空母 いぶき レンタル。 映画・実写【空母いぶき】見逃し配信!フル動画を無料視聴するならコチラ。【2020,アカデミー賞作品・西島秀俊・佐々木蔵之介】

【空母いぶき】の動画を視聴フルで配信してるサービス、レンタル情報!

空母 いぶき レンタル

映画『空母いぶき』を無料のフル動画で視聴する1番おすすめは 動画配信サービスはUーNEXTになります。 (2019年1月の時点では実質無料で見ることができます。 残りの約 50,000本は有料レンタル作品となっているので、その都度、料金が必要となります)それに 毎月2,000本以上の最新作〜旧作の作品が更新され配信しています。 最新作に関してだけ言えば、有料レンタル配信なので、その都度お金がかかってくるのですが、31日間の無料トライアルに加入した時の特典として 600円分のポイントもらえます! 話題で人気の映画が公開終了してしまい、「見たかったのに忙しくて見に行けなかった」なんてことないですか? そんな時、誰もが考えることは「DVDいつ出るのかな?」ではないでしょうか? U-NEXTでは作品によって、DVDの発売より先に見られる作品もあるのでかなり便利です。 31日間の無料トライアルがある• 加入時に600ポイントもらえる• 無料トライアル期間中に解約すると完全0円になる• 見放題作品が80,000点ある 映画『空母いぶき』は有料作品になるのですが、を利用した時にもらえる600ポイントがあれば料金を払わなくても見ることができます。 *31日間の無料トライアルでもらえる特典の600ポイントを使いましょう!! ちなみにUーNEXTからもらえるポイントは 600ポイントだけではありません。 トライアルで600円分のポイント・無料トライアルが終わって 有料会員になると、毎月1,200円分のポイントが無償で貰えます! それにポイントは有料作品を見るために使うことだけではなくて👇 20XX年10月、嵐の中で遭難者に擬装したと思われる工作員が、尖閣諸島の南小島に上陸し、「この島は中国固有の領土であり、中国本土の船舶を待つ」と主張する「 尖閣諸島中国人上陸事件」が発生。 さらに日本の領海に侵入を図る中国海警局の船舶と海上保安庁巡視船との衝突、調査目的で派遣された護衛艦への威嚇射撃と事態がエスカレートし、日本政府はなかば中国に屈する形で事態の収拾を図るが、中国の行動に危機感を覚えた首相は、同時に新型護衛艦の就役と、その艦船を旗艦にした新護衛隊群の創設を柱とする「 ペガソス計画」の前倒しを決定する。 事件から1年後、事実上自衛隊初の空母である「 いぶき」が完成。 艦長には元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴を持つ 秋津竜太一佐が任命され、副艦長兼航海長には 新波歳也二佐が選ばれる。 自分たち自衛官は軍人であり、万一の際は武力行使や命を懸けることも厭わない秋津の方針に対し、自衛隊が専守防衛・人命第一で行動してきたことに誇りを持つ新波は違和感を覚えるが、一方で彼の努力、部下を取りまとめる力は認めており、反意を示すことは避けつつ各地で演習航海を続けていた。 翌20XY年4月、「いぶき」が南鳥島沖での演習航海中、中国軍は「 曙光工程」を発動、突如として日本への侵攻を開始する。 先島諸島(与那国島)や尖閣諸島の制圧を許し、自衛隊初の戦死者を出したことに加え、中国に話し合いの意思がないと見た日本政府は、内閣総理大臣である 垂水慶一郎の指揮により、海上警備行動に続き史上初の防衛出動を下令。 この時点で自衛隊と中国人民解放軍との武力衝突は避けられないものとなる。 かねてより政府批判の先鋒として知られている東都新聞記者 一の瀬一は会見でその流れを察知し、かつての大戦の愚を繰り返すのではないかと危惧する。 「いぶき」は前線へと急行するが、中国も防衛出動に即応し、新型空母「広東」を先島諸島へと向かわせていた。 日中両政府の交渉は決裂し、ついに実力行使による領土奪還作戦「 隼」が発動する。 映画・実写『空母いぶき』ストーリー.

