大正 時代 髪型。 変わっていく大正時代のメイクとは

大正時代の服装!大正ロマンのファッションを男性・女性別に紹介

大正 時代 髪型

今回は、今巷で話題の「大正時代ファッション」についてご紹介していきます。 平成も今年で終わりですが、平成・昭和の前の大正時代。 大正時代時代のファッションと言っても、あまりピンとこない方もいらっしゃいますでしょうが、まずは大正時代がどんな時代だったのかをみなさんに理解していただきましょう。 大正時代は、近代都市の発達や経済の発展に伴い、都市文化や大衆文化に花が咲いたと言われております。 「大正モダン」と呼ばれる華やかな時代にあたり、女性の社会進出もかなり増えました。 それまでの女工などに代わり、女子事務員や電話交換手など「職業婦人」と呼ばれる華やかな職業が現れたのも、大正時代です。 また、今でも人気で華のある職業、デパートの店員やバスガール、女優といった新しい職業も増えた時代です。 大正時代のファッションはどんな感じ? 大正時代の男性のファッションについてですが、今ではサラリーマンやスーツが仕事着の定番となりましたが、サラリーマンが主体となり男性の洋装が当たり前になったのは、この大正時代とされています。 また、警察官の制服や男子学生服が学ランになるなど、この時代に一気に制服も変貌を遂げました。 スーツにハット、蝶ネクタイに丸メガネというファッションが、大正時代の男性の中で非常に流行しました。 大正時代の中期になると、この服装は一般的なものとなり、多くの男性たちががこのようなファッションをしていました。 ベストやジャケットをきちんと着ることで、清潔感が出て、よりしっかりとした正装という感じが日本人には合っていたのかも知れません。 大正時代の女性のファッション 「大正時代のファッション」が、かなり時代の影響を受けた洋風なファッションが流行していたのを理解していただきました。 明治時代まで、庶民には縁のなかった「欧米式の美容室」や、「ダンスホール」などが都市部では珍しい存在ではなくなったのも、大正時代です。 また一方で、農漁村部と言われるの地方の労働者階級では、そういった洋風な近代的文化の恩恵を受けることは珍しく、都市部と地方の階級格差は、残念なことに縮まらなかったとされています。 多くの農村や集落は、だいぶ近代化に取り残されており、大正に至っても明治初期と変わらないような、封建的な文化が残っていたと言われているのも事実です。 大正時代のファッションは何の影響を受けたのか ガラリと変わった日本、その時代背景には一体どんな影響があったのでしょうか?大正時代のファッションは、西洋の文化にかなり影響を受けているとされています。 19世紀を中心に、ヨーロッパで展開した精神運動である「ロマン主義」。 日本もこの影響を大きく受けて、大正時代の個人の解放や、新しい時代への理想に満ちた風潮を推し進める影響がありました。 その影響から、一般民衆と女性の地位向上に目が向けられ、さまざまな新しい職業・職種が注目を集めるようになりました。 また、西洋文化の影響を受けた新しい文芸や絵画、音楽や演劇などの芸術が広く浸透し、思想的にも自由と開放を求める、日本国民によって、都市部を中心とした、大衆文化が花開いたと言われています。 大正時代の若者に流行ったファッション 今では女子学生の制服として、セーラー服は一般的ですが、この女子生徒の制服としてセーラー服が一般的に広まったのも、大正時代とされています。 セーラー服は、もともとはイギリス海軍の制服でした。 しかし、イギリスの王子が幼年期にこれと似たデザインの格好をしていたことが発端となり、世界的に流行したと言われています。 