岐阜県の高校野球。 【祝2020年甲子園高校野球交流試合出場】県岐阜商業高校野球部!選抜出場決めた鍛治舎監督率いる2020メンバーや成績・甲子園の活躍をご紹介

【速報・結果】夏の岐阜大会 高校野球 組み合わせ日程 2020年7月18日(土)に開幕順延|放送・中継予定

岐阜県の高校野球

高校野球 岐阜大会 2020年 岐阜高野連発表:プリニー、関市民球場、KYBスタジアム、土岐市総合公園野球場は、雨天のため中止。 それ以外は準備中(8:30現在) 【7月18日(土)速報・結果 】代替大会「2020夏季岐阜県高等学校野球大会」は、7月18日(土)〜8月2日(日)=決勝を予定。 A〜Dブロックごとで開催し、勝ち抜いた4チームで準決勝以降を戦う。 組み合わせ日程は以下。 また、県内ケーブルテレビが開幕から生中継を予定。 大会は、64校63チームが出場。 羽島と山県が連合チームとして出場、部員不足などを理由に不破・東濃・郡上北・岐阜高専の計4校が出場を辞退。 ベンチ入りは25人で試合ごとの入替が可能。 無観客試合だが、3年生の保護者を中心に一試合あたり各チーム36人までの入場が可能。 無観客試合で、8月17日(月)10時〜 岐阜・長良川球場で開催する予定。 は8月10日 月 開幕。

