ここ なっちゃん 新しい 怖い 話。 ちびまる子ちゃんの怖い都市伝説『さくら家の悲惨な真実』

【怖い話】禁后

ここ なっちゃん 新しい 怖い 話

私が7年前に故郷で体験し、 東京に逃げてきた後もずっと続いている話。 私の生まれ育った集落は、 人口100人にも満たないような 所謂限界集落というやつだった。 子供は、私、A、A弟、B、B姉、C、D、Eの8人。 基本的には、 私、A、A弟、B、Cの5人組で遊ぶことが多かった。 毎年6月の終わり頃、 住民は、集落の外れにある神社で 「茅(チガヤ)」で編んだ大きな輪をくぐり、 無病息災を願う。 茅の輪くぐりといって、 そこそこメジャーな夏越しの祓の儀式なんで 知ってる人も多いと思う。 輪をくぐるときは、初めに差し出す足から、 右廻り・左廻り、となえことばなど 細かい作法がたくさんあったらしい。 といっても、 子供は厳格に作法を守らねばいけなかった訳ではなく、 私もそこまで詳しくは知らなかった。 ただ、絶対に破ってはならない決まりが三つ。 1茅の輪をくぐったあと、 「そみんしょうらい、そみんしょうらい」 と2回唱える。 2茅の輪をくぐったあと、 真っ直ぐ進んで御神体に御参りを済ませるまでは 絶対に振り向いてはならない。 3帰り際、 茅を輪から引き抜いて持ち帰ってはならない。 これは、親やじーちゃんばーちゃんから、 毎年かなりキツく言い聞かされた。 7年前の5月の末頃(ちょうどこの時期だ)、 私達はいつものように仲良し5人組で遊んでいた。 神社に続く道には大木がたくさん植わっているので、 そこでかくれんぼをした。 すぐそこに見える境内には、 茅の輪くぐりのための準備がされている様子が窺い知れた。 一通り遊んで休憩になったが、 Aがあることを提案する。 A「チガヤ(子供たちの間では、茅の輪ではなくチガヤと呼んでいた)くぐるときさ、 決まり破ったらどうなるんかな?」 あ、方言キツいんで なるべく会話は標準語で書きます。 A弟「兄ちゃんまた変なこと考えてるー」 Aは普段から面白いことを考えつくのが得意で、 新しい遊びなんかもよく思いついては私達の間で流行らせていた。 このときも、いつもの遊びに飽きてきて、 遊び半分に考えついたんだろう。 私「絶対ダメってあんなに言われるけど… 確かに破ったらどうなるっていうんだろね」 C「怒られるって…やめとこうよ」 A「何言ってんだよ。 誰も見てないだろ?」 茅の輪くぐりの日は、皆が境内に集まって、 一人一人順番に本殿前へと進み、 輪をくぐって参拝し、境内へと戻ってくる。 確かに、何故か誰も見ていないところで、 1人でくぐるようになっていた。 結局、CやA弟は尻込みし、 B、私、それに言いだしっぺのAは当然だが賛成したため、 3人で決まりを破ってみて、 どうなるのか確認することになった。 しかし、大人たちに厳しく言われていたこともあり、 一度に3つの決まりを全て破るのにはやはり抵抗があった。 そこで、ちょうど3人いるし、 1人で1つずつ破ってみることにした。 チガヤを引き抜くのはどう考えても一番ハードルが高かったので、 言いだしっぺのAが実行することに。 Bは1つめの決まりを破り、となえことばを言わない。 私は2つめの決まりをやぶり、 輪をくぐってすぐに振り返る、 ということになった。 1か月後、いよいよ実行の日がやってきた。 Aに話をふっかけられてから、 決まりを破ったらどうなるのか気になって気になって仕方なかったので、 私は少しワクワクしていた。 昼過ぎに神社に行くと、 すでにBはくぐり終えていたらしく、 境内に腰掛けて私に手を振った。 私はBの所へ行き、隣に座った。 私 「アレ、どうだった?(小声)」 アレというのは当然、決まりを破る計画のことだ。 B 「となえなかったよ。 