作者 荒木飛呂彦氏が編集担当者と打ち合わせをしていた場所だったのがファミレス ジョナサンなのだ。 え? ノリでつけたの笑。 もし、他のファミレスだったら ガスト・ジョースター ジョイフル・ジョースター デニーズ・ジョースター ジョイフル・ジョースターってちょっとかっこいいかも笑。 あわせて読みたい: スポンサーリンク 動物の面白い雑学 ウサギは一羽になっても、寂しさで死ぬことはない そもそも、ウサギは一羽ずつ縄張りを持っている。 なので、一羽でも孤独死することはない。 むしろ、ストレスを感じずのびのびできるのだ。 なぜ、寂しくて死ぬなんて広まったのか。 有力な説が二つある。 1993年に放送されたドラマ「ひとつ屋根の下」で酒井法子演じる柏木小雪が「ウサギって寂しいと死んじゃうんだから!」と叫んだ。 そのインパクトが強すぎて、寂しさで死ぬと広まった説がある。 また、ウサギは12時間以上食事を摂らないと、命が危険な状態になるのだ。 胃腸の働きが悪くなって消化不良になる。 それが、命の危険につながるのだ。 数日間家を空けて戻ったらウサギが死んでいたなんてケースがある。 それを「寂しくて死んだ」と勘違いしたのだ。 だが、ウサギも生存本能がある。 通常は食フンといい、空腹を避けるため自分のフンを食べるのだ。 だが、それができなかったら命の危険につながる。 実は、自分のフンを食べるほうが衝撃かもしれない! キツツキが木をつつくのは食事や自己顕示 木をつついて中の虫を捕まえたり巣を作るため。 そして縄張りを主張するためである。 来んなよ! 俺の縄張りだかんな! って主張しているのだ。 ちなみに、巣から出ていった後、別のキツツキが巣を使いまわすというエコなローテーションを組む。 さらに、キツツキはくちばしが伸び続けるから、木をつつき続けないと困ってしまう。 ケアのひとつでもあるのだ。 タラバガニはヤドカリ カニといえばタラバガニ、ズワイガニと名が挙がる。 しかし違った。 タラバガニはエビ目ヤドカリ下目タラバガニ科に分類されておりヤドカリの一種である。 十脚甲殻類で、しっぽの短いのがカニ、長いのがエビで、その中間がヤドカリという分類なのだ。 そんなこといわれても、わからんけど笑。 カニの足は十本だが、タラバガニは八本でヤドカリという現実を突きつけられて納得だ。 闘牛は別に赤色に興奮していない スペインのマタドールと呼ばれる闘牛士が、赤い布をフリフリしてさっそうと闘牛をかわす姿に目をみはる。 その赤い布自体は色で牛を興奮させているわけじゃない。 赤で興奮させられているのは観客の方なのだ。 牛自体は色を識別する能力はとても低い。 突進しくるのは「ゆらゆら、ふりふり、ひるがえる」といった動きに興奮しているからである。 鹿は人間を襲っている おとなしい草食動物のイメージがある鹿。 だが、奈良公園では注意喚起している。 濃口は色が濃く、香り味のバランスがいい• 薄口は色が薄く、素材の味を活かす料理(煮物など)に向いている である。 まとめると塩分濃度の差は多くて3%ってとこか。 食べ物のコゲは発ガン性物質だが、ガンになるのは100年毎日コゲばかりトン単位で食べ続けた場合 食べ物のコゲといえばどの部分を思うだろう。 炊き込みご飯、トースターで焼いた食パン。 どれも美味しい! あまり悪いことは考えたくないのだが…。 発ガン量に、そのわずかなコゲをトン単位とは到底無理だ。 それよりも、もっと体に悪いものは多々あるけど。 ジャンクフードの方がヤバイでしょ。 ただ、コゲはガンになると広まっているからみんな気をつけている。 もし、一生懸命コゲを避けている人がいたら、100年トン単位だぞって教えてあげよう。 焼肉のタレは元々冷ますことが目的 でも、タレなしじゃもう食べられない。 トウモロコシの粒は必ず偶数になる 粒が細胞分裂する。 二の倍数にしか細胞分裂しないからである。 コーヒーの受け皿 喫茶店でコーヒーを注文すれば必ずついてくる受け皿。 一八世紀頃、フランス、イギリスでは熱いコーヒーを冷ますために受け皿に注いで飲んでいた。 この習慣は二十世紀初頭まで続いた。 ワインと寿司は相性いい 白ワインとサーモン、トロ、貝など脂がのったネタは合うのだ。 