次の

【甲子園】県立岐阜商業 野球部ベンチ入りメンバー2020年 注目選手・出身中学「投手陣5人は最速140キロ超」

岐阜県の高校野球

こんにちは、当ブログの管理人、元高校球児の みっつです! 岐阜県の岐阜市にある 県立岐阜商業は、1904年に設立された100年以上もの歴史を持つ学校です。 運動部の活動が盛んで、野球部は1932年の春の選抜大会で全国大会初出場を果たした古豪として、高校野球ファンに知れ渡っていますね。 2019年の秋の東海大会で準優勝を果たし、春の選抜大会出場を決めていましたが、コロナウイルスの影響で選抜大会が中止に追い込まれてしまったのです。 一度は幻となった甲子園でしたが、2020年甲子園高校野球交流試合 仮称 という形で、1試合だけではありますが甲子園でのプレーが実現する事となりました! 今回は、県立岐阜商業高校の野球部を特集します。 2019年からのメンバーの紹介や戦績、監督の紹介、さらに甲子園での活躍ぶりにも触れますので、楽しみにしてくださいね。 県岐阜商業高校の2019年新メンバーをご紹介! まずは、直近の公式戦である2019年秋季東海地区大会出場時の登録メンバーをご紹介します。 背番号 名前 学年 ポジション 出身中学校 中学時の所属チーム 1 森大河選手 2年生 投手 安八町東安中 岐阜ボーイズ 2 髙木翔斗選手 1年生 捕手 垂井町北中 岐阜フェニックスBBC 3 宇佐美佑典選手 1年生 内野手 笠松町笠松中 メントーズ 4 多和田尚旗選手 2年生 内野手 垂井町不破中 中学軟式野球部 5 佐々木泰選手 2年生 内野手 大垣市東中 岐阜ボーイズ 6 服部圭吾選手 2年生 内野手 羽島市中央中 岐阜ボーイズ 7 塚原大河選手 2年生 外野手 関市旭ヶ丘中 名古屋コンドルズ 8 山田蓮選手 2年生 外野手 山県市美山中 関ボーイズ 9 佐竹秀也選手 2年生 外野手 大垣市西中 大垣ボーイズ 10 松野匠馬選手 1年生 投手 愛知県春日井市鷹来中 愛知名港ボーイズ 11 西内勇人選手 2年生 内野手 岐阜市岩野田中 関ボーイズ 12 國枝耕介選手 2年生 内野手 岐阜市長森中 関ボーイズ 13 後藤央典選手 2年生 内野手 岐阜市長良中 岐阜北ボーイズ 14 廣部嵩典選手 1年生 内野手 岐阜市東長良中 枚方ボーイズ 15 廣田光晟選手 2年生 内野手 大野町大野中 岐阜西ボーイズ 16 湊将悟選手 1年生 内野手 笠松町笠松中 岐阜青山ボーイズ 17 岩田涼選手 2年生 外野手 海津市平田中 大垣ボーイズ 18 野崎慎裕選手 1年生 投手 大垣市西中 西濃ボーイズ 19 大島成憧選手 1年生 内野手 岐阜聖徳学園大附属中 岐阜西ボーイズ 20 山本晃楓選手 1年生 内野手 池田町池田中 西濃ボーイズ 県岐阜商業高校は、岐阜県を代表する強豪で、甲子園優勝経験もある高校です。 県立校ということもあり、登録の20名中19名が地元岐阜県出身ですが、硬式経験者が多くを占めています。 県岐阜商業高校の私のイチオシ選手! 私のイチオシ選手は、主将兼4番打者としてチームの牽引する、 佐々木泰(ささきたい)選手です。 鍛冶舍巧監督が就任した2018年、1年生ながら夏の4番に抜擢された右の強打者です。 178cm・76kgと、バランスの良い体格の佐々木選手ですが、パンチ力のある打撃に注目を集めています。 東海地区大会進出がかかる岐阜県大会準決勝でも値千金のホームランを放つなど2年秋の時点で通算本塁打は30本を超えています。 名将鍛治舍監督からも「引っ張れる打者が少ない中でしっかり引っ張れる。 速い球にも遅い球に対してもしっかり振れて、打球が速い」 と、打撃に関する信頼が厚いです。 また、東海地区大会ではリリーフ登板もしており、最速140キロオーバーの本格派としてもチームを引っ張ります。 投打で、主将としてチームの核となる佐々木選手の甲子園での活躍が期待されます。 県岐阜商業高校2019年秋の公式戦の戦績 次に、県岐阜商業高校野球部新チームの、初めての公式戦となる2019年秋季大会からの戦績をご紹介いたします。 県岐阜商業高校の監督ってどんな人? 伝統ある県岐阜商業の野球部を率いる監督は、同校OBでもある 鍛冶舎巧 かじしゃたくみ さんです。 