東京 都 ステイ ホーム。 ステイホームで緩んだカラダにアプローチ! 健康的に美しくなれるアイテム全34種をラインアップ(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

新語誕生!小池都知事の言うステイホーム週間とは?外出自粛週間だとダメなの?

東京 都 ステイ ホーム

画像出展: 画像、文章はからの引用です。 小池都知事は、4月25日(土)から大型連休が終わるまでの12日間を「ステイホーム週間」として、外出を自粛して自宅にいてもらうように都民、企業に呼びかけました。 に続くパワーワードですね。 東京都は午後4時から、小池都知事、幹部が出席して新型コロナウイルスの対策本部会議を開きました。 小池知事の発言です。 「都内ではいまだに新たな感染者が毎日100人以上の高水準で推移していて、きょうは134人だった。 この大型連休に人の流れが激しくなることが予想され、人と人との接触が増えることで、より一層の感染拡大が進むことが強く懸念される」 「あさって4月25日から5月6日までの12日間を『いのちを守るステイホーム週間』として、企業の休業や都民の外出抑制などを一層進めるための取り組みを展開していく。 とにかく家にいていただき、人と人との接触の機会を減らすことが感染拡大の防止の最善で最短の道だ」 「これからの2週間が東京にとって、日本にとって、死活的に重要な期間となる。 ステイホーム、おうちにいてください、そのことをしっかりと都民に訴えていきたい」 25日(土)からの12日間は、『いのちを守るステイホーム週間』ということです。 要は、「とにかく、家にいて」と力強く宣言されています。 企業にも12日間連続の休暇を求めているとのことです。 「片づけ」コンサルタントの近藤麻理恵さんなどが出演する動画が東京都で配信されるそうです。 外出せず、家で片付けをするのを推奨しているのでしょうが、ちょっと押し付けが強い気がします。 ホームステイ週間では全ての都立公園の駐車場、遊具閉鎖 大型連休中に公園で混雑が予想されるとして、4月25日からすべての都立公園の駐車場や遊具広場を閉鎖することを決めました。 対象となる都立公園は、 ・代々木公園 ・井の頭公園 ・砧公園 など、すべての都立公園です。 4月25日から来月の5月6日までとのことです。 散歩やジョギングをするなら、マスクをして少人数で行って欲しいと呼びかけています。 ネットの反応・情報 ・都で配信される動画で高い商品が紹介されるというのはどういうことなのか・・・。 はい、それでは東京都がステイホーム週間用に近藤麻理恵さん(こんまり)の動画をコンテンツにするらしいので注意喚起しますよ。 お片付けを参考にするなら別に構わないけど、心酔して彼女からスピった高いものを買わないでね。 約束だよ。 あと東京都、それに税金使ってねえだろうな。 ふざけんなよ — 黒猫ドラネコ kurodoraneko15 ・小池都知事が発言する横文字が多すぎますね。 ホーム 家!! ステイホーム週間?! ならお金ください。 介護してて仕事しててギリギリです。 きちーです。 100万ほど、いや1000万ほど、いやいや1億、もっといって10億宝くじと同額ください。 そしたら大人しくステイホームします。 (言うだけならただ) — 赤白黄色120つ akasirokiiro120 以上、ヴェルニュースでした。

次の

【コロナ】ステイホーム週間とは何?私達ができることは?【追記】

東京 都 ステイ ホーム

政府による緊急事態宣言後、繁華街での人出は減少しているが、休日を中心にスーパーや商店街、公園などに多くの人が訪れる状態が続いているため、それぞれ対策を強化することにした。 スーパーの混雑対策では、買い物の回数抑制の呼びかけのほか、スーパーやホームセンターの業界団体とも連携し、買い物かごの削減による入店抑制や、高齢者や妊婦らが優先して買い物できる仕組みづくりも進める。 事業者への休業要請とは別に、商店街単位で自主的な休業に協力した場合の奨励金制度も新設する。 都関係者によると、5月6日までの土日祝日の間に加盟店が営業を取りやめた商店街組合に対し、1日当たり50万円、最大400万円を給付する方向で調整を進めている。 来園者の密集状態が懸念されていた都立全82公園については、利用自粛を要請した上で駐車場や遊具施設を閉鎖する。 都西部のドライブコースとして人気がある奥多摩周遊道路の駐車場も閉鎖し、車での外出抑制につなげる。 また、企業には期間中、従業員に連続休暇の取得を促すことも求める。 小池知事は会見で、「本当に大事な2週間になる。 とにかく、家にいてください」と訴えた。 あわせて読みたい•

次の

新型コロナ:週末の街、人通り少なく 都のステイホーム週間2日目 :日本経済新聞

東京 都 ステイ ホーム

東京都は新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、小池知事は、25日から大型連休が終わるまでの12日間を「ステイホーム週間」として、外出を控えて自宅にとどまるよう都民や企業などに呼びかけを強化する考えを示しました。 東京都は午後4時から、小池知事や幹部が出席して新型コロナウイルスの対策本部会議を開きました。 小池知事は「都内ではいまだに新たな感染者が毎日100人以上の高水準で推移していて、きょうは134人だった。 この大型連休に人の流れが激しくなることが予想され、人と人との接触が増えることで、より一層の感染拡大が進むことが強く懸念される」と述べました。 そのうえで「あさって4月25日から5月6日までの12日間を『いのちを守るステイホーム週間』として、企業の休業や都民の外出抑制などを一層進めるための取り組みを展開していく。 とにかく家にいていただき、人と人との接触の機会を減らすことが感染拡大の防止の最善で最短の道だ」と述べ、外出を控えて自宅にとどまるよう都民や企業などに呼びかけを強化する考えを示しました。 「ステイホーム週間」では、企業に向けて12日間連続の休暇を呼びかけるなど出勤の抑制を求め、従業員が自宅近くの宿泊施設を活用してテレワークができるよう支援していくなどとしています。 また都民向けには、不要不急の帰省や旅行などほかの道府県への移動の自粛を求めたうえで、在宅の生活を楽しんでもらう取り組みとして、「片づけ」コンサルタントの近藤麻理恵さんなどが出演する動画や、自宅で行うことができる運動を紹介する動画を配信するということです。 小池知事は「これからの2週間が東京にとって、日本にとって、死活的に重要な期間となる。 ステイホーム、おうちにいてください、そのことをしっかりと都民に訴えていきたい」と述べました。

次の