大渕愛子 アンチ。 大渕愛子弁護士、誹謗中傷と闘う 発信者情報開示の手続き中|NEWSポストセブン

日記も気ままに日記 大渕愛子ママスタ

大渕愛子 アンチ

大渕愛子オフィシャルブログより 昨年、不当な費用を依頼者から受け取っておきながら返金にも長く応じなかった問題で、東京弁護士会から業務停止1カ月の懲戒処分を受けていた大渕愛子弁護士が、ブログでテレビ復帰について「このタイミングでのレギュラー番組への復帰はしない」とコメントした。 しかし、当のテレビ関係者からは「復帰アピールにしか聞こえない」という声が聞かれる。 3月27日のブログには、確かに「復帰を待っていてくれていた番組もあり、復帰したい気持ちもありましたが、色々と考えた結果、このタイミングでのレギュラー番組への復帰はしないという結論に至りました」と書かれているが、その後の文では「レギュラー番組以外の出演やレギュラー番組の将来における出演については、育児や本業の状況に照らしつつ、都度検討させて頂ければと思っております」と、結局は含みを残した内容になっていた。 「実際には、出たくてもオファーがほとんどない、というのが現実なのでは?」と話すテレビディレクターもいる。 「大渕さんが復帰したくても、テレビ側は難しい状況ですよ。 最近は番組にやたら弁護士が出るようになって、その選別が重要になってきているんです。 大きい声では言えませんが、情報番組ではNGリストがあるほど。 そう考えると、大渕さんの起用はイージーではないですよ」(同) 大渕弁護士は、ブログで「復帰を待っていてくれていた番組」があったと書いており、現にレギュラー出演していた『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)は彼女が座っていたイスを空席のままににしている。 だが、前出ディレクターは「そりゃ、番組側は、本人にはそういう感じのことを言いますよ。 でも、実際に起用するかといえば、ハードルは低くない」と言う。 実際、情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)のほうは、スタッフに聞いてみたところ「復帰の話は、1ミリも持ち上がっていない」という話だった。

次の

日記も気ままに日記 大渕愛子ママスタ

大渕愛子 アンチ

大渕愛子弁護士はどう対応したか 何気なくネットに投稿した一言に思わぬ悪質なコメントが返ってくることも…。 誰もがネットで誹謗中傷を受ける可能性があるいま、悪意ある言葉に「負けまい」と闘っている人がいる。 2013年1月にブログを始めたという弁護士でタレントの大渕愛子さん(42才)。 日常のひとコマを切り取った写真やコメントに対する読者からの反応が仕事や育児への励みになっているという。 ただ、なかには悪質なコメントも…。 「建設的な意見については、耳が痛いものであっても勉強になると思いますし、的外れな意見でも、そういう受け止め方をする人もいるのだなと、受け入れます。 「2018年7月のブログに対しての投稿は、私のことを差別用語を用いて長々と罵倒していました。 ひどい偏見だと思いますし、これは許されないことと、怒りを感じました」 そこには「不妊症高齢出産帝王切開でしか産めない障害者お婆ちゃんwww」「どうしても異性が欲しくて3人目はいいと言われているのに無理矢理求められてご愁傷な旦那ww」などの前置きに続き、2人の息子に対する中傷もあった。 このコメントについて大渕さんは、2018年9月17日に、ログを保存する仮処分を東京地裁に申し立て、その決定を得た。 ログを保存しておけば、発信者情報が消える心配がないので、育児と仕事が落ち着いてから、次の行動に移そうと考えたという。 「忙しさもあってしばらくそのままにしていたのですが、この4月に緊急事態宣言が出たのを機に新規の受任をストップさせ、このコメントの投稿者に対して法的措置を取ろうと決めました」•

次の

虐待だ!!大渕愛子氏 5カ月次男に頭蓋骨矯正ヘルメット…1日23時間着用へ

大渕愛子 アンチ

弁護士の大渕愛子氏が28日、自身のブログを更新し、娘が保育園で顔に傷を作ったことを明かした。 大渕氏は「たくましい娘」のタイトルでブログを更新し、2018年9月に生まれた第3子の長女が「園で、みいがお友達とアンパンマンの椅子を取り合っていて、顔をひっかかれた」と報告。 傷については「いつもお互い様で、全く気にしていない」と前置きしつつ、その時の長女の様子について、先生に「ちょっとムッとしただけで、泣かない! 」と言われ、驚いたと綴っていた。 大渕氏はそんな長女の姿を知り、「たくましい、頼もしい」「お兄ちゃんたちの戦いごっこに巻き込まれたりして、鍛えられているからね」と長女を称え、目の辺りに傷を作った長女の写真を掲載していた。 これを受け、ネット上では「みぃちゃん、たくましい」という声もあったが、「他人の子を加害者扱いしてるけど、もしそれが冤罪だったらどう責任取るつもり? その場にいなかったんだよね? 」「もし喧嘩があったとしても先に手を出したのは相手ではないかも」など、事実関係をしっかりと確認すべきだと指摘する声も挙がっていた。 「子育てについてブログに綴ることが多い大渕さんですが、子供に甘いと批判されることも多いんです。 次男がハサミでテレビを傷つけてしまった時は、なぜか『自分の責任』『怪我がなくてよかった』と反省。 次男がテレビを傷つけたのは、机に落書きするようないたずらと同じと結論づけていました。 しかし、『ダメなものはダメだと厳しく言うべき』『事故が起きてからでは遅い』と批判されていましたね。 また、子供たちに色々なことを体験させたいと、長男にさまざまなおもちゃを買い与えたことをブログに書いて、『我慢を覚えることも大事なのでは』と指摘されたこともありました。 大渕さんとしては子供を想っての行動だと思うのですが…」 芸能記者 大渕氏の子育てはアンチを刺激することもあるようだ。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の