茂木 敏充。 茂木敏充は人望がないと言われる理由や性格!経歴は文句なしの英語力

習近平の国賓来日について、茂木敏充外相「具体的な日程調整をする段階にないのは確かだ」

茂木 敏充

栃木県出身です。 茂木敏充大臣の英語が流暢すぎたのかもしれませんね(笑) 英語の専門家は辛口採点!? 週刊FLASHが2019年8月13日号で「政治家たちの英語力」について、講演や質疑応答から英語の専門家が採点を行っていました。 発音はジャパンイングリッシュだが、外国人が聞き取れる発音。 講演後の質疑にも英語で対応。 ジョージタウン大学時代に、米議員のインターンを経験。 米メディアの取材にも英語で対応。 発音は米国を発音に近く、一番聞きとりやすい。 アピール力で小泉氏が少し上。 神戸製鋼所に在籍したサラリーマン時代にニューヨーク勤務を経験。 IOC総会では東京五輪プレゼン演説を英語で行った。 ジェスチャーで世界に日本をアピール出来ている。 70点 岸田文雄 小学校低学年まで米パブリックスクールに通う。 外務大臣時代の2015年1月には国際シンポジウムで英語演説を行った。 発音はきれいだが、原稿を読み上げているだけ。 質疑応答は通訳任せなのでアピールはできていない。 50点 加藤勝信 東大卒。 コロンビア大学ビジネススクールで講演。 10点 野田聖子 高校時代に米留学。 上智大学外国語学部時代は英語漬け。 会見では冒頭のみ英語で挨拶。 基本は日本語。 石破茂 英語は理解できるが、英語力は未知数。 会見では冒頭のみ英語で挨拶。 基本は日本語。 判定不能 菅義偉 法政大学卒。 外国特派員協会の会見は全て日本語。 2019年5月の訪米時も日本語のみだった。 週刊FLASHより 70点以上が合格ラインとしたこの採点を行ったのが、米国出身で4ヶ国語を操るマルチリンガルのケビン・クローンさんです。 トンでも英語デリート辞典• 英語リッチ英語プア など互角関連の著書を4冊出版しているコメンテーターです。 確かに茂木敏充大臣のスピーキングは日本語英語な部分もありますが、外務大臣で大切なのはディベート力なので、茂木敏充大臣には安心してお任せ出来るのではないかと思います! 茂木敏充という超有能大臣がいてくれた日本はほんと運が良い。 元マッキンゼーで英語ペラペラで、タフネゴシエーターの茂木大臣が担当してるからこそ、日米貿易交渉で日本が対等に交渉できている。 これが人材も能力もゼロの民主党政権だったらと思うとゾッとする。 — ゆっくりfxとらわれないぉ解凍中 flowfreeme 茂木敏充大臣の華麗なる経歴とは? 出典:日刊ゲンダイ 栃木県の高校卒業後、東京大学経済学部を卒業した茂木敏充大臣。 大学卒業後は、丸紅と読売新聞で勤務し、ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学され、1983年に行政学修士号を取得しています。 学歴ロンダリングで良い大学院を卒業する人は多いですが、茂木敏充大臣は東京大学からハーバード大学院を卒業されていますので、スゴすぎますね! 茂木敏充大臣は、帰国後マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタントとして働いています。 就職偏差値は最高の74で、超難関企業として知られています。 【参考】フジテレビジョン(69)、日本テレビ(68)、三菱商事(67)、日本経済新聞(66)、東京電力(65) 給料が高い事でも有名で、初任給は550万円、4年目で年収1200万円、シニアコンサルタントになると時給8万円になることも。 国会議員には父親や祖父から選挙地盤を受け継ぐ世襲議員が多いのですが、茂木敏充大臣の家族には政治家はいなかったようです。 これまで茂木敏充大臣は、自民党内でも様々な要職を務められています。 自由民主党政務調査会長• 自由民主党日本経済再生本部長• 自由民主党選挙対策委員長 さらに、複数の総理の元で、数々の大臣に就任しています。 第1次小泉第2次改造内閣 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・個人情報保護・科学技術政策)及びIT担当大臣 第2次小泉内閣 福田康夫改造内閣 内閣府特命担当大臣(金融) 第2次安倍内閣 経済産業大臣、内閣府特命担当大臣(原子力損学賠償支援機構) 第3次安倍第3次改造内閣 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、経済再生担当大臣、人づくり革命担当大臣 第4次安倍内閣 第4次安倍改造内閣 経済政策・経済再生大臣、全世代型社会保障改革担当大臣 当選回数は9回(26年間 2019年時点)と、大ベテランの議員です。 大学・就職先・そして議員としての経歴が華麗すぎますね!.

