早い対応ありがとうございます。 お早いお返事ありがとうの使い方は?対応へのお礼の敬語・丁寧語表現は?

ビジネスメールでの敬語の使い方!早い返信へのお礼編

早い対応ありがとうございます

「早い返事」という言葉はメールや手紙などで使う言葉です。 こちらが何か聞いたり、質問したりして早く返事が返ってきた時、「早く返事をもらったけどなんてお礼をしたらいいんだろう」と思うことがあります。 そういったときに使える「早い返事」の敬語表現についてご紹介します。 ビジネスシーンだけではなく日常生活でも使うので覚えておきましょう。 メールや手紙などを頂いたりした場合は、なるべく早い返事が望ましいとされています。 相手を待たせてしまうと失礼に当たることがあるため、返事ははやくすると良いです。 自分が送った場合に早い返事があると聞きたかったことが早くわかったり、対応が良いなと思えたりします。 「早い返事」の敬語での使い方 「早い返事」はビジネスシーンでも日常生活でも使うことのある言葉です。 そんな「早い返事」の敬語表現はさまざまあります。 よく耳にするのが「早速のお返事」という言葉です。 「早速のお返事」という言葉は敬語として正しい表現です。 「早い返事」をいただいた場合には「早速のお返事ありがとうございます」とお礼を伝えるといいでしょう。 たまに「お早いお返事」という言葉を使う方がいますが、日本語として違和感を感じる方が多いでしょう。 丁寧にするつもりで「お」をつけていますが「はやい」にも「返事」にもついてしまっています。 「早い返事」を敬語で表現する場合には、「早速のお返事」を使うほうが無難でしょう。 敬語の種類 敬語には大きく分けると3種類存在します。 ものごとを丁寧に表現する丁寧語、相手に敬意を表現する尊敬語、自分や自分の身内についてへりくだった表現をするのが謙譲語です。 丁寧語は語尾に「〜ます」や「〜です」をつけるのが特徴です。 それぞれは状況や相手によって使い分けます。 シーンに合った敬語表現を選びましょう。 この3種類の他にも、美化語と丁重語という敬語の種類があります。 美化語は皆さんが日常生活で聞くことが多い「ご飯」や「お酒」など「ご」や「お」が言葉の頭に付くのが特徴です。 「ご祝儀」なども美化語の1つです。 丁重語は「参る」や「申す」など自分の行動について丁寧に表現する敬語です。 使い方 敬語は使い方が難しいと言われています。 間違った使い方をしていると丁寧にしたつもりが逆に失礼になってしまうという場合もあります。 そのため、正しく覚えて上手な使い分けが必要とされます。 しかし、使い慣れてくるとサッと敬語表現が出てくるようになり、普段自分が使っている言葉と同じように使うことができます。 まず、上手に敬語を使うには正しく覚えることが大切です。 敬語の専門書なども多く販売されていますし、こうしてネット上にも敬語を学べるサイトはたくさんあります。 ちょっと手が空いたときや、何かをしながらなど1日のなかの少しの時間を使うだけで覚えることができます。 敬語を使うのが上手な方と会話するのも上達する近道です。 メールでの使い方 敬語はメールでも使うことが多く、メールで敬語を使うときの注意点もあります。 メールで敬語を使うときには誤字や脱字などに注意しなければならないのと、二重敬語にならないようにすることです。 誤字や脱字を防ぐには、メールを全て打ち終わった後に読み直すことが大切です。 脳内で読み直すだけでなく、声に出して音読することで間違いに気付きやすくなります。 二重敬語とは、敬語同士が重なってしまうことです。 丁寧にしようとするあまり、敬語同士が重なってしまい違和感を感じる文章になってしまいます。 二重敬語を防ぐためには正しい敬語の使い方を覚える必要があります。 メールも頻繁に送っていれば慣れてきてうまく使えるようになるので何度もチャレンジすることが大切です。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンでは敬語は無くてはならない言葉です。 敬語を使えないと会話に差し支えたり、失礼になったりします。 そのため、社会人になればほとんどの人が敬語を使えるようになります。 敬語は社会に出て目上の人と接する機会が増えれば聞く機会も増えるので、その分覚える速度が早くなります。 