ハング アウト カメラ 映ら ない。 WEBカメラ2台の映像をお互いに表示してテレビ電話をする:暫定メモ

Windows 10 のカメラやマイクが使えない場合

ハング アウト カメラ 映ら ない

Teamsでカメラが映らない!カメラが認識しないときの解決策 Teamsでカメラが映らない、認識しないのは、カメラのプライバシー設定がオフになっていて、Teamsアプリからカメラにアクセスできないためです。 Windowsではカメラのプライバシー設定の初期値がオフになっており、このままではアプリからカメラを使用することができません。 以下の手順で、カメラのプライバシー設定をオンにします。 Windowsアイコンの左にある検索ボックスで「カメラ」と入力すると、「カメラのプライバシー設定」と表示されますので、クリックして画面を開きます。 アプリがカメラにアクセスできるようにする カメラの設定画面が開いたら、「アプリがカメラにアクセスできるようにする」の設定を オンにします。 グレーアウトしていてオンに変更できない場合は、すぐ上の「変更」ボタンから、「このデバイスへのカメラのアクセス」をオンにします。 初期状態がグレーアウトしていて操作できないのは、ガスの元栓と同じ仕組みで、ユーザの操作ミスでオンにならないようにしているためです。 デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする 「アプリがカメラにアクセスできるようにする」の設定だけでは、Teamsアプリでカメラが使えるようにはならないため、さらに以下の設定が必要です。 カメラ設定の一番下にスクロールすると、「デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする」の設定がありますので、 オンにします。 上の画像に注目してほしいのですが、オンの下にTeamsのデスクトップアプリのアイコンが表示されていますね。 この状態になっていればTeamsでカメラを使うことができます。 Teamsのアイコンの下にZoom Meetingsのアイコンがありますが、Zoomでカメラが認識しないときも同じ設定でカメラが認識します。 問題が一つだけあって、設定をオンにしても、アプリのアイコンがすぐに表示されません。 設定をオンにしただけでは、まだアプリが登録されていないためです。 Teamsアプリのアイコンを表示(登録)する方法を次に説明します。 スポンサーリンク カメラのプライバシー設定をオンにしてもTeamsでカメラが認識しない場合の解決策 カメラのプライバシー設定をオンにしても、カメラが映らなかったり、カメラが認識しない場合、Teamsを完全に終了させてから、起動する必要があります。 Teamsだけを再起動する方が早いですが、よくわからない場合はPCの再起動でも構いません。 PC再起動も、Teamsアプリの再起動と同じことだからです。 上の画像のように、カメラ設定の「デスクトップアプリがカメラにアクセスできるようにする」にTeamsアイコンが登録されれば、Teamsでカメラが使えるようになります。 スポンサーリンク Teamsで外付けカメラが認識しない場合の解決策 Teamsで外付けカメラを接続して使おうとしたときに、外付けカメラが認識しない場合の対処方法を説明します。 よく起こる問題は、ノートPCなどすでに内蔵カメラがついている場合に、外付けカメラを接続しても、外付けカメラの映像ではなく内蔵カメラの映像がTeamsで表示されてしまうというものです。 外付けカメラの映像をTeamsで表示させるには、Teamsのデバイス設定で使用するカメラの変更が必要です。 デバイス設定画面では、スピーカー、マイク、カメラの設定ができます。 カメラの設定では、複数のカメラが接続されている場合に、どのカメラを使うかの変更ができます。 スポンサーリンク それでもカメラが認識しないときは、カメラドライバーを更新する 上で説明した方法でも、カメラが認識しない場合、カメラ単体で動作するか確認してみてください。 カメラアプリを起動すれば、カメラ単体での動作確認ができます。 PCによって異なりますが、私のPCでは「イメージングデバイス」という項目にカメラが登録されていました。 上手く更新されない場合や、更新してもダメな場合、PCメーカーのサイトから、最新のカメラドライバーを直接ダウンロードして更新することで、カメラが認識するようになった事例もあります。 デバイスの更新がうまくいかない場合は、アンインストールをしたうえで、再インストールも試してみてください。 Teamsのキャッシュクリア カメラのドライバー更新でもTeamsでカメラが認識しない場合は、Teamsのキャッシュクリアも試してみてください。 Teamsのキャッシュクリアにより、Teamsがアンインストールされますので、最後に再インストールが必要です。 キャッシュクリアの際、TeamsやOutlookなどのOfficeアプリケーションが起動していると、キャッシュのフォルダが削除できないため、事前に終了させます。 まとめ Teamsでカメラが映らない、認識しない場合の解決策を説明しました。 Teamsでカメラがグレーアウトしていて困っている方の参考になれば幸いです。 大抵は、カメラのプライバシー設定をオンにして、Teamsを再起動すればカメラが使えるようになります。 また、複数台のカメラを使っている場合はTeamsのデバイス設定でカメラを選択すると使えるようになります。 それでもカメラが認識しない場合は、カメラ単体の動作を確認し、カメラのドライバーの更新や、Teamsのキャッシュクリアを行うという流れになります。