まあこの通り何も起こってないさ。 当たり前だよなー。 (小声)」 私 「そっか、まあそうだよね(笑)。 次、私行ってきます!」 母がくぐり終えて戻ってきたタイミングで、 私は奥の本殿前へと進んだ。 一人きりの本殿は、 やたらと静まりかえっていた。 しかし私は、 誰かに見られているような気がして急に怖くなった。 心の中で、 母が昔教えてくれたとなえことばを 「はらえたまへ、きよめたまへ…(後は忘れました)」 とうろ覚えながらに繰り返し、 ゆっくりと輪をくぐった。 振り返ろうとしたその瞬間、 背後に何か物凄い気配を感じた。 直感的にヤバい!と思い、 咄嗟に前に向き直る。 そのまま数分間が経った。 いや、実際には数十秒程度だったかもしれない。 耳のすぐ脇を生温い風が掠め、 同時に人間のものとは思えないほどの低い声が聞こえた。 何と言っていたのかは今でも分からないが、 そのとき本殿には私しかいなかったことは確かだ。 初夏の蒸し暑さにもかかわらず、 全身が総毛立った。 結局、私は恐怖のあまり振り返ることができなかった。 そのまま本殿に御参りし、 境内へと戻った。 Bにこのことを話すも笑い飛ばされ、 少しムキになった。 Cもやってきて、 茅の輪くぐりを済ませたあと3人で駄弁っていた。 夕方ごろになって、 A一家がやってきた。 B 「あ、A来た。 おーい、遅かったな」 言い忘れていたが、 日没後に茅の輪くぐりをすることは禁止されていた。 A 「お前ら、アレやってみた?」 Aは計画について尋ねた。 B 「俺は別に何もなかったよ。 私ちゃんはオバケにあって真っ青だったけど」 私「それはもういいって… まあ、結局振り返らなかった」 A 「マジかよビビリか。 じゃあ俺が振り向くのとチガヤ持ってくんのと両方やってくるわ」 C 「マジでやるの?」 私もやめたほうがいいんじゃないかと思ったが、 もしかしてAが私と同じようなことになったら Bも信じるんじゃないかと考え、言い出さなかった。 このときAを止めなかったことを どれだけ後悔したかしれない。 Aは本殿の方へ歩いていってしまった。 B、Cと話していると、 ほどなくしてAが戻ってくる。 別に変わった様子はなかった。 私「どうだった!?振り返った?」 A 「やっぱ何もないじゃん。 チガヤもあるから見せてやるよ、 あっち行こうぜ」 大人に見つかるとタダでは済まないと思い、 遊びに行くフリをして木の陰に行った。 ちなみに、 このときA弟は輪くぐりをしに本殿へ行っていた。 Aがポケットからチガヤを引っ張り出す。 私、A、B、C「…」 私達はしばらく声を出すことができなかった。 草色をしていたはずのチガヤは どす黒く変色していた。 A「…何だコレ。 気持ち悪ぃな」 C「それ本当に、輪から引き抜いてきたものなの?」 B「お前(A)の体温で枯れたんじゃねえの? ポケットに入れっぱなしだったんだろ?」 私はかなり怖かったが、 Bの言った通りだと思うことにした。 Cはそれでも不安そうにあれこれ言っていたと思う。 Aはそれ以上チガヤを持ち歩くのはさすがに抵抗があったらしく、 その場に捨てていた。 A弟が怖がって大人に知らせたら困ると思い、 A弟にはこのことは秘密にすることになった。 やがて最後の2、3組が茅の輪くぐりを終え、 皆帰って行った。 それから数日経ったあと、 Aが遊びの途中に頭痛を訴え、 外に出て来なくなった。 Aが体調を崩してから3日目の晩、 Aの父親が血相変えて私の家に飛んできた。 私たち家族は夕飯を食べていたが、 玄関口で母と何事か話したあと、 母が見たことないような怖い顔で 「すぐに出るから、上着着てきなさい」 と言った。 当時の自分にとってはかなり遅い時間だったので、 外に出掛けるなんて只事ではなかった。 母と私は、A父とともにAの家へと急いだ。 