敬語だけでは無く、ビジネスマナーなども徐々に覚えていきます。 例えば「早い返事」ですが、メールや手紙は早く返事をする方が良いとされています。 そういったことも社会に出ると少しづつ覚えていきます。 「早い返事」を敬語表現するときの例文 「早い返事」使った例文を紹介します。 「早い返事」を使う場合はメールや手紙が多く、正しい敬語表現が求められます。 会話が多くメールや手紙をあまり使わない方々は「早い返事」という言葉を使ったことがない方も多いでしょう。 「早い返事」の敬語表現はさまざまあるので、相手や状況について使い分けましょう。 「早い返事」を使うときにはお礼を添えることが多いでしょう。 お礼の言葉も正しい敬語表現を使うことが大切です。 お礼の言葉もさまざまあり、丁寧さのレベルが幅広いので上手に使い分けましょう。 ありがとう 「早い返事」を使うときはありがとうという言葉の敬語を添えることが多いです。 ありがとうという言葉にはさまざまな敬語表現があるため、上手に使い分けましょう。 「ありがとうございます」も「感謝申し上げます」も同じありがとうという意味を持っていますが、丁寧さが違ったり、他の言葉との相性によって使い分ける必要があります。 例えば「早速のお返事、ありがとうございます」という風に使うことがあります。 敬語として正しい表現なのでビジネスシーンや日常生活で使うことができます。 この文章をより丁寧に表現する場合には「早速のご返信、感謝申し上げます」といった文章になります。 このように同じ意味でも違う言葉になるのでさまざま表現を覚えておくと便利です。 「早い返事」の別の敬語表現 「早い返事」にはさまざまな敬語表現があります。 状況や相手に合わせて使い分けます。 「早速のご返信」や「迅速な対応」など言葉もさまざまで、その後に続く言葉も数多くあるので何種類ものパターンがあります。 たくさん覚えておくことでシーンに合った使い分けがサッとできるようになります。 早速のお返事 「早い返事」の敬語表現として多く使われるのが「早速のお返事」という言葉です。 よく聞くこの言葉は使いやすく、敬語初心者にも覚えやすい言葉です。 「お早いお返事ありがとうございます」は日本語として違和感があります。 ですので「早速のお返事ありがとうございます」という風に使います。 「早速のお返事」より丁寧に表現する場合には「早速のご返信、感謝申し上げます」とすると丁寧さが増してより良い印象になります。 相手や状況などで使い分けましょう。 迅速な対応 「早い返事」を敬語表現する場合に「迅速な対応」という言い換えをする場合もあります。 「迅速な対応ありがとうございます」という感じに使います。 「迅速なご対応ありがとうございます」でも使えます。 「ご迅速なご対応ありがとうございます」は日本語として変なので間違わないよう注意してください。 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございます」や「迅速な対応に感謝いたします」などという表現もできます。 「迅速な対応」に似た言葉では「素早い対応」などがあり、「素早い対応ありがとうございます」というように使います。 早々は失礼にあたる? 「早い返事」の敬語表現は「早速のお返事」や「迅速な対応」を使うと良いことがわかりましたが、それだけではなくその後に添える言葉にも気遣うとより良い文章となります。 「早い返事」を使うときに多いのが「早い返事」に対してお礼を伝える場合です。 「早速のお返事ありがとうございます」などと使いますが、そういった文章に「お忙しい中」や「ご多用のところ」などをつけるとより良い文章になります。 相手を気遣う気持ちも添えていると返事をしたかたも早く返事をして良かったなと思ってくれるでしょう。 早い返事をお願いするとき 「早い返事」をお願いしなければならない場面もあります。 「早い返事」をお願いするのは非常に難しいことです。 返事の催促をしているので、失礼のないように注意しなければなりません。 「早い返事」をお願いする場合にはまず自分がメールや手紙を送った日時や、内容を話した日時をはっきりさせます。 書類を再送できる場合は「念のため再送いたしますのでご確認お願いいたします」と続けます。 「早い返事」を求める場合は、いつもよりも丁寧に相手を嫌な気分にさせないようにお願いしましょう。 メールでの注意点.