大正時代の日本にも、まず子供服として入ってきましたが、当時の日本国民にとってセーラー服は子供服としては、あまりに高価であったため、子供服としては広まりませんでした。 また、この時代にセーラー衿のついたワンピースや、現在の女子制服ような、上と下に分かれるタイプのセーラー服が、制服として定着してきたとされています。 異国のセーラー服が、日本で好まれるようになったのには、和服では動きが制限されてしまい、動きづらいことを改善するためと言われています。 そして、セーラー服は和服の着物衿とよく似ていませんか?修道女のような、落ち着いたイメージがあることから、日本でも積極的に取り入れられるようになったのではないでしょうか。 大正時代の髪型 「大正時代」や「大正時代のファッション」について、お話ししてまいりましたが、それらを調べてくると必ず出でくるキーワード、「モガ」と「モボ」です。 一見聞きなれないような、この2つにキーワードですが、みなさんはどんな意味合いかご存知でしょうか?「モガ」と「モボ」男女を問わず、「モダンであること」がこの最大の特徴であらと言われています。 「モダンガール」と「モダンボーイ」、それを省略したのが「モガ」と「モボ」です。 女性には、「モガ」、男性には「モボ」とそれぞれ使い分けます。 1920年代、大正末期から昭和初期ごろにかけて、西洋文化の影響を受けて新しい風俗や流行現象に現れた、当時としては先端的なファッションの若い男女のことを、主に外見的な特徴で捉えてこう呼んでいました。 日本人はオシャレ? 西洋文化から強く影響を受けた、「大正時代のファッション」ですが、海外から見ると日本人はとてもオシャレな国民であるとされているのを、みなさんはご存知でしたか?一見外国人の方々の方が、オシャレなイメージがありますが、一般人の人で比べると、日本人は身なりや清潔さにかなり気を配ります。 外国では、男性はヒゲの伸ばしっぱなしや、女性でも腕や脚の毛を剃らないのと同じように、あまりファッションにも気を配ってはいません。 同じ服を何年も着続けたり、穴が開くまで履いたりなどいたって普通のことです。 日本は、その年の流行やトレンドに敏感な方も多いですが、海外の方とは意外な意識の差があると言えるでしょう。 現代ファッションとの違い 「大正時代のファッション」では、「モダン」であることが重視されてきて、そのために、「モボ」や「モガ」という言葉が生まれましたが、現在の同世代のファッションと比べるといかがでしょうか?かなり動きやすく、洋服も安くなってきています。 手軽に格安で手に入るものが一般的で、「モダン」とはまた違います。 さまざまな系統のファッションがあり、「モダン」なファッションも生き残っていますが、より軽装で、大正時代に比べて肌の露出が増えている傾向にあります。 大正時代以前の日本では、着物や浴衣など足元まで隠れるものを着ていましたが、それが大正時代でひざ下となり、今では「ミニスカート」や「ショートパンツ」など、太ももくらいの丈が一般的なファッションとなりました。 流行は繰り返す 最後までお読みいただき、ありがとうございました。 いかがでしたでしょうか?少しでも「大正時代のファッション」に興味を持っていただけましたか?「流行は繰り返す」という言葉があるように、昔流行ったファッションがまた現代に再来するなんてことは、ファッション界ではよくあることです。 90年代に流行った「厚底ヒール」や「チョーカー」など、最近でも身につけている若い女性たちいらっしゃいます。 また、脚を長く見せてくれる「ハイウエストジーンズ」や、ワンランクアップのコーディネートになる「スカーフ」などもまた人気が再来しています。 今後、日本の「大正時代のファッション」がまた流行りだすこともあるかも知れません。 そのためにも、ぜひ「大正時代のファッション」、おさらいしてみてください。

