ジャンボ タニシ 駆除。 『ジャンボタニシ』対処方法│駆除するのには、これが一番

収穫後からのジャンボタニシ対策!/千葉県

ジャンボ タニシ 駆除

タケノコの水煮を餌にした「おびき寄せ」のペットボトルに集まるジャンボタニシ(大山崎町円明寺) 京都府大山崎町は、農家の大敵となっている外来生物「ジャンボタニシ(スクミリンゴカイ)」の駆除に向け、大量捕獲できる対策を進めている。 今夏は町内の水田で、ジャンボタニシをおびき寄せる餌を模索しており、中でもタケノコの水煮が効果を上げている。 水煮のどの成分を好んで集まってくるかは不明だが、町では「乙訓がタケノコの名産地だけに、外来種のタニシも相当なグルメのようだ」としている。 ジャンボタニシは南米原産の巻き貝。 体長は0・5ミリ~5センチで繁殖力が強く、国が有害動物に指定している。 雑食性で稲を食い荒らす農家の厄介者だ。 大山崎町によると、乙訓地域の農家でも2008年ごろから被害が報告されているという。 一方で、稲はもちろん、環境や人体などへの影響から農薬を使っての駆除は難しい。 人手に頼っても一度の捕獲量に限界があり、農家では以前から大量捕獲できる方法を望む声も多かった。 このため、町経済環境課では今夏、駆除の効率を上げるためジャンボタニシを1カ所に集める餌に注目し、選定実験を始めた。 2リットルのペットボトルの注ぎ口を切り取って餌を置く簡易の「おびき寄せ」装置を作り、農家の協力を得て水田に置いた。 最初は、竹を砕いたチップなどを試してみたが失敗。 しかし、タケノコの水煮を仕掛けると、1カ所に数匹程度であった竹チップと比べ、50匹を超えるジャンボタニシが集まり、網で一気に捕獲できた。 同課の林亨参与は「ジャンボタニシの好みがにおいなのか、成分なのかは分からないが、大量捕獲できる餌の一つになることは間違いないと思う」と話す。 町では今後も、町内の農家と餌の選定実験を続けてジャンボタニシが好む味やにおいとともに、捕獲後のタニシの処理方法を模索していくという。

次の

九州沖縄農業研究センター:スクミリンゴガイ

ジャンボ タニシ 駆除

ジャンボタニシと言いますがいったいどんな生物なのでしょう。 ジャンボタニシの概要 ジャンボタニシの正式名称は「スクミリンゴカイ」といいます。 南アメリカ原産の外来種 大きさは成長すると5cm~8cmと相当大きいですね。 寿命は3年程度と言われております。 世界の侵略的外来種ワースト100リストにも入る害虫ともされています。 なぜ日本に? 1981年に食用目的として初めて日本に持ち込まれました。 シンガポールから沖縄県に持ち込まれたのが最初だったようです、食用ですので当時は食べていたと思われますが、どんな料理に使われていたのでしょう・・・ また、食用でしたので当時は日本全国に約500カ所以上の養殖場も作られました。 しかしながら、消費者の食に合わなかったのでしょう、廃棄されたジャンボタニシが野生化してこんなにも広がりを見せております。 生息地 日本国内での生息地は関東より西に生息しています、東北や北陸には生息はしいていません、それは寒さに非常に弱い為に暖かい地域をこのんで生息しているようです。 形 日本のタニシと比べるとジャンボタニシは丸みががっています。 また長い触覚があるのも特徴です。 農作物への被害 ジャンボタニシによって、稲に大きな被害が出ております。 田植え後の苗が柔らかい時を一番好むようで、苗が無くなってしまうこともあるようです。 田んぼの水が少ない時よりも、多い時の方が活動が活発になるそうです。 大きければ大きいほど多くの苗(稲)を食べます、逆に小さい(1cm以下)の子供のジャンボタニシは、あまり食べないようです。 こんなことで、お米を作られている農家の方への被害は大きいのではないでしょうか。 ジャンボタニシの対策として 水の量 先ほどにも書きましたが、苗(稲)がある程度成長するまでの間の期間ですので、なるべく水を浅くして、ジャンボタニシの活動の範囲を少なくする。 侵入阻止ネット ジャンボタニシは用水路からの侵入が多くなりますので、水口にネットなどを貼り、侵入口からの侵入を防ぎましょう。 見つけ次第に駆除、卵もすぐに駆除 見つけ次第駆除し続けてください、また、ピンク色の卵を稲に産みますので、これも見つけ次第駆除をしてください。 卵は約10日ぐらいで孵化します。 ジャンボタニシの死骸はかなり異臭がしますので、手袋などをしてから行って下さい。 薬剤にて 石灰窒素や殺貝剤にて除去が可能です。 収穫後の温かい時期に「石灰窒素」を利用して駆除する方法です。 水深3〜4cmに水を溜め、数日置くと貝が活動を始めます。 また、石灰窒素には魚毒性もあるので、散布したら水田から流れ出ないように注意してください。 メタルアルデヒドを利用したタイプの「スクミノン」や「メタレックス」、カルタップ粒剤の「パダン粒剤4」などが代表的です。 発生時期により有効なものが違うので注意しましょう。 ジャンボタニシの駆除の詳しい方法はこちらにて説明しています合わせてチェックしてください。

