あまり強い言葉を。 名言「あまり強い言葉を遣うなよ。弱く見えるぞ。」について考える

あまり強い言葉を遣うなよ,弱くみえるぞ

あまり強い言葉を

とはいっても20代男性の平均程度だとは思います。 マイナーなものはほとんどわかりません。 ただ、有名どころは読んでいます。 ワンピース、BLEACH、NARUTO、暗殺教室などなど・・・ジャンプばかりですね。 学生時代は特に何を考えるでもなく普通に読んでいるだけだったのですが、社会に出て少々荒波にもまれた経験があると、漫画の台詞がときに強く響くことがあります。 今日は名作BLEACHの人気キャラクター「藍染惣右介」が放った名言「あまり強い言葉を遣うなよ。 弱く見えるぞ。 」について考えてみます。 名言の背景 護廷十三隊十番隊隊長である日番谷冬獅郎が「ある事件の首謀者が藍染惣右介である」ということを知りました。 当時リアルタイムで読んでいたぼくも、非常に驚いた覚えがあります。 護廷十三隊がメインとなっていたころのBLEACHはほんとーに面白かったな。 さて、その事実に激高した日番谷隊長、卍解して大紅蓮氷輪丸を顕現させます。 「藍染、オレはテメーを殺す。 」と怒りを露にする日番谷隊長。 それに対する藍染惣右介の返事が、今回紹介したい名言です。 「あまり強い言葉を遣うなよ。 弱く見えるぞ。 」 結果、日番谷隊長は藍染惣右介に一瞬で負けました。 「強い言葉」と人格の関係 「強い言葉」を使う人はそこらじゅうにいます。 仕事をしていても、いろんな人のブログを見ていても、それはよく感じます。 「これは絶対買うべき!」「あいつ本当に使えないよな。 やめればいいのに。 」「あいつらほんとバカ過ぎてやってられないわ。 強い言葉が常に悪いわけではありません。 しかし、このような言葉を使うことが習慣となってしまっている人が、本当に「強い」かというと、そんなことはないような気がしています。 藍染惣右介が言ったように、むしろ「弱く見える」のではないでしょうか。 この世の中に完璧な人はいませんし、逆に何も出来ない人もいません。 読むだけで結果が出るマニュアルもなければ、何の役にも立たないマニュアルもありません。 すべてはバランスであり、「絶対」はない。 そういうものだとぼくは理解しています。 このシンプルな構造に注意を払うことなく、「あいつは使えない」「このプロジェクトはクソだ」「これを買えば絶対に結果が出る」ということを言い続けるのがクセになっている人は、真に強いといえるのでしょうか。 むしろ、「自分に自信がないから強い言葉で自身を守ろうとしているんだな」と思われる結果になってしまうのではないでしょうか。 ある一面から見たら正しくても、別の側面から見たら正しくないことなど、掃いて捨てるほどあるはずです。 40歳過ぎの男性がパンを万引きしたとした場合、法的な側面から見たら犯罪であり罰せられるべきです。 しかし、彼がどうしても仕事につけない事情があり、かつ3歳の娘がいて、今にも娘が飢え死にしてしまいそうな状況だったとします。 そのような場合に、無条件に罰することができるでしょうか。 実際に起きた話では、下記のような事件もあります。 そして2006年真冬のその日、手元のわずかな小銭を使ってコンビニでいつものパンとジュースを購入。 母親との最後の食事を済ませ、思い出のある場所を見せておこうと母親の車椅子を押しながら河原町界隈を歩く。 やがて死に場所を探して河川敷へと向かった。 「もう生きられへんのやで。 ここで終わりや」という息子の力ない声に、母親は「そうか、あかんのか」とつぶやく。 そして「一緒やで。 お前と一緒や」と言うと、傍ですすり泣く息子にさらに続けて語った。 「こっちに来い。 お前はわしの子や。 わしがやったる」。 その言葉で心を決めた長男は、母親の首を絞めるなどで殺害。 自分も包丁で自らを切りつけて、さらに近くの木で首を吊ろうと、巻きつけたロープがほどけてしまったところで意識を失った。 それから約2時間後の午前8時ごろ、通行人が2人を発見し、長男だけが命を取り留めた。 (中略) 事件の後の足跡について親族は口が重く、なぜ亡くなったのかも不明のまま。 行き詰った末に探し当てた長男の知人という人に彼の死を告げると、絶句して、判決後に長男が落ち着いた先の住所を告げた。 やがて判明した死因は自殺だった。 琵琶湖大橋から身を投げたという。 所持金は数百円。 「一緒に焼いて欲しい」というメモを添えた母親と自分のへその緒が、身につけていた小さなポーチから見つかった。 地獄を味わった彼の言葉やその後の人生が、在宅介護に限界を感じ、絶望している人への何らかの助けになるのではないか。 そう考えて必死に動いた記者を待っていた、悲しすぎる結末だった。 殺人は犯罪です。 しかし、この方を「殺人者」として強く糾弾することが果たして「正しいこと」なのでしょうか。 物事にはいろいろな側面があります。 すべてが黒と白の二つにすっぱり割り切れるものではなく、「絶対」はありません。 強い言葉を使って自分の影響力を行使しようとするのではなく、穏やかにかつ冷静に物事を語れる人。 そういう人のほうが、実は「強い」のではないでしょうか。