次の

Webカメラが映らなくなりました

ハング アウト カメラ 映ら ない

Windows10をアップデートなどの原因で、パソコンのカメラがエラー発生して動作停止したの状況があります。 場合によっては、 「エラーコード0xA00F4244(0x200F4244)または0xA00F4246]、 「Webカメラがほかのアプリケーションで使われている可能性があります…」、 「0xA00F4243(0xC00D3704)」等のエラーメッセージが表示されます。 この記事では、Lenovo、Acer、Dell、Asus製などメーカーのPCウェブカメラ動作出来ない問題を含め、さまざまな状況でWindows10カメラが起動しない問題を解決する方法を説明します。 内蔵、または外付けのカメラが映らない問題にあったら、本記事の方法を試してください。 サードパーティの録画ソフトを使用する Skype等のアプリはカメラを動作することができますが、Windows10の内蔵カメラアプリを起動できない、もしくは不具合が発生した場合、内蔵カメラアプリの代わりに、サードパーティの録画ソフトを使用することをおすすめします。 例えば、はWebカメラでビデオを録画、スクリーンショットを撮る等のが簡単にできます。 Windowsパソコンの画面をWebカメラの画面を同時に音声付きでキャプチャーできますので、ゲーム実況、ネット会議などを録画したい時は便利です。 「FonePaw PC画面録画」無料ダウンロード: ステップ1、FonePaw PC画面録画ダウンロード・インストールして、起動します。 メイン画面から「動画レコーダー」を選択してください。 ステップ2、ウェブカメラを「オン」にします。 カメラで写真を撮りたい場合、 「写真を撮る」ボタンをクリックすればできます。 ステップ3、パソコンのWebカメラでビデオを撮るには、まず録画範囲を設定して、そして 「REC」ボタンをクリックします。 必要によってシステム音声とマイクの音声をオンオフすることができます。 録画終了後、ビデオファイルはPC中のフォルダに保存できます。 保存フォルダの場所は自由に設定可能です。 カメラが見つからない、または起動できない(エラー0xA00F4244または0x200F4244) 上記エラーメッセージが表示され、Windows10カメラが見つからないか、起動できない問題が発生する場合、原因はWebカメラのドライばーがウイルスソフトによってブロックされているか、ドライバーのバージョンが古いの可能性が高いです。 こんな時は以下の方法を試してください。 アプリにカメラへのアクセスを許可する Windows10を更新した後、一部のアプリはカメラにアクセスできない場合があります。 そのため、アプリはカメラを起動することができません。 解決方法は以下です: ステップ1、お使いのPCで 「スタート」ボタンをクリックし、 「設定」> 「プライバシー」> 「カメラ」の順に選択します。 ステップ2、 「アプリがカメラにアクセスできるようになる」をオンにして、カメラにアクセスさせたいアプリを選択します。 F8を押す 問題の原因はまだはっきりしていませんが、一部のユーザーはF8キーを押した後にWindowsカメラが動作できるようになると発見しました。 F8メソッドでいつも解決できるわけではありませんが、試す価値のある簡単なトリックです。 Windows10でカメラアプリをリセットする カメラアプリを再起動する方法で、Windows10のカメラが動作しない不具合を修正することができます。 ステップ1 パソコンで、 「設定」> 「アプリケーション」> 「アプリケーションと機能」> 「カメラ」の順に選択します。 ステップ2 「カメラ」アプリを選択して 「詳細オプション」をクリックします。 ステップ3 「リセット」をクリックします。 マイクロソフトのウェブカメラドライバーをチェックする Webカメラのドライバに問題があることで、Windows10のカメラが動作しない問題を起こせた可能性があります。 ですから、最初にWebカメラのドライバーをチェックします。 ステップ1 「デバイスマネージャー」を開きます。 ステップ2 イメージングデバイスを開きます。 ステップ3 Webカメラのドライバを右クリックして、 「プロパティ」を選択します。 ステップ4 「ドライバー」タブの下で、 「ドライバーの詳細」をクリックし、stream. sysファイルが存在しているかどうかを確認します。 存在している場合、あなたのウェブカメラは古くなっており、Windows10で動作できません。 新しいウェブカメラを入手する必要があります。 Webカメラドライバをロールバックまたは更新する Webカメラドライバにstream. sysがない場合、そのWebカメラは正常に動作できますが、Webカメラドライバを更新またはロールバックする必要があります。 ステップ1 デバイスマネージャで、Webカメラドライバを見つけます。 ステップ2 右クリックして 「プロパティ」を選択します。 ステップ3 「ドライバ」タブをクリックします。 「ドライバーを元に戻す」選択肢がある場合は、それをクリックしてドライバを古いバージョンにロールバックします。 