道中、母とA父は小声で話し続けていた。 「耳」、「伝染」、「虫」、「A弟(名前)」という単語だけ 断片的に聞き取れたのを覚えている。 Aの家に上がると、 A弟、B、C、何故かAの近所のSさん、 それに神社の神主さんまでもが揃って座っていた。 子供は皆、蒼白な顔で俯いていた。 神主「これで全員か。 改めて何があったか聞かせてもらうぞ」 私「えっと、何がって…?」 S「茅の輪くぐりの日に決まっとろうが! お前ら決まりを破ったろう!?何をした!」 Sさんは猛烈に怒っていた。 いきなり怒鳴られてビクッとしたが、 A弟、B、Cの方を向いても反応はない。 神主「Aは今誰かに会えるような状態ではない。 というより、見ない方が良いだろう。 A弟から、君たちが決まりを破る計画を立てていたことは聞いた。 具体的に何をしたのか教えてほしい」 私とB、Cは代わる代わる事の顛末を話した。 Aが決まりを破る提案をしたこと。 私、A、Bの3人で実行しようとしたこと。 Bはとなえことばを言わなかったが 何も起こらなかったこと。 私が振り向きざまに奇妙な体験をしたこと…。 Aがチガヤを引き抜いた下りを話しているとき、 青かったA父の顔色は紙のように真っ白になっていた。 S「それじゃ、チガヤを引き抜いたのは… 引き抜いた張本人は、Aなんだな? お前らはAが持ち帰ったソレを見たんか?」 C「真っ黒に色が変わっていました… それで、怖くなって、秘密にしようって…」 Cの声は震えていた。 そのとき、 A母が襖を開けて部屋に入ってきた。 神主「Aはもうどうすることもできん… 古い、強い呪いだ。 一度発症すると対処法はない」 A母「…そうですか」 実の子が、恐らくは死の宣告をされたのに、 A母は泣きも取り乱しもしない。 明らかに異常だった。 皆が黙りこくっていると、 神主さんは再び子供たちのほうに向き直る。 神主「君たちは黒くなったチガヤを見たんだな? 清めをするから今から本殿に向かう。 念のためA弟も来なさい。 後、後ろを振り向いた者は他にいないな?」 私(…振り向かないで良かった) こんな時でさえ やはり我が身かわいさにこんなことを考えていたと思う。 私達は黙々と歩いて神社に向かった。 Sさんも付いてきた。 本殿に着くと、 既に何らかの連絡があったらしく、 大人が3、4人くらい集まっていた。 神主「辛いだろうが一晩だけ我慢しなさい。 君たちの生死がかかっているんだ」 ガクブルしながら本殿の奥、 明かりもない真っ暗な部屋へと通される。 そこから先はもう思い出したくもない。 Sさんや大人たちは 何度も何度も酒や酢のような液体を飲ませ、 吐き出させた。 神主さんは外でずっと祈祷のようなものを行っていたと思うが、 よく覚えていない。 とにかく地獄のような一夜だった。 夜も白んできたとき、 神主さんが薄暗くなった部屋に入ってきた。 神主「これでひとまずは終わったが、眠りたいか?」 当然だが、私達の誰も眠気は全く無かった。 それを見て取ったらしく、 神主さんは今回の出来事、 茅の輪くぐりの本当の由来について語り出した。 神主「茅の輪くぐりというのは、夏越しの祓で、 無病息災を願って行われる。 全国的にもまあまあ有名な儀式だ。 君たちもここまでは知っているな?」 神主「その昔、そみんしょうらい、こたんしょうらい、という名の兄弟がいた。 神様がこの2人に宿を求めたところ、 そみんしょうらいは貧しいながらも神様を手厚くもてなした」 神主「しかし、こたんしょうらいは裕福であったにもかかわらず、 それを拒んだ。 そこで神様は、そみんしょうらいだけに茅の輪を腰につけるよう教えた」 神主「数年後、その土地に疫病が流行した。 茅の輪をつけたそみんしょうらいの家は無事だったが、 こたんしょうらいの家は病に倒れた。 