簿記1級 よくわかる。 日商簿記1級・独学で合格する勉強法(総論・まとめ)

簿記1級のテキスト比較。独学におすすめはTAC『簿記の教科書』

簿記1級 よくわかる

この記事の目次• 簿記1級のテキスト比較 日商簿記1級の市販テキストは、以下の3つの出版社が有名です。 出版社 シリーズ TAC出版 合格テキスト 簿記の教科書 スッキリわかる 大原簿記学校 スラスラできる ネットスクール サクッとうかる 結論から言うと、1級のテキストは、「TAC」のシリーズがおすすめです。 他の出版社は、一つのシリーズしか出版していませんが、TACだけは3つものシリーズを出版しており、内容も充実しているからです。 簿記1級のテキスト TACの3シリーズの比較 TACの簿記テキストには3シリーズ揃っています。 合格テキスト シリーズ• 簿記の教科書 シリーズ• スッキリわかる シリーズ それぞれ、特徴をご紹介します。 合格テキストの特徴 TACの専門学校のコースでは、「合格テキスト」を使用しています。 合格テキストは、 学校で先生が黒板を使って解説するのに適したテキストなので、独学だと内容が少しとっつきにくいかな。 と思います。 もちろん、合格する為に十分な内容・解説なのですが、「簿記の教科書」と「スッキリわかる」は、 独学の為のテキストなので、一人でも分かりやすいように随所に工夫がされている印象です。 簿記の教科書は、まるで学校で先生の講座を受講しているかのような構成になっているのが特徴です。 本の中で板書を多用し、 黒板で説明しているかのような形で書いていて分かりやすい。 おすすめです。 実際に、「簿記の教科書」作者の滝沢ななみさんは、 学校で教えているイメージで書いたとおっしゃっています。 スッキリわかるの特徴 スッキリわかるシリーズも、とても分かりやすいのですが、図が多いので情報量を圧迫してしまい、かえって仇になってしまっているように思います。 2~3級まででしたら、このスタイルでも十分な情報量だと思うのですが、1級はいかんせん、載せるべき情報が多すぎます。 しかし、本当に要点だけ上手くまとまっているので、「合格テキスト」と併用すると「スッキリわかる」がいかに要点を捉えているか分かると思います。 日商簿記1級の独学におすすめのテキストは「簿記の教科書」 独学におすすめのテキストは、 TAC「簿記の教科書」です。 A5サイズで、持ち運びしやすいのも嬉しいポイントですね。 私は大原に通学していたのですが、大原のテキストは大きくて持ち運びにくく、満員電車ではとても読めませんでした。 これは、TACの合格テキストも同じ事が言えると思います。 電車などの移動時間でも読みやすく、その上内容もとっても分かりやすいので、独学で取得を目指す方におすすめなテキストです。 Amazonはこちら 楽天市場はこちら TAC通販なら割引価格で買える 日商簿記1級はボリュームがとても大きいので、テキストと問題集を買い揃えるだけでも結構なお金がかかります。 上でご紹介した簿記の教科書シリーズは、商業簿記・会計学でテキスト3冊、問題集3冊。 工業簿記・原価計算でテキスト3冊、問題集3冊の計12冊にもなります。 ちなみに、他のシリーズでも、冊数は同じかまたはこれ以上になります。 他にも、「合格テキスト」や「スッキリわかる」のテキストと問題集のセットも、割引き価格で販売されています。 教科書、問題集、直前対策などを買い揃えると結局なかなかの金額になるので、 もし独学での取得を目指すなら最初から独学道場に申し込んじゃった方が良いかもしれませんね。 独学道場について、こちらの記事で詳しく解説しています。 関連: 日商簿記1級のテキスト選びは超重要 日商簿記1級検定は、科目が「商業簿記・会計学」「工業簿記・原価計算」の4つの科目に分けられており、テキストや問題集を一式揃えると20冊を超えることもあります。 数百ページを超えるボリュームなので、テキスト選びは勉強効率に直結します。 試験対策で最も重要と言っても過言ではありません。 テキストの違いは、勉強効率に直結する 各テキストで、微妙に言葉や表現が違いますが、難しい言葉を難しいまま解説するテキストも多い、と私は受験生時代に強く感じていました。 市販のテキストでは、滝沢ななみさんの「簿記の教科書」が最も分かりやすく丁寧に解説がされている印象を受けました。 合格する為には600~800時間、期間で言えば半年から1年もの長期間勉強するので、最も合格しやすいテキストを選んでください。 関連: TAC以外の日商簿記1級のテキストは? 簿記といえば大原とTACが二大専門学校として君臨しています。 そのうち、学校で使っている教材を 市販で販売しているのは、TACのみになります。 つまり、市販で売られているテキストに関しては、 TAC1強と言えます。 大原だと・・ 大原は、学校で使う教材を市販で販売はしていません。 市販用に作られた大原の「スラスラできるテキスト」もありますが、小さな書店だと置いていない場合が多く、あまり販売に力を入れていない印象です。 サクッとうかるだと・・ ネットスクール「サクッとうかる」シリーズも有名なテキストですよね。 こちらは、TACの「合格テキスト」と同じように、独学向けではないように感じました。 と、言うよりも、サクッとうかるというタイトルの割には、どうも内容が分かりにくく感じます。 個人的にはこのテキストでサクッと受かる自信ありません。 まとめ。 簿記1級のテキストはTACがおすすめ 日商簿記1級のテキストを市販で購入する場合、 『TAC』がおすすめです。 私は「スッキリわかる」で、電車移動の際は学習していました。 スッキリわかるは、要点を分かりやすく解説してくれているのでTACや大原の通常のテキストを持っている人のサブのテキストには非常におすすめ。 ちなみに、工・原は、テキストを読み込むよりも問題を解きながら覚えていくのが大事なので、商・会ほどテキストにこだわる必要はありません。 スッキリわかるのテキストをサブとして買ったものの、ほとんど見ませんでした。 工・原は電卓なしではあまり見ないので、持ち歩いて学習するのに向かないのと、滝沢ななみさんが書いているテキストはないので、いっそ「合格テキスト」でも良いかな。 とも思います。