ステップ4 ロールバックの選択肢がない場合は、 「デバイスのアンインストール」> 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」をクリックします。 削除した後、 「デバイスマネージャ」に戻り、 「操作」> 「ハードウェアの変更をスキャン」をクリックして、Webカメラドライバを再インストールします。 変更を適用するためにコンピュータを再起動します。 「デバイスマネージャ」に 「イメージングデバイス」や内蔵カメラが見つからない場合、ハードウェアの変更をスキャンして、ドライバを再インストールすることをおすすめします。 また、上記の方法がどれもうまくいかない場合は、ウイルス対策ソフトウェアが有効になっているかどうかを確認し、有効になっている場合は一時的に無効にして、ウイルス対策ソフトウェアが無効になっているとき、カメラが正常動作できるかどうかを確認しましょう。 このエラーを修正するには、以下の手段を試すことができます。 ・ 「設定」> 「システム」> 「アプリと機能」でカメラアプリをリセットします。 ・Windowsの設定でプライバシーを確認し、カメラアプリや他のアプリにカメラの使用を許可しているかを確認します。 ・ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行します。 「スタート」メニューを右クリックし、 「検索」を選んで、 「トラブルシューティング」と入力して、ツールを開き、 「ハードウェアとデバイス」をクリックします。 このトラブルシューティングツールを実行します。 ・Webカメラドライバを再インストールまたは更新します。 「デバイスマネージャ」を開き、 「イメージングデバイス」または 「内蔵Webカメラ」を選択します。 そしてドライバを更新します。 利用可能なアップデートがない場合は、ドライバーを削除して再インストールします。 上記の方法のいずれで内蔵または外付けのカメラを修復できない場合は、新しいレジストリ値を追加してためしてください。 ステップ1 レジストリエディタを開きます。 regeditと入力して、Enterキーを押します。 ステップ3 「Platform」の中の空白部分を右クリックし、 「新規」> 「DWORD(32-bit)値」の順にクリックして、 「EnableFrameServerMode」という名前の新しい値を作成します。 ステップ4 「EnableFrameServerMode」値をダブルクリックして、その値のデータに 0を入力します。 OKをクリックします。 コンピュータを再起動すると、再起動後にカメラが正常に動作できるはずです。 Windows10カメラが起動しない問題を修正する方法(エラーコード0xA00F4243) Windows10のアップデート後、エラーが発生し、ラップトップの内蔵カメラがカメラアプリやSkypeのような外付けアプリで使用できなくなり、 「エラーコード0xA00F4243:他のアプリを閉じてください」と表示されることがあります。 このメッセージから見ると、他のアプリがすでにカメラを使用しているようです。 このようなカメラ問題に対処するには、以下の解決策を試してください。 カメラを使用しているアプリを閉じる 「設定」> 「プライバシー」> 「カメラ」の順に選択します。 ステップ2 カメラの使用を許可されているすべてのアプリをオフにします。 カメラを使用することがあるアプリを開くと、許可が求められます。 これにより、他のアプリがカメラを使用できず、カメラを起動できます。 タスクマネージャーを確認する ステップ1 ツールバーの空白部分を右クリックして 「タスクマネージャ」を選択します。 ステップ2 タスクマネージャが開いたら、 「プロセス」をチェックして、カメラを使用している可能性のあるアプリを閉じます。 「Intel(R)RealSense(TM)Depth」カメラマネージャサービスのようなサービスが見つけて、それが停止している場合、そのサービスを実行してください。 すると、カメラは正常に動作できるはずです。 カメラアプリをリセットまたは再インストールする まず、 「設定」> 「アプリと機能」> 「カメラ」> 「詳細設定」に移動し、 「リセット」をクリックしてアプリをリセットします。 リセット後もまだカメラが動作しない場合は、アプリを再インストールしてください。 カメラなど、Windowsの内蔵アプリをアンインストールするには、PowerShellを使用する必要があります。 ・管理者としてWindowsPowerShellを実行します。 するとカメラアプリがアンインストールされます。 Microsoftストアから再インストールできます。 カメラドライバーを更新する エラー0xA00F4243は、カメラのドライバーが古いまたは破損すると、発生する可能性があります。 そのため、Windows10カメラを再び機能させるには、カメラドライバを更新する必要があります。 ・ 「デバイスマネージャ」> 「イメージングデバイス」を開きます。 ・Webカメラのドライバを右クリックして、 「ドライバソフトウェアの更新」を選択します。 画面上の指示に従ってWebcamドライバを更新します。 お使いのWindows10カメラが正常に動作していることを強く願っております。 もし以上の方法を試しても正常に動作できない場合は、以下でコメントし、問題を説明してください。