次の

あまり強い言葉を遣うなよ,弱くみえるぞ

あまり強い言葉を

藍染惣右介(あいぜん そうすけ)とは、「」の登場人物である。 編にて初登場。 当時は副官であるに親のように接したり、に対しての処刑に対する疑問点を投げかけたりと、柔和かつ知性溢れる「」的なを見せつけた。 しかしその実、処刑を仕組んだであり、今のところ、最大のである。 その陰謀はでも年前、彼が五番隊の副だった時から始まっており、が創った崩玉、それによる虚化、化の技術をめて現の軍勢や霊廷を陥れる。 は虚圏の虚宮に活動拠点を移し、配下としてと、化させた大虚たちを従え、「王鍵」創造を論見、魂界にを仕掛けると同時に座町を狙っている。 しかし、そもそも初出時のが偽りだった上に、対する相手によって態度が全く違い、さらにわずかな例外以外のに対しても嘲笑や蔑視を含んだような発言(要はをもナメている)しかしないために、意が非常にづ 何故王鍵を創ろうとするのか、そもそも本当に王鍵を創るのが的かも不明である。 私がに立つ発言からに見ても四年は経っているためによって思考が変えられてしまっているかも知れないし。 能力について の名は「」。 始解発動の間を見た者の感覚を全に操る「全」というを有する。 これが染の持つ魂界戦に対する最大の有利性で、一度でも始解を見てしまった者はを解放してる間、染ので踊ることになる。 護廷隊の及び格はがこの始解を撃しており、そのため染を打倒できる可性を持つ者はのみとされる(ただし染に攻撃をちゃんと当て、さらにを通せるかは別問題ではあるが) 染最大の強みはこのだが、他のも常軌を逸しており、を一本で止める、九十のをする、動くを勢が全く追えないなど、もうやりたい放題である。 でも最近は さすがに過ぎたのか総を相手にしている時に「直接戦い会えばそちらの方が上」と言っていたり、ポリ袋を被るようになってからは、のもど使っていない。 除々にが当てられているようです。 ちなみに、原、涅と同じく「研究者」を持つでもある。 つい最近は崩玉とし始め、全身姿にし、そこから数週間経ち(こちらの時間で)をしたのかが伸びたりしていた。 藍染惣右介、何処へ行く? 人間関係とその末路 、、次には利用価値を感じていたため、特に、次ににをつけて自分との隊に引き込んだ。 には、まるでやのように扱い、優しくといろいろと教え込んでいたが・・・結果がである。 最隊内では下敵視状態だが、特に絡みで日番には恨まれている。 しかしそこは容赦ない染様。 見ているこっちが可哀想に思うほど日番を(心身共に)にする。 基本自分以外のをナメて掛かっているが、の潜在や原の技術屋としての腕など評価する部分は評価している様。 それでも私がに立つ。 では恒例の日番も含めてさんざんやらかしてくれたが、崩玉と全し「もう私に敵うものはいないのだ」とばかりにに乗った挙句に最後の牙を修得したににされ、崩玉にも見放されてついにお縄についた。 一連の事件の彼なりの考えと恐怖心を持って行われていたようだが、捕まっても法相手に見栄るあたりもうにしか見えなかった。 最近は現術者・がの周囲に取り入るためのにされた。 なんでも、 「たちが染を倒せたのもさんのおかげだったじゃないか!!」 流石にめ過ぎである。 以下、付近のにつきたい人は 千年血戦篇にて、滅却師の王・が魂界に攻め入る。 染は5人の特記戦の1人に数えられていたようで、自らが監の最部までングに赴くも、染はこれを拒否。 の時間の感覚を話術でちょっとしただけに終わった。 