選手としての経歴 県岐阜商業高校-早稲田大学 指導者としての経歴 1987年 松下電器野球部監督就任 2014年 秀岳館高校野球部監督就任 2018年 県岐阜商業高校野球部監督就任 鍛治舎監督ってこんな人 鍛冶舎監督は、県岐阜商業高校のOBで、高校3年時には4番エースとして春のセンバツに出場しています。 早稲田大学進学後は、1年春からベンチ入りし、中心選手として活躍し、大学日本代表にも選出されました。 早大卒業後は松下電器でプレーし、阪神タイガースからドラフト2位指名されるも、これを拒否して、1981年に現役を引退するまで社会人野球を続けました。 その後、松下電器の監督や、ボーイズリーグの強豪である枚方ボーイズの監督を務め、監督としても輝かしい実績をあげました。 甲子園での解説者としてもおなじみの人物で、長年野球に携わってきましたが2014年に63歳で秀岳館高校の監督に就任したのが、高校野球の指導者としての第1歩になりました。 秀岳館高校の監督時代は、かつて指導した枚方ボーイズ出身の選手を中心に強豪クラブから選手が集まり、短期間で秀岳館高校を全国的な強豪に育て上げ、3期連続で甲子園ベスト4に進出しました。 選手のかき集めなどについては賛否両論がありましたが、その指導力は確かなもので、練習にPDCAサイクルを導入したり、カウントによって打法を変えるなど戦略的な采配も光ります。 また、選手の将来を考えた継投策を採るなど、選手第一を考える監督であり、今も多くの教え子から慕われています。 県岐阜商業高校野球部の甲子園での戦績 県岐阜商業高校野球部のこれまでの甲子園での戦績をご紹介します。 大会名 回数 勝敗数 春選抜高校野球大会 28回 48勝25敗 夏全国高校野球選手権大会 28回 39勝27敗 合計 56回 87勝52敗 県岐阜商業高校野球部は、春夏通算56回の出場と全国屈指の伝統を誇り、戦前に4回の甲子園優勝をするなど、輝かしい成績を残しています。 大会名 西暦 戦績 第9回春選抜高校野球大会 1932年 1回戦敗退 第10回春選抜高校野球大会 1933年 優勝 第11回春選抜高校野球大会 1934年 2回戦敗退 第12回春選抜高校野球大会 1935年 優勝 第13回春選抜高校野球大会 1936年 2回戦敗退 第22回夏全国高校野球選手権大会 1936年 優勝 第14回春選抜高校野球大会 1937年 ベスト8 第15回春選抜高校野球大会 1938年 ベスト4 第24回夏全国高校野球選手権大会 1938年 準優勝 第16回春選抜高校野球大会 1939年 準優勝 第17回春選抜高校野球大会 1940年 優勝 第18回春選抜高校野球大会 1941年 ベスト4 第19回春選抜高校野球大会 1947年 ベスト8 第29回夏全国高校野球選手権大会 1947年 準優勝 第20回春選抜高校野球大会 1948年 1回戦敗退 第21回春選抜高校野球大会 1949年 ベスト8 第22回春選抜高校野球大会 1950年 ベスト8 第32回夏全国高校野球選手権大会 1950年 2回戦敗退 第23回春選抜高校野球大会 1951年 1回戦敗退 第28回春選抜高校野球大会 1956年 準優勝 第38回夏全国高校野球選手権大会 1956年 準優勝 第29回春選抜高校野球大会 1957年 ベスト8 第39回夏全国高校野球選手権大会 1957年 ベスト8 第31回春選抜高校野球大会 1959年 準優勝 第42回夏全国高校野球選手権大会 1960年 1回戦敗退 第43回夏全国高校野球選手権大会 1961年 ベスト4 第34回春選抜高校野球大会 1962年 2回戦敗退 第44回夏全国高校野球選手権大会 1962年 ベスト8 第46回夏全国高校野球選手権大会 1964年 ベスト4 第39回春選抜高校野球大会 1967年 ベスト8 第41回春選抜高校野球大会 1969年 ベスト8 第43回春選抜高校野球大会 1971年 2回戦敗退 第53回夏全国高校野球選手権大会 1971年 ベスト8 第48回春選抜高校野球大会 1976年 1回戦敗退 第49回春選抜高校野球大会 1977年 ベスト8 第60回夏全国高校野球選手権大会 1978年 ベスト8 第61回夏全国高校野球選手権大会 1979年 2回戦敗退 第64回夏全国高校野球選手権大会 1982年 2回戦敗退 第66回夏全国高校野球選手権大会 1984年 1回戦敗退 第67回夏全国高校野球選手権大会 1985年 1回戦敗退 第68回夏全国高校野球選手権大会 1986年 