これが茅の輪くぐりの由来とされている」 神主「しかし、この土地の茅の輪くぐりは、 全国に広まっているものとは全く違う由来をもつ」 神主さんの話は以下のようなものだった。 ある時、山に隔絶されたこの土地で 原因も正体も分からない疫病が発生し、 どんどん拡大する。 住民は病に怯え、助けを求めるも、 当然山向こうの集落の人間はこちらに来ることを拒んだ。 そんなある時、集落に1人の男が現れ、 未だ茅の輪くぐりが伝わっていなかった集落にこれを広めた。 すると、疫病の流行はこれを境にぴたりと止まる。 茅の輪くぐりは風習として続けられたが、 くぐり終えたあと、変死を遂げる者が続出する。 その死に方が酷いもので、全身に発疹ができ、 悪臭を発しながら皮膚が爛れる。 あるとき変死者の腹を裂くと、 身体の中を無数の虫が食い荒らしていたらしい。 さらに、変死者の誰もが、茅の輪くぐりのあと、 背後におかしなモノを見たと言う。 住民たちはこれを、 病を広めた祟り神の怒りだと考えた。 茅の輪をくぐって振り向くと、 浄化された空間に入れずに怒っている祟り神の姿が見えるらしい。 その姿を見た者は祟りを受け、 不治の病に侵される。 茅の輪は、チガヤを清め、 祈祷を込めて編み込まれている。 引き抜かれ、浄化の力を失ったチガヤは、 茅の輪の内側を狙う祟り神にとって格好の依り代になるらしい。 それに触れたAを救う方法はないそうだ。 B、C、A弟は次の日から高熱を出した。 Sさんは、悪いモノを出し切ったから B、C、A弟はもう大丈夫だと言った。 しかし、私だけは数日経っても何もおきない。 そして、2週間後Aが亡くなった。 私達は物凄いショックを受けた。 友人の死は、 子供にとって大きすぎる出来事だった。 Aは大量の虫を吐いて死んだと、 後に大人たちの会話から漏れ聞いた。 B、C、A弟の熱は3日続いて治ったが、 私達はその後も大人に言われて神社に通った。 私を見る神主さんの目は、 何故か日に日に厳しいものになっていた。 一月が過ぎた頃、 神主さんは私だけを呼び出した。 神主「私(名前)は、ここを出た方が良いかもしれん。 一月様子を見たが、一向に離れる気配がない」 私 「…出るっていうのは?」 神主「君は、茅の輪くぐりの日に振り向いてはいないし、 チガヤに触れてもいないんだな?」 神主「しかし、君が感じたという気配と声だ。 それに、抜けたのだとしたら、 これだけ待って何も起こらないのはおかしい」 清めのあと、 私だけが熱を出さなかったことだろう。 神主「どうやら君は、依り代として祟り神に狙われた。 私では祓えない。 どうすることもできない」 神主「君が憑かれると、きっとこの集落は全滅する。 君ももちろん死ぬだろう…君としてはだが」 神主「遠い土地で、ここを忘れて生活しろ。 それでもいつかは限界がくる。 奴は縁を辿るんだ。 君の延命と、我々のためでもある」 もう何も考えることはできなかった。 私と父は2人きりで東京に移り住んだ。 父は他所の土地の出身、 母は集落の出身だったので、 粘りに粘って父だけが付いてくることを許された。 今思えば、 父はきっと私のために死ぬつもりだったのだろう。 その父が3ヶ月まえに他界した。 昨日、玄関に封筒が落ちていた。 宛名もなければ送り主も書いていない。 中には、思い出したくもない、忘れるはずがない、 真っ黒に染まったあのときのチガヤの穂が入っていた。 これで終わりです。 それだけのことです。 私はきっと見つかってしまいました。 身辺を整理して、 3日後、故郷に帰ろうと思います。 7年ぶりの故郷です。 どうなっているのかは終ぞ分かりません。 連絡もずっと取っていませんでしたから。 ここに越してきてから、 なるべく人とは関わらないようにしていました。 しかし、生きてればまあ、 何らかの縁はあるもので。 神様と結びたくもない最悪な縁を結んでしまったかと思えば、 父の小さな小さな葬儀のとき、 とてもよくしてくれた人がいたり。 なるべくキレイにしてから帰ります。 覚えててもあまり碌なことはないと思うので、 まあそこそこにして流してください。