が宮にまで侵入した時、隊・享楽が四十六室に取り付けたにより、限定的ながら監から出される。 に厳重に付けられたままで、なのは口と片だけだったにも関わらず、ので辺りの瓦礫を根こそぎ消滅させ更地にし、さらには霊圧のだけでが食ったのの奔流を消し潰し、結界にヒビまで入れるなどやりたい放題。 監禁されていたのにと戦った時よりも強くなっているのではないか、とさえ言わしめた。 その後はごと連れて行くわけには行かなかったのか地上に放置されていたようだが、のを食ったが魂界だった場所に戻ってきた時、そののあおりを受けて幸運にもが破壊され、に立てるようになる。 そして戻ってきたと対面、 さんのおかげで折れたを修復した・次と合流、咄嗟に共同戦線をりに立ち向かうも、次は一蹴され、くなってはいなかったらしいも折られ、は身体を貫かれまたもや。 魂界の戦は全て潰えた。 ・・・といつから 「そうか に見えていたか」 はの身体を貫いて倒したと思っていたがそれはによるであり、実際に貫いたのは染の身体で、傷のは全な隙を突いてを背後から襲撃、見事を倒す事に成功したのであった。 がに追いついた時、こそ修復してあったものの身体の傷をていなかったが、そこからもう既に「いつから」状態であった模様。 実際にに対面するよりも前の時点でを解放しており、がの前にいなくても視に対して全が発動する事を確認。 が到着して染やの現状を確認した所からもう既にによって作られた認識だったようだ。 藍染様語録 ここに、藍染惣右介様が残した数々の御言葉を記す。 なお、の中はその言葉を頂いた相手である。 憧れは理解から最も遠い感情だよ() 血に沈むを見て昂した日番に対して。 そ全てが璧な染様にとって、の感情など知る由もないことなのである。 …あまり強い言葉を遣うなよ 弱く見えるぞ() 上記に引き続き、「殺す」などと不遜な言葉を吐いた日番に対して。 獅子であろうとも弱い者ほどえたがるものである。 おや から下をり落としたつもりだったが…浅かったか() を守ろうとしてりかかったを返り討ちにした時の。 少し失敗はしたものの、流石は染様。 した相手にもこの余裕である。 これからは私がに立つ() 魂界を去る染様に対する浮の言葉の返答、染様の中でも最も有名な御言葉のひとつである。 そう、これからは染様の時代がやって来るのだ。 どもはその素らしさに歓喜すべきなのである。 さらに、この時を後ろに、を捨てて大幅なを果たす染様。 々の喜ぶことを解っていらっしゃる。 当時は副とは言え、この頃から威厳とは顕在である。 に見える裏切りなど知れている 本当に恐ろしいのはに見えぬ裏切りですよ子() 上に引き続き、子に対して。 実にその通りだと々も感するばかりである。 そんな事より話をしよう虚圏の王 のを見てくれないか この「」を() 虚宮の、後の十へ会いに行った際に、を抜いて。 こうしてをの全睡眠にかけ、あっさりと倒す染様。 流石の手際である。 さらにこの文章、私は某を彷彿としてしまうのだ。 流石は染様、俗世の流行にも過敏でいらっしゃる。 油断もしよう 警する必要が最いのだ() 座でのに参戦した原に対して。 いくら染様と言えども、このようなしい手には及びも付かないようだ。 更に、いくら油断などしていようとも染様がやられることなどあり得ないのだから、さしたることではないのである。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

藍染惣右介とは (アイゼンソウスケとは) [単語記事]