次の

国会議員情報:茂木 敏充(もてぎ としみつ):時事ドットコム

茂木 敏充

栃木県出身です。 茂木敏充大臣の英語が流暢すぎたのかもしれませんね(笑) 英語の専門家は辛口採点!? 週刊FLASHが2019年8月13日号で「政治家たちの英語力」について、講演や質疑応答から英語の専門家が採点を行っていました。 発音はジャパンイングリッシュだが、外国人が聞き取れる発音。 講演後の質疑にも英語で対応。 ジョージタウン大学時代に、米議員のインターンを経験。 米メディアの取材にも英語で対応。 発音は米国を発音に近く、一番聞きとりやすい。 アピール力で小泉氏が少し上。 神戸製鋼所に在籍したサラリーマン時代にニューヨーク勤務を経験。 IOC総会では東京五輪プレゼン演説を英語で行った。 ジェスチャーで世界に日本をアピール出来ている。 70点 岸田文雄 小学校低学年まで米パブリックスクールに通う。 外務大臣時代の2015年1月には国際シンポジウムで英語演説を行った。 発音はきれいだが、原稿を読み上げているだけ。 質疑応答は通訳任せなのでアピールはできていない。 50点 加藤勝信 東大卒。 コロンビア大学ビジネススクールで講演。 10点 野田聖子 高校時代に米留学。 上智大学外国語学部時代は英語漬け。 会見では冒頭のみ英語で挨拶。 基本は日本語。 石破茂 英語は理解できるが、英語力は未知数。 会見では冒頭のみ英語で挨拶。 基本は日本語。 判定不能 菅義偉 法政大学卒。 外国特派員協会の会見は全て日本語。 2019年5月の訪米時も日本語のみだった。 週刊FLASHより 70点以上が合格ラインとしたこの採点を行ったのが、米国出身で4ヶ国語を操るマルチリンガルのケビン・クローンさんです。 トンでも英語デリート辞典• 英語リッチ英語プア など互角関連の著書を4冊出版しているコメンテーターです。 確かに茂木敏充大臣のスピーキングは日本語英語な部分もありますが、外務大臣で大切なのはディベート力なので、茂木敏充大臣には安心してお任せ出来るのではないかと思います! 茂木敏充という超有能大臣がいてくれた日本はほんと運が良い。 元マッキンゼーで英語ペラペラで、タフネゴシエーターの茂木大臣が担当してるからこそ、日米貿易交渉で日本が対等に交渉できている。 これが人材も能力もゼロの民主党政権だったらと思うとゾッとする。 — ゆっくりfxとらわれないぉ解凍中 flowfreeme 茂木敏充大臣の華麗なる経歴とは? 出典:日刊ゲンダイ 栃木県の高校卒業後、東京大学経済学部を卒業した茂木敏充大臣。 大学卒業後は、丸紅と読売新聞で勤務し、ハーバード大学ケネディ行政大学院に留学され、1983年に行政学修士号を取得しています。 学歴ロンダリングで良い大学院を卒業する人は多いですが、茂木敏充大臣は東京大学からハーバード大学院を卒業されていますので、スゴすぎますね! 茂木敏充大臣は、帰国後マッキンゼー・アンド・カンパニーでコンサルタントとして働いています。 就職偏差値は最高の74で、超難関企業として知られています。 【参考】フジテレビジョン(69)、日本テレビ(68)、三菱商事(67)、日本経済新聞(66)、東京電力(65) 給料が高い事でも有名で、初任給は550万円、4年目で年収1200万円、シニアコンサルタントになると時給8万円になることも。 国会議員には父親や祖父から選挙地盤を受け継ぐ世襲議員が多いのですが、茂木敏充大臣の家族には政治家はいなかったようです。 これまで茂木敏充大臣は、自民党内でも様々な要職を務められています。 自由民主党政務調査会長• 自由民主党日本経済再生本部長• 自由民主党選挙対策委員長 さらに、複数の総理の元で、数々の大臣に就任しています。 第1次小泉第2次改造内閣 内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・個人情報保護・科学技術政策)及びIT担当大臣 第2次小泉内閣 福田康夫改造内閣 内閣府特命担当大臣(金融) 第2次安倍内閣 経済産業大臣、内閣府特命担当大臣(原子力損学賠償支援機構) 第3次安倍第3次改造内閣 内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、経済再生担当大臣、人づくり革命担当大臣 第4次安倍内閣 第4次安倍改造内閣 経済政策・経済再生大臣、全世代型社会保障改革担当大臣 当選回数は9回(26年間 2019年時点)と、大ベテランの議員です。 大学・就職先・そして議員としての経歴が華麗すぎますね!.