次の

日商簿記1級を独学 で合格するための教材選び。合格までの勉強時間と勉強方法

簿記1級 よくわかる

簿記1級試験の特徴は「 ボリューミーで難しくて大変」。 商業簿記• 会計学• 工業簿記• 原価計算 の 4科目です。 (「」より) 試験時間は、• 商業簿記と会計学:90分• 工業簿記と原価計算:90分 それぞれ90分ずつの計180分となっています。 ただし、 科目ごとの得点が40%以上必要です。 4科目の合計で70点以上• 4科目それぞれで10点以上 得点しなくてはいけないということです。 結局、もう簿記1級もってるのに、資格スクールの簿記講座に通いなおすハメになりました…。 「とりあえず資格が欲しい」という方は、独学もアリだと思います。 でも、経理の実務者を目指す人は、ぜひ、はじめから予備校を利用して「深い理解」をしておいてください。 実務では、必ず差がつきます。 勉強時間については、 予備校利用で600時間程度、 独学で800-1,000時間程度と言われています(もちろん個人差はあります。 特に独学は個人差が大きいです。 プロ講師の授業の有無は、こんなにも勉強の効率を左右するということですね。 独学のメリット・デメリットまとめ 結論からいうと、 独学はかなり大変です。 このあと、 独学に適したテキストや勉強法についてはみっちり解説しますが…正直、個人的には資格スクールの利用をおすすめしたいというのが本音です。 簿記1級は価値の高い資格ですから、スクール費用くらいは軽く回収可能だと思います。 彼らの作る参考書は、あくまで 「資格スクールの授業で使うため」の参考書。 出版されている各シリーズも、その焼き直しにすぎません。 もちろん経験豊富なプロの講師の知恵が詰まった良い参考書ではあるのですが、 必ずしも独学に最適とは言えません。 講師による補足説明がないと• 内容理解のポイントはどこか• 暗記してしまったほうがいいのはどこか• 試験上重要なのはどこか• 試験を考えると飛ばしてもかまわないのはどこか といったことがわかりにくいからです。 一方、ネットスクールの会社情報には 簿記検定をメインとした書籍、教材の作成とサポートを通して学習者を支援しています。 また、現在インターネットを使用したWEB上での生講義を行っており、『とおる』シリーズや『サクッと』シリーズ・その他刊行書籍の著者等が講義を行っております。 (ネットスクールホームページより一部抜粋) と記載されています。 講座ではなく、書籍の刊行がメインであることがうかがえる文章ですね。 実際に、ネットスクールのとおる簿記シリーズは、 講義無しでも十分に理解がすすむように作られています。 例えば連結会計やヘッジ会計。 取引のイメージがつかみにくく処理も複雑でわかりにくいので、つまづきやすいです。 得点が伸び悩み、嫌いになってしまう人も少なくありません。 しかし、だからといって、それらの論点を捨ててしまうわけにはいきません。 腹をくくってその論点にどっぷりはまり、十分に理解して、得意論点に仕上げてしまうのがよいでしょう。 具体的には• 専門書を読む• 会計基準を読む といったやり方があります。 専門書は、本屋さんにたくさん並んでいます。 例えば「図解でざっくり会計シリーズ」。 ただし、それは 決して楽な道ではありません。 時間を効率的に使いたい人• 自分でペースメイクするのが苦手な人• 簿記を経理の実務で使いたい人 こういった人は、予備校(・)を利用して簿記1級を取得した方が良いでしょう。 ちなみに、独学で挑戦する場合でも、資料請求してパンフレットを見ておくのはオススメです。 カリキュラムをマネできるからです。 独学の場合は• 良いテキストをそろえる• 問題演習を重視した勉強をする• 捨て科目・捨て論点を作らず、難関論点の理解にきちんと時間をかける あたりが重要になってきます。 おすすめテキストは以下の通りです。 の参考書•