次の

行方不明という髪型がありましたが、何故行方不明と言うのでしょうか? |Yahoo! BEAUTY

大正 時代 髪型

2017年11月11日、 劇場版アニメ「はいからさんが通る」が公開されました! 「はいからさんが通る」は大正時代という時代背景の中、主人公の花村紅緒(はなむら べにお)と伊集院忍(いじゅういん しのぶ)の恋愛模様を描いたラブコメディです。 原作は今までにアニメおよび映画、舞台、テレビドラマでリメイクされている大和和紀さんの大人気漫画です。 今回の劇場版アニメでは各メディア作品では初めて、原作のストーリーを最後まで用いて描いた内容になっているとうことで大変注目が集まっておりましたが、公開後も大正ロマンな世界感と花村紅緒ちゃんの可愛さに話題を呼んでおります! 「はいからさんが通る」は大正時代の女性を描いた普及の名作といわれ、多くのリメイクや舞台化・ドラマ化などが行われて来ました。 その中で度々取り上げられるのが、主人公 花村紅緒(はなむら べにお)のファッションです。 矢絣の着物に海老茶色の袴、そして黒のブーツ、頭にはトレードマークの大きなリボン。 このインパクトのある、その時代だからこそ生まれた絶妙なファッションスタイルが、100年たった今でも絶大な人気を誇っているのです。 そして映画公開後、やはりこの大正ロマンなハイカラスタイルを求めて当店にもお問い合わせが寄せられております。 今回は、大正ロマンの髪飾りを取り扱っているマリエフルリールが、デザイナー目線で彼女のファションについて丁寧に解説します。 私たちを虜にするハイカラさんのファッションスタイル ~ハイカラさんスタイルが生まれた時代背景が私たちの心を揺さぶる~ 女学生=袴のイメージは当時の時代背景にも強く密接しています。 女子の高等教育は大正時代に始まりました。 その際女子生徒にどのような服装をさせるかが議論になり、従来の着物+帯というスタイルだと、帯や裾が乱れやすく相応しくないという問題がありました。 そこで、女性にも男袴の着用を認めたのが女学生の袴スタイルの始まりです。 当時はまだ15歳~と若くして嫁いだり、働きに出るのが当たり前の時代でした。 そんな中、女学生として袴を着て社会での活躍を目指していく姿は、 新しい時代で生きる女性の意気込みを感じさせてくれるスタイルでした。 そして、袴姿の女学生達が凛々しく歩き、活動的に自転車に乗り、スポーツもする。 (それ以前の時代では、女性が自転車に乗ったり、運動をすることは考えられなかった。 ) そんな生き生きとした袴姿の女性達は、女性が活躍できる時代のシンボルにもなり、 その姿は 「紫式部」を真似て「海老茶式部」と言い表されることもありました。 今の時代では、SNSというツールがあるからこそ色々なことが拡散・流行していきますが、そんなものがなかったこの時代にこれだけ話題になり、日本のファッションスタイルまでを変えたという事実は一種の革命とも言えます。 その例が、明治~大正時代に活躍した小説家・小杉天外が新聞小説『魔風恋風』の中で、才色兼備のヒロインの「はいからさん」のファッションを伝えていて、社会的にも注目を集める存在だった事が窺われます。 「鈴の音高く、見はれたのはすらりとした肩の滑り、デードン色の自転車に 海老茶の袴、髪は結流しにして白いリボン清く、着物は矢絣の風通、袖長ければ風に靡いて、色美しく品高き十八九の令嬢である。 」(読売新聞 明治36年) わずか15年という短い時代の中で、ラジオ、タクシー、百貨店、など現代の生活風景を彩る数多くのサービスや商品が生まれ、短いながらも大きな変化を遂げた『大正時代』 そして、女性の社会での立ち位置も大きく変化した時代。 そんな中生まれたファッションスタイルだからこそ、今も女性たちの心を掴んで離さない魅力があるのではないでしょうか。 ~矢絣(矢羽)柄が好まれる理由~ 明治から大正時代にかけて女学生に大流行したのが、 矢絣(やがすり)の着物です。 矢絣(やがすり)は矢羽をモチーフにした日本ならではの和柄です。 矢絣柄は、元々江戸時代の大奥の女中が好んで着用していた着物の柄でした。 ) つまり矢絣の着物を着ることがステイタス。 当時の女性の憧れそのものだったということです。 それが現代でも受け継がれ、親しみやすくキャッチーなその柄は多くの女性たちを虜にしています。 大正ロマンな装いの魅力 女袴+矢絣着物という王道ハイカラさんスタイルと併せて取り入れたい大変魅力溢れるファッションスタイルが 「大正ロマン」な装いです。 「大正ロマン」という言葉のルーツはその名の通り大正時代の雰囲気を漂わす独特の芸術・文化・思想のことを言います。 この時代は外国の西洋の文化が日本でも流行しました。 例えば、洋食が広まり「カフェ」「レストラン」が大きく成長したのも大正時代です。 