感覚としてはフルーティな辛口日本酒とでもいおうか。 実際に、白ワインを出すお寿司屋さんもあるほどだ。 WHO「加工肉は発がん性高い」と発表 WHO(世界保健機関)が加工肉であるハム、ベーコン、ウインナーなどに発がん性があると発表した。 加工肉を毎日五〇グラム食べた場合(ベーコン二切れ以下)、大腸がんになる確率が一八パーセント上がるという。 これに対して、加工肉業者は猛クレーム! なんてこと言ってくれるんだあああ!!! と怒りの声が治まらない。 発表時は話題になったが、現在下火になりつつある。 あわせて読みたい: 体の面白い雑学 あくびは舌の先で上唇をちょっと舐めると止めることができる あくびはやってはいけない時ほどでそうになる。 仕事中、勉強中、上司の長い話中。 こんな時にあくびをすれば、どれだけ気持ちいいことか。 だけど、やってはいけない時ってあるのだ。 だから、仕方ないけど止めてみよう。 舌の先で上唇をちょっと舐めるだけでいい。 これは江戸時代から伝わる日本の伝統芸だ。 面白い雑学をスピーチしよう 面白い雑学はウケた! さて、その後が大事ですよ。 なぜなら、「へえ~」で終わるだけじゃ聞いている人は何も得ないからです。 そこで、あなたの感想を付け加えましょう。 感想が「ある」と「ない」じゃ天と地ほどの差がありますから! あなたがどう思ったか、教訓とかやる気につながる一言を添えた方がいいです。 コレだけで、聞き手に関心を持ってもらえます。 じゃあ、どんな言葉を添えればいいかって? それでは、使えるスピーチ例を挙げましょう。 オススメ記事: 面白い雑学を朝礼スピーチ 闘牛は赤い布に興奮していないってご存知でしょうか? アレは布が「ゆらゆら、ふりふり、ひるがえる」動きに興奮して突進してるんです。 赤色は関係なかったのです。 実は牛自体、色を識別する能力がとても低くく赤色なんてわかっていないから。 逆に、赤色に興奮しているのは観客の方でした。 人には赤い色に興奮する心理効果があるためです。 ここで、思い返してみてください。 あなたに、誰が牛は赤い色で興奮するって教えましたか? テレビとか漫画で植え付けられたかもしれません。 教えた側もよく調べずに、一般的に言われていることをそのまま伝えたのかも。 要するに、人に説明するなら根拠を調べて説明することが大事。 同じく責任ある仕事なのに根拠もないこと言えないですよね。 だから、全ての言動に責任もって仕事をこなしましょう。

次の

漫画・アニメの雑学や裏話【まとめ】「初代磯野カツオは大山のぶ代」など

雑学 漫画

今すぐ誰かに教えたくなる!面白い雑学&豆知識166選 日本最大の砂丘は鳥取砂丘ではなく、青森県にある猿ヶ森砂丘である。 1円玉1枚を作るための材料費は2円かかる。 飛行機の機長と副操縦士は、フライト前に同じ食事を食べない。 (2人同時に食中毒にかかるリスクを避けるため) ケンタッキーフライドチキン(KFC)の、味付けのレシピを知っている人物は世界中にたった2人しかいない。 宝くじで1等が当選する確率よりも、隕石が自分に落ちてくる確率の方が高い。 うなぎの「並」と「特上」の違いは、うなぎの量が多いか少ないかの違いだけ。 品質は全く変わらない。 「かぼちゃ」は英語でスクワッシュ(squash)。 パンプキン(pumpkin)だと思っている人も多いが、パンプキンというのはハロウィンでよく見かけるオレンジ色のかぼちゃだけを意味する。 ブラジルの首都はサンパウロでもリオデジャネイロでもなく「ブラジリア」である。 「パフェ」の語源は、完璧を意味する「パーフェクト」からきている。 卓球の試合で、試合中に選手がタオルを使って汗を拭うことができるのは、「5-7」「9-9」など、両者のスコアの合計が6の倍数になった時のみとされている。 かつてはこのようなルールはなかったが、一部の選手が頻繁にタオルを手に取り、意図的に相手選手のペースを乱そうとしたことからこのようなルールに変更された。 レスリングの試合中、選手は必ずハンカチを持っていなければならない。 持っていない場合は失格処分になる。 相撲も柔道も剣道も、厳密にいうと日本の国技ではない。 松坂牛の正しい呼び名は「まつざかぎゅう」ではなく「まつざかうし」である。 