次の

【解決】ハングアウトアプリでビデオ音声通話ができない場合の対処設定方法(Android対応)

ハング アウト カメラ 映ら ない

Windows10をアップデートなどの原因で、パソコンのカメラがエラー発生して動作停止したの状況があります。 場合によっては、 「エラーコード0xA00F4244(0x200F4244)または0xA00F4246]、 「Webカメラがほかのアプリケーションで使われている可能性があります…」、 「0xA00F4243(0xC00D3704)」等のエラーメッセージが表示されます。 この記事では、Lenovo、Acer、Dell、Asus製などメーカーのPCウェブカメラ動作出来ない問題を含め、さまざまな状況でWindows10カメラが起動しない問題を解決する方法を説明します。 内蔵、または外付けのカメラが映らない問題にあったら、本記事の方法を試してください。 サードパーティの録画ソフトを使用する Skype等のアプリはカメラを動作することができますが、Windows10の内蔵カメラアプリを起動できない、もしくは不具合が発生した場合、内蔵カメラアプリの代わりに、サードパーティの録画ソフトを使用することをおすすめします。 例えば、はWebカメラでビデオを録画、スクリーンショットを撮る等のが簡単にできます。 Windowsパソコンの画面をWebカメラの画面を同時に音声付きでキャプチャーできますので、ゲーム実況、ネット会議などを録画したい時は便利です。 「FonePaw PC画面録画」無料ダウンロード: ステップ1、FonePaw PC画面録画ダウンロード・インストールして、起動します。 メイン画面から「動画レコーダー」を選択してください。 ステップ2、ウェブカメラを「オン」にします。 カメラで写真を撮りたい場合、 「写真を撮る」ボタンをクリックすればできます。 ステップ3、パソコンのWebカメラでビデオを撮るには、まず録画範囲を設定して、そして 「REC」ボタンをクリックします。 必要によってシステム音声とマイクの音声をオンオフすることができます。 録画終了後、ビデオファイルはPC中のフォルダに保存できます。 保存フォルダの場所は自由に設定可能です。 カメラが見つからない、または起動できない(エラー0xA00F4244または0x200F4244) 上記エラーメッセージが表示され、Windows10カメラが見つからないか、起動できない問題が発生する場合、原因はWebカメラのドライばーがウイルスソフトによってブロックされているか、ドライバーのバージョンが古いの可能性が高いです。 こんな時は以下の方法を試してください。 アプリにカメラへのアクセスを許可する Windows10を更新した後、一部のアプリはカメラにアクセスできない場合があります。 そのため、アプリはカメラを起動することができません。 解決方法は以下です: ステップ1、お使いのPCで 「スタート」ボタンをクリックし、 「設定」> 「プライバシー」> 「カメラ」の順に選択します。 ステップ2、 「アプリがカメラにアクセスできるようになる」をオンにして、カメラにアクセスさせたいアプリを選択します。 F8を押す 問題の原因はまだはっきりしていませんが、一部のユーザーはF8キーを押した後にWindowsカメラが動作できるようになると発見しました。 F8メソッドでいつも解決できるわけではありませんが、試す価値のある簡単なトリックです。 Windows10でカメラアプリをリセットする カメラアプリを再起動する方法で、Windows10のカメラが動作しない不具合を修正することができます。 