次の

茂木外相と世耕幹事長、自民党議員も“気持ち悪がる”ほどの安倍首相「賛美」合戦

茂木 敏充

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 生まれ。 月谷分校に1年生から4年生まで通う。 5年生から同小学校本校に通った。 、卒業。 大学卒業後、、に勤務。 その後に留学し、を学んだ。 を取得後、帰国して入社。 、マッキンゼー・アンド・カンパニー幹部のが代表を務める事務局長に就任した。 衆議院議員 [ ] 、に公認でから出馬し、同区でトップ当選。 翌の日本新党解党に際しては結党には参加せず、を経てにに入党。 の以降は、の導入に伴いから出馬し、連続6選。 、でに任命され、まで務める。 、でに就任。 翌、で当選僅か3回で(・・)及び担当大臣に任命され、まで務めた。 、日朝国交正常化を目指す議員連盟「」の立ち上げに参加し、同議連幹事長に就任。 、でとして入閣し、と制度改革も担当した。 のではに猛烈な逆風が吹き荒れる中、栃木5区でのを破り6選したが、初めて対立候補にを許した(富岡はで復活)。 9月、に就任( - 9月)。 、の事務総長に就任。 2012年12月のでは、民主党からに鞍替えした富岡に比例復活すら許さない大差をつけ、7期目の当選。 自民党政権奪還後 [ ] マイケル・フロマンと共に で兼()として入閣した。 9月、内閣改造により経産大臣を退任し、に就任。 2014年12月、では8選。 8月の自民党役員人事で、4年ぶりに自由民主党政務調査会長に再任。 、において、()、、に就任し、4度目の入閣を果たすと10月のでは9選となった。 、で内閣府特命担当大臣(経済財政政策)、経済再生担当大臣並びに人づくり革命担当大臣に再任。 -、同年4月の日米首脳会談で議題となった「自由で公正かつ相互的な貿易取引のための協議」の閣僚級会合を行うために訪米。 と第1回会合を持つ。 以降、翌年にかけて断続的に行われたを担当した。 2018年、で経済財政・経済再生担当大臣に引き続き留任し、新設された「全世代型社会保障改革担当大臣」も兼務した。 2019年9月11日、に就任。 の困難な交渉を妥結に導いたことが評価された。 政策・主張 [ ] 地方公務員給与削減 [ ]• 在任時、地方公務員の人件費の削減を主張した。 「茂木氏は『国の努力と比べ、地方の努力はどうなのか検討する必要がある』と述べ、給与削減を地方公務員にも波及させることを要求」した。 茂木は「自治労をはじめとする労働組合に依存した民主党の体質から本質的な改革に取り組めないのではないかと考えています。 現在、自民党内において公務員の人件費に関するプロジェクトチームで、官民交流の促進による人員の適正化を始め、具体策を検討しているところです。 政権公約において地方公務員を含めた抜本的な人件費の削減を打ち出していきたいと考えています。 」としている。 2011年、「この国会に、国家公務員の給与削減の特例法案(深掘り法案)が出てくる。 「人事院勧告を実施せず、深掘り法案をやる」のが政府方針だ。 一見、深掘り法案をやるならいいじゃないかと思う人がいるかもしれないが、人勧をやったうえで深掘り法案をやらなければいけない。 国家公務員は50代以上が極めて給与が高いが、深掘り法案では下がらない。 人勧の実施で下げなければいけない。 人勧の実施は、国家公務員だけでなく、地方公務員の給与の問題にもつながっていく。 人勧を実施しなかったら、地方公務員の給与にノータッチということになってしまう。 今の政権は組合に依存しているので、地方の公務員の給与に触れられるのは嫌だからだ。 」と主張。 地方公務員のさらなる給与削減を打ち出す。 国家公務員制度改革 [ ]• 政調会長在任時、国家公務員の給与削減の三党合意実現に尽力した。 国家公務員の採用の抑制について、民主党政権で、国家公務員の新規採用を平成21年度に比べて6割削減する方向で調整が進められていた点について、「本来切り込むべきところに全く切り込まないで、新規採用の抑制という極めて安易な、しかも間違った方向を選択しているものと考えています。 