ミラティブ コメント 表示。 【Mirrativ(ミラティブ)】デイリーミッションについて詳しく!

ミラティブ(Mirrativ)とは?どこよりもわかりやすく解説!【配信アプリ】|カトナビ

ミラティブ コメント 表示

最初はバグったと思ったよ ミラティブの視聴者数を増やす方法 ミラティブで視聴者数を増やしたければ手っ取り早いのが毎日、人気のアプリを配信することだ。 毎日配信する• 人気のアプリを配信する この2つを継続できれば視聴者数は右肩上がりに増えていく。 毎日配信する 毎日配信するメリットは固定ファンがつきやすいことだ。 ファンがつくと配信のモチベーションが上がる。 モチベーションがあると毎日配信ができる。 毎日配信していると視聴者は必ず集まり、その数は増えていく。 あなたが毎日配信すると、視聴者は配信を見ることがもはや習慣になる。 例えば有名なYoutuberさんは毎日配信を欠かさず行っている。 逆に毎日配信を怠れば怠るほど有名にはなれないの かもしれない。 継続していると結果が出るのは自然の摂理であり例外はない。 継続しても視聴者が伸びない場合、配信が壊滅的に面白くない可能性があるがそれは仕方がない。 後、毎日配信していると『まいにち配信者バッヂ』が貰える。 バッヂに関しては以下にまとめてあるので、いずれ参考にしてほしい。 人気アプリを配信する 当たり前だが、配信するアプリによって視聴者数が変わる。 人気のアプリを配信すれば人は多く集まるし、誰も知らないアプリを配信しても人は集まらない。 だから有名なフォートナイト・荒野行動・白猫テニス・モンスト・コンパスなどは視聴者を増やすために打ってつけのアプリだと言える。 他にもイベントが開催されているアプリは視聴者が集まりやすい。 ミラティブとしてもイベントを盛り上げたいはず。 対象アプリの配信がオススメに乗る確率も微増しているのではないか。

