キャベツ 焼くだけ。 甘味を引き出す!キャベツは「焼く」がおいしい新ルール

キャベツのステーキ・ざっくり切って焼くだけ!簡単極うまレシピ|ゴニョ研

キャベツ 焼くだけ

生のままでも、火を通してもおいしく食べられるキャベツは常に常備しておくと便利な野菜の一つです。 サラダはもちろん、炒め物や蒸し物、スープなどいろいろな食べ方ができ、さまざまな料理に合わせやすいのでレシピも豊富です。 通年で出回っていますが、春に出回る「春キャベツ」は鮮やかな緑色をしており、葉の巻きがゆるくてやわらかく、甘みがあるのが特ちょうで、サラダなど生のまま食べるのがおすすめです。 一方「冬キャベツ」は葉の巻きがつまっていて固さがあり、火を通しても形が崩れにくい特ちょうがあります。 キャベツの葉のシャキシャキ感も楽しめます。 この記事では、「キャベツ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ガッツリした肉料理にキャベツを合わせました。 あらかじめ、タコ糸で縛った豚肉を塩麴に1~2日漬けておきます。 しっかり味をつけておくことで焼くときの調味料はこしょうのみで大丈夫。 塩麴のうまみがたっぷりしみ込んでいます。 キャベツは大きめの千切りで、肉の周りに入れたらこちらもコショウだけでじゅう分です。 豚肉と一緒に蒸し焼きにしましょう。 キャベツがたくさん食べられる料理の一つが餃子ですね。 みじん切りにしたたっぷりのキャベツを豚ひき肉と混ぜて餃子の具として包んで焼いて食べましょう。 噛んだ時の肉汁のうまみとキャベツのシャキシャキ感はたまりませんね。 野菜が苦手な人も餃子にしてしまえば、食べやすそうです。 ひき肉を少なめにしてキャベツなどの野菜をもっと増やせば、さらにヘルシー。 メインにも副菜にもなるロールキャベツは家庭料理の定番のひとつですが、実は1世紀頃から現在のトルコ付近で食されていた料理が始まりです。 ぶどうの葉で肉や米を包んだものが世界へと伝わる過程でキャベツを使ったレシピが生まれ、日本に広まりました。 冬・春キャベツとこれからの季節ますます活躍する野菜のひとつ。 ぜひバリエーション豊かに楽しみたいですね。 この記事では、ロールキャベツの基礎知識に加え、コンソメ味のロールキャベツ、トマト味のロールキャベツ、ホワイトクリームのロールキャベツ、和風のロールキャベツにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

甘味を引き出す!キャベツは「焼く」がおいしい新ルール

キャベツ 焼くだけ

しかも、忙しい日は手間暇かけて作っている時間もない……。 <教えてくれた人> Oshimiさん サンキュ!トップブロガー/埼玉県 34歳 週5日、保育士として勤務する多忙なママ。 手間暇かけなくても、家族が喜ぶ料理を作ればいいんだと気づいたら、料理がラクに。 私、これ断捨離しました! 横文字のかっこよさげな料理 ムニエルやタンドリーチキンなどこじゃれた料理を作っても、家族が喜ばなかったり、味がピタリと決まらなかったり……。 潔くやめました。 使い切れないまるごと野菜 キャベツや大根をまるごと買うと割安でも、使い切るのは大変だし、使い残しを見るのもストレス。 調味料を混ぜる手間 調味料を何種類も混ぜるレバにら炒めのような中国風料理は、市販品にお任せ。 あとは、めんつゆ、塩、こしょうがあればなんとかなる! 献立も断捨離!平日の献立を大公開 月曜日 焼くだけ、切るだけ。 掲載している情報は19年7月現在のものです。 取材・文/渡辺ゆき 編集/サンキュ!編集部.

次の

混ぜて詰めて焼くだけ!「春キャベツ入りスコップメンチカツ」|レンジ活用で更に簡単! | 楽しいキッチン*spice

キャベツ 焼くだけ

今回ご紹介するレシピは、この時期だけのお楽しみ、春キャベツを大胆に焼いたステーキ。 芯を残したまま豪快に、ただただキャベツを焼くだけというシンプルレシピ。 蓋はせず、焼き時間も短時間にして、あえて半生状態に仕上げるのがポイントです。 こんがり焼けたキャベツの表面と、シャッキリみずみずしさの残った内側の両方を味わうお料理。 キャベツの甘味が凝縮され、芯まで美味しくいただけます。 包丁の基軸をずらさず切るのは難しいので、刃先を芯の部分から入れるとうまくいきます。 【2】フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、キャベツを置きます。 蓋はせず、そのまま中火で1~2分焼きます。 【3】裏側に焼き色がついたらそっと返し、全体に塩をふります。 ここでウィンナーも加え一緒に、中火で更に1~2分焼きます。 【4】器に盛り付け、よく混ぜたAをかければ出来上がり。 ステーキのように、フォークとナイフで切りながら召し上がれ。 ソースはお好みでアレンジしてみてください。 アンチョビと生クリームでバーニャカウダ風、ツナ缶とマヨネーズを混ぜたツナマヨ、市販のミートソース、田楽風の甘味噌・・・更にシンプルに、塩とオリーブオイルだけ、パルメザンチーズだけでいただくのも美味しいですよ。 ワインをあわせるなら、ほんのりハーブのニュアンスがあり、フルーティーでキリリとシャープな味わいの白ワイン。 ソーヴィニヨン・ブランやベルデホなどがオススメです。 ワインの爽やかさがソースのようになり、春キャベツのみずみずしい甘みがクローズアップされ、心地よい余韻を楽しめますよ。

次の