日本の歯医者の数はコンビニの数より多い。 道路などでよく見かける東京までの距離表示は「東京都中央区日本橋」までの距離。 ほとんどの銀行に観葉植物がおいてある理由は、万が一銀行強盗に襲われた時に、犯人の身長の目安が一目で分かるようにするため。 日本三景松島の有名な句「松島や ああ松島や 松島や」は、松尾芭蕉が詠んだものではない。 北極よりも南極の方が断然寒い。 冬場の平均気温にはマイナス30度近くの差がある。 南極ではどんなに寒くても人が風邪をひくことはない。 これは、あまりの寒さのためにウィルスが存在していないため。 喉が痛いときにマシュマロを食べると痛みが和らぐ。 (ゼラチンが喉を保護してくれるため) 咳一回の消費カロリーは2kcal。 (たった2kcalと思われるかもしれないが、例えば1分間に2回、ゴホンゴホン!とせき込むペースが1時間続くと240kcal。 4時間続けば1000kcal近いカロリーを消費する計算になる) 新製品の販売テストは静岡県で行われることが多い。 (静岡県民の年代や職業の構成比率、物価や生活費などが平均的で偏りのないデータが取れるため) いちごの「あまおう」は<あかい><まるい><おおきい><うまい>の頭文字をとって名付けられた。 ポンジュースは日本一(ニッポンイチ)のジュースになるようにという願いを込めて日本一から「ポン」を取ってポンジュースと名付けられた。 掃除機のコードに付いている赤いテープと黄色いテープ。 赤は「これ以上は引き延ばせません」という意味で、黄色は「ここまで伸ばして使用しないと、中に熱がこもってしまい発火の原因に繋がる」という意味である。 扇風機は長年使用し続けると突然発火する恐れがあるため、定期的に買い替えなければならない。 (大体6年~10年) タイのバンコクの正式名称は、クルンテープ・プラマハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロックポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット ピカソの本名は、パブロ・ディエゴ・ホセ・フランシスコ・デ・パウラ・ファン・ネポムセーノ・マリア・デ・ロス・レメディオス・クリスピン・クリスピアーノ・デ・ラ・サンティシマ・トリニダード・ルイス・イ・ピカソ かくれんぼで鬼が勝手に帰ると監禁罪になる。 下剤と下痢止めを一緒に飲むと下痢になる。 肘やくるぶしは、どんなに強くつねっても痛くない。 トウモロコシの粒の数は必ず偶数。 カーリングのストーンは一個10万円以上する(1セット160万円)。 海上自衛隊の金曜日のメニューは必ずカレーと決まっている。 これは常に海の上で生活していて曜日の感覚を失わないようにするため。 布団を干した時のいいニオイは、ダニの死骸やフンの臭い。 ビール一杯で100万個の脳細胞が死ぬ。 ベルサイユ宮殿にはトイレがなく、貴族は皆おまるを使用していた。 キュウリは世界で一番栄養がない野菜としてギネス認定されている。 使いきった乾電池を衣服などで擦るとす一時的に復活する。 チゲ鍋のチゲは辛いという意味ではなく鍋と言う意味。 つまり鍋鍋。 サハラ砂漠のサハラは砂漠という意味。 つまり砂漠砂漠。 ムンクの叫びは橋の上で男が叫んでいるのではなく、叫びに耐えかねて耳を塞いでいる様子を描いたもの。 世界一長い曲は演奏が終わるまでに639年かかる。 缶切りが発明されたのは、缶詰が販売されてから48年後。 サイコロの1が赤いのは日本だけ。 お菓子メーカーのロッテが初めて販売したのは使い捨てカイロだった。 ティッシュの消費量世界一は日本。 シンガポールでは、チューインガムの製造、販売が禁止されている。 人間の血管を全て繋げると地球2周半分の長さになる。 セルフ式のガソリンスタンドには常に監視員がいて、客がノズルを給油口に入れたのを確認した段階で手元のスイッチを入れることで初めて給油が可能になる。 ティラミスはイタリア語で「私を元気付けて!」「私を天国に連れて行って!」「私をハイにして!」という意味。 東京の豊洲から始まった日本初のコンビニ「セブンイレブン」で一番最初に売れた商品はサングラス。 