次の

映画「空母いぶき」のDVDレンタルや発売日・予約情報

空母 いぶき レンタル

映画『空母いぶき』を無料のフル動画で視聴する1番おすすめは 動画配信サービスはUーNEXTになります。 (2019年1月の時点では実質無料で見ることができます。 残りの約 50,000本は有料レンタル作品となっているので、その都度、料金が必要となります)それに 毎月2,000本以上の最新作〜旧作の作品が更新され配信しています。 最新作に関してだけ言えば、有料レンタル配信なので、その都度お金がかかってくるのですが、31日間の無料トライアルに加入した時の特典として 600円分のポイントもらえます! 話題で人気の映画が公開終了してしまい、「見たかったのに忙しくて見に行けなかった」なんてことないですか? そんな時、誰もが考えることは「DVDいつ出るのかな?」ではないでしょうか? U-NEXTでは作品によって、DVDの発売より先に見られる作品もあるのでかなり便利です。 31日間の無料トライアルがある• 加入時に600ポイントもらえる• 無料トライアル期間中に解約すると完全0円になる• 見放題作品が80,000点ある 映画『空母いぶき』は有料作品になるのですが、を利用した時にもらえる600ポイントがあれば料金を払わなくても見ることができます。 *31日間の無料トライアルでもらえる特典の600ポイントを使いましょう!! ちなみにUーNEXTからもらえるポイントは 600ポイントだけではありません。 トライアルで600円分のポイント・無料トライアルが終わって 有料会員になると、毎月1,200円分のポイントが無償で貰えます! それにポイントは有料作品を見るために使うことだけではなくて👇 20XX年10月、嵐の中で遭難者に擬装したと思われる工作員が、尖閣諸島の南小島に上陸し、「この島は中国固有の領土であり、中国本土の船舶を待つ」と主張する「 尖閣諸島中国人上陸事件」が発生。 さらに日本の領海に侵入を図る中国海警局の船舶と海上保安庁巡視船との衝突、調査目的で派遣された護衛艦への威嚇射撃と事態がエスカレートし、日本政府はなかば中国に屈する形で事態の収拾を図るが、中国の行動に危機感を覚えた首相は、同時に新型護衛艦の就役と、その艦船を旗艦にした新護衛隊群の創設を柱とする「 ペガソス計画」の前倒しを決定する。 事件から1年後、事実上自衛隊初の空母である「 いぶき」が完成。 艦長には元航空自衛隊のエースパイロットという異例の経歴を持つ 秋津竜太一佐が任命され、副艦長兼航海長には 新波歳也二佐が選ばれる。 自分たち自衛官は軍人であり、万一の際は武力行使や命を懸けることも厭わない秋津の方針に対し、自衛隊が専守防衛・人命第一で行動してきたことに誇りを持つ新波は違和感を覚えるが、一方で彼の努力、部下を取りまとめる力は認めており、反意を示すことは避けつつ各地で演習航海を続けていた。 翌20XY年4月、「いぶき」が南鳥島沖での演習航海中、中国軍は「 曙光工程」を発動、突如として日本への侵攻を開始する。 先島諸島(与那国島)や尖閣諸島の制圧を許し、自衛隊初の戦死者を出したことに加え、中国に話し合いの意思がないと見た日本政府は、内閣総理大臣である 垂水慶一郎の指揮により、海上警備行動に続き史上初の防衛出動を下令。 この時点で自衛隊と中国人民解放軍との武力衝突は避けられないものとなる。 かねてより政府批判の先鋒として知られている東都新聞記者 一の瀬一は会見でその流れを察知し、かつての大戦の愚を繰り返すのではないかと危惧する。 「いぶき」は前線へと急行するが、中国も防衛出動に即応し、新型空母「広東」を先島諸島へと向かわせていた。 日中両政府の交渉は決裂し、ついに実力行使による領土奪還作戦「 隼」が発動する。 映画・実写『空母いぶき』ストーリー.