次の

八尺様

ここ なっちゃん 新しい 怖い 話

中学生1年の時、じいちゃんが死んだ。 76歳だったかな?とくに痴呆でも寝たきりでもなく、ギリギリまで元気なじいちゃんだった。 うちの地元は盆地状に広がる小さな田舎町で、じいちゃんちは山を少し登ったとこにある。 俺と両親は町場のほうに新しい家に住んでて、じいちゃんは一人暮らし。 いざ通夜をやるって段になっても、家までの道がよろしくないのでお寺でやることになった。 盆地の真ん中あたりにある、高台の大きなお寺 檀家数も多い、立て直したばかりの寺だった。 じいちゃんの入った棺を本堂の脇にある広い和室へ運び、通夜まで預かってくれることになった。 うちの両親や親戚何人かで一緒に泊まることになり、敷布団とか用意してもらって寛いだ。 料理頼んで昔話して、お酒の入った親戚はもう雑魚寝ムード。 俺はすることないからお寺を探検してた。 本堂の隣の和室ゾーンに台所や物置やトイレがあり、廊下の端に扉を隔てて向こう側が住職さんの居住スペース。 和室まわりのトイレはひとつだけで、こちら側のトイレも使ってかまいません、と住職さんに言われていた。 俺はトイレ使ったついでにちょっと見て回った。 和室からの扉を抜けると同じような廊下が続いてて、左手に住職さんの使うトイレ。 その向かいに本棚が備え付けてある 壁に埋め込まれた、天井まである本棚。 分厚い辞典とか、仏教関係の難しい本に混じって、一部日本庭園の写真集や、京都の寺めぐりの本なんかがある。 そういう俗っぽい本を選んで暇つぶしに立ち読みさせてもらってた。 普段と違う雰囲気で興奮してるのか、寝付けないので長いこと座り込んで読んでた。 夜中回って親戚連中も、住職さんも全員寝てるな、って時間に「シュルシュル」と音がした。 親戚連中が寝てる和室ゾーンの方向から聞こえる 本から顔をあげてふっとそっちを見た。 廊下の途中にある引き戸の扉がすぐ近くにあって、そこの向こうから聞こえる。 その扉はつまみをくるっと回すと鍵がかかる簡易的なもので、防犯用か、あとからつけたもの。 真ん中にマンションとかにある魚眼レンズがついてて、そこから向こう側の灯りが漏れてる。 立派なものではなく、ごくごく簡易的な覗き穴で、どちらからも向こうが見える。 まだ音がシュルシュルしてるから、立ち上がってそこを覗いてみた。 穴からまっすぐ廊下が続いてて、そこの突き当たりに本堂に入る襖がある。 そこに向かって着物を着た女性がゆっくり歩いて行ってる。 親戚はまだみんな普段着だから、誰だか一瞬では分からなかった。 お寺の関係の人か、それとも遅れて到着したじいちゃんの知人か、何とも言えない。 遠ざかっていく背中から、小柄で背の小さな上品なおばさんを連想した。 髪は腰くらいまであって、足首だけを動かして床を舐めるようにするすると歩いている。 それで畳とこすれて「シュルシュル」と言ってたわけだ。 俺が出て行って挨拶したほうがいいのかな、両親は起きてないのかな、と覗いてると女性が立ち止まった。 本堂に入る襖の前で、開けもせずじっと立ち止まった。 覗き穴から見た風景だと、少し丸く歪んでいて奥行きがあり、よく状況が分からない。 腰を曲げて屈みなおし、覗いてみると女性がくるっと振り返り、こっちに向かってまた歩き出した。 その時あれ?と思った。 着物が上の方は茶色っぽく、足元は白い ちょうどグラデーションっぽい感じで品がいいなと思った。 それが正面から見ると、そのイメージが吹き飛んだ。 