また、開国に伴い建設された、西洋の建築様式を用いた「洋館」もこの時代の象徴物です。 和食や和服から洋食や洋服となり、今までの和風文化一色と代わって様々な西洋の文化が取り入れられていった大正時代は、日本の歴史の中でも特別な文化の1つです。 伝統と近代化の織り交ざった古き良き時代だったとも言えます。 このように古き良き和装の中にも革新的なお洒落感をプラスした装いが「大正ロマン」なファッションコーディネートです。 現代の着物では出すことが難しい珍しい色合いや個性的な和柄は、見る人の目を惹きつけます。 是非試してみてください。 大正時代をイメージしたメイクは、色をたくさん使うというより着物に対比するように艶感を大事にした儚げでヌケ感を出すアンニュイな雰囲気がマッチします。 <艶っぽさは肌で表現> 透明感のあるツヤ肌を意識して、顔の赤みや黄色みをコンシーラーなどで消します。 ハイライトにはパール入りのパウダーで、肌をふんわりと仕上げましょう。 <色気を出す為のポイント「儚げ」> アイシャドゥもアイボリー~薄ピンク系を使い、目の下にも同じ色でラインを引き、はかなげで憂い気な印象にしましょう。 チークはレッド系を使い、頬より少し高い位置でのせ、艶感ある肌に映えるように色っぽく儚げで色気が出るように雰囲気を出します。 リップは赤を使用し、全体に濃く塗るのではなく、唇の周りはぼかすようにしましょう。 そうすることで自然なアンニュイな印象と立体感が生まれます。 今風のメイクとは違った儚げな雰囲気と艶のある色気を感じる大正ロマンなメイクは、和装の着こなしを何倍にもお洒落にします。 ここでは、具体的に大正時代に流行したヘアスタイルで 取り入れれば一気に「大正ロマン風」に演出できる髪型をご紹介します。 <フィンガーウェーブ> 水や、セットローションで頭毛をぬらして、くしと指を使ってウエーブをつくる技術です。 大正~昭和初期にかけて外国でも日本でも流行ったスタイルで、 前髪の曲線が特徴のパーマですね。 仕上がりもピシッと美しく、上品で素敵な装いになります。 また、現代風にサイド~後ろを編み込みにして、前髪だけフィンガーウェーブに、など 昔と現代を掛け合わせたスタイルにするとモダンでお洒落に決まります。 <耳隠し> 耳隠し(みみかくし)は大正時代の女性に大流行した髪形です。 前髪を七・三に分けてサイドに流し、熱したコテを上下交互に髪に挟んで大きなウェーブをつけます。 「耳隠し」はサイドの耳さえ隠れていればバックのまとめ方に特に決まりはなく、 ボブやショートの方は内巻きのダウンスタイルにしたり、髪が長い方は編み込みアップなどにすると今風のトレンドもキープできますね。 耳が見えそうで見えない、、、何とも色気がある現代にはないスタイルがポイントです。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ このように 「大正ロマンコーディネート」は、ただ「美しく綺麗にまとまった」だけの着物姿になるのではなく、 伝統的で落ち着いた雰囲気を残しつつ、女性が華やかに見える鮮やかな色彩を取り入れて 「奥深さ」や「女性本来の美しさ」「古き良き時代を感じ、懐かしさ溢れるレトロなお洒落」を表現することができます。 昔からずっと続いている伝統的な日本の和装に、西洋の文化が入り混じった明治~大正のお洒落な大正ロマン飾りを取り入れるだけで、モダンでハイカラな新しい和装のお洒落スタイルが生まれます。 現代でも出来る!大正ロマンなファションを取り入れる方法 マリエフルリールでは、現代に「大正ロマン」を取り入れる2つの方法をご紹介しております。 卒業式でハイカラさんになる大正ロマン髪飾り・小物特集 兼ねてから「大正ロマンスタイル」「ハイカラスタイル」を研究し続けてきた和装飾り専門店マリエフルリールの和小物特集です。 「はいからさん」と言えばトレードマークの赤リボン。 そんな赤リボンや着物でも大人気の矢絣(やがすり)を取り入れたリボンが、存在感も抜群で大人気です。 150種類以上の大正ロマンリボンは 上記のような可愛らしいリボンのデザイン以外にも、「ハイカラ」スタイルを演出できるデザインをご紹介します。 矢絣柄の小物たちは、卒業式の袴や成人式の御振袖やオシャレ着物スタイルに合わせるのは もちろんのことお洋服にも合わせ易く人気を集めています。 付けるだけで一気に「ハイカラ」な装いになります。 ~粋なハイカラ扇飾り~ 個性的なデザインでレトロ感と斬新さをミックスさせた扇モチーフの髪飾りです。 大正ロマンな雰囲気がでるような配色でデザインし、古き良き時代の懐かしさを感じさせます。 華やかなお花と組み合わせたものや、とにかく粋でかっこいいものなど、その扇のデザインも豊富です。 大正ロマン飾り専門店「マリエフルリール」では、お着物に合わせた色変更も行っているため、衣装にピッタリあったハイカラな扇飾りを身に着けることが可能です。 