2回戦敗退 第69回夏全国高校野球選手権大会 1987年 2回戦敗退 第61回春選抜高校野球大会 1989年 1回戦敗退 第71回夏全国高校野球選手権大会 1989年 1回戦敗退 第74回夏全国高校野球選手権大会 1992年 3回戦敗退 第67回春選抜高校野球大会 1995年 1回戦敗退 第77回夏全国高校野球選手権大会 1995年 2回戦敗退 第78回夏全国高校野球選手権大会 1996年 2回戦敗退 第79回夏全国高校野球選手権大会 1997年 1回戦敗退 第81回夏全国高校野球選手権大会 1999年 2回戦敗退 第86回夏全国高校野球選手権大会 2004年 1回戦敗退 第88回夏全国高校野球選手権大会 2006年 1回戦敗退 第91回夏全国高校野球選手権大会 2009年 ベスト4 第94回夏全国高校野球選手権大会 2012年 1回戦敗退 第85回春選抜高校野球大会 2013年 ベスト8 第87回春選抜高校野球大会 2015年 ベスト8 甲子園での思い出の試合 私の県岐阜商業高校の思い出の試合として、2013年第85回春選抜高校野球大会の3回戦の試合をご紹介します。 初戦となる2回戦で埼玉の強豪である花咲徳栄高校に快勝した県岐阜商業高校は、3回戦で大阪桐蔭高校との対戦となりました。 昭和期には甲子園で輝かしい成績を誇る県岐阜商業高校ですが、平成に入ってからは出場しても勝てないことも多く、前年に春夏連覇を達成している優勝候補の大阪桐蔭高校が優位と見る声が多数でした。 試合は、1回裏に大阪桐蔭高校が4本のヒットを集め、難なく2点を先制しました。 しかし2回表、四球、エラー、フィルダースチョイスなど大阪桐蔭「らしくない」守りに県岐阜商業高校が3本のヒットを集め、4点を奪い逆転に成功します。 さらに、3回表には、3番青木選手のスリーベースヒットと5番神山選手のヒットで1点を加え、5-2とリードを広げます。 王者大阪桐蔭高校も3回と5回に1点ずつ返し、5-4とし、粘りを見せます。 しかし、その後は、県岐阜商業高校の左腕藤田投手がランナーを出しながら要所を抑えるピッチングで、1点差のまま9回裏を迎えました。 9回裏、県岐阜商業高校はあっさりとツーアウトを奪いますが、ヒットとエラーで2死一二塁のピンチを迎えます。 そんな中、4番福森選手の打球は二遊間を抜き、センター前に抜けました。 同点のホームを狙った二塁走者でしたが、浅めに守っていたセンターからの好返球で、アウトのタイミングでホームに突入します。 クロスプレイとなり、ボールはキャッチャーのミットからこぼれ、同点かと思われました。 しかし、主審はこれを守備妨害と判定し、走者がアウトとなり、そのまま5-4でゲームセットとなります。 この選抜大会が始まる1ヶ月前にアマチュア野球の野球規則が変更となり、危険なタックルに関する判定が厳格化されたばかりでした。 新旧名門校同士の対決は、県岐阜商業高校が金星を奪い、ベスト8に進出するという結果になりました。 県岐阜商業高校野球部出身の主なプロ野球選手 県岐阜商業高校からは、古豪というだけあり、戦前から多くのプロ野球選手が輩出されています。 その中から、福岡ソフトバンクホークスの高橋純平選手など、ドラフト制度が始まってからプロ入りした選手の卒業年度と最初に入団をした球団をご紹介します。

次の

岐阜県の高校野球強豪校ランキング!成績などの情報まとめ!

岐阜県の高校野球

新型コロナウイルスの影響で夏の全国高校野球選手権大会に代わる、岐阜県の独自大会「2020夏季県高校野球大会」が18日に開幕する。 64校63チームが参加し、県内8会場で行う。 優勝チームは8月17日に長良川球場で実施する三重県優勝校との交流試合に出場する。 開幕を前に、県高野連は球場の新型コロナ感染防止対策を実施した。 長良川球場では17日、ベンチ内を消毒して開催に備えた。 18日は7会場で、1、2回戦19試合を行う予定。 新型コロナ感染防止のため、1、2回戦は移動時間や移動距離に配慮し各地区内で対戦する。 日程が順調に進めば、決勝は8月2日に長良川球場で行われる。 ベンチ入り選手は例年より5人多い25人で、試合ごとに入れ替えができる。 スタンドには、保護者と野球部員を大会運営のボランティアとして入場制限をした上で入場を認める。 当初は11日に開幕する予定だったが、記録的大雨の影響で1週間順延となった。 カテゴリ:.

次の