次の

【ビジネスマン必見】「迅速な対応」の意味と使い方を解説

早い対応ありがとうございます

「早速のご対応」という言葉をビジネスシーンや顧客側として見聞きしたことがありますか。 実際にビジネスシーンで使われることは珍しくなく、言われたりしたことがある方もいらっしゃるでしょう。 では、どのような意味を持っている言葉なのかご存知ですか。 「早速のご対応」とは、早と速が付いていることから「早く(速く)」対応してくれた、という意味のイメージを持っています。 しかし、使い方については正しい知識を持っているでしょうか。 「早速のご対応」は、ビジネスシーンで使用する側や顧客として使われる側になる言葉であるため、正しい使い方を知っておくことで役立つ時が来るかもしれません。 それでは、「早速のご対応」の意味について説明していきます。 また、似たような場面や意味合いで使用されることが多い言葉も説明しますので、比較しながら正しい使い方を学びましょう。 早速の意味 「早速」は「応じてすぐに」という意味を表します。 例えば、何か要望があってその内容がすぐに応じるべき時や、しようと思ってからすぐにやり始める時など、「行うことが定まってからすぐに対応すること」を「早速」で表します。 文に入る時や話題を変える時の起こし言葉であり、目上や目下に関わらず使用可能な言葉です。 「では、早速」といった使われ方で、テレビ・映画・舞台・アニメ・書籍などで見かけたことがある方が多いと思います。 自分が日常の中で使用しているという方もいることでしょう。 「早速」の言葉自体は身近なものですが、「早速のご対応」となるとあまり親しみがないかもしれません。 しかし、ビジネスシーンや丁寧な言葉としては適切なため「早速のご対応」が使用される場面も多くあります。 類語その1「早々」 「迅速なご対応」は「早速のご対応」よりもビジネスシーンや顧客側に対して用いられる言葉です。 また、「迅速」には行動が非常に早い・物事の進行が早いといった意味があります。 「早々」にも似たような意味がありますが、「迅速」は立場に関係なく使用できる言葉であり、「早々」と違って目上の人にも顧客に対して用いることができます。 また、相手のことを表す時も自分のことを表す時も使用できます。 ビジネスシーンや丁寧な言葉としては「早速のご対応」よりも「迅速なご対応」の方が適切と言われていますが、「早速のご対応」でも構いません。 「迅速」は物事の進行や行動が早いことを示していますが、「早速」は応じてすぐにという意味があるため、応じて今すぐに行動する場合は「早速のご対応」、応じて今すぐにではないけれど早く対応する場合は「迅速なご対応」の方が言葉の意味としては適しています。 類語その3「早急」 「早急」は非常に早いことですが、敬語表現としても使用できるのに命令系にもなってしまう言葉のため使用場面には注意が必要です。 「早急に頼む!」と上司が部下に使用することはよくあるかと思いますが、間違いではありません。 ただ、部下が上司に「早急にお願いします」と言うと少し命令系になってしまうため、部下が上司に対し「早急」を使用する時は「早急にお願い申し上げます」丁寧に聞こえるようにしましょう。 「早速」「早々」「迅速」「早急」と似たような言葉はたくさんありますが、それぞれ意味合いとしては異なる印象があり、使うことができる場面も違います。 目上の人に対しても使用できるものもあれば、目上に対しては失礼に値するものもあるため、使い分けが大事です。 無難な言い方としては「早速」と「迅速」が立場に関係なく使用できるオールマイティな言葉なので、ビジネスシーンには最適な言葉です。 「早速のご対応」は、目上の方に使用する敬語表現としては正しいです。 正しいというよりは、間違ってはいないと言った方が適切でしょう。 理由としては、敬語表現としては「迅速なご対応」が最も適しているとされているからであり、「迅速」の意味と比べると「早速のご対応」は使用できる場面が限られます。 応じて今すぐに動く場合のみ「早速のご対応」であり、数日以内に行うような早いけど間がある場合は「迅速」です。 例えば物販の取引で、入金後すぐに発送してくれたことに対しては「早速のご対応」ですが、早いけれども入金後すぐではない場合には「迅速なご対応」が適しています。 ただ、細かな話になるため一般的に早いことを示す時には「早速なご対応」でも「迅速なご対応」でも構いません。 「早速のご対応いただき、ありがとうございます」尊敬語で「もらう」の意味がある「いただく」が変化した「いただき」が加わりましたが、この使い方は間違いです。 「もらう」というのは「してもらう」「何かをもらう」の意味合いがありシーンによってどちらの意味合いになるかは違ってきますが、「ご対応」のように「ご」や「お」が付いた言葉に次いで「いただく」を付けることは敬語表現として不適切とされてきます。 「いただき」を使用する時は「ご対応」ではなく「対応」で良く、「対応」と「いただき」の間に「をして」を入れると文がまとまります。 「早速の対応をしていただき、ありがとうございます」とすれば、使用可能です。 少々難しい敬語表現のルールになりますが、相手の許可を得る言葉の「いただく」を次いで使用する時は「ご」や「お」が付く言葉は使用不可ですので覚えておきましょう。

