市原 ぞう の 国 ツイッター。 市原ぞうの国は日本一象が多い動物園!ここだけのふれあい体験を満喫

元モデルで市原ぞうの国の園長「坂本小百合」の経歴、経歴は?

市原 ぞう の 国 ツイッター

「胸がいたくなった」「すごく辛い」 タイ東北部のカオヤイ国立公園で2019年10月5日、野生のゾウ6頭が滝に落ちて死んでいるのが見つかった。 3歳前後とみられる子どものゾウが落ち、このゾウを助けようと、次々と転落してしまったと見られている。 6日、NHK(ウェブ版)などが報じた。 近くの岩場では他にも2頭が身動きがとれなくなっていたが救助された。 やはり仲間を助けようとしていたと見られる。 NHK報道などによると、場所は「地獄の滝」とも呼ばれ、「27年前にも8頭のゾウが落ちて死んだ」という。 こうしたニュースが流れると、ツイッターには 「胸がいたくなった。 象ってすごい!やさしい仲間意識があるんだなぁ」 「子象を助けようとしてってのがすごく辛い」 といった声が次々と出ていた。 今回のタイでのニュースについて、千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」の坂本小百合園長にJ-CASTニュースが6日、話を聞いた。 坂本園長によると、ゾウは動物の中でも仲間意識が強く、群れの子ゾウを助けようとする行動を見せるのはよくあることで、川での救出など多くの報告事例がある。 今回のニュースについては「残念なことではあるけれど、驚きはしない」そうだ。 ゾウはメスをリーダーとして群れで行動し、普段から小さな子ゾウを複数のメスが守るように周りを囲んで歩いたりする。 アジアゾウでもアフリカゾウでも同様だ。 「市原ぞうの国」でも、2011年3月の東日本大震災の際、子ゾウを複数の大人のゾウが集まって、くるむように守ろうとした行動が確認された。 「危険を察知する能力に長けている」が... 現場となったタイのカオヤイ国立公園へは、坂本園長はこれまでに何度も行ったことがある。 滝の周辺や流れの早い川は、安全に渡ることができるポイントが少なく、現地の関係者と、その危険性について話したこともあったという。 基本的には、ゾウは危険を察知する能力に長けているのだが、今回のケースでは何らかの理由で水量が大幅に増えるなど、「いつもと違う何か」が起きていたのかもしれない、とも話した。 坂本園長は「子ゾウなどを助けようとするゾウの仲間意識の強さ」について、何度も強調していた。 なお、「市原ぞうの国」は、9月9日の台風15号被害により一時停電となり、動物の飲み水確保で苦境に陥ったが、多くの発電機が届くなどの支援が集まり14日には営業を再開した。 ゾウ13頭をはじめ約85種類600頭・羽の「動物たち」がおり、ゾウと触れ合うショーも行っている。

次の

かわいい?残酷?市原ぞうの国に行く前に私たちが知っておかなけばならないこと

市原 ぞう の 国 ツイッター

「胸がいたくなった」「すごく辛い」 タイ東北部のカオヤイ国立公園で2019年10月5日、野生のゾウ6頭が滝に落ちて死んでいるのが見つかった。 3歳前後とみられる子どものゾウが落ち、このゾウを助けようと、次々と転落してしまったと見られている。 6日、NHK(ウェブ版)などが報じた。 近くの岩場では他にも2頭が身動きがとれなくなっていたが救助された。 やはり仲間を助けようとしていたと見られる。 NHK報道などによると、場所は「地獄の滝」とも呼ばれ、「27年前にも8頭のゾウが落ちて死んだ」という。 こうしたニュースが流れると、ツイッターには 「胸がいたくなった。 象ってすごい!やさしい仲間意識があるんだなぁ」 「子象を助けようとしてってのがすごく辛い」 といった声が次々と出ていた。 今回のタイでのニュースについて、千葉県市原市の動物園「市原ぞうの国」の坂本小百合園長にJ-CASTニュースが6日、話を聞いた。 坂本園長によると、ゾウは動物の中でも仲間意識が強く、群れの子ゾウを助けようとする行動を見せるのはよくあることで、川での救出など多くの報告事例がある。 今回のニュースについては「残念なことではあるけれど、驚きはしない」そうだ。 ゾウはメスをリーダーとして群れで行動し、普段から小さな子ゾウを複数のメスが守るように周りを囲んで歩いたりする。 アジアゾウでもアフリカゾウでも同様だ。 「市原ぞうの国」でも、2011年3月の東日本大震災の際、子ゾウを複数の大人のゾウが集まって、くるむように守ろうとした行動が確認された。 「危険を察知する能力に長けている」が... 現場となったタイのカオヤイ国立公園へは、坂本園長はこれまでに何度も行ったことがある。 滝の周辺や流れの早い川は、安全に渡ることができるポイントが少なく、現地の関係者と、その危険性について話したこともあったという。 基本的には、ゾウは危険を察知する能力に長けているのだが、今回のケースでは何らかの理由で水量が大幅に増えるなど、「いつもと違う何か」が起きていたのかもしれない、とも話した。 坂本園長は「子ゾウなどを助けようとするゾウの仲間意識の強さ」について、何度も強調していた。 なお、「市原ぞうの国」は、9月9日の台風15号被害により一時停電となり、動物の飲み水確保で苦境に陥ったが、多くの発電機が届くなどの支援が集まり14日には営業を再開した。 ゾウ13頭をはじめ約85種類600頭・羽の「動物たち」がおり、ゾウと触れ合うショーも行っている。