ステップ1 パソコンで、 「設定」> 「アプリケーション」> 「アプリケーションと機能」> 「カメラ」の順に選択します。 ステップ2 「カメラ」アプリを選択して 「詳細オプション」をクリックします。 ステップ3 「リセット」をクリックします。 マイクロソフトのウェブカメラドライバーをチェックする Webカメラのドライバに問題があることで、Windows10のカメラが動作しない問題を起こせた可能性があります。 ですから、最初にWebカメラのドライバーをチェックします。 ステップ1 「デバイスマネージャー」を開きます。 ステップ2 イメージングデバイスを開きます。 ステップ3 Webカメラのドライバを右クリックして、 「プロパティ」を選択します。 ステップ4 「ドライバー」タブの下で、 「ドライバーの詳細」をクリックし、stream. sysファイルが存在しているかどうかを確認します。 存在している場合、あなたのウェブカメラは古くなっており、Windows10で動作できません。 新しいウェブカメラを入手する必要があります。 Webカメラドライバをロールバックまたは更新する Webカメラドライバにstream. sysがない場合、そのWebカメラは正常に動作できますが、Webカメラドライバを更新またはロールバックする必要があります。 ステップ1 デバイスマネージャで、Webカメラドライバを見つけます。 ステップ2 右クリックして 「プロパティ」を選択します。 ステップ3 「ドライバ」タブをクリックします。 「ドライバーを元に戻す」選択肢がある場合は、それをクリックしてドライバを古いバージョンにロールバックします。 ステップ4 ロールバックの選択肢がない場合は、 「デバイスのアンインストール」> 「このデバイスのドライバーソフトウェアを削除します」をクリックします。 削除した後、 「デバイスマネージャ」に戻り、 「操作」> 「ハードウェアの変更をスキャン」をクリックして、Webカメラドライバを再インストールします。 変更を適用するためにコンピュータを再起動します。 「デバイスマネージャ」に 「イメージングデバイス」や内蔵カメラが見つからない場合、ハードウェアの変更をスキャンして、ドライバを再インストールすることをおすすめします。 また、上記の方法がどれもうまくいかない場合は、ウイルス対策ソフトウェアが有効になっているかどうかを確認し、有効になっている場合は一時的に無効にして、ウイルス対策ソフトウェアが無効になっているとき、カメラが正常動作できるかどうかを確認しましょう。 このエラーを修正するには、以下の手段を試すことができます。 ・ 「設定」> 「システム」> 「アプリと機能」でカメラアプリをリセットします。 ・Windowsの設定でプライバシーを確認し、カメラアプリや他のアプリにカメラの使用を許可しているかを確認します。 ・ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行します。 「スタート」メニューを右クリックし、 「検索」を選んで、 「トラブルシューティング」と入力して、ツールを開き、 「ハードウェアとデバイス」をクリックします。 このトラブルシューティングツールを実行します。 ・Webカメラドライバを再インストールまたは更新します。 「デバイスマネージャ」を開き、 「イメージングデバイス」または 「内蔵Webカメラ」を選択します。 そしてドライバを更新します。 