着物の胸のあたりがなんだか変な模様なんだ 帯も後ろは白かったのに前は着物と同じ茶色。 髪も腰まである清楚なロングヘアーだと思ったら、前髪は目が隠れるくらいぼさっとした感じ。 廊下は割と明るいからこっちに向かってくるにつれて段々ディテールがはっきりしてくる。 本堂と自分の見てる扉の中間くらいに女性が来た時に、これは普通の人じゃない、と確信した。 着物の茶色はなにか汚物をまいたみたいに汚れてる状態で、それがお腹くらいまで着物に染み込んでる。 髪はぼさぼさで、寝起きみたいに振り乱してる。 その女性が速度を変えず「シュルシュル」とこっちに向かってくる。 どうしよう、逃げるべきか誰か呼ぶべきか、それほど長い時間でもないのに恐ろしいくらい脳がフル回転した。 でも不思議とこの扉を開けてどうこう、 って選択肢は絶対選ばない、と決めた。 女性が近づいてきて前髪の間から視線が分かるかな、 くらいの距離で俺は顔を上げた。 よく考えたら向こうからもこっちが見えるのだ まして扉を開けられたら無防備な状態。 気配を悟られないように、 そっと指で穴を塞いで、 引き戸を開かないように押さえつけた。 頼むから開けないでくれ、 俺は絶対ここを動かないぞ、 と息を止めた 女性の足音が止まって、 扉の前で立ち止まってる気配が伝わってくる いま覗き込んでたら嫌だな、 と穴を塞いでる左手の人差し指に意識を持って行ったとたん、 右手にぐっと力が入った 女性が扉に手をかけたっぽい。 やべえ、と思って力をいれなおし、 ぐっと扉を押さえつける。 女性は扉を開けようと力をいれてくる 開ける、開けない、の押し問答をひたすら続けてると、 扉から音がする。 バサ、とかザラ、とか扉に何か当たってる そろそろ右手だけで抑えるのもキツいので覗き穴から左手を離し、 両手で押さえると。 覗き穴で黒いものがチラチラと見える 髪が扉に当たってるんだ、と思った。 女性が頭を振り回しながら扉を開けようと食らいついてる それで髪が扉に当たってバサバサと音を立ててる。 冗談じゃねえ 絶対開けるもんかと声が出そうなくらい扉を押さえつけた。 体感時間では15分か30分くらいだったけど、 前のめりに扉を押さえてると後ろから声をかけられた。 住職さんが「開きませんか?」と様子を見に来た。 寝てたはずなのに衣をきちんと着てて、 手にはタオルを何枚か抱えてる。 扉押さえたまま「あえ?」とか訳の分からん返事をしたら住職さんはすっと扉に近づいて引いた。 慌てて俺が扉から離れると、 誰もいない電気の点きっぱなしの廊下が続いてた。 「鍵が壊れてるのかな、立て付けは悪くないのだけれど」 とか住職さんが言いながら、 和室側のトイレにタオルを交換に行った。 俺は呆然と立ち尽くして廊下を眺めるけど、 鳥の声がチュンチュンしてて あれ、もう朝だったのかと思った。 起きていた親戚に聞いても夜中は誰もこなかったと言われた。 お寺の奥さんは髪が肩より短いし、 ましてや綺麗な色白の人。 あれは誰だったんだろ、 やっぱり人間じゃないのかな、 と一日中ぐるぐる考えてた。 通夜が終わって、一旦住んでる家に戻り、 明日の準備を済ませて親戚とご飯を食べた。 お寺にいるじいちゃんのほうには、 じいちゃんの兄弟が行ってくれてて、 交代で泊まるらしい。 全然寝てないから食事もそこそこに、 自分の布団で寝ようと思ったら、 じいちゃんの弟が酒飲みながらぼそっと語った。 「あいつは昔からよくモテて、 色んなところで女を作っては泣かせてた。 先に逝った奥さんも苦労してた。 若い頃に遠くで作った女がここに押しかけてきて、 修羅場になったことがある。 結局山の中で自殺して、 身元が見つからんからこっちで墓作って埋めたんだ」 とか言ってた それ聞いてなんとなく 「じいちゃん死んでからも大変だな」 と気が重くなった.