次の

【Mirrativ】配信画面の見かた、変更方法は?徹底解説【ミラティブ】

ミラティブ コメント 表示

Contents• ミラティブでコメント表示がされない原因 ミラティブでは、 配信中のユーザーにコメントを送り、リアルタイムでコンタクトを取って配信を楽しむことが出来ます。 画面下の 「コメントする」の項目をタップし、キーボードに打ち込むだけでコメントが送信出来るので非常に簡単です。 しかし最近、 「コメントを送信しても表示されない」という不具合の報告が上がっています。 ミラティブの コメントが表示されない原因を突き止めて対処しましょう。 動画配信をおこなうサーバーは、多くの動画配信を提供している為、システム自体に負荷がかかりやすくなっています。 ミラティブは 定期的にメンテナンスをおこない、アプリのバグまたは不具合解消に力を入れているので、エラーが発生しても非常に対処が早いです。 アカウントBANなら即時サービス利用が出来なくなりますが、利用の一時制限では、配信中のコメント投下が出来なくなります。 ミラティブは多数の人とゲーム楽しく共有したいと考えている方が利用しています。 配信者側と視聴者側のお互いが、 気持ちの良いWIN-WINな関係で利用出来るように、自身のコメントにも責任感を持って送信しましょう。 配信者側に出るコメント欄が表示されない 配信者側からの悩みで、 「コメントが一瞬しか表示されない為、返信が出来ない場合がある」という声が多くあります。 また、人気動画配信者の配信では、 多くのユーザーが沢山コメントを残すので、自身のコメントが反映されてないと勘違いする視聴者もいます。 配信者も出来るだけ、コメントをしてくれた視聴者にはリアクションをしたいと思っている方も多いです。 使用端末によって表示方法が違う iPhoneとAndroidでは、 OSが違うためコメントの表示方法が異なっています。 Androidの場合は、ゲーム配信をしている最中でも、黒いコメント欄から過去のコメントを確認することが出来る為、さかのぼって返信する事が可能です。 しかし、iPhoneの場合だと、 視聴者から送信されたコメントは一瞬ポップアップ表示されるだけです。 なので、過去のコメントを確認するためには 全画面モードにして確認する必要があります。 流れてしまったコメントで、配信者がリアクションが取れないと、視聴者は「見えていない」と勘違いする方もいるのですが、仕様による問題なのでご安心ください。 ミラティブでコメントが表示されない際に考えられる対処法 ミラティブ利用時に、コメントが表示されない原因には様々な理由があり、発生原因によっても対処法が変わってきます。 以下では、 ミラティブでコメントが表示されない場合にユーザーが出来る解決方法をまとめました。 SNSで情報を集める 【ミラティブ】 ミラティブで、利用環境等は特に問題が無いにも関わらず、コメントが表示されない場合は、 サーバーもしくはアプリに不具合が発生している可能性が考えられます。 そして、自身の環境ではなく、アプリまたはサーバーのトラブルの場合は、複数のユーザーが同じようなエラーになっています。 エラー発生原因を突き止めるには 、TwitterなどのSNSで他のユーザーにも同様のエラーが発生していないか情報収集をおこないましょう。 サーバー側のエラーにより不具合が発生している際にユーザーは「解決するまで待つ」しか方法がありません。 コメントした内容を再確認する 自身の過去または、 現在送信したコメント内容を改めてチェックしてみましょう。 ミラティブのコメント欄で、不適切ワードを送信した場合は、運営からのフィルターがかかり、表示がされません。 さらに、 過去に不適切発言をおこなって通報されているユーザーは、一時的な利用制限状態になっている場合があります。 利用制限になっていると、放送中の配信へコメントの発信が出来無くなってしまいます。 短期間制限であれば、 数時間から数日で制限が解除されますが、制限日数が決められていないケースだと永久に機能復旧をしない可能性もあります。 ミラティブで不具合が出る際に確認したいポイント ・電波状況の良い場所で接続しているか ・Wi-Fiは安定した回線で利用しているか ・公共のWi-Fiは不安定な事が多いので切ってみる ・データ通信量を超えて低速状態になっていないか ・アプリまたはOSのアップデートを最新にしているか アプリまたは端末の再起動 ミラティブ視聴時または配信にて、 不具合が発生した場合には、アプリまたは使用端末の再起動は非常に有効です。 iPhoneX以降の機種を利用中の場合は、画面下からフリックアップをすることで、起動しているアプリの一覧を表示させることが出来ます。 再起動を行う場合は、起動している 「ミラティブ」を選択し、再度フリックアップしましょう。 そして、もう一度ミラティブを開けば再起動完了です。 また、 この手順はタスクの削除と同じ方法で、ついでに利用していないタスクを削除しておけば、端末の負荷を軽減させられます。 また、 スマホではアプリの起動やWebサイトの閲覧を日常的に行うので、メモリが有効に使え無くなることにより、動作環境が悪くなります。 メモリ状態が良くない端末では、動作速度や処理速度が著しく低下してしまうので、アプリの利用環境の妨げになる可能性も十分に考えられます。 端末のメモリを有効活用するには、 端末の再起動を行い、メモリをリフレッシュさせましょう。 スマホやPCに限らず、端末の「 再起動」はトラブルまたはエラーの特効薬とも呼ばれており、様々な場面で活用できる為、非常にオススメです。 iPhoneの再起動手順 1. まず、音量を上げるボタンを押して放す。 次に、音量を下げるボタンを押して放す。 電源ボタンである「サイドボタン」を長押しして、Appleのロゴが表示されれば再起動完了です。 必要環境を満たしていない ミラティブの 利用環境が整っていない場合は、利用が出来ない、もしくは利用時に正常な機能を果たさない場合があります。 対応機種や推奨環境は最低限整えてから利用を開始しましょう。 ミ ラ ティブの利用に必要な環境 iOS8以上およびAndroid OS 4. 1以上のスマートフォン・タブレット端末でアプリをご利用いただけます。 配信が可能:Android OS 5. 0以上のAndroid アプリ、iOS11以上のiOSアプリ 視聴およびコメント等が可能: Android OS4.