」としている。 民主党政権による取組みでは「新陳代謝が組織として進まなくなる問題点が発生すると考えています。 」としている。 建設 [ ]• 2012年、茂木敏充政調会長は、「 防災の考え方に立ち、有効需要を作る」として、国土強靱化基本法案を作成。 茂木氏は「公共事業の大幅増を打ち出した。 「 国土の均衡ある発展」を基本理念として大胆なインフラ整備で大規模災害に備える内容。 高速道路や新幹線、港湾の整備、原発の安全確保などの事業を10年間で集中的に進める。 」としている。 「公共投資を重視して建設業界などの支持を広げる狙いもある。 さらに、消費増税法案への協力と引き換えに自民党の法案受け入れを迫り、民主党政権が掲げてきた「コンクリートから人へ」の理念を打ち砕きたい考えだ。 」とされた。 「公共事業に10年間で 200兆円をつぎ込む内容だ。 」とされた。 働き方改革 [ ]• において、女性や若者の就業支援強化に、3年間で8000億円の財源を確保した。 人づくり革命 [ ]• 在任時、「人づくり革命」の一環として、幼児教育・保育の無償化などを中心に検討する考えを示した。 在任時、大学など高等教育の無償化の対象となる学生の進学先を限定する方針を示した。 これによれば産業界から受け入れられる人材を輩出するような大学を優先的に無償化するとのことである。 自動車政策 [ ]• 在任時、平成26年度の与党の税制改正大綱での税率の引き下げ、・のグリーン化措置の拡充等が決定されたと述べ、引き続き車体課税の見直しに取り組んでいく方針を示した。 なお、普通自動車と軽自動車とで、どちらを優先するかについては無回答であるが、茂木氏は軽自動車派と目されており 、「軽自動車税については、税率を引き上げることを決定されたわけでありますが、対象を来年ではなくて再来年、平成27年度以降の新規に取得した新車にまず限定をする。 更には農業者や中小企業者等の負担を考慮して、自家用乗用車以外については税率の引き上げを1. 25倍に抑える。 ・・・。 引き続き軽自動車が地方における生活の足として果たす役割も踏まえつつ、軽減措置、これの具体的内容の検討を含めて、しっかりと対応してまいりたいと考えております。 」と述べている。 社会保障 [ ]• 「全世代型社会保障制度」への転換を主張し、その旗振り役として知られる 外交 [ ]• 東南アジア地域については、主要4か国を訪問する予定を明らかにし、「自由で開かれたインド太平洋」構想を推進している。 これは東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係強化の一環である。 報道では、日本外交の基本構想として「インド太平洋戦略」と名ぜられている。 「ここまで私が述べてきた「ルールを守る」「ルールを作る」「選択肢を増やす」という外交政策は、まさに日本外交の基本構想である「自由で開かれたインド太平洋」の本質をなすものです。 ・・・。 既存大国と新興勢力がせめぎ合う現在だからこそ、「力」によって自らの主張を押し通すのではなく、まず第1に、国際社会のルールにのっとって解決策を見いだすこと。 そして、2つ目として経済・社会・技術革新など、さまざまな変化に対応した新たなルール作りを通じて、より持続可能な国際秩序へ脱皮していくこと。 これこそが日本外交の目指すべき方向ではないかという結論に至っています」と発言。 簡潔でかつ明瞭な「茂木外交」と評価された。 その他 [ ]• 選択的制度導入について、「どちらとも言えない」としている。 国家ビジョンは「日本を多様性のある多民族社会に変える」としている。 英語を第二公用語にすることを主張している。 人物 [ ]• 産経新聞は「豊富な知識と頭の回転の速さ、高い説明能力は党内随一といっていい。 」と評した• 外交部会長は、「もてぎの『も』は(予算を)もぎ取るの『も』だ」と激励した。 「ポスト安倍」のひとりとされる。 「外務大臣として課題が山積する険しい新たな頂にチャレンジすることになった。 