あまり強い言葉を

「あまり強い言葉を吐くな、弱く見えるぞ」と言えば漫画『BLEACH』で最強キャラ、藍染の名セリフです。 それまで「クソっ、俺の右手が……ッ、封印が解けてきやがって……」なんて学校で呻いていた少年や語尾を「だってばよ」にしていた女性が軒並み焼き払われる威力に、ネットの記事ではあらゆるシーンで引用されており、もはや元ネタは知らずとも使ったことのある方も多いのでは? と、レジェンド級の有名セリフになった「あまり強い言葉を吐くな、弱く見えるぞ」ですが、ファッションでも同じような攻め方をする奴が多くて死にたくなるな? と思ったのは私だけではないはずです。 元ネタのBLEACHの服がそもそも攻めて……ますし、とんがった靴とか、英文が刻んである十字架とか、男女問わず ファッション初心者が死にがちなスウィートスポットはいくらでもあります。 )と刻まれた指輪を持っていたり、いつ死んでもいいようにと兵隊がつけるドッグタグを買ったりしていました。 あれ、1文字書くごとにHPが減っていくな……おかしいな? 目次• 実はモノトーンこそ「あまり強い言葉を吐くな」アイテム ところで「強い言葉」で有名な漫画『BLEACH』の攻め攻めファッションは、何より白と黒を中心とした服が多かったのを覚えていらっしゃいますでしょうか。 死神の装束から滅却師に始まり、アランカル、エスパーダ、もう敵も味方も白・黒・白・黒。 「中間色をほとんど使わず服装を区別できていたの、逆にすごい」と思います。 画面が白すぎると批判されることも多かった作品ですが、私はなんだかんだファンでした。 ところが、この「逆にすごい」白黒ファッション、現実でもよく見かけます。 ファッション初心者に! 実際は白・黒のように明暗がはっきりした色は非常に扱いづらく、むしろ初心者はベージュやグレーなど「ぼやっとして、どんな服にも合わせやすい中間色」を使うべきなのです。 なのに……自分でもなぜだか分からないんです。 初心者だった私は白黒さえ買えばなんとか許されると思っていました。 でも、白と黒しかない服はトーンを一切使わず漫画を描くくらいの冒険で、それが許されるのは久保帯人先生か、尾田栄一郎先生くらいなもんです。 それを「せっかくスクリーントーンがあって便利な世の中で、画力もないのにこだわって白黒で描いちゃってんの?」を地で行くのが初心者ファッションなんだ……書いているのが辛い。 なぜモノトーンの服が初心者へ勧められるのか ではなぜ白黒が街にあふれるのか。 それはすでに全身モノトーンで歩いている人が多いからです。 全身黒のひとはどこにでもいるけど、全身ベージュってそういないでしょ? だったら初心者は街中にいても許されそうな真っ黒コーデにすべきじゃない、と。 半分正しいです。 全身グレーやベージュはかなりしんどいです。 けれど黒一色、白一色は「カッコいい」とは遠い概念。 たまたま、世の中にそうしている人が多いから許されているくらいの危うい色使いです。 一色に染めて崇められるのは麻雀だけや。 モノクロ漫画の世界に飛び込む準備服で全身を染めるのは文字通り黒い歴史へ繋がります。 じゃあどーすりゃいいの!? と ゴミ袋にモノトーン服をぶち込むのはちょっと待ってください。 白黒は「アクセントになる色」として重要な価値があるからです。 差し色として「強い色を使う」 たとえばベージュのパンツに、淡いブルーのワイシャツを想像してみましょう。 爽やかですね、爽やかすぎて背景の青空へ溶けてしまいそうです。 そんな彼を溶かさないために黒いクラッチバッグはいい感じに差し込めます。 黒ラインが入ったブルーのスリッポンもいい。 白を活用するなら、白ベースのTシャツをワイシャツの下から少し見せるのも素敵です。 (ただし肌着用の白シャツじゃなくて、Tシャツでお願いします) いきなりスカイブルーやベージュを使うのに抵抗がある方は、ぜひグレーから始めてみてください。 黒と白にグレーを追加するだけで、不思議なことにしっくりおさまります。 白黒漫画でも、スクリーントーンがあるとやっぱり目に優しいのと同じです。 もし今の服が「ファッションであまり強い言葉を吐くな」状態になっているなら…… ぜひ1度、漫画にトーンを貼るつもりで中間色を配置してみてください。 黒寄りの色が好きならカーキ、紺色、濃い茶色を。 白系が好きならベージュ、グレー、そしてスカイブルー。 1つ思い切ってジャケットを買うだけで「今日なんか違うね。 いいじゃん」と言われるコーデへ成長できるはずです。 そうして1枚、2枚と中間色を増やしていくうちに気付いてしまうはずです。 「あれ?モノトーンってもしかして強いファッションだった?」と。 そのときはきっと悶えると思います。 私?この原稿を書きながら、真っ黒なワンピースでまだ悶えています。 あなたのファッションに、グッドラック。 メンズファッションプラスの人気ランキング1位はコレ!.

次の