次の

ミラティブで視聴者数を確認する方法|増やす方法も公開|ゆまらぼ

ミラティブ コメント 表示

「ミラティブ」はスマホだけでゲーム実況動画を配信できるライブ配信プラットフォームです。 スマホのみで配信できるので手軽で便利なライブ配信サイトです。 このミラティブの配信をPCから行うことで、スマホ以上に快適な配信が可能となります。 そこで、このページでは、PCからミラティブで配信を行う方法や必要な機材、ソフトなどについて紹介していきます。 PCでのミラティブ配信に必要なもの PCからミラティブ配信をするためには• スマホ• ミラーリングソフト• キャプチャーボード• 配信ソフト が必要となります。 ミラーリングソフトとキャプチャーボードはどちらか一つを用意すれば問題ありません。 PCでミラティブ配信をやる方法 必要なものが揃ったら、PCでミラティブの配信を行っていきます。 PCでのミラティブ配信は• スマホの画面をPCに映す• 配信ソフトに映像を取り込む• ライブ配信を開始 の3ステップで行うことができます。 スマホの画面をPCに映す スマホの画面をPCに映すには、• ミラーリングソフトを使う• キャプチャボードを使う のどちらかの方法でできます。 1:ミラーリングソフトを使う場合 ミラーリングソフトを利用すればWi-Fiを利用して、無線でスマホ画面をPCに映し出すことができます。 ここでは、無料で使える「ApowerMirror」というミラーリングアプリを利用して解説します。 iPhoneでのやりかた まずはiPhoneでの利用方法を紹介します。 ダウンロードした実行ファイルを開いて、手順に従ってインストールしていきます。 インストールの際にアカウントの作成を求められるので、無料アカウントを選択しましょう。 iPhone側でWi-Fi接続がオフになっている場合もあるので気をつけましょう。 次にiPhoneで画面を下から上にスワイプしてコントロールセンターを呼び出します。 iOS 11以上の場合、コントロールセンターの「画面ミラーリング」をタップし「Apowersoft [xxxxxx]」を選択(xxxxxxはユーザー名)して同期すればiPhoneの画面がPCに映ります。 iOS 11以下の場合は、コントロールセンターの「AirPlayミラーリング」を選択して、同じように「Apowersoft」が付いているアイテムを選択すれば同期完了です。 Androidでのやり方 続いて、Androidでのミラーリング方法を紹介します。 Androidの場合、スマホにもApowerMirrorアプリをインストールする必要があります。 Google Playからインストールしましょう。 Wi-Fi機器が2台以上ある場合は気をつけてチェックするようにしましょう。 次にAndroid側でApowerMirroアプリを起動し「Wi-Fi接続」を選択します。 ミラーリングアイコンをタップすると、デバイスの検索が始まります。 Apowersoftのついたアイテムを選んだら、「スマホ画面ミラーリング」をタップ。 以上で、Androidの画面がPCに映るようになります。 接続はすべて有線接続となります。 キャプチャーボードは様々な商品が発売されているので、どのキャプボが良いかについては以下の記事を御覧ください。 そのため、キャプチャーボードとスマホを接続するには、スマホ用のHDMI変換アダプターが必要です。 キャプボと合わせて購入しておきましょう。 配信が安定するのはキャプチャーボードを使った場合• ミラーリングソフトを使う• ミラーリングは無料でできるので手軽に出来るのが利点ですが、無線で映像を表示させるので、スマホの処理能力や無線電波の環境によっては、途切れたりしてしまうことがあります。 なので、有線接続で利用するキャプチャーボードの方が、安定した配信が行えるということです。 配信ソフトに映像を取り込む 次は、PCに接続したスマホ画面を配信ソフトで表示させます。 配信ソフトはミラティブでも推奨されている無料ソフト「OBS」を利用します。 配信ソフトへの取り込みは• OBSをPCにインストール• スマホ画面をOBSに映す• OBSで配信設定をする の3ステップでできます。 OBSは公式サイトからダウンロードできます。 まずOBS画面下部の「ソース」欄で「+」ボタンをクリックします。 「ウィンドウキャプチャ」を選択します。 (キャプチャーボードの場合は「映像キャプチャーデバイス」でもOKです) 取り込むウィンドウとして「ApowerMirror」などを選択し、名前をつけて「OK」をクリックします。 