次の

市原ぞうの国

市原 ぞう の 国 ツイッター

ゾウさんショーは中止 市原ぞうの国の一番の見どころは、ゾウさんショー。 小雨くらいなら実施するらしいのですが、台風が近づいていて強めに降っていたため、残念ながら中止でした。 直前に決定するため事前に電話で聞けない ショーがあってもなくても行くつもりでしたが、悪天候でショーが中止なら行かない、という人もいるかもしれません。 私たちはショーが中止でも行くつもりでしたが、事前に電話で問い合わせしてみました。 回答は「ショー直前の天候で決定するので、分かりません」ということでした。 確かに直前に小降りになるかもしれないし、「中止です」と言うと来ないお客さんも多いかもしれないので、この回答は仕方ないですね。 雨でもゾウさんにエサやりができる ショーは中止でしたが、それでもゾウへのエサやりが出来ます。 バナナやニンジンが入ったエサのかごは、1つ500円。 子供が2人いるので、2つ買いました。 ゾウ舎の近くに行くと、1匹のゾウが出てきます。 ショーではもっと沢山のゾウが出演するようですが、エサやりでは1匹だけのようです。 近い! こんなに近くでゾウを見たのは初めてでした。 迫力がすごいです。 飼育員の人が前に出すぎないようにしてくれる中、鼻を伸ばしてエサを食べます。 鼻先や体にも触れます。 物を持てるようになっているので、鼻先は思ったよりも堅かったです。 子供たちの自信になる ゾウが大好きな子供たちなのですが、大きさに尻込みして最初はエサをあげることが出来ませんでした。 説得すると、4歳の長男はなんとか自力でニンジンをあげることができました。 「ニンジンあげた!」と大喜び。 2歳の次男は、どうしてもエサをあげることはできませんでした。 でも、無理やり抱っこしてゾウの鼻先を触らせてみました。 すると「ゾウの鼻触った!」と得意げ。 あんなに大きい動物にエサをあげたり、触れたりすることで自信を得ることができたよう。 保育園でも、ぞうに触ったと自慢していたらしいです。 「無理やり触らされた」ではなく「触れた!」と自信にできるところが、子供の素直で素晴らしいところだなぁと感じました。 ゾウと記念撮影 ゾウと記念撮影もしてもらえました。 園の方にスマホを渡すと、飼育員さんが掛け声。 すると、ゾウが鼻を上げてポーズをとってくれました。 いい写真が撮れました。 ほかの動物にもエサやりができる ゾウのほかにも、園のほとんどの動物にエサをあげることができます。 色々な動物が、エサをくれると思って寄ってくるのです。 ここが、他の動物園と違うところだと思いました。 他の動物園では遠くにいる動物を見ることも多いのですが、エサを求めてすぐ近くで観察できます。 エミューなども寄ってきます。 間近で見たのは初めてでした。 子供は1週間経った今でも、ぞうの国のウマさんは食いしん坊だったねぇと話しています。 印象深かったようです。 雨の日対策 雨のときは、子供のカッパ、長靴と、タオルが必要です。 子供を追いかけたり、抱っこしたりするので親もカッパを着てリュックを背負い、両手をあける方がいいかと思います。 私たちは、登山用の本格的なカッパを持って行っており、とても良かったです。 昔、富士山に登るときに買って押入にしまわれていたのですが、役に立ちました。 また、リュックも濡れるので、アウトドア用の雨カバーがあるリュックを持って行きました。 階段や坂が多い 園の中は、階段や坂が多い印象でした。 子供と手を繋いで、滑らないように慎重に歩く必要があります。 アクセス レンタカーで行きました。 都内からは、高速に乗ってアクアラインを通って進めば、1時間と少しで着きます。 思ったより時間がかかりません。 駐車場が千円かかりますが、駐車場の前まで行くとUターンできません。 雨で行くか迷っている場合は、駐車場に行く前に入園するか決めてしまった方が良いと思います。 まとめ 雨なのでぞうさんのショーは中止になってしまいましたが、 動物へのエサやりは楽しめます。 雨でしたが、予定通り行って良かったです。 子供たちも、大きいぞうさんに触れたことや、動物へのエサやりが印象に残ったようで、何度もぞうの国の話をしています。 今度は、晴れの日にショーを見に行こうと思います。

次の