次の

九州沖縄農業研究センター:スクミリンゴガイ

ジャンボ タニシ 駆除

スクミリンゴガイの生態に詳しい農学博士の井上先生 全国に500カ所もの養殖場ができるなど、当初は新たな水産物として期待されていましたが、味が日本人好みではなかったことや、広東住血線虫の感染源にもなることから、商品価値が上がることはなく、養殖場から逃げ出したり、廃棄されて野生化した貝が繁殖し、田植え直後の稲を食い荒らすようになりました。 1984年には植物防疫法に基づき有害動物に指定されて輸入が禁止になり、現在は環境省と農林水産省が作成する「生態系被害防止外来種リスト」で、対策の必要性が高い「重点対策外来種」に選定されています。 1日に体重の半分を食す大食漢! その繁殖力も脅威 スクミリンゴガイの食性は、雑食で植物質から動物質まで幅広くエサにし、特に柔らかい物を好みます。 食欲は、とても旺盛で、1日に自分の体重の半分ほどの量を摂取する大食漢で、大きな貝ほど農作物への被害は甚大です。 ピンク色の卵塊は、水に払い落としましょう 南米原産のスクミリンゴガイは温暖な気候を好み、寒い時期には土に潜っていたり、用水路の温かい場所でじっとして越冬し、水温が上がる田植えシーズンに活性化します。 繁殖が可能になった雌貝は3~4日おきに産卵し、卵塊(1卵塊に200~300卵)を稲の茎や用水路の壁などに産み付けます。 卵は、10日ほどで孵化して、2カ月ほどで成熟するという高い繁殖力を誇ります。 卵塊は、鮮やかなピンク色で初めて見た方は一様に驚きますが、自然界では警告色の意味合いもあり、卵には毒もあるので鳥などに捕食されないようです。 スクミリンゴガイの食害から守る3つのポイント 高い繁殖力と温暖化なども追い風に、スクミリンゴガイの分布域は、九州や四国はもちろん、本州でも太平洋側の温暖な地域で拡大し、農作物に被害が出ています。 ここまで分布域が拡大してしまっては、根絶するのは不可能で、その対策には、「入れない」、「食べさせない」、「広げない」という3つのポイントを押さえることが重要です。 「入れない」、「食べさせない」、「広げない」がポイントだと話す井上先生 「入れない」というのは、用水路や取水口の管理をしっかりとすることです。 田植えシーズンの前に水路の泥上げや、取水口に貝の侵入を防ぐネットを取り付けるなど、圃場への侵入をできる限り防ぎましょう。 「食べさせない」については、浅水管理や防除剤を使うことで貝の活動を抑制したり、殺貝し、食害を防ぐことです。 貝は水中でしか稲を食べることができないので、貝が稲に寄りかかれないように、田植え直後はできる限り浅水管理をして殻高よりも低く保ちましょう。 もちろん、大雨による増水時にほかの圃場などから大量に侵入してきたり、ある程度の水深が必要なれんこんなどの作物では、防除剤による対策が効果的です。 3つ目の「広げない」というのは、越冬個体の駆除のことです。 冬場にトラクターで耕うんすれば、貝の数を減らすことが可能です。 スクミリンゴガイは比較的浅い所に潜っているので、耕うん作業で貝を物理的に破壊したり、殻を傷つけることで寒さへの耐性を低下させることができます。 また、スクミリンゴガイの卵は意外なことに水に弱いので、見つけたら水に払い落として孵化を防ぎましょう。 防除剤は水田やれんこん畑に均一に散布 現在、スクミリンゴガイの防除を目的とした薬剤は、「メタアルデヒド粒剤」、「チオシクラム粒剤」、「燐酸第二鉄粒剤」の3系統に分類することができます。 「メタアルデヒド粒剤」は貝を麻痺させることで殺貝し、「チオシクラム粒剤」は眠らせるような効果で貝の活性を低下させます。 「燐酸第二鉄粒剤」は貝が剤を食べることで内臓機能を破壊して食害を防止し、殺貝する効果があります。 注目したいのは「メタアルデヒド粒剤」と「チオシクラム粒剤」には、使用する回数と時期に制限があるのに対し、「燐酸第二鉄粒剤」は有効成分が天然にも存在するものなので、使用する時期や回数に制限がなく、状況に合わせた散布が可能なことです。

次の