まだ 結婚 できない 男 カンテレ。 トピックス

『まだ結婚できない男』ドラマににじみ出る現場の空気感、メンバーの思いは?

まだ 結婚 できない 男 カンテレ

10月にスタートする、阿部寛主演の人気連続ドラマ「結婚できない男」(カンテレ/フジテレビ系)の続編「まだ結婚できない男」(毎週火曜・午後9時〜)のキャストが発表され、塚本高史ら、一部前作キャストの出演が明らかになった。 前作で主人公の隣人・みちる(国仲涼子)が飼っていた、ケンちゃんと同じ犬種であるパグも登場する。 偏屈で皮肉屋の建築家・桑野信介(阿部)が、ある女性との出会いをきっかけに、恋愛や結婚を意識していくさまをコミカルに描いた「結婚できない男」。 女性たちだけでなく、個性的な登場人物たちも、桑野とのユーモアあふれるやりとりでドラマを盛り上げた。 続編の「まだ結婚できない男」では、そんな前作メンバーが再登場。 前作で桑野のアシスタントを務めていた村上英治(塚本)は、設計事務所の共同経営者となり、成長した姿を見せる。 さらに、桑野の母・桑野育代役の草笛光子、桑野の妹・中川圭子役の三浦理恵子、圭子の夫で桑野の良き理解者でもある中川良雄役の尾美としのり、桑野といつもケンカを繰り広げる大工の棟梁役・不破万作らも出演。 13年前と変わらない、おなじみの面子が揃った。 また「結婚できない男」といえば、桑野と奇妙な絆で結ばれる、犬のケンちゃんも大事なメンバー。 本作でも、名前は不明だが、ケンちゃんと同じ犬種のパグも登場するとのことで、どんなキュートな姿を見せてくれるのか。 また、前作でおなじみのバーも再登場。 発表されているキャストは以上だが、こうなると「金田更新してるぞ」でおなじみの建築家・金田裕之(高知東生)といった名キャラクターの再登場にも期待したくなる。 ドラマ「まだ結婚できない男」は、前作から13年後が舞台。 主人公の桑野(53)は、以前と同じマンションに暮らし、スマートスピーカーといった最新機器に囲まれ独身生活を謳歌(おうか)中。 担当医だった早坂夏美とは交際まで発展したものの破局し、再び恋愛モードから遠のいた桑野の生活が、弁護士のまどか(吉田羊)や、隣人の早紀(深川麻衣)、カフェ店長の有希江(稲森いずみ)との出会いによって、再び変化していく。 (編集部・入倉功一) 外部サイト.

次の

『まだ結婚できない男』最終回、“おひとりさま”阿部寛の言葉に吉田羊が涙

まだ 結婚 できない 男 カンテレ

台湾のケーブルテレビ局で今年放送された 日本のドラマで『まだ結婚できない男』が平均視聴率1位を獲得! 阿部寛主演でお届けしている、カンテレ・フジテレビ系火9ドラマ『まだ結婚できない男』が、いよいよ明日よる21時30分の放送で最終回を迎える。 さまざまな女性との出会いを通し、桑野の日常にも少しずつ変化がもたらされてきたが、果たして桑野は最後にどんな結末を迎えるのか? 注目が集まる。 そんな『まだ結婚できない男』が、台湾のケーブルテレビ局「VIDEOLAND日本チャンネル(緯来日本台)」(トップ写真は、その社屋)で、2019年1月から11月に放送された日本のドラマ42作品のうち、平均視聴率1位を獲得。 さらに台湾の配信プラットフォーム「friDay Video」では、日本ドラマの中でクリック数1位を記録したほか、日本と同時期放送も行っている香港およびマカオのプラットフォーム「Viu」でも、配信開始後の10月に、同時期放送の日本ドラマで人気1位を獲得。 第1話と第2話は、プラットフォーム全体の総合20位内にもランクインした。 海外でもドラマが受け入れられていることについて、どのように感じるのか、阿部に尋ねると「ひとつは前作のファンがたくさんいてくださった。 それで続編を待ち望んでくださったということですよね。 台湾でも韓国でも。 国という枠を超えても、愛してくださっている作品だなっていうのは、前々から、前作の件で耳に入ってはいました。 なので今回、続編も同じように皆さんが見てくださって、楽しんでくださっているっていうのは、本当にうれしい事ですよね」とコメントし、喜びをにじませた。 結婚するかしないか、寿命が伸びて長くなった人生をどう生きるのかということが、大きなテーマであることは、世界的に見てももちろん変わらない。 海外でもこのドラマが受け入れられる裏側には、そういった側面をドラマに感じるからではないだろうか。 それについて阿部も「日本の現状と一緒なんでしょうね。 ドラマの影響だけではないとは思いますけれど、日本でも外国もそういう現象が一緒だってことですよね」と分析。 人生100年時代、今後も日本に限らず、世界でも、ライフスタイルは人それぞれで、自分の幸せは自分で選ぶ、ということに変わりはない。 独身を貫いてきた桑野だが、果たしてこのまま独身なのか、それとも違う選択をするのか。

次の

『まだ結婚できない男』阿部寛が夏川結衣について言及 まどかとの舌戦の行方はどうなる?|Real Sound|リアルサウンド 映画部

まだ 結婚 できない 男 カンテレ

13年前に人気を博したドラマ『結婚できない男』の続編『まだ結婚できない男』(カンテレ・フジテレビ系)。 第9話「偏屈男が素直になって悪いか!!」では、珍しく急性胃腸炎で弱った桑野の様子から始まる。 原因はストレスと1人暮らしによる栄養不足だ。 仕事中に倒れた桑野は、義弟の中川(尾美としのり)の病院に運び込まれる。 運ばれる最中に「あの女医にだけは言うなよ」と口止めしていたが、本作で初めて桑野の口から早坂先生(夏川結衣)の存在に触れられていた貴重なシーンだった。 見舞いに訪れたまどか(吉田羊)、有希江(稲森いずみ)、早紀(深川麻衣)に、中川は「お前はモテ男だったのか」とからかうも、「真面目な話、心配してくれる人がいるだけ有難く思えよ」と孤独死の可能性を示唆しながら言い添える。 それに対して、普段から桑野とケンカの絶えないまどかだけは、素直なのはあくまで一時的なものに違いないと疑い、周囲から「桑野さんに厳しすぎ」だと指摘を受ける。 案の定、まどかは回復した桑野とまたもや些細なことで言い争いに。 有希江や早紀には好意的なのに、なぜ自分には皮肉ばかり言うのか。 納得がいかないまどかに対し、早紀は、男と女の間には言葉と感情が裏腹になることがあると力説。 それを体現した自分の舞台を見に来てほしいと、まどかたちを誘う。

次の