次の

「早急な回答ありがとう」という言い方

早い対応ありがとうございます

はじめまして。 ご質問1: <何となく違和感を覚えます。 > おっしゃる通りです。 個人的には「早速の」をよく使いますが、「早急な」は使ったことがありません。 その感性を大切にされた方がいいと思います。 1.違和感を覚える理由は、「急」の使い方にあります。 2.「急」は「進行の速さ」に言及しますが、その速さが「激しい」ことに重点がおかれます。 3.そこから、「急」のもつ過度のイメージがマイナス方向に解釈される用法が目立つのです。 (1)「差し迫っている」 例:「事は急を要する」 (2)「不意・突然」 例:「急にだまりこむ」 (3)「あわただしい」 例:「急な催促」 4.従って、相手の行為に対して「早急な」を使うと、その行為に対して主観的に「早すぎる」といった、マイナスなイメージを持ったと相手にとられてしまうおそれがあるのです。 5.そのような曖昧さを避けるために、「早速」などの方が適切だと思われます。 こちらは、「ある事に応じてすぐ」という、相手の対応の早さに対するプラスイメージがありますから、語感の印象も悪くならないのです。 ご質問2: <「早いことは早いけど、内容は雑な」という感じがするというか。 この感じ方、正しいでしょうか。 > おっしゃる通りです。 1.その「感じ」は、上記で述べた「『急』のもつ過度のマイナスイメージ」からきていると思われます。 2.「内容が雑な」は、そのマイナスイメージから引き起こされる副次的な負のサイクルの産物で、一種の推測に過ぎませんが、こちらがそういう主観的にマイナスな感想を持ったことを、相手にそう察知されるおそれもあるわけです。 3.ご質問にあるような「感じ方」は、正しい感性だと拝察します。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた) A ベストアンサー どちらもありえますが、着眼点が違います。 それぞれ通常の形(常体)に戻すと、 (イ)「お話しした通り」……「話(はな)した通り」 (ロ)「お話した通り」……「話(はなし)した通り」 となります。 (イ)は「話す」という動詞であり、その動作・行為に注目しています。 一方、(ロ)は「話」という名詞で、その内容に注目しています。 「話(はな)したっけ?」と「話(はなし)したっけ?」を比較してみてください。 この考え方では、どちらかというと(イ)が適切となる場面が多いかもしれません。 また、非常に細かい問題ですが、 (イ)は動詞が謙譲語「お話しする」、(ロ)は動詞が常体「する」、という違いもあります。 ですので、もし謙譲語が適切な場面であれば、話し手は「話す」という動詞を意識していると考えられますから(イ)、 もしも常体、または単なる丁寧体が適切な場面であれば、話し手は「話」という名詞を意識しているでしょうから(ロ)、 というのも一つの目安になりえるかと思います。 どちらもありえますが、着眼点が違います。 それぞれ通常の形(常体)に戻すと、 (イ)「お話しした通り」……「話(はな)した通り」 (ロ)「お話した通り」……「話(はなし)した通り」 となります。 (イ)は「話す」という動詞であり、その動作・行為に注目しています。 一方、(ロ)は「話」という名詞で、その内容に注目しています。 Q 営業のアシスタント業務を行っています。 代理でメールを送信する場合について教えてください。 添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。 今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

次の