当時物にしかない珍しく鮮やかな色合いや和柄は、髪飾りとしても存在感抜群です。 着物はアンティークを用意できなかった、、、という場合でも、髪飾りに取り入れるだけで圧倒的にハイカラでお洒落な装いに変身できます。 ~はいからボンネ~ ボンネというと洋装のイメージが強いですが、それを和装で取り入れた斬新なデザインがこちらです。 このように、髪飾りだけでも大正ロマンな装いを十分に演出できます。 いつもの和装に大正ロマンを取り入れることで、 今の時代とは違うはいからでお洒落な和装のスタイルが生まれ新しい自分に出会えます。 オープン時間~クローズ時間を必ずご確認の上、ご来店くださいませ。 今までに浴衣撮影時におけるレンタルや、ハイカラな大正ロマンの世界観の装飾等でご利用頂いております。 また、大正ロマン店ではアンティーク着物を着て、古き良き時代へタイムスリップする1日体験企画を実施しております。 着物を着て巡るノスタルジックなカフェや洋風建築物。 それは、特別な非日常空間を体験できます。 また、サロンでは大正ロマン風なインテリアやテーブルコーディネートもご用意しています。 何でもない日常の1日に刺激を与え、改めて日本の魅力を知るきっかけにもなります。 例えば、明治~大正時代に普及した蓄音機。 これは外国から日本に取り入れられたレコードを再生する機械で、終戦後のこの時代は蓄音機を聞くことが貴重な娯楽だったと言われています。 手でぜんまいを巻き、巻いた分しか再生されず、音質も決して綺麗なものではありません。 けれど、「音を入れ物にしまっておき、好きな時に取り出して聞ける」という、その体験に大変な価値がありました。 その明治~大正時代の特別な空気や歴史を感じられる「蓄音機」を大正ロマンサロンでもご用意しておりますので、是非味わいにきてください。 大正ロマンて何だろう?自分の和装シーンにも取り入れてみたい、という方は勿論、大正ロマンな世界観を感じてみたいという方は是非1日体験をお試しくださいね。 詳しくはこちらからどうぞ 大正ロマンのファッションが愛され続けているのは、 1912年から1926年までのたった14年間と他の時代と比べても大変短い期間の中で生まれた「日本の伝統的な和と西洋の文化が入り混じった革新的な文化」だからこそ、 その貴重な大正時代の産物に現代でも触れることが 女性達の乙女心やロマンティックな気持ち、お洒落への憧れを刺激させるのではないでしょうか。 当店では、女性たちの熱のこもった大正ロマンな日々を今という時代で表現出来るようにと日々考えております。 毎日の忙しさに飲み込まれ、時代に流されてしまいそうな人たちに何かを感じて頂けるような、自分を再発見してもらうような、少し背中を押してあげられるような、そんなことを大正ロマンを通して伝えていきたいと思っております。 当店は鎌倉市という多くのものが混在する忙しい街の中にございます。 そこから今という時代の雰囲気を感じ取り、古き良き日本の和を掛け合わせて発信していくことで、 まずは人生の節目を迎える、成人式• 結婚式• 卒業式• 七五三などの 和装を着用する各種式典を迎えるお客様の大事な日にお役に立てるよう、 ハレの日の装飾品をご提供し、お客様の人生の1ページを刻み、お客様をより美しく彩り、 背中を押せるようなコンテンツを今後も考えていきたいなと感じます。 多くのお客様から「最高の成人式だった!」「忘れられない結婚式になりました」など頂く感想の中に「和装を着用してよかった、日本に生まれたからこそ着物をきてみたかった」などのご感想もございます。 その古き良き伝統と今を掛け合わせるデザインを発信していくこそが大正ロマンな行動の一つだと確信しております。

次の

大正ロマンで飾る着物&髪型&髪飾りコーディネート

大正 時代 髪型

大正ロマンの魅力の一つにヘアースタイルがあるだろう。 それまでの日本の髪型に西洋からのヘアースタイルを取り入れ、独特に進化した。 そしてそのヘアースタイルは現代にも続いている。 大正ロマンとヘアススタイル 大正ロマンとは大正時代の独特な空気、時代を伝える言葉である。 文明開化により 欧米化と自由な空気が生まれ、個人の解放が行われた時代だ。 大正時代は日本の歴史の中でも短い時代だ。 しかしその中でも 西洋の文化と和の文化が混じりあった特殊な時代であった。 このころに築かれ文化は今の日本にも多く残っている。 ヘアスタイルで言えば、江戸時代の髪型をしている人は皆無であるが、大正ロマンのヘアスタイルはアレンジをされ今でも残っている。 画期的なことだらけだった? ヘアスタイルが変化した理由として、明治になり女性の社会進出が始まるとそれまでの日本髪と呼ばれる結い方より、 簡単に結える方法が求められ変化していった。 249• 378• 398• 273•

次の