クローム キャスト wifi 接続 エラー。 Chromecastがテレビに繋がらない・接続できない時の問題解決方法

クロームキャストの設定がうまくできないときに確認すること

クローム キャスト wifi 接続 エラー

Chromecast クロームキャスト とは、Googleが開発した小型のデバイスです。 テレビの端子に接続することで、Wi-Fiからスマホ AndroidやiPhone やPC パソコン 、タブレットなどで音楽や動画、Webページや画像などをテレビで見れるようになります。 Wi-Fiを経由することで動画や画像、Webページや音楽などをテレビで閲覧することが可能です。 そんなChromecast クロームキャスト ですが、繋がらないケースもあるようです。 Chromecast クロームキャスト の場合、スマホやテレビ、Wi-Fiなど確認する点は多数存在します。 それぞれで再接続や再起動を行う必要があるケースもあります。 今回は Chromecast クロームキャスト が繋がらない時の確認ポイントについて触れていきたいと思います。 Chromecast クロームキャスト が繋がらない時の確認ポイントとしては、まず Wi-FiとChromecast の仕様の確認をしてみてください。 今現在のChromecast クロームキャスト では、5GhzやIEEE802. 11acに対応していますが、過去のChromecast クロームキャスト では未対応でした。 このように、Chromecast クロームキャスト のシステムアップデートにより対応・未対応な点は複数存在します。 手間に思えるかもしれませんがかならずChromecast クロームキャスト の仕様は確認してみてください。 なお、5GhzやIEEE802. 11acとはWi-Fiの規格のことですね。 Chromecast クロームキャスト が繋がらない時の確認ポイントとしては、他にも ルータや無線APでMACアドレスフィルタリングをしていないかという点が確認ポイントとしてあります。 Wi-Fiでは、機器の識別の為にハードウェアアドレスが用意されています。 MACアドレスがそれですね。 そんなアドレスに対し、ルータや無線APではセキュリティとしてフィルタをかけることができます。 フィルタにかかったアドレスはWi-Fiの利用ができなくなります。 つまり、Wi-Fiがセットアップできないということになりますね。 知らず知らずフィルタリングされている可能性もありますので、その場合はMACアドレスを登録してフィルタリングの対象外としておく必要があります。 いかがだったでしょうか。 Chromecastでは確認する点が多数存在します。 スマホやスマホのアプリ、テレビ、Wi-Fiなど、そのそれぞれに問題がある可能性があります。 それでは、本日もご覧いただきありがとうございました。