以上でOBS上にスマホ画面が表示されるようになります。 上手く表示されない場合は、スマホとPCの接続状況などを再度確認していみましょう。 ちなみに、ミラティブの推奨設定はで確認できます。 画質の設定 まずは画質の設定です。 「設定」をクリックして、「出力」を選択。 「出力モード」を「詳細」にした後、「配信」タブの ・エンコーダを「x264」 ・レート制御を「CBR」 ・ビットレートを「512」 ・キーフレーム間隔を「2」 ・プロファイルを「baseline」 に設定します。 音質の設定 次は音質の設定です。 「音声」タブをクリックして、 すべての音声ビットレートを「64」に変更します。 その他の設定 「映像」タブをクリックして、「出力 スケーリング 解像度」を適切な数値に設定します。 横幅が900以上だとうまく配信できないことがあるので、 出来るだけ横幅900以下の数値を選択しましょう。 「縮小フィルタ」を ランチョスに変更します。 さらに、「詳細設定」タブで「自動的に再接続」の項目が有効になっていたらチェックを外しましょう。 ライブ配信を開始する あとは、ミラティブとOBS間の設定を行えばライブ配信を行うことができます。 上部の「twitterと連携して配信する」をクリックします。 PCを使って動画配信するためにはtwitterのアカウントが必要なので、twitterアカウントをお持ちでない場合は作成してください。 twitterアカウントは作りっぱなしにするのではなく、動画配信のPRに使うと視聴者数が伸びやすくなります。 ミラティブの配信ページから ・OBS用URL ・ストリームキー をチェックします。 次に、OBS画面の「設定」をクリックし、「配信」を選択します。 サービスの項目で「カスタム... 」を選び、「サーバー」と「ストリームキー」に先程チェックした、OBS用URLとストリームキーをコピペします。 コピペしたら、「OK」をクリックして連携設定は終了です。 スマホの音声を拾えるようにマナーモードを解除しておきます。 イヤホンも外しておきましょう。 ミラティブとOBSの両方のボタンを押さないと配信スタートしないので注意しましょう。 以上でライブ配信スタートです。 配信を終わりたい場合は、OBSとミラティブの両方で「配信停止」をクリックしましょう。 どちらか一方を押し忘れるとずっと配信の状態が続きます。 ミラティブのコメントをPCに表示! 配信しながらミラティブのコメントを確認したい場合には、ミラティブのコメントをPC上に表示させましょう。 コメントを表示させるソフトとしては、多数の配信サイトに対応している マルチコメントビューア がおすすめです。 zipファイルがダウンロードされるので、ダウンロードが完了したら解凍します。 exe」を選んで実行します。 ソフトが起動したら「接続を追加」ボタンをクリックし、「ブラウザ」の項目で配信を見るときに使うブラウザを選びます。 「URL、放送ID等」の項目で配信ページのURLをコピペまたは入力します。 有効なURLであれば左側の「サイト」の項目が自動的に切り替わります。 うまく接続したら、コメントが次々に表示されます。 棒読みちゃんとの連携 コメントを表示させるだけではなく、コメント読み上げも利用したい場合は、読み上げソフト「棒読みちゃん」と連携させることも可能です。 マルチコメントビューアと棒読みちゃんの連携 から棒読みちゃんをインストールします。 棒読みちゃんを初めて起動すると「初回確認」ウィンドウが複数回開きます。 すべて「いいえ」を選んで問題ありません。 マルチコメントビューアの「プラグイン」をクリックし、「棒読みちゃん連携」を選択します。 「棒読みちゃんにコメントを読んでもらう」にチェックを入れて、「棒読みちゃんの場所」に「BouyomiChan. exe」を設定します。 これで棒読みちゃんにコメントを読み上げてもらうことができるようになりました。 まとめ ミラティブというとスマホ向けのアプリという印象が強いかもしれませんが、PCからでも配信を行うことができるようになっています。 耳慣れないソフトや機材を使うため、最初のうちは難しく感じられるかもしれません。 しかし、 ・スマホの画面をPCに映す ・映した画面をOBSなどの配信ソフトに取り込む ・ミラティブと配信ソフトを連携させる ・動画を配信 といったそれぞれの作業は案外簡単にできるものとなっています。 この記事を見ながら一つ一つ確実にこなして、楽しく動画配信を行ってください。

次の