次の

日商簿記1級の合格体験と勉強方法

簿記1級 よくわかる

どこが重要なのか• どこが試験によく出るのか• ここは計算問題を頑張るべきなのか、理論を頑張るべきなのか などなど、五里霧中のなか勉強せざる負えない状況に追い込まれます。 ハッキリ言って、そんな状態で勉強しても集中力が続きませんし、時間がいくらあっても足りません。 独学はやめておきましょう。 単純に難しい 商工会議所が表明している 『日商簿記1級はこういうレベル設定だからね』というのを確認しておきましょう。 引用:商工会議所の検定試験 お分かり頂けたでしょうか? 笑 日商簿記1級を取得すれば、経営管理や経営分析が出来るってことですね 笑 独学はやめておきましょう。 基準変更などに対応しなければならない 簿記1級は試験範囲も頻繁に変わりますし、そもそも会計基準も変更します。 独学の場合は、その変更に独力で対応しなければなりません。 あなたが『いや! 対応できる! 』と思うのならば、を読んでみてください。 ...理解できましたか? 独学はやめておきましょう。 独学が厳しいなら、どうすればいいのか? 予備校に入りましょう。 これに尽きます。 でも、どの予備校がベストなのかは、あなたの置かれている状況によって変わります。 まずは、以下のチェック項目であなたの状況を確認してください。 学生など勉強に専念できる状況である• 社会人など勉強時間の確保が難しい状況である• 勉強に充てられるお金が20万円ほどある• 勉強に充てられるお金があまりない チェック出来たら、あなたの状況に合わせて何が一番ベストか確認しましょう。 1と3にチェックが付いたあなた 羨ましいです 笑 この状況のあなたにおススメする予備校は、 TACです。 TACをおススメする理由は、• 基礎からしっかりと勉強することが出来る• 通学コースを選択することで、WEBでも受講することが出来る 基礎からしっかりと勉強することが出来る 腰を据えて、基礎から学ぶことが出来ます。 特に、簿記2級の範囲の復習から始めることが出来るため、 簿記2級の取得から時間が経っている場合には安心です。 通学コースを選択することで、WEBでも受講することが出来る 通学コースを選択すると、WEBでも勉強することが出来ます。 WEBも利用できるため、• 通学授業の予習• 通学授業の復習• 通学授業を受けられなかった場合のフォロー• 隙間時間の活用 などなど、抜け目なく勉強することができます。 少々お値段は張りますが、その分圧倒的な手厚いサポート受けられます。 裏を返せば、手厚いサポートを受けられるだけの時間がなければ宝の持ち腐れになってしまいます。 勉強のための十分な時間を確保でき、お金を用意できるならTACにしましょう。 1と4にチェックが付いたあなた 時間はあるけど、お金がないあなたは、 まずはお金を貯めましょう。 『おススメの予備校を紹介しろよ。 』と思っているかも知れませんが、 まずはお金を貯めましょう。 大事だから2回言いました。 ) 勉強時間を一旦はバイトなどに充てることです。 そして、お金を貯めてTACに申し込みましょう。 2と3にチェックが付いたあなた お金はあるけど、時間がないあなたにおススメする予備校は、 TACの通信 WEB 講座 のどちらかです。 TACの通信 WEB 講座をおススメする理由は、TACのノウハウを隙間時間に習得出来るためです。 クレアールをおススメする理由は、合格するための勉強範囲を独自のメソッドで絞り込んでいるからです。 2と4にチェックが付いたあなた お金もないし、時間もないあなたにおススメする予備校は、 の一択です。 クレアールをおススメする理由は、 1、合格するための勉強範囲を圧倒的に絞り込んでいる 商業簿記・会計学:テキスト3冊、問題集3冊 工業簿記・原価計算:テキスト2冊、問題集2冊 少ない冊数でも、合格するための独自のメソッドにより十分な勉強が可能です。 2、料金が安い クレアーレは料金がリーズナブルです。 約10万円あれば申し込めますし、時期やキャンペーンをうまく利用できるともっと安く済みます。 TACの市販本もリーズナブルですが、テキスト、問題集、過去問をすべて揃えようとしたら、それなりにお金がかかります。 クレアーレなら、しっかりとWEB講義が受けられて、厳選された問題集があり、しかも本番さながらの模試が4回も受講できます。 3、合格できなくても1年間延長して講義を再受講できる 残念ながら合格できなかったとしても、1年間延長してWEB講義を再受講することができ、その他のサポート体制も延長して利用できます。 社会人として仕事をしている場合、不測の事態で忙しくなり勉強時間が確保できないなんてことは簡単に起こります。 1年間の延長は心強いですよね。 つまり、どうすればよいのか 結論はこうです。

次の