利用可能なアップデートがない場合は、ドライバーを削除して再インストールします。 上記の方法のいずれで内蔵または外付けのカメラを修復できない場合は、新しいレジストリ値を追加してためしてください。 ステップ1 レジストリエディタを開きます。 regeditと入力して、Enterキーを押します。 ステップ3 「Platform」の中の空白部分を右クリックし、 「新規」> 「DWORD(32-bit)値」の順にクリックして、 「EnableFrameServerMode」という名前の新しい値を作成します。 ステップ4 「EnableFrameServerMode」値をダブルクリックして、その値のデータに 0を入力します。 OKをクリックします。 コンピュータを再起動すると、再起動後にカメラが正常に動作できるはずです。 Windows10カメラが起動しない問題を修正する方法(エラーコード0xA00F4243) Windows10のアップデート後、エラーが発生し、ラップトップの内蔵カメラがカメラアプリやSkypeのような外付けアプリで使用できなくなり、 「エラーコード0xA00F4243:他のアプリを閉じてください」と表示されることがあります。 このメッセージから見ると、他のアプリがすでにカメラを使用しているようです。 このようなカメラ問題に対処するには、以下の解決策を試してください。 カメラを使用しているアプリを閉じる 「設定」> 「プライバシー」> 「カメラ」の順に選択します。 ステップ2 カメラの使用を許可されているすべてのアプリをオフにします。 カメラを使用することがあるアプリを開くと、許可が求められます。 これにより、他のアプリがカメラを使用できず、カメラを起動できます。 タスクマネージャーを確認する ステップ1 ツールバーの空白部分を右クリックして 「タスクマネージャ」を選択します。 ステップ2 タスクマネージャが開いたら、 「プロセス」をチェックして、カメラを使用している可能性のあるアプリを閉じます。 「Intel(R)RealSense(TM)Depth」カメラマネージャサービスのようなサービスが見つけて、それが停止している場合、そのサービスを実行してください。 すると、カメラは正常に動作できるはずです。 カメラアプリをリセットまたは再インストールする まず、 「設定」> 「アプリと機能」> 「カメラ」> 「詳細設定」に移動し、 「リセット」をクリックしてアプリをリセットします。 リセット後もまだカメラが動作しない場合は、アプリを再インストールしてください。 カメラなど、Windowsの内蔵アプリをアンインストールするには、PowerShellを使用する必要があります。 ・管理者としてWindowsPowerShellを実行します。 するとカメラアプリがアンインストールされます。 Microsoftストアから再インストールできます。 カメラドライバーを更新する エラー0xA00F4243は、カメラのドライバーが古いまたは破損すると、発生する可能性があります。 そのため、Windows10カメラを再び機能させるには、カメラドライバを更新する必要があります。 ・ 「デバイスマネージャ」> 「イメージングデバイス」を開きます。 ・Webカメラのドライバを右クリックして、 「ドライバソフトウェアの更新」を選択します。 画面上の指示に従ってWebcamドライバを更新します。 お使いのWindows10カメラが正常に動作していることを強く願っております。 もし以上の方法を試しても正常に動作できない場合は、以下でコメントし、問題を説明してください。

次の