次の

【怖い話】禁后

ここ なっちゃん 新しい 怖い 話

昔から日本では納涼として怖い話を語る文化があり、何百年経った今でもその人気は衰えずに残っています。 ひとりかくれんぼという話を知っていますか? インターネットが流行りだして、インターネット上でも怖い話が語られるようになった時代に突如現れた現代版のコックリさんのような、とても恐ろしい 1人遊びです。 スポンサーリンク 映画にもなったほど有名な怪談ですが、これをすると様々なものを呼び寄せてしまうため、 やらない事をオススメしますが、、、。 どうしても興味のある方は是非、 自己責任でお願いします。 普通に考えたら1人でかくれんぼなどは出来ないですよね。 その為、鬼の役をする ぬいぐるみを用意します。 他にも幾つか必要なものがあるので挙げておきます。 ・綿を抜いたぬいぐるみ ・ 赤い縫い糸、針 ・刃物 ・お米 ・コップに1杯の塩水 ・切った爪(自分の血や髪の毛でも) ・お風呂場の浴槽に水を張る これだけを見ると果たしてどういうものかはあまり想像が付きません。 別の話によると、血などの体液を使う事もあるようですが、爪以上に髪の毛や血は 危険です。 人形に魂を吹き込む!ひとりかくれんぼの準備 上記の材料を集めて確認したら、次はかくれんぼの 準備です。 一般的なかくれんぼでは、まずじゃんけんなどをして負けた人が鬼、勝った人は逃げて隠れ、鬼が見つけに来るという遊びです。 ぬいぐるみとじゃんけんは出来ないので、ぬいぐるみに 魂を吹き込む準備をします。 中身を抜いたぬいぐるみの綿の代わりに 米を詰めます。 この時に、自分の 体の一部も一緒に入れて下さい。 中身を詰めたら、用意した 赤い糸で縫い付けます。 余った糸はぬぐるみに巻いたりして使います。 ぬいぐるみに 名前をつけます。 隠れる場所を決め、その場所に 塩水を置いておきます。 綿を抜いたぬいぐるみは、殻になった 体を表し、 中に詰める米が新しい 体の中身、 爪を入れる事で 自分の分身となり、 赤い糸は 血管を表しているそうです。 ここまで聞いてもちょっとゾッとする人はゾッとしますよね。 ぬいぐるみにはこの時点で魂が宿っている為、 必ず名前をつけなければいけません。 すでに何かが起こっているかもしれない・・・?自分が隠れるまで 下準備が完了したら、まず「最初は(自分の名前)が鬼」と言ってぬいぐるみを 浴槽に沈めます。 部屋に戻って電気を すべて消し、 テレビだけをつけておきます。 なるべく 深夜の砂嵐の時間帯にやるのが良いようです。 目をつぶって 10秒数えたら、浴槽へ行き、「(ぬいぐるみにつけた名前)見つけた」と言いながら用意した 刃物で沈めたぬいぐるみを刺します。 急いで塩水を置いた隠れ場所に行き、隠れます。 スポンサーリンク ここからがかくれんぼの始まりなのですが、もうすでにこの最中にも 怪奇現象が起こったという話も沢山あります。 部屋に戻るとテレビが消えていた、 置いてあったはずの塩水がない、 ぬいぐるみを見つけに浴槽へ行ったが風呂に沈めたぬいぐるみが居ない など、聞いただけでも恐ろしい事が起こる場合もあるようです。 廊下の人の気配や、クローゼット、窓の外、カーテンの内側、家にある全てのものが気になってしまい、恐怖心から パニックになってしまう人も多いです。 終わることが出来ない!?かくれんぼ最大の恐怖 本来、かくれんぼの終わり方は鬼が見つけて終わり、ですがひとりかくれんぼは 違います。 終了する時には、コップの塩水を 口に含んでぬいぐるみを探しに行きます。 ぬいぐるみを見つけたら コップの水をかけ、口に含んだものもかけて、「(自分の名前)の勝ち」と3回口に出すことで 終了すると言われています。 開始からここまでを 2時間以内に行います。 しかし、中には終了が出来ない事もあるようです。 前の項で書いた隠れるまでの怪奇現象の中にある「 置いてあった塩水がない」、「 風呂に沈めたぬいぐるみがない」の2つは特に問題があります。 どちらもかくれんぼを終わらせるのに必要なものなので、どちらかがない、または両方がない場合はその後もかくれんぼをずっと続ける事を意味します。 失敗してかくれんぼが終われなかった場合は 永久に鬼から逃げていく事を意味するので、その後何が起こってもかくれんぼを終了させない限りは続いてしまうということです。 地域等によって若干の遊び方は違いますが、大まかな内容は変わらないようなので、 背筋の凍る体験をしたい方は、是非一度お試し下さい。 何があっても 責任は負えませんので、自己責任でお願いします。 スポンサーリンク.

次の