頂に立ったときに、その先にどんな景色が見えているか、楽しみにしている」と述べている。 2020年2月、安倍晋三首相は、「東京都内で開かれた民放解説研究会の会合で、自らの後継「ポスト安倍」候補を紹介する場面があった。 会場に居合わせた茂木敏充外相、自民党の下村博文選対委員長、甘利明税制調査会長を指した。 」とあり、最終候補レースに残っている。 「いざという仕事のときほど、ランチも失敗しない『安定感』が重要だ」と話し、サンドイッチを好む。 「極めて優秀だが部下や後輩に厳しい」とされており、内部では若手議員に緊張感を持たせてしまうが、「首相の参謀として申し分のない」人物とされている。 一方で「頭脳明晰故で自他ともに厳しいのが唯一の欠点」 、「能力は抜群だが、人望がない」とも評される。 外相に就任してからは怒鳴ることが少なくなったとされる。 政策通で官僚に求めるレベルが高く、機嫌を損ねると厳しくあたることがあるとされる。 そのため官僚間では『茂木さん対処マニュアル』が作成され読み込まれている。 これによれば、栄養ドリンクには「」が指定されている。 水は可能な限り「」が推奨されている。 ハーバード大学・ケネディスクール留学時、ネゴシエーション(交渉)の授業で使用した『GETTING TO YES』に記されていた「お互いが利益を得る代替案を作り出すことが交渉を成功させる秘訣だ」「相互の情報量の差が交渉力の違いにつながる」といった考え方が、閣僚として通商交渉を担当した際に役立ったと述べている。 「労使交渉のようなロールプレー(役割演技)では、一方が強気になりすぎるとお互いに損することもある。 だからこそ、「お互いが利益を得る代替案」を作り出さないといけないことがわかる。 」としている。 報道 [ ]• 年金に関する報道:、の特命担当大臣及びIT担当大臣在任中にの未納が発覚している。 村上ファンドに関する報道:に出資した政治家や財界人の実名と投資額・時期が書かれた「投資家リスト」が流出し、その中に名前が載っているとに報じられた。 ライブドアに関する報道:2004年7月から2月まで、後援会費として元社長のから合計20万円の寄付を受けていた。 茂木の事務所は「堀江被告が立件され、全額返還した」としている。 選挙運動費用収支報告書に関する報道:との選挙運動費用収支報告書を、約3700万円減額する訂正をしている。 茂木事務所は「選挙運動費用として予算化したが実際には使用せず、寄付もなかったため」と説明した。 資産補充報告書に関する報道:2月16日、前年のに公開した資産補充報告書について、「なし」としていた株券を「2銘柄250株」と訂正しに届け出ている。 女性に関する報道:主要16社の番記者のうち7名が女性であり、他と比べて非常に女性比率が高いことや女性に下ネタを言わせようとする、マジックついでに手を握る等といった女性番記者等に対するセクハラともとられかねない言動・行動が週刊新潮2016年9月29日号に掲載された。 衆議院手帖に関する報道:地元の後援会幹部に財産上の価値を持つ有価物である衆議院手帖を無償配布したことが、公職選挙法が禁じる寄付行為に該当する可能性が高い旨の報道がされた。 なお、衆議院手帖は憲法や国会法等が掲載された手帖で衆議院議員の持つ手帖と同一の仕様となっているもので、600円で市販されているものであり、のうちわ配布問題を受けて、茂木の事務所がカレンダー配布をやめたのちも、配布が継続されていたとされる。 線香に関する報道:選挙区内の有権者になどを配布したとして、公職選挙法違反疑惑がかかり、2018年2月1日、秘書が少なくとも3年間配布した事実を認めたが、違法はないと主張した。 所属団体、議員連盟 [ ]• (代表世話人)• (幹事長)• (常任幹事)• 論文 [ ]• 関連項目 [ ]• (茂木敏充後援会連合会会長) 脚注 [ ] []• 2017年12月5日閲覧。 産経新聞. 2016年8月3日. 2016年8月3日閲覧。 内閣官房 2019年. 2019年9月24日閲覧。 