地球の重さは約6000000000兆トン。 毎年5万トンずつ軽くなっていると言われている。 パソコンのマウスを動かした時の長さの単位は「ミッキー」で、1ミッキー、2ミッキーと数える。 カルボナーラはイタリア語で「炭焼き職人風」という意味。 「そうめん」と「ひやむぎ」の違いは、そうめんが太さ1. 3mm未満、ひやむぎが1. 3~1. 7mmの麺の事を指す。 「チョコレートを食べすぎると鼻血が出る」という説に医学的な根拠はない。 世界でいちばん食べられている緑色植物はレタス。 ライターはマッチより先に発明された。 日本の球場は全て同じ方向(方角)を向いて建てられている。 ボクシングの練習等で使われるサンドバッグの中身は、実は砂ではなく布切れやポリウレタンなどが入っている。 中華料理の「天津飯」「エビチリ」は日本で考案された料理。 日本で一番多い名前。 男性は「田中実」女性は「佐藤和子」。 現代の技術があれば、切れない電球を作ることはできる。 だが、作ると売れなくなってしまうため作らない。 最初に空を飛んだのはライト兄弟ではなくグスターヴ・ホワイトヘッド。 早口言葉でおなじみの「東京特許許可局」は実在しない。 マジ!?という言葉は江戸時代からあった。 野菜のオクラは実は英語である。 アイスクリームには賞味期限がない。 ガスには元々臭いはないが、ガスが漏れたときに人がすぐに気付けるよう、故意にニオイを付けている。 ガリガリ君が当たる確率は2~4% オーストラリアには「エロマンガ島」という島がある。 オランダには「スケベニンゲン」という街がある。 緑茶と紅茶とウーロン茶は全て同じ葉から作られている。 プーマとアディダスの創設者は兄弟、そして仲が悪い。 自動販売機のボタンを2つ同時に押すと、必ず左側の商品が出てくる。 ジャガイモの芽には発ガン性物質が含まれている。 太平洋の海水よりも、大西洋の海水のほうがしょっぱい。 (塩分濃度が高い) スポンサードリンク 「地震・雷・火事・おやじ」のおやじは親父ではなく、「おおやじ(台風)」のことである。 モスバーガーのモスは「Mountain(山)」「ocean(海)」「sun(太陽)」 の頭文字をとったもの。 緑を見ても視力が回復することはない。 車の窓ガラスは割れた時に人に刺さらないよう、割れると粉々になる仕組みになっている。 切手を舐めると2kcal分摂取したことになる。 鮭は白身魚である。 タイヤメーカーのブリジストンの創始者の名前は石橋さん。 手首からヒジまでの長さと、足の大きさは、ほぼ同じ。 どんなに頑張っても肘をアゴに付けることはできない。 両手を広げた長さは身長とほぼ同じ。 コーヒーをよく飲む人は、飲まない人に比べてがんになるリスクが低い。 車のサイドブレーキの単位は1ノッチ2ノッチと数える。 鼻呼吸は実は片方の穴しか使っていない。 インド人だからといって毎日カレーを食べているわけではない。 インド人で頭にターバンを巻いている人の割合は、インドの人口全体のたった2%。 チョコレートという言葉は直訳すると「苦い水」という意味になる。 ポカリスウェットは直訳すると「汗ジュース」という意味になる。 英語圏の人が「カルピス」という言葉を聞くと「cow piss(牛の小便)」に聞こえてしまう。 セブンイレブンのロゴの文字はnだけが小文字になっている。 (正式な理由は明かされていない) 世界では、過去に笑い過ぎて死んだ人が何人かいる。 ミッキーはダウンタウンの浜ちゃんを見て、思わず二度見してしまったことがある。 ディズニーランドのトイレには鏡がない(お客さんが現実世界に戻らないようにするため) メリーゴーランド。 正しくはメリーゴーラウンド。 鍵盤のどの音から始めても、「全音・全音・半音・全音・全音・全音・半音」という順番で弾くとドレミファソラシドの音階になる。 赤ちゃんには元々虫歯菌がなく、虫歯になる原因はキスなどで大人から菌を移されるからである。 マサイ族は普通に携帯電話を持っている。 股間のチャックが原因で、病院に運ばれる男性が毎年1700人いる。 (アメリカの統計) よく聞くと、アナウンサーは全員必ず「10%」「10分」を「じっぱーせんと」「じっぷん」と発音している。 