次の

クロームキャストの設定がうまくできないときに確認すること

クローム キャスト wifi 接続 エラー

やわなべです。 GooglePlayがGW限定で映画レンタル1本無料のキャンペーンをやってました。 (ただし一旦、再生を開始すると翌日には削除される) なので「GW中に借りるの忘れてたけど、今日は連休明けで映画見る暇ないし…」なんて方も借りるだけ借りておけばよろしいかと。 私も、せっかくなので1本見てみることに。 GooglePlayの映画は品揃えが少なそうだったんで、とりあえず一番上におすすめされてた 「ベイマックス」の字幕版のSD版を借りました。 スポンサーリンク スマホで映画はキツイ で、早速再生を…. という時に思い出したんですが、そうだ、私、 スマホで長時間の動画が見るの苦手なんだった。。。 私が持ってるのは「スマホ」というくくりに入れてもらえるかどうかも微妙な、6. 4インチ液晶のバカでかい Xperia Z Ultra(ズルトラ)なんですが、個人的には、これでも映画1本見るのはしんどいです。 30分のアニメや「ながら視聴」の野球中継だったらまだ耐えられるんですが、1時間以上となると、最低でも10インチ以上の画面が欲しい。 というわけで、いずれは買うだろうなぁ、とは思ってた ChromeCast(クロームキャスト)を買って、テレビの画面に転送して見ようと思った次第です。 買おうよ、Chromecast ChromeCastは、アマゾンで気軽に買えますが、 すでに映画見たいモードがベイマックスなんで、宅配便を待ってられない。 近くのビックカメラへ走ったんですが、どこの売り場にあるのかがわからない。 GooglePlayのプリペイドカードを売ってるあたりにもなかったので店員さんに聞くと「 レジで直接言ってもらえれば、お出しします」とのこと。 手ぶらでレジに並んで「クロームキャストください」って言ったら奥から出してくれました。 タバコかよ。 というわけで、 無料の映画1本見るはずが4000円のデバイス買っちゃいました。 完全にエビでタイを釣られた格好ですが、まあいいです。 さっそく箱から出してテレビに接続します。 うちのテレビはぼろいAQUOSなんですが、ひとつしかないHDMIポートはAppleTVが専用してます。 そのケーブルをはずして、Chromecastを直接差し込もうとしたんですが、テレビのHDMIポートの口が少しくぼんだ位置にあって ドングルの部分がつっかえてささらない。 同梱されてた延長コネクタを装着し、さらに電源ケーブルをつけて接続した図がこちら。 若干マヌケな感じがしますが、まあ、そのまま持ち歩くことで、他のテレビにもモニター化できるという利点もあります。 ネットワーク設定でつまづいた 続いて、ネットワークのセットアップをしていきます。 セットアップはスマホの「 Chromecastアプリ」で行います。 まずは、Googleplayでアプリをダウンロードし、アプリを起動します。 テレビの方は、入力をHDMIに切り替えた状態にしておきます。 スマホアプリが、ネットワーク内のChromecastをサーチします。 見つかると、スマホのwifi接続が Chromecastのネットワークに自動的に切り替わって、リモートで設定画面にすすみます。 ややこしいのですが、 「Chromecastのネットワーク」にスマホをつないだ状態で、Chromecastを「室内のWifiネットワーク」に接続する設定をするわけです。 これがそのWifiネットワークの設定画面なんですが、デフォルトで出ているネットワークIDは 「Chromecast」が発しているネットワークのSSIDです。 つなげたいのはインターネットにつながってる室内の無線ルーターのネットワークなので、そのSSIDを入れないといけません。 まあ、いつもスマホでやってることなんで手慣れたもの…. と思いきや、 あれ、接続できません。 パスワードを確かめて再トライしても同じ。 Chromecast のヘルプを見てみます。 (参考) ここにChromecastが対応するルータの一覧があるんですが、重要なのは、ここのリストに自分が使ってる無線ルーターが載ってるかどうか、ではなく、この部分。 Chromecast をセットアップするには、2. 4 GHz 802. 最近の高速無線ルーターはデフォルトとして 802. 11acを利用しているものが多いのですが、Chromecastは 802. 11acには対応しておらず、 802. これは私の使ってるBuffaloの無線ルーターの管理パネルですが、通常使っている「802. Chromecastにつなげるのは後者を選択しないといけないようです。 Chromecast以外だと古いiphone 3GS が、後者でないとつながらなかったはず。 リトライして、下の画面がスマホに出ればOKです。 一方テレビはこんな画面が出ています。 ためしにYoutubeの出力をcastしてみましたが画質は綺麗ですね。 というわけで、 ハロー、ベイマックス。 こんなことならHD動画で借りるべきだったよ。 まとめると、 Chromecastの初期設定のネットワークでつまづいたら、Wifiルーターのプロトコルを確認しましょう、というお話でした。 あと、上では端折りましたが、最初に接続した際に、内部ソフトウェアの更新がかかります。 (5分くらいかかったでしょうか) 設定ができるのはその後になりますので注意しましょう。 てか、ここまでしてテレビで見るなら iTunesストアでレンタルしてAppleTVで見れば500円で済んだんですよね。 アホなんでしょうか。

次の

Chromecast(クロームキャスト)のセットアップ/接続設定/使い方

クローム キャスト wifi 接続 エラー

自宅のWi-Fiを変更した時にChromecastのWi-Fiを再設定、再接続する方法です。 数年に1度くらいあるであろう自宅のWi-Fiの変更。 自分も先日、弱くなってきていたルーターからVELOPのメッシュWi-Fiを自宅に導入しました。 自分は、スマホの画面や動画をテレビに出力するといった使い方でChromecastを自宅で愛用しており、 新しいWi-Fi環境でもChromecastが通信できるようにChromecastのWi-Fi設定を再セットアップして再接続してみました。 この記事では、Wi-Fiを変更した時にChromecastをWi-Fiに再接続する手順を紹介しています。 iPhone・Androidに対応しているアプリで無料で利用できます。 新しいWi-FiにChromecastを接続する手順 Chromecastアプリを起動します。 「使い方・ヒント」の画面を下のメニューから選択して表示して「デバイスが見つかりました」をタップします。 家の選択から使用する場所を選択または入力します。 デバイスを検出後、自宅内のChromecastを含むGoogleデバイスが見つかります。 「Chromecast」をタップして進みます。 Chromecastに接続されます。 正常に接続されるとChromecast(テレビに接続している場合はテレビの画面)にコードが表示されます。 このコードとアプリ画面上のコードが一致していることを確認して「はい」をタップして進みます。 レポート送信設定が表示されます。 この辺を有効にするかどうかは任意でOKです。 Chromecastを設置している場所を選択します。 アバウトでOKです。 新たに接続するWi-Fiを選択してパスワードを入力します。 接続完了を待ちます。 SSIDとパスワードに間違いがなければ即完了します。 スマホの画面などをChromecastにキャストして通常通り使えればOK Wi-Fi再接続後に一度Chromecastにスマホの画面をキャストして映し出すことができればOKです。 自宅やオフィスなど固定Wi-Fiを変更すると接続している機器の再接続が何かと面倒です。。 まぁこればっかりはしょうがない。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の