朝日新聞 2012年1月26日. 朝日新聞朝刊 総合: 3. 朝日新聞デジタル. 2011年10月30日• www. asahi. com. 2019年11月19日閲覧。 朝刊 4総合: 4. INC, SANKEI DIGITAL 2017年1月18日. 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年3月8日閲覧。 www. motegi. 2020年3月8日閲覧。 日本経済新聞. zakzak. 2020年1月6日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2017年1月18日. 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。 日本経済新聞 電子版. 2020年1月7日閲覧。 gooニュース 2019年9月18日. 2019年10月2日閲覧。 朝日新聞 2019年9月19日. 朝日新聞朝刊 総合: 4. INC, SANKEI DIGITAL 2020年2月6日. 産経ニュース. 2020年3月1日閲覧。 日本放送協会. NHK政治マガジン. 2019年10月2日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2019年3月13日. 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2017年1月18日. 産経ニュース. 2019年10月2日閲覧。 INC, SANKEI DIGITAL 2017年1月18日. 産経ニュース. 2019年10月27日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年10月18日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年10月28日閲覧。 Company, The Asahi Shimbun. AERA dot. アエラドット. 2019年10月29日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月28日閲覧。 47NEWS. 共同通信. 2004年4月28日. 2011年4月9日閲覧。 47NEWS. 共同通信. 2004年5月11日. 2011年4月9日閲覧。 2006年8月号 FACTA• 2006年9月9日 朝日新聞• 47NEWS. 共同通信. 2007年9月11日. 2011年4月9日閲覧。 時事ドットコム. 時事通信社. 2010年2月16日. 2010年2月16日閲覧。 デイリー新潮. 週刊新潮. 2016年9月29日. 時事ドットコム. 時事通信. 2017年8月9日. 2018年2月1日. 2018年11月25日閲覧。 しんぶん赤旗 2014年9月9日• 毎日新聞2016年8月4日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 公式• moteging - 公職 先代: 第152代:2019年 - 次代: 現職 先代: () 第22・23代:2017年 - 2019年 次代: 先代: 第17代:2012年 - 2014年 次代: 先代: 創設 () 初代:2014年 次代: 先代: () 第4代:2012年 - 2014年 次代: 廃止 先代: () 第12代:2008年 次代: 先代: () 第4・5代:2003年 - 2004年 次代: 先代: () 第4・5代:2003年 - 2004年 次代: 先代: () 第2・3代:2003年 - 2004年 次代: 廃止 先代: と共同 2002年 - 2003年 次代: 議会 先代: 2001年 - 2002年 次代: 党職 先代: 第53代:2011年 - 2012年 第57代:2016年 - 2017年 次代: 先代: 第3代:2014年 - 2016年 次代:.

次の