次の

実写映画「空母いぶき」DVDレンタル開始日/発売日や動画配信が決定

空母 いぶき レンタル

スポンサードリンク 空母いぶきのあらすじ 日本の最南端沖で国籍不明の軍による日本への攻撃が始まります。 その上、日本領土の一部が占領され、海上保安隊員が連れ去られるという、かつてない事件の勃発に激震が走りました。 日本政府は即座に最新鋭の護衛艦いぶきを中心とする護衛艦隊の出動を命令します。 しかし、これが日本が経験するかつてない壮絶な一日の幕開けになるのでした。 護衛艦いぶきの艦長・秋津竜太と副艦長の新波歳也は防衛大学時代からのライバル同士で考え方も極端に違うことから、厳しい判断を迫られる局面に度々意見がぶつかり合うようになっていきます。 国民の平和が脅かされるなら武力行使もいとわない覚悟の秋津、あくまで防衛に専念し、自発的な攻撃は避けるべきという信念を持つ新波が最前線で下す決断がこの国の未来を分けることになります。 持てる力をどう使うべきか、彼らの向かう先にあるものは絶望か、それとも希望か・・・。 映画版オリジナルのキャラも登場し、原作の鬼気迫る迫力はそのままに劇場版ならではのストーリー展開が本作の見どころです。 空母いぶきの注目ポイント スポンサードリンク 本作の監督には「沈まぬ太陽」「夜明けの街で」でメガホンを取った若松節朗が担当しています。 若松監督は「ホワイトアウト」「沈まぬ太陽」などで2回に渡り日本アカデミー賞・優秀監督賞に輝いた実績を持つ監督です。 とくにサスペンス要素の強い緊張感漂う作品が高評価を得ている監督なだけに、本作では大きな期待がよせられています。 また脚本家には「七瀬ふたたび」の伊藤和典と「亡国のイージス」の長谷川康夫が共同で執筆を担当しました。 本作の主人公、護衛艦いぶきの艦長・秋津役にはテレビドラマ「MOZU」や映画「クリーピー 偽りの隣人」でも主演を務めた西島秀俊が演じています。 西島さんと言えば、2019年には映画「任侠学園」が公開を控えており、テレビドラマでは「名探偵・明智小五郎」の主人公・明智役を演じることも報道されました。 今や出演作には引っ張りだこの西島さんですが、本作では航空自衛隊出身で目的のためなら武力行使もいとわないという一面を持つ護衛艦いぶきの艦長を熱演しています。 そしてもう一人の主人公、護衛艦いぶきの副艦長・新波には「黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜」「ハンチョウ〜神南署安積班〜」シリーズでお馴染みの佐々木蔵之介が抜擢されました。 佐々木蔵之介さんは映画「超高速! 参勤交代」でのコミカルな演技が高い評価を得て日本アカデミー賞・主演男優賞を獲得しています。 本作でした秋津とは対照的にあくまで防衛に専念し、こちら側からの攻撃は避けるべきという信念を強く持つ新波役を熱演しています。 攻撃か、それとも回避か厳しい判断に苦悩する第5護衛隊群司令・湧井継治役には数々の映画、ドラマに出演している藤竜也が熱演しています。 護衛艦いぶきの船務長・中根和久役に「僕とシッポと神楽坂」「悪魔が来りて笛を吹く」の村上淳、同じく護衛艦いぶきに乗船する砲雷長・葛城政直役に「とと姉ちゃん」「獄門島」の石田法嗣が出演しています。 そして映画オリジナルの登場人物として、緊迫した状況の護衛艦いぶきに乗り合わせてしまう新米記者・本多裕子役に本多翼が抜擢されました。 他にも斉藤由貴、中井貴一、片桐仁、深川麻衣など映画独自のオリジナルキャラクターを豪華俳優陣が演じ物語を盛り上げます。 ベストセラーコミックを原作に日本を舞台にした壮大な作品です。

次の