服についたカレーの染みは、天日干しをするだけでキレイに落ちる。 (1)ある数字を思い浮かべる(2)その数字に3を足す(3)その数を2倍する (4)その数から4を引く(5)その数を2で割る(6)そして最後に、その数字から最初に思い浮かべた数を引く(7)すると、あなたの最終的な答えは必ず1になる。 「帽子をかぶるとハゲる」は科学的に証明されていない。 「ワカメを食べると髪が生える」も科学的には証明されていない。 ガムと一緒にスナック菓子を食べるとガムは溶けてなくなる。 ケチャップは1830年代のアメリカでは薬として特許が取られていた。 今の若者達のために。 昔は熱中症ではなく熱射病・日射病という言葉が一般的だった。 秋田県民は、「け」や「く」など、一文字で会話をすることができる。 手持ち花火の先端についている紙は、ちぎってから火をつけるのが正しい使い方。 キティちゃんの名前はハローキティではなく、正しい名前はキティ・ホワイト。 サイコロは、6面それぞれの穴の数によって重量に誤差が出る為、出る目の確率は均等ではない。 新聞紙を42回折ると月に届く距離になる。 100回折った時の長さは太陽系を超える。 ホラー映画「13日の金曜日」に登場するジェイソンの武器といえばチェーンソーをイメージする人が多いが、実は劇中において、彼は一度もチェーンソーを使っていない。 ビールの本場であるドイツの人たちは、日本人のようにビールを飲みながらおつまみを食べることがほとんどない。 北島三郎の有名な「はぁ~るばる~きたぜ函館~」という歌は、よく聞くと「函館へ~」と言っている。 じゃんけんの時の「最初はグー」を最初に言い出したのは志村けん。 「ニューハーフ」という言葉を考えたのはサザンオールスターズの桑田佳祐。 叶姉妹は本当の姉妹ではない。 阿佐ヶ谷姉妹も本当の姉妹ではない。 お笑い芸人のイモトアヤコとフォーリンラブ・バービーは昔コンビを組んでいた。 コンビ名は「東京ホルモン娘」 プロ野球選手のイチローは実は次男。 音楽プロデューサーの小室哲哉は、実は楽譜が読めない。 お笑い芸人の有吉弘行の正しい読み方は「ありよしひろいき」 モヤモヤさまぁ~ず2のナレーションは実は機械が喋っている。 新世紀エヴァンゲリオンの「葛城ミサト」・美少女戦士セーラームーンの「月野うさぎ」・ONE-PIECEの「ボア・ハンコック」・「のび太のお母さん」の声優は全て同じ人。 マリオの本名は「マリオ・マリオ」そしてルイージの本名は「ルイージ・マリオ」。 マリオはあー見えてまだ26歳。 ちなみに身長は155cm。 サザエさんはあー見えてまだ24歳。 ちなみにアナゴさんは27歳。 タラちゃんには「ひとでちゃん」という妹がいる。 波平の髪の毛は一本ではない。 スネ夫の弟は養子に出されている。 西郷隆盛の有名な肖像画や銅像は、実は本人ではない。 ちなみに、この肖像画や銅像で連れられている犬の名前は「ツン」。 豊臣秀吉の右手には指が6本あった。 パンダやシロクマの毛は、実は白ではなく透明である。 パンダは笹の葉ばかり食べてるイメージがあるが、実は肉もたくさん食べている。 キリンは黄色いというイメージを持っている人が多いが、実際はそれほど黄色くない。 マンボウは一度に卵を3億個産む。 コウロギの耳は前足についている。 ザリガニは顔からおしっこをする。 ゾウは犬の2倍鼻がいい。 ゴリラの血液型はみんなB型。 馬は口呼吸ができない。 だから走ると鼻息が荒くなる。 ダチョウは脳みそが目玉より小さい。 「ウサギは寂しと死ぬ」というのは真っ赤なウソ。 実際は寂しくても死ぬことはない。 ネコは一生の内の70%を寝って過ごす。 働きバチの一日の労働時間は6時間。 オスのカマキリは交尾の後、その場でメスのカマキリに食べられてしまう。 シマウマは「ヒヒーン」とは鳴かず、「ワンワン」と鳴く。 ゴリラの学名はゴリラ・ゴリラ・ゴリラ。 ワニは一生の間に3000本の歯が生え変わる。 白アリは実はアリの仲間ではなくゴキブリの仲間。 動物の血を吸うのはメスの蚊だけ。 地球上に生息する生き物の約80%は昆虫である。 タラバガニはヤドカリの仲間 人間以外でも、ほとんどの哺乳類動物は夢を見る。 スポンサードリンク.

次の